国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(甘粛省の田舎町の反日デモは「反政府」だった)

2010/10/26


 ☆小誌愛読者17005名(10月26日午前五時現在)!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)10月26日(火曜日)
       通巻3113号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 やっぱりそうか。陝西省、甘粛省、四川省の「反日デモ」なるものの実態
  反政府、反共産党への起爆剤を狙う民衆の意志が露見した
****************************************

 日本人をみたこともない中国内陸部の田舎で、なぜ反日デモが起きるのか?
 四川省の綿陽、徳陽は成都に近い所為もあって、味千ラーメン店も襲われたが、あれは日本のフランチャイズで、中国人が経営している。同ラーメンFCは、中国全土で170店舗近く、筆者も南京で食べたことがあるが、美味、廉価!

 さて甘粛省の蘭州と宝鶏でおきたデモは、先頭のプラカードこそ「打死小日本」(日本人を皆殺し)「抵制日貨」(日本製品ボイコット)などと書かれているが、デモ隊のなかには「多数政党制度を認めよ」「住宅価格をおさえろ」「腐敗粛正」などと、およそ日本とは関係のないテーマが並んだ。

 香港のメディアは「反日から華麗に反政府に変身した勇気」と宝鶏デモを称賛するネットの書き込みを伝えた。
 実態は反日ではなく、反政府であることはもはや動かぬ事実である。
       □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*・゜゜・*:.。..。.:*・'*・゜゜*・゜゜・*:.。..。.:*・*゜'・*:.。. .。.:*・゜゜・*・*
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
桜チャンネルからお知らせ
@@@@@@@@@@@@

番組名:「闘論!倒論!討論!2010 日本よ、今...」 
テーマ:「反日デモから見る〜中国は本当に強大なのか?」
放送予定日:平成22年10月30日(土曜日)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!217チャンネル)
インターネット放送So-TV http://www.so-tv.jp/

出演パネリスト:50音順敬称略
石 平(作家・評論家)
宇田川敬介(国会新聞社編集次長・ジャーナリスト)
小川 一(建設会社経営)
香月勝則(マレーシア在住・設計事務所経営)
永山英樹(台湾研究フォーラム会長)
鳴 霞(月刊「中国」編集長)
宮崎正弘(作家・評論家)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜代表)
◎ ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  @@@@@@@@@@@@@  読者の声  @@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)10月24日付けの『読売新聞』でアーミテージ氏が「中国に対し、近隣諸国の決意の固さを告知するため、日本はAPEC首脳会議を利用し地域の先頭に立ち、民主主義的な価値を支持し、経済的繁栄を追及し、領土問題の平和的解決を含む、国際的規範を尊重するアジア共同体を促進し、日本の決意を明白に証明すること。日本は防衛費の低下により北朝鮮と中国からの潜在的脅威に直面しているにもかかわらず、安全保障面でも兵器技術面でも後れを取りかねない状況におかれている。防衛費の増額を図るべきだ」。
まったく同感です。
フジテレビ番組で石原都知事も同意見のようでした。
民主党の中に国益を守る議員が少数しかいないと言うことなのでしょうか。
中国はずっと鎖国状態でやっと改革開放で30年。唯我独尊。世界が見えない。わたしの家のお隣は、貧乏だったからあらゆる人から施しをうけ、それを元手に金持ちになると親だけが贅沢して多くの子供たちを働かせ、押さえつけて親が搾取しました。
わたしの家は世間知らずで馬鹿と言われるような人のいい家族で、家に招待して、家の中のモノすべてをさらけ出し歓待したら隣の子供にいつの間にか貴重品を盗まれたあげく、子供の何人かがお金を入れるようになると隣より金持ちになったと思い込みズカズカわたしの家の庭先に入って勝手に自分の土地のように畑を作り出しました。こんなお隣とどのようにつきあったらいいでしょうか?
(ごんしゃん)


(宮崎正弘のコメント)中国がたとえ世界が見えても、中華思想は、その窓を塞ぐのです。あれは一種麻薬ですね。



  ♪
(読者の声2)私が尖閣諸島に関して「常駐させるのは海上保安庁の職員です。自衛隊員を海上保安庁に出向させるのです。また、海上保安庁の職員を自衛隊で訓練させることも重要です。こうすれば、日本に実質的に沿岸警備隊が発足します」
と書いたことに対して、通巻3111号(読者の声1)で「NS生、千葉」氏が、
「まず、すべきは自衛隊法の改正ですね」と書かれました。
自衛隊法改正と海上保安庁を本格的な沿岸警備隊、国境防衛隊として再編成することとは独立してすすめることです。
そして喫緊の重要時は後者です。このことを認識している論者が極稀にしかいないことが大きな問題です。
また反中国デモに関して通巻3112号(読者の声3)でkeishy氏が「肉を切らして骨を切る精神です。大局打開に、多少の犠牲はやむを得ないでしょう」
とお書きになられました。通巻3111号(読者の声2)では東海子氏が「自衛隊の常駐は日本に有益です。もし中共が領海侵犯したり、攻撃してくれば大歓迎です」と書かれましたが、身を守るために武器を使うことすら許されない自衛隊員を危険にさらし、その死をもって、「戦後日本の立ち直りに活用したい」ということでしょうか。自分は安全な場所に居ながら。これらは、一見勇ましい卓見のようにも思えますが、福田政権が日本赤軍と取引をして日本の弱さを見せつけ、世界各国で活躍する日本人を誘拐魔に危険にさらすこととなったことの裏返しの同類項です。
米国の軍艦メイン号をひそかに撃沈して米西戦争の口実とした米国政府の奸漢と同じで大和魂から最も遠いところにある考えです。
通巻3112号(読者の声2)で「品川 阿生居士」氏が書かれたように「自衛隊の公開演習の場所に尖閣諸島を追加して発表する」というように地道ですが実効性のあることど積み重ねていくことが重要です。
  (ST生、千葉)



  ♪
(読者の声3)現在、学習院大学目白キャンパスの北2号館(文学部棟)1階の展示室にて「学習院と文学―雑誌『白樺』の生まれたところ」と題する常設展が開催されています。
期間は12月11日(土)までであり、平日は12時から17時まで、土曜日は10時から17時まで一般公開されています。
昭和19年に学習院高等科を卒業した三島由紀夫についても展示内容に含まれており、中等科在学中の学校写真や個人的な書簡、大蔵省在職中の名刺、「男の服装哲学」の自筆原稿などが展示されています。ワンフロアの展示ですので大した内容ではないかもしれませんが、受付ではすべての来場者にA4サイズの展示目録を配布しています(表紙には楯の会制服姿の三島の写真もあります)。
私も観覧してきましたが、文学者三島の草創期を知る上で興味深い内容でした。よろしければ、ご観覧ください。
http://www.gakushuin.ac.jp/univ/ua/new.html#gakushuintobungaku
   (YS生、都下)
 


  ♪
(読者の声4)貴誌3112号に(keishy)さんが「中国も中途半端なデモするならその中からはみ出た馬鹿が日本人の一人ぐらい死傷させればいいと思います。それぐらいしないと政府はダイナミックに動きません。肉を切らして骨を切る精神です。
大局打開に、多少の犠牲はやむを得ないでしょう。」
この点に関しては宮崎先生のコメントが有りませんでしたので、私からコメントです。 「是非中国へ来て、蛮勇を奮ってデモの先頭で日の丸を打ち振ってください。
 公安が必死で助けてくれます。デモの目的が反日ではなく、反政府ですから。外交音痴の日本政府はダイナミックに動く時期も方法も知りませんから、どうしたらいいのでしょうかね。」
それから、「(宮崎正弘のコメント)八月に上海へ行ったとき、160元の上海万博入場券が50元のダンピング。強制動員で割り振られた各行政単位と国有企業へのノルマのチケットが街に流れ出していました」
とありましたが、
10月25日に妻が上海万博へ同僚と行きましたら、160元の前売り券が200元になっていて、前売り券を買っているのにおかしいではないか、と執拗に抗議をしても無駄で、差額の40元を払って入場したそうです。
やはり、この国は「何でも有り」の国です。
(MA生 在蘇州)


(宮崎正弘のコメント)あと五日、千秋楽のダフ行為ですか。公が? ま、「公」がない国ですから、「私」が先行しているのでしょうねぇ。



  ♪
(読者の声5)10月23日、高松で尖閣反中国デモがありました。「がんばれ日本香川本部」主催です。
300人以上参加しましたが、高松30万人都市の300人は、東京1,000万人で1万人相当のデモということになりますか。
昨日、宮崎正弘先生が米国の華字新聞が高松のデモを報道したとの事ですが、フランスのAFPが高松デモを報道している、と知り合いに教えてもらいました。
嘘だろう、と思ったら、本当でした。
http://newsinfo.inquirer.net/breakingnews/world/view/20101023-299325/Fresh-anti-China-rally-held-in-Japan
で、地元香川県の「四国新聞」は、日本の新聞ですから、もちろん無視です。一応、四国新聞さんには抗議の電話をしておきました。
 (TO生、香川)


(宮崎正弘のコメント)地方新聞も脳幹が腐食し始めましたか。
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム    樋泉克夫のコラム    樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

【知道中国 471回】               
      ――そういわれてもなあ・・・
           『列寧在十月』(上海人民出版社 1970年)
  

 ▽
 この本は「1971年7月7日、フィンランドを出発した国際列車第75便は国境を越えてロシア領内に入った。
深い夜霧のなかを、ロシアの首都・ペトログラードに向かって夜汽車は驀進する」との感動的なシーンからはじまる。もちろん、この列車に陳座ましましておられるオ方こそ、誰あろう「プロレタリア階級の偉大なる導き手」であらせられる列寧、つまり“レーニン閣下様殿”でゴザリマスル。
はい、左様で。
 
「ロシアの2月革命はツアー政府を倒したものの、政権はブルジョワ階級に簒奪されてしまった。全ての政権をソビエトに。
ボルシェビキ党は武装蜂起を準備し、武力によってブルジョワ政権を打倒しソビエト政権を打ち立てることを決定した」。そして、「この決定的に重要な時期に、偉大なるレーニンは革命の全面的計画を胸に納め、秘密裏にペトログラードに戻ったのである」
 
労働者の英雄的支援を得て、白色テロの暴力を撥ね退け潜り抜けて秘密のアジトに辿りついたレーニンは、「直ちに武装蜂起すべしとの提案をすべく、翌日にはスターリンと会談する。
白熱の議論が4時間。レーニンは、彼の指示に基づいて詳細に計画された武装蜂起に関するスターリンの報告を承諾する。両者の話し合いは終わった。別れ際、レーニンはスターリンの手を握り成功を祈る、と」
 
「10月10日、ペテログラードのある住宅内で、ボルシェビキ党中央委員会は極めて重大な歴史的意義を持つ会議を開催する」。まあ、色々と意見の違いなどゴタゴタがありましたが、最後の土壇場でレーニンが、「武装蜂起を避けることはできるはずもない。いまや機は熟したのだ。中央委員会は党の各組織に対しこの考えを方針とし、併せてこの一点から出発して討論し一切の実際の問題を解決するよう提案する」と獅子吼する。
この「レーニンの考えは、スターリンら大多数の中央委員の支持を得た」という。
 
かくして「十月革命の砲声は、我われにマルクス・レーニン主義を贈り届けてくれた」(毛沢東)わけだが、その「マルクス・レーニン主義」という贈り物が厄介至極。20世紀の世界を大混乱に陥らせ、21世紀の今なお人類を迷わせているから・・・史上空前疫病神。
 
この本は「プロレタリア階級の偉大な指導者のレーニンは自ら社会主義10月革命の勝利を導いた。10月革命は資本主義殖民体系に死刑を宣告し、世界革命人民の前進すべき方向を指し示した。革命は発展の渦中にあり、人民は前進する。

いまや世界は毛沢東思想の新しい時代に入った。全世界のプロレタリアよ、決起せよ。マルクス主義、レーニン主義、毛沢東思想の偉大な紅旗を高く掲げ、10月革命の路線に沿って雄々しく前進せよ」と、盛んにアジっている。マルクス、レーニン、毛沢東の3人が“革命の宗家”ということか。
 
その毛沢東は「ソ連は最初の社会主義の国であり、ソ連共産党はレーニンが創造した党である。いまソ連の党と国家は修正主義者に簒奪されてはいるが、ソ連の広範な人民、広範な党員と幹部は立派であり革命を強く望んでいる。
修正主義の統治が長続きするわけがないことを、同志諸君は固く信ずるべきだ」と口にしていたはず。中国の「党と国家」の現在を言い当てているようで、実に不思議。預言者・毛沢東の面目躍如。だが悲惨で喜劇。
 それにしてもいま「同志諸君は」、何を「固く信」じるのか・・・やはりゼニか。
《QED》
 ◎◎ ◎◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◇◆◇◆◇みや◆◇ざき◆◇◆◇ ● ◇◆◇◆まさ◇◆◇◆ひろ◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<宮崎正弘の最新刊>
 『上海バブルは崩壊する』(清流出版、1680円)
 http://www.amazon.co.jp/dp/486029341X/
 (↑ アマゾンから入手できます!)


<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『猛毒国家に囲まれた日本』(佐藤優氏との対談。海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • koji3102010/10/26

    読者の声4番さんへ

    10月25日以降指定日になっており、価格は200元に成ります。

    160元のチケットを持っている人は、40元の差額を入場時に支払うことに成ります。自分の無知を万博のせいにするのは如何な物でしょうか?