国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(香港ドル高額紙幣がデザイン変更新札の理由は?)

2010/07/21


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)7月22日(木曜日)
       通巻3026号 (7月21日発行)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この時期になぜ新札をだすのか? 香港ドルが1000元,500元から順次
  本音は偽札対策。HSBCも中国銀行もスタンダード・チャータード銀もそろって
****************************************

 香港の通貨当局は2010年7月20日、記者会見し、1000香港ドル、500香港ドルの新札デザインを発表した。
合計6種類である。
 会見には香港通貨当局の責任者の他、HSBC、中国銀、SC銀の頭取、副頭取が顔をそろえて、新しいデザインの由来などを語った。

 周知のように香港は英国植民地時代から「主権」に属する通貨発行にはやかましく、香港上海銀行(HSBC)とスタンダード・チャータード銀行の二つが、植民地通貨を発行してきた。

香港返還直前になって意外にも「中国銀行」が香港ドルの発行に名乗りを上げ、人民元が返還後の香港の通貨になって支配されると慄然としていた香港市民がなぜか安心した。

 爾来、三つの銀行が香港ドル通貨を発行するという奇形がまかり通り、しかし過去五年ほどは香港ドルの価値が人民元をしたまわるという逆転の悲劇に見舞われていた。
 もとより香港は国際金融都市であり、米ドル、英ポンド、日本円が通用した。為替の率もこの順番で有利だった。

人民元は1995年頃までだれも相手にされていなかった。
 香港から深せんへはいると買い物かごのおばさんが駆け寄ってきて「カンピー、カンピー」と手を出しながら怒鳴っていた。
「香港ドル」の略語は「港幣」(カンピー)である。

 他方、過去三、四年だけでも、次の人民元の偽札事件が発生した。
 2009年3月、一億1800万元の偽札団をマカオで逮捕。これは2006年に逮捕した偽造団が使用したHD,HB、FAシリーズの番号を印刷した偽札を大量に使った事件以来と言われた。
 
 2009年4月には2600万元の偽札が発見された。番号は新しくTU38シリーズが登場した。
 これらの偽札は香港で洗浄され、或いは地下経済ならびにマフィア間の決済に使われ、香港でマネー・ロンダリング(資金洗浄)されるケースが多く、またレートが弱含みとはいえ、アジア一帯で通用する香港ドルの偽物をつかった犯罪も急増している。

 香港ドルはことし10月から新デザインの1000香港ドルが、2011年1月から新500ドルが、そして順次、100香港ドル、50ドル、20ドルと新デザインが流通してゆく予定。
    ○ ◎ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★読者の声 ☆DOKUSHA NO KOE ☆どくしゃのこえ ★読者の声★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)金賢姫さん(蜂谷真由美)が来日し、軽井沢のルーピーの家にやっかいになっているそうですが、不思議です。なぜ鳩山ルーピーが現れないのか。政府はなにか、とてつもない姑息な手段を講じて居るんじゃないのでしょうか?
  そのあたりの情報はありませんか?
        (UI生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)金賢姫をNHKは「元死刑囚」と言っています。意図的な呼称です。ほかのテレや産経新聞は「元工作員」。ま、いくらなんでも金賢姫さん、と「さん」つけはまずいかもしれないが。
 ところで、金元工作員、日本に亡命を申請したらどうでしょう?そして蓮池とかと対決させたら?


       ○◎○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の最新刊 >
宮崎正弘 v 佐藤優『猛毒国家に囲まれた日本』(海竜社、1575円)
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
  ★
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
 
<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html

『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ○◎○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/07/21

    参院選一週間前から昨日まで当メルマカ゛評価不能でした。 以前も選挙前後に 評価欄が消えてしまったことがあります。