国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(君が代を歌わない政治家が首相に)

2010/06/04


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010)6月4日(金曜日)
       通巻2981号
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 君が代を歌わない男が日本の政治を担う恐ろしさ
  極左活動家から「市民」運動、所詮は左翼小児病患者=菅直人
****************************************

 民主党は参議院選挙で惨敗の予定だった。鳩山辞任直前までの世論調査は、一人区でかろうじて三名、全体でも29議席という予測が多かった。
 この劣勢を盛り返すにはイメージをかえる作戦に出るしかない。鳩山は最後にようやく決断をした。

おそらく首相としてはじめて自分が下した決断が「職を辞する」判断だったのだろう。そのうえ彼は「次の選挙にも出ない」という決意をしめし、国民をひどく安堵させた。宇宙人はもう懲り懲りだから。

 今夜、発足予定の菅直人政権は、その顔ぶれによって印象の濃淡はでるだろうが、5−6%ほど支持率を回復させるだろう。

万が一、樽床伸二が指名されても、かれは松下政経塾あがりの若さが売り物とはいえ、地方分権万歳の国家解体指向組だから同様なものだろう。

 若干の支持率回復となると、その分はこれまでの世論調査で「独走」してきた「みんなの党」の票が食われるだけである。
もともと「みんなの党」が伸びても、かれらは地方分権、日本解体をもくろむ点では第二民主党であり、全体を俯瞰すればほとんど変化はない。

 問題は菅直人である。
 かれは左翼活動家あがり、いまも政治的思想は左翼、しかも経済財政政策はまったくわからない。

市場は管が「円安を主張しているから」として、やや歓迎気味だが、短期眼での判断でしかトレーダーは動かない。

 およそ世界を見渡して常識でもなく、普通の国では起こりえないことが日本でおころうとしている。
すなわち政権を担おうとする政治家が自国の国歌を歌わないという異常な信念を持つ男を首班にしてよいのか?

 菅直人は或る信念を持って君が代を歌わない政治家である。
 野党諸兄、国会での最初の質問は、リトマス試験紙替わりに、菅直人に君が代を歌わせることではないのか。
 △ △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(ラジオ日本よりお知らせ)6月4日(天安門事件から21年)の午後一時よりラジオ日本「マット安川のずばり勝負」に宮崎正弘が生出演します。午後三時まで。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お知らせ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
「チベット百人委員会シンポジューム」のお知らせ、です。
演題:タシ・ツェリン氏と語り合う、長野聖火リレーの衝撃
日時:平成22年6月20日(日)午後6時〜8時
会場:トイーゴ4F、大学習室。(長野市鶴賀問御所町1200 !) 026-252-7151)
   (JR長野駅善光寺口より徒歩10分、長野電鉄市役所前駅より徒歩3分)

パネリスト:タシ・ツェリン氏(台湾チベット青年会議 代表)
       スー・ジェイ氏(台湾チベット交流協会、副代表)
       ペマ・ギャルポ氏(桐蔭横浜大学大学院教授)
       井川仁水師(宗派を超えてチベットの平和を祈念する僧侶と在家の会、幹事)
       西村幸祐氏(ジャーナリスト)
司会:   小林秀英師(チベット問題を考える会 代表)

主催:チベット自由人権日本百人委員会
共催:チベット問題を考える会、キャンドル・オブ・長野
参加費:1000円

2008年4月26日北京オリンピック長野聖火リレーの日、出発地を辞退した善光寺の英断によって、日本人の良心と良識がかろうじて救われた日となりました。仏都長野は真っ赤な五星紅旗の海と化し、その渦中にあって雪山獅子の旭日旗を守るかのように、毅然と聳える法の城が善光寺であったのです。
奇しくも胡錦涛氏に可愛がられた福原愛ちゃんの前に飛び出して、チベット人としてはただ一人逮捕されたのがタシ・ツェリン氏です。目撃者談によれば、飛び出したとき彼は泣いていたそうです。心中を察するに余りあるとは、このことでしょうか。
チベット人が泣きながら訴えたいこととは何でしょうか。善光寺が命運を懸けて大英断を下し、チベット人を助けるばかりか、日本人の魂さえも救ってくれたと思えるのは、何故なのでしょうか。
100年前にチベット国旗に旭日を付け加えた日本人の願いとは、何だったのでしょうか。かくも深く真剣にアジアの平和を祈念した、そんな人々の願いを奇しくも善光寺が受け継いでいた、そんな風に思えるのです。
皆さんもパネリストの先生方と一緒に、チベットとアジアの平和を考えてみませんか。

問い合わせ先:小林秀英 042-315-7635
     ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++ (宮) +++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<< 宮崎正弘の最新刊 >> 
宮崎正弘 v 佐藤優『猛毒国家に囲まれた日本』(海竜社、1575円)
<ロシア、中国、北朝鮮の猛毒国家に囲まれて日本はいかに生き延びるのか?>
大増刷出来!
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/

♪♪
<宮崎正弘のロングセラーズ>
『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)

『日米安保、五十年』(西部邁氏との対談。海竜社、1680円)
再版出来!
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
   ♪
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/06/04

    ”自己顕示欲、金儲け”を手っ取り早く実現するには”代議士”と称する「詐欺師」になるに限る。ごく少数の人びとをのぞいては、自民も民主も、この様な人間の集団と想う。この国の民主主義?それは何だ。有権者ミー・イズムの多くがこれらの人間を選んだ。”国民”は自らのレベル以上の政治家をもてない。と言われるが、蛸配当と知ってか知らずか、子供手当?くれるものは何でももらう。巨大な買収行為が大手を振ってまかり通る。すでに竹島は盗られ、尖閣付近実効的支配は消滅、沖の鳥島も、同じ運命にある。この国を取り巻く過酷な現実を直視せず、次は対馬、沖縄の”香港化”がこのままの事態で進めばあと10年も

    掛るまい。そのとき、多くの”湯で蛙”の中から果たして民族の再生可能なエネルギーを保持した人びとがどの位生き残っているか。(老生はそれを見届ける事はできないが)。

    この国の原子力発電所へのテロ、細菌、化学兵器によるテロなどの”湯で蛙”に衝撃的な手段は下策である。と相手達は考えるで有ろう。「愛国、日の丸、日本民族、軍備」の言葉にある種の違和感、警戒感、忌避感をおおくの日本人に刷り込むことに成功し、「井戸塀、政治家は絶え、かって外国から畏敬された志高い官僚集団は消滅、」最後の標的は”皇室の解体”である。これをもって”独立日本国の消滅作戦は完了”するが最上策とする。

    宮崎さんはじめ憂国の人びとは、無視、危険思想として警戒感を持つように刷り込みが行われでいる。大衆の見えないところでの戦争は大局で、相手優位で進行中である。

    予定されている総理大臣。カンなる人物に

    ”本会議上で{国歌}を朗々と歌う”よう

    要求する事は、憲政史上に残る快挙であると想う。 

    深刻な事態は依然進行している。宮崎さんの益々のご健闘をお祈りします。(憂国老人)