国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(日中首脳会談拒否、北京の舞台裏)

2010/10/30


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010)10月30日(土曜日)
      通巻3119号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 温家宝首相への突き上げ、かなり深刻な様相。人民日報が三回連続で批判
日本との首脳会談拒否は保守派、左翼連合vs改革派との壮絶な闘争渦中
****************************************

 人民日報が三回連続で「政治改革」を推進する温家宝首相を、名指しはしないが批判している。
 毛沢東主義の復活などと、アナクロなことを中国国内で共産党の特権から落ちこぼれた理論左翼が獅子吼しているのは拝金主義で革命の歌を忘れた主流派、とくに市場経済を崇拝するかのような改革路線をひた走る温家宝首相への非難が目的である。

 これは中南海の奥の院で熾烈につづく権力闘争、次期首相には李克強副首相を胡錦濤と温家宝とで推薦する段取りだったが、その取引に習近平の軍事委員会副主席入りを渋々承認したとみられた矢先、つぎの首相争いは李克強にくわえて王岐山と薄き来が勢いよく参入してきた。
この列に広東省書記の王洋もなんとか離脱せずくっついてはいるが、薄との実力の差は明瞭となった。

 つまり団派(共産主義青年団)は劣勢に転じ、太子党は、勢力バランスの変化をみている。
 野心家の薄き来(重慶書記)が首都復活をかけて、捲土重来を期す武器は毛沢東主義復活を訴える左派、とくに新左派と呼ばれる、超党派グループとの連携である。だから彼は重慶に中国最大の毛沢東像を建立したのだ。

温家宝は、こうした左派グループの突き上げに遭遇し、いま日中首脳会談どころではないのである。会ってしまえば菅直人に強硬ポーズをとらざるを得ず、会わない方が、保守派にもいい顔が出来るという計算が作用している。

日中首脳会談を中国が拒否というニュース、裏側を読むと、日本にとってマイナスではないだろう。
   ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  @@@@@@@@@@@@@  読者の声  @@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌3117号<横浜APEC目前になって、オバマ大統領はAPEC議案に専念するために「日米安保共同宣言」を出さない…><…ヒラリー・クリントン国務長官は横浜APECに欠席する…>ことに関して、<…新しい日米安保条約の路線を策定すると予測された共同宣言を見送ることは、北京が欣喜雀躍しそうなニュース…><…表向きの理由はともあれ、普天間基地でもたつく民主党への不信感の表れ、一種しっぺ返し…><…日米安保共同宣言は、北朝鮮の核、中国の軍事力の拡充に対しての日米の鉄壁の抑止力を誇示すると考えられていただけに、これは民主党の失態…>
とされており、まさにその通りと思うが、小生、むしろこれでよいのではないかと考える。
日本は今、米中双方から試されていると見るべきで、先ずはアメリカの庇護に頼らず、自力で尖閣の防衛体制を築くことが全ての始まり。
この点に関して、沿岸警備隊を構築すべきか、自衛隊が出動すべきかとの議論もあるようだが、それはそれとして、特別立法をしてでも自衛隊の反撃を可能にして尖閣防衛にあたるべきではないか。一発の銃声が全てを逆転させる出発点になる。
また、この機会に、変質したといわれる日米安保を、本来の極東防衛の目的に戻し、自衛隊の役割をもっと高めた安保体制に切り換えていくよう、日本からの積極的提案を準備すべきであると考える。
 (東埼玉人)
 

(宮崎正弘のコメント)あらゆる意味で、日米関係も見直しが必要ですが、同盟五十年、日中関係冷却、そして民主党なるままごと政権。「時は今、豪雨も荒れる台風禍」。



   ♪
(読者の声2)3112号に関して、「読者の声」のコーナーで、(読者の声2)阿生居士さんの声に関して、宮崎先生は「南樺太、全千島もロシアが不法占領しているわけで、つねに日本の権利も主張し続ける必要があるのです。」と書かれました。
同様の主張は西村慎吾さんなども行っていますが、でも私はそう主張できる根拠を知りません。
つまり、南樺太や全千島が日本領であることの根拠です。
護国(領土奪還)のための理論武装をしたいので、その根拠を教えていただけないでしょうか? お手数おかけしますが、よろしくお願い申し上げます。
(T.T)


(宮崎正弘のコメント)日本はサンフランシスコ講和条約で、当該領土を「放棄」しましたが、帰属は未決です。つまりロシアが南樺太と千島列島を自分の領土だと主張する国際法上の合法性はない(ましてロシア、当時のソ連はサンフランシスコ講和条約に調印していませんから)。
 日本がちっぽけな北方四島に拘っているのは、あれは地誌学的に北海道の一部だからですが、民族主義の立場にたてば全千島南樺太奪還がスローガンとして、しかるべきでは?ソ連をひきついだロシアが何を根拠に不法占領を続けるのか、それが問題ということです。



  ♪
(読者の声3)6日、愛国者は集まろう!
「11.6 アジアに自由と平和を!尖閣諸島侵略糾弾!
中国(胡錦濤)のアジア軍事覇権糾弾!
「ノーベル平和賞」劉暁波氏の釈放を!
「自由と人権 アジア連帯集会」&デモ

日 時:11月6日(土) 午後一時
場 所:日比谷野外音楽堂
内 容:12時00分 開場、13時00分 開会
 15時30分 デモ隊列準備 15時45分 デモ出発
 … 日比谷野音 → 常盤橋公園 到着
17時30分 街宣活動  於・有楽町 交通会館前 19時00分 終了
主 催:頑張れ日本!全国行動委員会、草莽全国地方議員の会、日本李登輝友の会
http://www.ch-sakura.jp/sakura/solidarityofasia1106_flyer.pdf



  ♪
(読者の声4)「家族会にノーベル平和賞を」という表題で、29日付けの産経新聞「from Editor」に大野敏明さん(編集委員)が要旨次のように書いておられた。
拉致家族会が設立から13年、日本だけでなく世界の拉致被害者の救済を敢然と訴えていることは、団体に受賞が認められているノーベル平和賞にふさわしい。この授与を働きかけてはどうか、というものである。
この提案には、北朝鮮の非道な拉致に対して早期の全員解放を求める世界の多くの人道を大切にする人たちが賛同するだろう。
そして、もしこの受賞が決まれば、このところ小泉内閣のあと5代の内閣で解決にこれという進展が無いなかで、家族会を勇気つけ、北朝鮮に対する国際的な圧力をさらに加えて解決を促進することが期待できる。
大野提案は、日本政府が働きかけてはどうかというものであったが、加えてこの欄からも、政府だけでなく市民間や国際間でも働きかけが広がることを期待したい。
(品川 阿生居士)



  ♪
(読者の声5)中国が日中首脳会談を断ってきたことに関して、民主党の枝野幹事長代行が「分からない。分からない」といったとか。
演技で分からないと言っているのでない限り、よほどの間抜けなのであろう。自陣営に非があり、会っても得にならなければ会わない、これが中国流である。
全ては、「利」で動くのが中国流で、「理」は後から着いてこさせるものであるというのが、中国哲学である。大前提を間違うから分からないのである。
では「利」で動いている相手に対して対抗するのは何か。それは「武」である。武士道であり、武力であり、防衛力である。「理」と「義」のない相手と議論してもむだである。
大部分の国会議員はこのことが分かってきているはずである。
しかし、それが実際の言動と結びつかない。この精神分裂症状況が何時まで続くか、見ものである。
その分裂症状が解けたとき、大変動が起きます。稲田議員の自民党総裁就任もその中で十分可能です。
ところで、今注目すべきは、米国政府が日本政府に次期スーパーコンピューターの共同開発をいつ申し入れてくるかです。力を発揮する場がなくてふてっていた日本人技術者達が奮い立つことでしょう。
もう一つ、次期戦略戦闘機は、ユーロファイターをベースに次世代ではなく次々世代を目指して5年計画で日本が主導して開発すべきです。現時点のユーロファイターは、米国製に遅れたものですが、どうせドンパチが始まるまでには5年くらいはかかることでしょう。ヨーロッパ諸国政府が財政難で助けを借りたいときに有利な条件で参加し、大量の日本人技術者を投入すれば、その中には何人かの天才もいることでしょう。
次世代機をはるかに超えた米国政府が売ってくれと言うくらいものも開発できると確信します。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)稲田朋美代議士を首相へ、という運動はしずかに保守派のなかで広まっていることは小生も認識しております。山谷えり子は参議院、高市早苗は衆議院でも比例区。となると当選二回でも現役、選挙区当選で女性で保守といえば、このひとしかいませんから。ちなみに来月の励ます会は、小生も発起人の一人であります。
 前節のご指摘。枝野は本物の間抜けですか? 
◎○◎○◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@


【知道中国 472回】                
    ――最近のタイと雲南・広西




やや旧聞に属するが、2009年6月、タイ高等教育委員会事務室と駐南寧タイ総領事館は広西チワン族自治区教育庁と合同で、同自治区首府の南寧においてタイへの留学生増大を目指し「2009泰国教育展曁研討会(タイ教育展・学術研究討論会)」を行った。

じつは同自治区内にある18校の高等教育機関でタイ語教育が行われており、5000人以上の学部・大学院生がタイ語を学ぶなど、タイ語学習者が全国最多といわれている。

ヴェトナムと国境を接する広西チワン族自治区の南寧は、西隣の雲南省省都・昆明と並んで中国の東南アジア進出の最前線基地だ。ヴェトナムとラオス両国の党・政府幹部の中に、南寧留学組がチラホラと見られる。おそらく今後、その数を増すことだろう。

南寧での「2009泰国教育展曁研討会」から1年4ヵ月後の今(10)年10月初、駐昆明タイ総領事館がタイで学ぶ中国人留学生は01年に較べ10倍の9000人に達し、中国がタイへの外国人留学生最多送り出し国になったと発表した。

タイで学ぶ留学生の出身国は、多い順に中国、ミャンマー、ヴェトナム、アメリカ、ラオスで、タイの44ヶ所の大学で主に企業管理、タイ語、市場管理、国際ビジネス、タイ語などを学んでいる。同領事館の陳維欽領事によれば、タイ中両国関係の拡大、留学に関する費用の安さ、手続きの簡便さなどタイへの中国人留学生増加の大きな要因だろうと語っている。

さらに今年8月に行われた中国=ASEAN教育大臣円卓会議では、両国は相手国で取得した学位を相互に承認する協定を結び、教育面における両国の密なる関係を内外に印象づけた。

バンコクと昆明とを結ぶ全長1863キロの公路は08年12月に完成し、雲南はタイ経由の大動脈でASEANと結ばれたのだ。
今年9月末、タイ・中・ラオスの3ヶ国はメコン流域における物流促進に関する協定を結び、タイ側のチェンコンとメコン川を挟んだ対岸のラオス側のフエサイ、ラオス側のモーティンと雲南側の憨磨との両国境関門での交易を活発化する方針で一致した。陸路でチェンコンまで運ばれたモノやヒトはメコン川を渡れば、後は陸路をノンストップで昆明へ。さらに中国全土へ。もちろん逆の流れも活発化する。

そして10月26日のタイ国会だ。上下両院合同会議が開かれ、長年の懸案だった列車事業発展に関するタイ中両国合作計画は延々9時間の審議を経て採決となり、賛成295票、反対10票、棄権82票。その結果、バンコクを起点にチェンマイ(北部)、ノーンカイ(北東北部)、ウボンラーチャターニー(東東北部)、ラヨーン(東部)、ペダンペサール(南部)を結ぶ5路線の整備・建設にゴーサインがでたことになる。最短路線のバンコク=ラヨーン線からの着工となる模様で、当初事業費は1700億バーツ(4600億円強)とのこと。

表決結果に満足気味の交通大臣は、4年以内に時速100キロの列車が走ることになると語った後、記者からの「なぜ中国なのか。なぜ他国と合作しないのか」との質問に対し、「中国からの要請があったからだ。中国から提案されたからこそ、両国の交渉が進捗した」と応えていたが、中国からの強い働きかけがあったからこそ、ということだろう。

現科技大臣のウィーラチャイ(李天文)が首相府大臣だった昨年11月、中国と合作によるタイの国内鉄道の整備・建設計画をぶち上げてから1年余。鉄道を軸とする物流網は、漢民族の“熱帯への進軍”に歩調を合わせるかのように整備・建設が進む。次に注目すべきは、どの企業が工事を受注するのか。
まさかウィーラチャイ関連なんてこと・・・。
《QED》


(宮崎正弘のコメント)ちょうど昆明に行ったときに目撃した、奇妙で不可思議な情景を思い出します。昆明ホテルはタイ領事館のとなり、おそらく昆明の在外公館で一番立派な建物はタイ領事館でしょう。昆明は観光資源に恵まれ、付近には石林あり、登竜門の龍門あり、南へいけばラオス国境シーサンパンナ、北へのぼればシャングリラ。小生乗り換えを含めて何回か行っていますが、その昆明でもっとも高級だったホテルが昆明飯店。「だった」と書いたのも過去形、いまはマフィアがロビィと二階の喫茶室を我が物顔に占拠している。
 あ、麻薬巣窟って、こういう感じだったのだろうと想像がつくほど、異様で昼間からヤクザ、ちんぴら、密輸業者がとぐろをまいていたのです。
 それから。広西チワン自治区の南寧ですが、一度だけ行ったことがあります。飛行場から市内までが遠く、華南の奥地なので発展に取り残されてきた。ところが、この南寧にアセアンセンターが誕生し、巨大な公園、ジャパン村もふくめた大プロジェクトが進行中です。
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宮崎正弘の最新刊>
 『上海バブルは崩壊する』(清流出版、1680円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/486029341X/
 (↑ アマゾンから入手できます!)


<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。