国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(在日中国人の生活保護急増)

2010/11/18


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)11月18日(木曜日)貳
         通巻3136号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 生活保護でくらす在日中国人は3000人前後
  外国人で生活保護給付は30955人、トップは在日韓国・朝鮮人で23232人
****************************************

 だから中国人の生活保護は少ないんだとでも言いたげだが、この数字は、08年統計である。現在推計は五千人を超えているだろう。
 ちなみに08年で在日中国人の生活保護は2842世帯、うち900が病気持ち、536世帯が母子家庭。重複統計で高齢者が426名、来日後の怪我、疾病が事由とする世帯が260.

 『中文導報』(11月18日付け)に拠れば、中国人は日本人と比べると、滅多に病院へ行かないから、潜在的疾病はもっと多いだろう(だから生活保護の申請を我慢している?)。次に在日中国人女性は離婚率が高く、母子家庭が目立つのは再婚が日本では難しいからだという。

 ちなみに09年統計に日本の結婚は707734組。離婚が253353組。
 成婚と離婚率は 2・8 vs 1
 日本人と中国人の成婚は13719件、離婚は6474件。やっぱり、偽装結婚が多い理由は数字でも裏付けられている。

 生活保護認定は、日本人が一番の対象であり外国人は制約が厳しく、またますます厳しい査定が行われようと同紙は不満げに予測している。
 だが、ちょっと待った。
 日本における奨学金制度を活用して、中国人留学生が奨学金を受け取る比率はトップである。日本で登録する中国人企業数は一万数千社を超えた。
 あらゆる方面で日本社会はチャイナに不気味に浸食されている。
   ◇◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@ 読者の声 @@@ 読者の声 @@@ 読者の声 @@@ 読者の声 @@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 早速、貴説を読もうと書店へ行きました。『新潮45』を手に取るには久しぶりですが、今月は奇しくも三島由紀夫特集で、徳岡孝夫氏らのほか、巻頭随筆の曾野綾子さんも三島について珍しく発言しています。
 さて宮崎さんのルポ、池袋チャイナタウン突撃記。嗚呼、とうとう池袋もここまでチャイナの浸透がみられるんですね。愕然です。
 『サピオ』の貴論を巻頭論文で拝読しましたが、ところで同サピオの巻末に「金持ち中国人に買われる日本女性」という哀しい特集もありました。これもびっくり、寂しいというか、怒りが湧いてきます。
  (KJ生、さいたま市)


(宮崎正弘のコメント)中国人向けの新聞で観光用、イエローペーパーなどの広告をみると一目瞭然、日本の風俗店が「中国人歓迎」と大きなキャッチフレーズに、詳細を『中国語』で説明していたりします。
日本人客が激減した産業の代表でもあり、観光カテゴリー同様に外国人の落としていくカネに期待しているわけです。



  ♪
(読者の声2)漢民族世界支配の中華思想から脱出できない中国人には、Manifest Destiney(神から使命を託された)という心情を持つアメリカ国民の特性は解らない。
つまりアメリカ人たちは「リーダーはアメリカ人である」と決めている。
だから、この国は通商だけではない。中国が軍事経済でアメリカのアタマを押さえる?不可能です。中・露・イランの増長を許すことはないです。「地球上の生物の生殺与奪の権限をアメリカは持つ」と決めているのです。
世界秩序を保つために、アメリカは地球を壊すぐらいの戦争をする決心がある。米議会に一旦、敵性国家と焼印を押されると、それを消すのは至難です。
アメリカは中国はロシア同様、信用できない政体と見ている。中国の外国の領土に対する国際条約違反と通商規則違反への対処は、中国市場に価値が薄れる時点で厳しさを増す。北京はカネでほっぺたを叩けば済むと簡単に考えている。それは、速度違反をして、警官にカネを差し出す行為と同じと見られている。飛行機やワインを買ったからと、フランスが人権問題を取り下げることはないとうちのが言う。
アメリカの憲法の自由憲章は多くフランスの憲法から影響を受けたものです。大西洋を渡った各国の移民たちは、ニューヨーク港の「自由の女神」を船上から見て、“嗚呼、自由の天地アメリカに着いた”と歓喜の声を上げたのです。
自由の女神はフランスの贈り物です。アメリカは中国の軍事台頭をどこかで、Uターンさせる「中国をカーブさせる」基本政策は、米国務省中国課には既にある。中共革命、朝鮮戦争、ベトナム戦争、東西冷戦の過去60年の闘争史は学習してある。その基本に沿って、ヒラリーはアジア諸国をマラソン歴訪し、中国包囲網に手を着けた。
ほぼ多籍軍・軍事同盟合意を持って帰ったのです。だから、米中関係は中国がひざまつくまで、良くならない。
(伊勢ルイジアナ)
 

(宮崎正弘のコメント)オバマがインドを訪問し、しずかに中国包囲網に手をつけた。トーマス・フリードマンは「ニクソンの北京訪問いらいの地殻変動」と比喩した。
 他方、中国の認識は中国が世界の中心であり、米国と終局的には対立せざるを得ない。そういう中国にいるとろくな未来がないから金持ちとインテリは海外へ移住するという図式ですか。
   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 << 編集後記 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 某月某日 ワックの鈴木隆一社長が制作総指揮をとった映画「442」(正確には442連隊。日系アメリカ人志願兵の連隊)を見に行く。これは日系アメリカ人が第二次大戦でイタリア、フランス、ドイツでナチス軍と壮烈に戦った記録でもあるが、何回か本にもなり、或いはドキュメンタリーとして記録されてきた。古くは藤島泰輔氏の『忠誠登録』からドウス昌代さんの『ブリエアの解放者』(83年文春読者賞)
http://www.realnet.co.jp/moviecollection/synopsis_12193.htm

 小生、随分とこの話は藤島さんからも聴いてきたし、『二つの山河』でカリフォルニアの日系移民の取材をして折も、よく聞かされた。
 しかし生き残りの人たちは長く口を閉ざしてきた。442の生き残りであるイノウエ上院議員は米国における日系アメリカ人を代表して議会で活躍した。 
 最近、フランスのブルニエでは町中をあげて442の生き残りの元兵士らを家族一緒に招いて記念式典を行い、家族、孫を連れて同地を訪れた442の歴戦の強者たちがようやく、この映画で口を開いた。皆、80歳後半から90歳代だ。
 第二次世界大戦中、かれらはジャップと差別された米国で、もっとも勇敢に戦い、名誉を得た。この映画にはヤマトダマシイ、侍精神が生きている。席はほぼ満員、多くは終わっても感動の余韻を楽しむかのように席を立とうとしなかった。
http://www.442film.com/
 ところで小生にとって劇場で映画をみたのは三年ぶりである。 


 某月某日 恒例、年に一度のエネルギー視察旅行は「情報化社会を考える会」の行事。十八回目になるのだろうか(小生は十四回ほど出席している)。懐かしい顔ぶれが多い。八割は常連。メンバーは地方紙、地方局の東京支局長を中心に出版・マスコミ関係。嘗て柏崎原発、敦賀原発をはじめ会津の地熱発電、安曇野の水力、黒部、愛知の火力、三重の風力発電など発電所をじっくり見学する研修旅行で、見学研修がおわると近くの温泉で懇親会。
昨年はこの会で、どこへ行ったか忘れている。ことしは小名浜の石炭液化発電。一行は三十数名。宴が二次会に移る頃、睡魔が襲ってきた。翌日は快晴、魚市場近くで新鮮な刺身、天ぷらに舌鼓、福島といえば名酒「栄川」。というわけでじつに久しぶりに温泉にも入れました。


 某月某日 横浜へAPECの取材へ。渋谷で食事のあと、東横線は僅か三十分で横浜、さらに乗り継いで八分で「みなとみらい」駅へ。コンコースを歩きながら、この道はいつか来た道? そうだ。ギリシアローマ彫刻展を見た美術館もちかい。
 地下鉄の駅から巨大ショッピングモールに繋がり(これはハリウッド映画をみているようだ)、1ブロックも歩かないうちにパン・パシフィック・ホテルへ着く。これがAPECのメイン会場だ。玄関の警備が二重三重、荷物のチェックもしている。APECは、オバマ、メドエージェフ、胡錦濤ほかアジア太平洋の政治家が勢揃い、台湾からは馬英九特使として連戦(国民党名誉主席)もきている。その連戦の記者会見場で、顔見知りの記者が何人か。おや、産経の上海支局長の河崎さんも、随行記者団できている。食事を誘うが翌日とんぼ返りの由だった。


 某月某日 うっかり一時間間違えてシンポジウム会場に遅刻。会は始まっていて冷や汗。ちょうど稲田朋美さんの演説が終わりかけていた。滑り込みセーフだった。
 テーマは尖閣諸島問題。パネル出席は西田昌司・参議院議員、水島総(桜チャンネル代表)、木村三浩(一水会代表)、富岡幸一郎(文藝評論家)に小生。司会は西部邁氏でMXテレビが録画中継する。一時間半の時間内で六人が喋るのである。こういう場合は簡潔に印象的なことを語るのがコツだと言われるが、なかなか数分で一つの話を纏めるのは難しい。まして司会の西部さんのお喋りの長いこと!
 終わってから懇親会、そのあとカラオケに繰り出して久しぶりに西部さんの軍歌、満州放浪歌、桜井の別れなどを聴いた。九州から飛んできたS教授は演歌もOK、声量と音感に優れた論客で、マイクを離さなかった。


 某月某日 なんだか毎日呑んで歩いている印象があるが、この二ヶ月、中国取材をキャンセルして一冊の書き下ろしに挑み、やっと脱稿した。結構、仕事をこなしていたことになる? 
 したがってこの期間中に送られてきた書籍は殆どツンドク状態。あまたくる手紙、メールの返信も滞ったまま。
 ところが十一月があけて舞い込んだ年賀欠礼の黒縁のはがきの一枚。恩人の死を知らされた。すぐに花屋に飛び込み、駕篭をかかえてタクシーに。いきなりの訪問だが未亡人が在宅だったので、お焼香、しばし話し込んだ。
  一月に年賀状を貰った人の中で、今年はすでに五人が鬼籍に入った。
 ○ ○○○ ○○○ ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
MMMMMMM 三島 MMMMMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
いよいよ、あと一週間後に迫りました!

第四十回 三島由紀夫氏追悼会
 『憂国忌』
 ――三島由紀夫を通して日本を考えようーー
   たとえ大雨でも雪がふっても命日に憂国忌は行われます!
        記
 と き   11月25日 午後五時(四時開場)
 ところ   九段会館大ホール
 会場分担金 1000円

 プログラム
第一部鎮魂祭(齋主 乃木神社宮司。祭主 松本徹)1700−1755
第二部シンポジウム 『没後四十年 日本はここまで堕落したか』 
<1810−2010を予定>
井尻千男、遠藤浩一、桶谷秀昭、西尾幹二(司会 宮崎正弘)
  当日会場ではロビィに関連グッズの展示。また関連図書の頒布があります。

 どなたでも予約なしで参加できます。あの驚天動地の三島事件から四十年、追悼儀式のあと、明日の日本を御一緒に考えましょう!
 ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宮崎正弘の最新刊>
 『上海バブルは崩壊する』(清流出版、1680円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/486029341X/
 (↑ アマゾンから入手できます!)


<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 井上信一2010/11/22

    外国人への生活保護がどうして認められているのか理解できません。



     在日韓国人は植民地時代の複雑ないきさつからまあ必要悪で何とか我慢できるとしても、そういういきさつが全くない中国人にまで生活保護を認める必要がどこにあるのでしょうか。生活の困った外国人はいずれの国籍に属するかを問わず即刻国外退去させるべきです。



     純粋の日本人でも生活保護の受け付けさせ認められずに餓死させられるような人まで出ていると言うのに、他国に勝手に入り込んできて、かねがないから税金で食わせてくれなど全く虫がよすぎます。



     生活困窮者を含めて不良外国人は即刻国外退去させるべきであります。

  • 名無しさん2010/11/18

    シナは国策として世界に人口侵食を行いその国の政治にも関与している。河添恵子著の”中国人世界乗っ取り計画”を一読をお勧めします。日本も入管の甘さおよび極左法務大臣によりどんどん奨励している。彼らは日本人がかなりお嫌いらしい。

    日本が日本民族だけが住める国にまた外国人は要らない。経済活動をする外人にかぎるべし。

    外においては国防それも核武装をすべき。

    以上

    (在タイ)