国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(なぜいま、中国がギリシア投資?)

2010/06/18


●慶祝、小誌次号で通巻3000号を迎えます!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010)6月18日(金曜日)
         通巻2999号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 中国がギリシア危機をもろともせず投資を拡大
  ピレウス港の二号、三号埠頭に合計3800億円。張徳江が訪問し調印
****************************************

 もともと二年ほど前から中国はピレウス港をねらっていた。ピレウスはアテネ近郊、エーゲ海クルースの拠点、紺碧の空と濃紺の海と白い建物。青い目のギリシア美女。

 中遠集団傘下の中道太平洋公司はコンテナ基地、倉庫建設をすすめ、二号、三号埠頭を35年間にわたる長期契約で借り切り、それをさらに拡大し、周囲にホテル、娯楽設備、ショッピング・アーケート街を建築するという壮大なプロジェクト。いうなればギリシア版お台場、だ。

 タイミングが問題で、あたかもIMFがギリシア危機にさいして危機感を募らせているときに、中国が底値でギリシアの主要な運搬倉庫流通設備を買いたたくような仕儀ゆえに欧州人からみれば反感が先に立つという訳だろう。

 6月15日、アテネを訪問した張徳江・副首相はパパンドロウ首相と会談し、14のプロジェクトに調印した。
この張徳江は現職の政治局員。金日成大学留学組のこちこちの共産主義理論派だったが、浙江省書記に抜擢され、ついで広東省書記。しかし江沢民の三つの代表論に反対して、公然と上海派を裏切り胡錦濤へちかづいたというカメレオン的側面をもつ実力派。

 日本の元気のなさにくらべて、かの国のエネルギッシュ、怖い者知らずの投資の果敢さを、どうみるか。
    ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  読者の声 どくしゃのこえ DOKUSHANOKOE 読者の声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴誌前々号『読者の声2』の方が、”NHKが革命に関係する曲を意識的に使っているのでは?”のご指摘がありましたが、私はその通り、確信犯だと思います。
数年前から、NHKの番組内容が露骨に変化してきた危うさ、について投稿させていただいた事がありますが一つ書かなかった事があります。
”革命”という文字を使ったり、関係する人物を取り上げたりする事が多くなった事です。初めて目にした時、非常に違和感を感じた事を思い出します。
以前、深夜の若者向けのクイズ番組の中で、〇〇解放軍の〇〇服をスタジオに展示して説明していた時もありました。何故?
真面目に受信料金を払っていた従来のNHKの視聴者を無視し、払っていない若者向け番組を増やし、NHKの視聴者にさせ、その中でじわじわと洗脳、その先には…何があるのでしょうか? 
私はかつて隣国の若者がそそのかされ、恐ろしい行為へ走ってしまったあの事が頭を過ぎります。
近頃の歴史番組の中で演じられる皇族や権力者が、非常に悪役風に演じられ、全てが血生臭い権力争い風に描かれているのにも、何だか嫌な気持ちだけが残ります。 どれも目つきが非常に悪い演じ方。
これも権力側への嫌悪感を植え付ける工作なのでしょうか?しばらく前からは頭にくるので(宮崎先生と同じ)全く見ていませんが。
書店で見た、NHKの朗読の教本の中の宮沢賢治の作品への説明文の一説、「…搾取階級の荒物屋への激しい怒り…を表現…」とありました。
違和感を感じました。こんな教本にまで思想的な何かが…。 NHKは完全な〇〇洗脳番組局と私は思って見ています。 
先般のワールドカップの試合後のインタビューの音声が途切れた事も、何だか不気味な気がします。あの”はやぶさ帰還”のニュースも取り扱いが小さいですし…。
  (YK子)
  

(宮崎正弘のコメント)NHKは民営化が一番の解決法では?
   ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<< 宮崎正弘の講演会 >>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪♪
宮崎正弘の独演会があります。どなたでも参加できます!

とき    6月19日(土)18:30〜20:30(18:00開場)
ところ   文京シビックセンター「地下学習室」
(文京区春日1−16−21)
http://www.city.bunkyo.lg.jp/sosiki_busyo_shisetsukanri_shisetsu_civic.html
講師    宮崎正弘 http://miyazaki.xii.jp/
演題    「シナのバブル崩壊はいつか?」
       (V字型回復にみえる中国経済の脆弱性は、財政出動と銀行貸し出しのラッシュによる人工的演出にすぎず、通貨が「ユーロの二の舞」になるおそれが高まると同時に、不動産市場のクラッシュが秒読みとなった。
他方、企業側は広東のストライキ頻発に賃上げで応じており、輸出価格競争力維持が難しくなった上、米国から人民元切り上げ圧力、このままで中国経済がソフト・ランディングすることは至難の業だろう)

会場費   1000円
【連絡】愛書連 aishoren@yahoo.co.jp
◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 どくしゃのこえ 読者の声 DOKUSHANOKOE 読者の声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声2) NHKの偏向放送に対する集団訴訟問題ですが、訴訟の理由としての情報の偏向という問題とは別に、受信料徴収の問題があると思います。
以前に先生のこのメルマで民営化に関する先生、読者の記事も読ませて頂きましたが、その論点ともまた違った見方があると思います。
私は放送受信可能な日本の全家庭からNHKが強制的に受信料を徴収している制度に対して絶対反対を決めております。これは本来あるべき制度改革実行に対しての悪意・自己都合による怠慢または遅延であって、不適切な強制的料金制度がたまたま残存しているだけに過ぎないと信じているものです。
それで私自身は集団訴訟をキッカケに、NHK料金は全く払わないことにしました。
それで支払い催促の支払い用紙の郵便物の送付や担当者の訪問などがあり、これまで無視の態度を続けてきたのですが、ここで一度「内容証明付きの不払い理由の文書」をNHKに送っておこうと考えました。
以下が私の書いた拙い文章ですが、もっと説得力のある書き方があれば、あるいは文書の送り方などのアドバイスがあればありがたいと思う次第です。また、NHKが最近強制執行による徴収の見せしめに踏み切っているようですが、そのような手段をとってきたときには、選択の自由を束縛する憲法違反だとするような訴訟(具体的な内容については検討を要するでしょうが)をしたいくらいに考えていますが、1人で実行というのは訴訟費用の点だけで考えても無理です。訴訟原告団の中で有志が見つかればいいが、などと悩んでいる段階です。

(以下、NHK宛の文章案)
私は、NHKの放送を一切見ておりません。ずっと何年も見ていないのですが全く不満はありません。見なくても生活に何ら問題はないのです。
それなのに何故放送受信料を払わなければならないのか分かりません。現在のように発達した情報社会の中で、また無数の有用なメディアがある中で、単なるメディアのひとつに過ぎないNHKが何故強制的に受信料を徴収することが今なお許されているのか、全く理解できません。単なる関係者の怠慢のために、制度の適正化が遅れているだけのことだと思います。例外を問わず、日本人なら絶対に欠くことができない価値のあるメディアがNHKであると判断する理由でもお持ちなのでしょうか。
もしお持ちだとしたら、情報社会の供給当事者の1社としてご理解が全く不足しているとしか考えられません。
現代は自己本位の屁理屈が通用する社会ではありませんし、そうした基本的な点で社会に対する正しい理解ができないNHKに果たして情報企業としての存在意義があるのだろうか、という議論が次に待っていることになるでしょう。
NHKが日本人として絶対に欠かせない価値のある情報を提供しているという判断をとられるのであれば、不払い家庭への供給を切ればよろしい。
切られた方は苦し紛れに受信料を払うようになる筈です。私の家はCATVで受信していますから、そこで技術的な操作をすれば私の家への送信は簡単に止まります。CATVでは、受信者側が受信したい局を選んで契約して受信料を支払うのが通常ですが、この場合はNHKという送信者が送信を止めるという違いがあるだけです。
不払い家庭に対して簡単な供給停止さえしないこと自体が、料金徴収を維持するための意図的な怠慢のひとつと言うことができます。この点は、できることはするべきということであって、CATV受信以外の家庭にはどうするべきかという議論の妨げにはなりません。
電力、ガス、水道では、料金不払いの家庭には供給を止めてしまうだけです。支払いしていない家庭に対して「全く使っていないかどうかは関係ない、何が何でも金を払え」とはいいません。私の場合なら、電力、ガス、水道など止められたら、生活が出来なくなるので料金は払います。でも、NHKの供給がとまっても、何ら困ることはないのです。NHKに対する必要性は、電気・ガス・水道に比べればゴミみたいなレベルでしかありません。ですから今後とも私は、受信せず、支払いせずで通すつもりです。

「現在は、NHK受信料を受信機のある日本の家庭では絶対に支払わなければならないことになっている、だから支払え」という強制理論を言われるならば、最も分かりやすい例として、米国の公民権運動を例として振り返ってみたいものです。
公民権の問題が、紆余曲折・多くの犠牲の後で公正に解決する以前の時代には、差別を定める法律があったわけです。そういう時代遅れの法律や制度があるからといって、もし黙り続けていたら、今なお人種差別の問題は解決していないに違いありません。制度があるからという事実を楯に、私のようなNHKの必要を感じていない家庭を押さえ込もうという考えはとるべきではないと思います。
   (KK生、川崎)
    ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 □ 小誌次号は創刊3000号記念号になります
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声3)メキシコ湾原油漏出です。カナダなど外国がブーム(スタイルフォンかな)のブイでオイルが海岸や湿地帯に到着しない救援を事故発生直後に出した。
オバマは、“結構です。BPが解決するべきだから”と断っていた。
57日が経った、現時点で米国民は怒り出した。すると、オバマは、急いでカナダ政府にブイの提供を要請したのです。始めから、ブームの数量は不足だったのです。
他国からも、続々とブームと救援チームがルイジアナにやってくる。住民多くが“オバマは大統領(エグゼクテイブ)に向かないのかも知れない”だと。
“Obama is a legirator, he likes to make new laws, that's not enough for exective branch" と僕は釘を刺した。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)オバトとオバマは似ていますね。発音いがいにも。
さてBPはとりあえず200億ドルを補償しますが、以後、エコ問題として深海1000メートルの海底油田の開発は中止の方向に世界世論が動く可能性が有りますね。
 海底油田がだめとなると、奥地がねらい目。東シベリアあたりが次のテーマでしょうか。



  ♪
(読者の声4) 貴誌2998号で『株式投資について言えば、中国国内市場には「空売り」が認められておらず、「先物」取引も「オプション」も中国の国内株式市場には存在しない』と述べておられますが、これは間違いではないでしょうか。
中国は2010年3月に「空売り」を解禁し6証券会社を対象に実験を行っていますし、5月16日からは株式指数先物の取引を開始しています。
まだ限定された投資家を対象としたものですが、株式市場改革は着実に進められています。
  (商社員)


(宮崎正弘のコメント)まだ一般投資家相手とはいえなくとも、格段の進歩ですね。五月に確認したときはまだと市場関係者が言っておりましたので。



  ♪
(読者の声5)貴誌通巻2998号TT氏の(読者の声1)に(宮崎正弘のコメント)で「会保障費は欧米先進国レベルへ引き下げ、債務返済は長期プログラムとして短期的に圧縮する」と書かれましたが日本の現状の打開策はまさにそのとおりです。
管首相は消費税を10%に上げて福祉目的税とするなどといっています。目的税なるものがいかなる結果を生むものかは、日本中にあるコミ箱飛行場を見れば判るように無駄の温床です。
無駄の温床とならない消費税増税分の使い道があります。
中長期国債の満期前買取資金専用とするのです。凄腕の相場しに割安となった中長期国債を買い捲らせるのです。それと同時に中長期国債の発行を法律で禁じます。これで中長期金利が安定し企業投資と住宅ローンの金利が下がります。
短期公債しか発行できなければ、市場の消化余力が限界となりおのずと国債発行額は減少します。
「SS55」氏が(読者の声2)で「私は、菅という人は日本国民ではないと思います。。。。『国民・非国民』の分け方より、もっと根っこの『国民国家』の『国民』でない」と書かれましたが正に至言です。彼は臣民ではありません。
以前、素行會會員の當田氏が、書かれましたように、臣民は伊藤博文の造語で、それまで「臣」と「民」に分かれていた日本社会を天皇の前に平等の臣民として理念の上だけでなく法律上でも達成したのでした。小松操氏が編纂した伊藤博文伝の中の伊藤博文が語った部分をまとめた「伊藤博文直話」の261ページにあるように「日本臣民は憲法によって示されたる各種の権利を有するとともに、日本の臣民は日本の官吏となる権利を持っている」のです。
管氏は官吏になる権利を放棄したので、デマゴギーと政局によって首相となったのです。
日本は方の前の平等化において公民権運動以前の米国より70年以上進んでいたのでした。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)吉田茂は「臣茂」と書いて、この意味がわからない人が戦後に目立ち始め、いまはわかる人がむしろ少数です。
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「戦略・情報研究会 2010年度東京第5回講演会(「日韓併合」100周年企画)」のお知らせです。
〜 歴史的教訓で生き抜く東アジア国際社会
   −朝鮮半島情勢の歴史と現状を踏まえて 〜

講 師: 崔 三然 氏(韓国空軍士官学校名誉教授、元空軍大領)
    島田 洋一 氏(福井県立大学教授、拉致被害者を「救う会」副会長)
日 時: 7月24日(土)18:30〜20:45(開場18:00)
場 所: 文京シビックホール スカイホール(文京シビックセンター26F)
      東京都文京区春日1-16-21、03-5803-1100
       http://www.b-civichall.com/access/main.html
       東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4bまたは5番出口徒歩3分
       東京メトロ南北線後楽園駅5番出口徒歩3分
       都営地下鉄三田線/大江戸線春日駅連絡通路徒歩3分
       JR中央・総武線水道橋駅徒歩8分)
参加費: 1500円(事前申し込みの学生に限り500円)
定 員: 120名(定員になり次第申し込み締切)
お申込/お問合せ先: 久野 潤 kunojun@amethyst.broba.cc
   [当日] 090-2933-8598 kunojun@ezweb.ne.jp
<御名前・御通勤御通学先を明記のうえ事前お申込頂きますと当日の御記帳無しで
 入場頂けますので御協力頂ければ幸いです>
   □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 経済討論第12弾! 「菅内閣発足!どうなる日本経済」三時間番組
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

桜チャンネルからお知らせ
@@@@@@@@@@@@

平成22年6月19日(土曜日)20:00−23:00
日本文化チャンネル桜(スカパー!217チャンネル)
インターネット放送So-TV(http://www.so-tv.jp/

<パネリスト>
上村シーラ千賀子(シスコシステムズ上級管理職・早稲田大学、秋田大学講師)
さいとう弘(前山形県知事・日本創新党政策委員長)
田代秀敏(ビジネス・ブレークスルー大学経営学部グローバル経済学科教授)
宮崎正弘(作家・評論家)
山本伸(金融ジャーナリスト)
司会:水島総(日本文化チャンネル桜 代表)
  ◎◎ ◎ ◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇み◆◇や◆◇ざ◆◇き◆  ◇ま◆◇さ◆◇ひ◆◇ろ◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘の最新刊 >> 
宮崎正弘 v 佐藤優『猛毒国家に囲まれた日本』(海竜社、1575円)
<ロシア、中国、北朝鮮の猛毒国家に囲まれて日本はいかに生き延びるのか?>
大増刷出来!
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/
♪♪
<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
  ♪
『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
再版出来!
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
   ♪
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/06/19

    在米です。先日私のさる知人が〜十年ぶりに日本へ一時帰国したのですが、TVにびっくりしたそうです。もう下品でばからしい番組と食べ物の話ばかり、チャンネルを変えてもすべて同じ。

    あきれはててNHKに変えてみてもそこにはまったく民放と同じ低劣な娯楽番組が。「国かなんか知らないけど、何かの陰謀を感じた」と。この人から「陰謀」なんて言葉を聞くとは思っていなかったので、おかしくなってしまいました。誓って言いますが、絶対にネットの政治ブログなんか読んでるような人じゃないです。



    ちなみに私は狭い家でつけっぱなしTVに悩まされて育ったので、TVは持っておりません。今は大きなニュースはネットにビデオがつけてありますよね。もしもそういうニュースをご家族でいっしょにごらんになりたいのであれば、一台大きなPCモニターを買い、それへラップトップからでもフックアップされればよいのでは。見る価値のある番組もないのにTVを持って、視聴料を取られることに悩むのもどうかと。TVを持たなければすむことです。私はネットと本を読むだけでも時間が足りません。

  • 名無しさん2010/06/18

    http://www51.tok2.com/home/slicer93190/10-4831.html



    すべて妄想の産物でありますように。

  • 名無しさん2010/06/18

    中国のギリシャ対応の話は原田武夫も知らせていますが、さすがです。今後も読みます。

  • TS2010/06/18

    <読者の声>にNHK受信料不払いの理由が書かれていましたが、我々が受信料を支払わされる根拠は「契約」に基づいているらしいです。いつ誰と誰が契約し、いつまで続く契約なのかが不明ですが、受信料の請求書が届いている人は「契約」をしているのです。NHKの偏向について「契約」を継続しながら一視聴者として闘うのでなければ、まずは「契約」を解除することをお勧めします。

  • 名無しさん2010/06/18

    読者の視野を世界から国内までに向けるメルマ。投稿の質の高いものが多く、合わせてメルマの配信を毎回心待ちしています。(葉茶芽茶)

  • 名無しさん2010/06/18

    団塊の世代「デモシカ先生」「職業政治家」浮遊している様な底なしの教育・政治空白は恐ろしいです。