国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み(タイ赤シャツ騒動の正体)

2010/04/14

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成22年(2010年)4月15日(木曜日)
      通巻2939号  (4月14日発行)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 タイの赤シャツ部隊の黒幕はタクシン前首相だが、その背後は誰だ
  タイの政変で日本人カメラマンが狙撃された。この狙いは?
****************************************

 タイ政治の暴力の主役は軍ではなく赤シャツ部隊だった。
 赤シャツは「反独裁民主戦線」とかを名乗り、アピシット現政権打倒が目的である。
構成員はタクシン前首相を熱狂的に支持する地方からの農民、低所得者が主体の「組織」とされ、この黒幕はいうまでもなく外国に亡命しているタクシンだが、さらにこのバックにいて軍事作戦に秀でているのは軍の反主流派と推定される。
しかし、その背後には誰がいるのか?

 もともとタイの政治は穏やかな仏教徒という表の顔と裏には華僑と軍が組んだ独特の汚職体質、暗い部分がある。
 権力中枢はつねに暗闘が渦巻いており、表面的な分析はものの本質を見誤りやすい。


▲タノム追放の学生革命とて背後には華僑がいた

 1973年におきた学生革命は数百の犠牲があった。筆者はすぐにバンコックへ飛んで、昂奮気味の学生を取材し「百年遅れの明治維新」と書いたら、我が師林房雄から「拙速判断にすぎないか」と釘を刺された。

 軍が学生デモに水平に発砲し、死体を下水に埋め、あまりのことに国際批判がおきた。タノム首相は海外へ亡命し、学生が突如「英雄」となり、しかし一年後にタイ全学連は四分五裂の内ゲバ、今度は学生指導者が海外へ亡命した。

 その前のタイ学生運動は発火点が「反日」である。
 1972年、バンコックに進出した日本のデパートを疎ましくおもった華僑が秘密裏に資金を出し、学生を煽った。田中角栄の訪問でタイに反日暴動がおきた。裏側にいたのはタイに溶けこんで政権と癒着した華僑だった。

 このおりも筆者はタイに赴いて学生指導者と会ったが、殆どが華僑の息子達だった。つまり学生運動の主役等はエスタブリシュメントの子供達だったのである。

 タイ先住民と少数民族(カチン、カレン族など)は経済的に恵まれず、華僑や華人の子らがいく大学へ入れず、職業訓練校や専門学校につどう。
だから「タイ全学連」なるものは主流派エリートと反主流に鮮明に別れ、殺し合いも演じた。警察や軍はタイ族主流のため、エリートに反発していた。この構造はいまも変わらない。


 ▲赤シャツ部隊にはタクシンから豊富な資金が流れ込んでいる

 赤シャツ部隊はタクシン元首相が農村部にカネを蒔いて買票した結果であり、タクシンそのものは世界有数のビリオネア、貧乏人への同情など希薄である。

 経済と流通を牛耳る華僑はまとまっていない。
華僑、華人はタクシン派と反タクシンとに別れ、06年には黄色いシャツを着たグループが示威行進におよび、軍がクーデタを起こしたため、タクシンは海外へ逃れた。
 このとき、民衆は軍のクーデタを支持した。

 さて今回の赤シャツ部隊(タクシン支持派)は軍にむかって発砲した!
 逆さまである。
 実態はデモ隊にまぎれこみ、武器を潜していた軍人(反主流派)が、軍の治安部隊へ発砲したらしい。十数名の犠牲(殺された軍人のなかには副参謀長も含まれる)、重症の大多数は軍人であり、日本人カメラマンが流れ弾<?>、それとも意図的に撃たれた可能性が残る。
 
 繰り返すが、タイ経済を牛耳る華僑は一枚岩ではない。ばかりか縦横無尽に分裂している。

 タクシンは客家系で父親は警官から下院議員となったたたき上げ、タクシン本人も警官から米国へ留学し、警察内部の出世街道にのったものの次々と事業に失敗、最後の一か八かを通信ビジネスへの進出で大当たり、政治家デビューは1994年。自身の政党「愛国党」は2001年に設立し、北京にも支部がある。親米、親中派だ。

 アピシット首相は華僑の名門。そもそも英国生まれ、オックスフォード大学卒業、タイへ帰国しても弾サーと大学教授と、根っからのエリート、両親は医者という名家。
 政治家デビューは1992年、民主党。親英派。

 図式的に見ればタクシンvsアピシットの根の深い対立構造があり、ちとやそっとで解決できたり、一夜にして政治の流れがかわるという状況にはない。
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇+++++◆+++++◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 (読者の声1)貴誌通巻2937号(読者の声6)で「東海子」氏が「戦前の日本は麻薬には厳罰で処しましたが、中毒患者は計画的に更生させました。すなわち急に禁止するのではなく、販売を厳格に管理して少しずつやめさせたのです。この方策は台湾で成功しました。そこで満洲国を建国すると満洲でも実施しました。このため満洲のアヘン吸飲者は激減し、世界の保健衛生政策の模範となったのです」(引用止め)。
と書かれました。
この間の経緯は数年前に「ST生、神奈川」氏が詳細に書かれたので、私は繰り返しませんが、海外でこのアヘン対策を紹介するにあたって注意すべき点をひとつ指摘させていただきます。
まず台湾での実態を詳細に研究して、麻薬対策の成功例として米国等麻薬問題に苦しむ諸国に提示すべきです。
満洲の場合、熱河省で日本も麻薬栽培を行なっておりそれが、英国の麻薬輸出ビジネスの障害となり日英関係を悪くしました。
また熱河省でのケシ栽培には利権化して儲けようとした不届きな日本人もいたようで、基本的には満州から麻薬中毒を根絶するための便法であったとしても、満洲の例を出すといらぬ横槍を受ける可能性が高いと考えます。
満州国での事例は台湾での実例で日本方式の素晴らしさに世界中で同意を得てから発表すべきです。
「李下に冠を正さず」です。
台湾での実例が十分認知されて、曲解を用意に排除できる体制が整ってから、満州国での事例も照会していくべきです。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)話は飛びますが、その台湾を麻生太郎前総理が訪問しました。先週です。ちょうど上海からも韓正・市長が台湾を訪問していました。
 さて問題は台湾政府、議会、マスコミの反応です。
 馬英九総統はもちろん麻生前首相と会いました。場所は総統府ではなく、台北賓館でした。麻生さんの行く先は公開されず、各地で熱烈歓迎はなかった。
 歴代首相で台湾を訪問したのは森嘉郎氏ら少数です。ですから歓迎される筈だった?
 他方、韓正・上海市長は、馬総統こそ(政治的配慮で)面談しませんが、各地で熱烈歓迎のうえ、101階建ての「タイペイ101」ビルはネオンサインで「韓正歓迎」。台湾マスコミの大報道合戦。テレビも訪問先で気持ちが悪いほどに笑顔をふりまく共産党幹部の大写し。
 「これはあべこべじゃないか」と国会で野党議員が質問し、「日本に失礼」という投書が国民党と距離を置く『自由時報』に溢れたのでした。



  ♪
(読者の声2)『産経新聞』によると、方向音痴の鳩山クンが最近、米国タイム誌に「今までは米国の主張を受け入れ、従属的に外交を行ってきた」とどこかのボケ国際ニュース解説者のような青い事をほざいたそうです。
そんなに「従属」が嫌なら、男女皆兵、核武装くらいする覚悟を決めて国民に「日本の安全保障は、まず日本人自身の手によってなそう」「それで足りないのなら米国の友人の力を借りよう」と呼びかけるのが筋なのに、まるで反抗期の少年だ。
こういうのが日本人の代表ならマッカーサーでなくともぴしゃりと平手打ちしたくなる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100410/plc1004100501003-n1.htm

ナイーヴな鳩山幼年変態爺を首相に選んだ混迷を深める日本を嘲笑うかのように、軍事力を年々増強する中共支那は海軍艦隊をして日本領海を横切らせた。
さあ、真実の瞬間だ。無責任に大見得切った首相は米国の力無しで日本に何かが出来るのかを証明するのだ!
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100413/plc1004132143022-n1.htm
 実際に日本自身がしっかりしないと、米国は当てにならない。好例が、イランの核武装に関して二年前に否定した米国の諜報評価が最近180度変化した事。英国とイスラエルの諜報機関は一貫して米国の諜報能力を全く信用せずに来たが結局彼らが正しかった。産経新聞によると、「英仏独はイランが今秋にも核兵器能力を得る可能性がある」そうだが、イランのファルス通信によると、イラン原子力委員会のべへゼッッド・ソルタニ副委員長はイランが来月にも核クラブ入りすると発言。
http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/100403/mds1004032105005-n1.htm
そういう意味で、アメリカのインテリジェンスの無能さは犯罪的ですらある。
最近、あるイスラエル人のジャーナリスト(恐らく実際は諜報関係者)の話を聞く機会があった。30年以上前マアリヴ紙のテヘラン特派員だったその人物によると、イラン革命直前の米国大使館にはペルシア語で新聞を読める米国人職員は何とたった2人しかいなかったそうだ。
故に米国諜報機関も当時イランで何が起こっているのか良く解っていなかったのだろう。最近もニューヨーク・タイムズのティム・ワイナー記者がCIAの無能ぶりを「とても情報機関と呼べない」とコケ下ろしている。
その米国に諜報面でも頼りっぱなしの日本。それで、「従属は嫌」だって?
北朝鮮はすでに6〜8個の核兵器を保有しているという報告書を昨年1月外交問題評議会が出している。
http://sankei.jp.msn.com/world/america/100410/amr1004101304006-n1.htm
 北朝鮮の核は米国の脅威ではない。
だから米国はシリアスに対応しないのだ。
さらに日本人自身がもう一度核を十発くらい落とされないと何も理解できない馬や牛と以下の安全保障感覚の持ち主で、その想像力の欠如の馬鹿さ加減を具現化したのが鳩山首相であり、日本の民主党である。
これでは米国も対応の仕様が無いだろう。

さて北朝鮮の核は米国の脅威ではないと言ったが、それはイランの核が日本人にとって直接の脅威ではないのと同じである。
だが北朝鮮とイラン、シリアの核の枢軸を結成してお互い協力してきた事を考えれば日本人はもっとイランの核にも関心を持つべきであるし、イスラエルと密に協力連絡体制を取るべきであった。日本にはイスラエルに批判的な国際音痴が多いが、2007年のイスラエル空軍によるシリア原子炉爆破作戦で(本来、日本の特務機関がやるべきだが)多数の朝鮮人核技術者が爆殺された事実がある。
我々はエルサレムの方には足を向けて寝られない。
  (道楽Q)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘のTIME(4月19日号)、めずらしく鳩山批判に4ページを割いていますね。曰く「変化の代理人かと見られた鳩山由紀夫は、たしかに色あせる日本の立て直しを目指して改革を呼び掛けたが、彼が引き起こしたのは混乱に拍車をかけたことだった」って。



  ♪
(読者の声3)NHK会長の推薦受付との報に接し、願っても無い機会で何とか良い人物を推薦したいものであります。
現在の我国の混迷状態二ついて政治家以上に責任があるのがメディアであると思っております。実体が無いものをあるように喧伝して国民をミスリードした責任はいくら言っても尽きることはありません。その最たるものがNHKだと考えており会長推薦の動きは干天に慈雨の如きものを感じます。
何とか実現したいものです。
因みに私が推薦した人物は丹羽宇一郎氏であります。
理由は下記の通りです。
・伊藤忠商事社長としての実績を初め、政府委員としての実績豊富。
・研究熱心で、自分で納得しながら物事を進める仕事の進め方。
・周囲の意見を良く聞きながら最後には判断する決断力と実行力。
・将来ビジョンの構想力。 
・国際経験豊富でしっかりした歴史観を持ち、日本国のあり方についての信頼できる方向性。
なお、社長就任時には指し回しの車をやめて電車通勤に切り替えるなど人の心を掴み、崖っぷちの会社を立て直した功績は広く知られるところです。
(宮崎太郎)


(宮崎正弘のコメント)しかし率直にいうと、今日も反省の色なしのNHKは再建すべきより、民営化すべきでは?
    △
(読者の声は下段につづきます)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
========================================
 重要なお知らせ  IMPORTANT NOTICE
****************************************
  ♪
「頑張れ!げんき。藤井厳喜を応援する会」

今般、国際問題アナリストとしてだけでなく、国政の変革を視野に入れた幅広い活動をされておられる藤井げんき氏を応援する会、「頑張れ、げんき!藤井げんきを応援する会」を開催いたします。
この会は去る二月二日発足いたしました「頑張れ日本!全国行動委員会」の神奈川県本部ならびに藤井げんき後援会事務所の発足式もかねております。
つきましては、ご多用の折、誠に恐縮ですが、ご臨席を賜りたくご案内申し上げます。
  
<発起人(50音順敬称略) ※平成22年4月13日現在>阿羅健一、井尻千男、伊藤哲夫
小田村四郎、小山和伸、加瀬英明、小林正、佐藤守、すぎやまこういち、石平
田久保忠衛、田母神俊雄、土屋敬之、富岡幸一郎、西尾幹二、西村幸祐、西村眞悟
藤岡信勝、藤本隆之、松浦芳子、三宅博、宮崎正弘、三輪和雄、山田惠久、柚原正敬
渡部昇一ほか。
          記
 とき    4月20日(火曜日)午後六時半
 ところ   市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」冨士の間
 会費    おひとり 一万円
 来場予定: 赤池誠章、荒木和博、小田村四郎、加瀬英明、佐藤守、田母神俊雄
土屋敬之、西村幸祐、藤岡信勝、松浦芳子、水島総、宮崎正弘、三輪和雄、柚原正敬他。 

お問い合わせ「頑張れ日本! 行動委員会」(03−6419−3900)
特記    とくに御予約の必要はありません。どなたでも参加できます!
       ◎◎◎ ◎◎◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<< 今月の拙論 >>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
(1)「グーグルと人民元」(『共同ウィークリー』、4月12日号)
(2)「現代のハンニバル」(『北国新聞』、4月19日付けコラム)
(3)「社会主義に急傾斜するオバマの米国」(『月刊日本』5月号、4月22日発売)
(4)「鳩山政権下で中国は何をしたか」(『撃論ムック』、四月下旬発売)
(5)「シナ人といかに付き合うか」(『国体文化』、五月号)
       ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@ @@@ +++ +++ ◇ +++ +++ @@ @@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声4)「たちあがれ日本」党が立ち上がりましたが、マスコミなどに揶揄されているごとく、石原・平沼・与謝野各氏の年齢が高いことは事実です。
 7月の参院選挙に向けてこの党がどのような顔ぶれの「若い候補者」を揃えてくるのかに注目しています。
小生がフト思いましたのは、「この日本の国難とも言える重大時期に、若い人、とくに大学生諸君は、どうして起ち上がらないのか!?」ということです。
未来は自分たち、若者のものであることを意識していないのでしょうか? 
学生運動が盛んであった昭和30年代ー40年代を経験してきた年金生活者としては、なんともこの「沈黙せる日本の大学生たち」の意識が計りかねます。
先生はこの点どうお考えでしょうか?(先日のTV報道で、石原慎太郎の、「我々を年寄り年寄りとゆうが、いったい今の若い連中で、我々と同じように国を憂いているものが、何人いるんだ!」と言った怒りはもっともだと感じた次弟.です)
   (KI生、尼崎市)


(宮崎正弘のコメント)深刻に茶化しますが「草食系」はインポテンツが多い。女性のアマゾネスかに反比例しており、且つ食糧による影響があると思います。



  ♪
(読者の声5)平沼新党に批判的なものが溢れていますが、日本人の悪い癖の第一が他人や他派の足を引っ張ること。大事の前の小事、呉越同舟で応援すべきであると痛感する。
何も出来ない者(=しない者)に限ってあれこれと講釈を捏ね繰る。呉越同舟と言うではないか、完全一致を目指すなら、100年大河の鎮まるを待っても国家の大事は為し得ない。
100年前に明治維新の大業がなるも、その時有能の志士の多くが失われていた。明治以後の産業近代化においても、多くの事業に敵対的な競合者が出現した。象徴的な事例を上げれば東西で異なる電力の周波数もその一つと言える。
大東亜戦争時においても同じ、海軍と陸軍のライバル意識は、敵対する敵以上に対抗意識をむき出しにしていた。相手(陸軍は海軍に、海軍は陸軍に)に手柄を立てさせない妨害が水面下で頻繁に起きていたと言う。
自民党の今日の惨状もまた同じ、贔屓目に見ても切磋琢磨ではなく、実りなき諍いに近い内輪もめに足の引っ張り合いを続けてきたとしか言い様がない。自民党の今日あるは当然の帰結と言うべきだろう。
金塗れの信の残党から共産党も真っ青の旧社会党の面々を引き連れた民主党政権を指示する者には好都合だろうが、最低限でも「在日外国人地方参政権」の売国法案に反対であるならば、今夏の参院選で民主党に議席の過半数を取らせてはならない。民主党の過半数阻止の先陣に名乗りを上げた平沼・与謝野両氏の新党「立ち上がれ日本」にエールを送るべきは今である。理念や政策は大願成就の暁見て為せばいい。
売国政党・民主党に鉄鎚を下す者はすべて救国の士だ。みんなで「立ち上がれ日本」に力強いメッセージを贈ろう。賢明なる志士が日本を救う。
(一読者)


(編集部より)「たちあがれ日本」結党趣旨と綱領を下記に掲げます。
【結党趣旨】一、第一の使命・打倒民主党 民主党のふがいない政権運営と選挙至上の内向き姿勢に国民は大きく失望している。自民党も過去のしがらみと決別できず、民主党批判の受け皿となりきれていない。政治の流れを変える「捨て石」となる決意をもって「打倒民主党」「参院与党過半数阻止」のために立ち上がった。
 一、第二の使命・日本復活 目指すのは「強靱(きょうじん)な経済」と「安心な社会」を両輪とする日本の復活。日本の良き伝統文化を守る安心社会を目指す。
 一、第三の使命・政界再編 政策を軸とする政界再編と国政全体での世代交代を同時に進める「橋渡し」の役目を果たす。
 【綱領】一、誇りある日本の文化と伝統、豊かな自然にはぐくまれた国土と環境、国民の生命・財産を守り、国際社会の一員としての責任を果たすため、自主憲法制定を目指す。
 一、国・地方が直面する財政危機を突破するため、あらゆる政策を総動員し、持続可能で透明性の高い信頼される行政の実現を目指す。
 一、安心社会の実現のために財源に裏打ちされた持続可能な社会保障制度と経済成長力強化と雇用の創造を目指す。
 一、一人ひとりの国民が国際社会で通用する道徳観と教養を身につけ、希望を持って働き、国や地域や家族を愛し、豊かな人生を得るための教育の振興を目指す。

 ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@ @@@ +++ +++ ◇ +++ +++ @@ @@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の最新刊! 
@@@@@@@@

宮崎正弘 v 佐藤優『猛毒国家に囲まれた日本』(海竜社、1575円)
  お待たせしました。増刷出来!
<ロシア、中国、北朝鮮の猛毒国家に囲まれて日本はいかに生き延びるのか?>
http://www.amazon.co.jp/dp/475931122X/

宮崎正弘『中国ひとり勝ちと日本ひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
http://www.tokuma.jp/book/tokumabooks/4e2d56fd30723068308a52dd3061306865e5672c30723068308a8ca03051306f306a8d77304d305f304b
  ♪
宮崎正弘 v 西部邁
『日米安保、五十年』(海竜社、1680円) 増刷出来!
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/
 ♪
<宮崎正弘のロングセラーズ>
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
     ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
+++++++◆++++++◇+++++++◆++++++◇+++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/04/15

    昨今のタイの騒動についてのマスゴミ報道は、日本人カメラマンの死亡は「情緒的かつ三面記事的」事件の俯瞰的な解説記事はほとんどない。、例によって、権力闘争の表面的現象の上っ面を掃くような、マスゴミ報道に、フラストレーションの溜まる一方でした。宮崎さんが、何時コメントされるか、ジリジリしていまいた。

    今回の記事、歴史的な経過から的確に明快に述べられておられ、胸のつっかえが取れる気分です。ありがたくお礼申しあげます。

    ただ、現在進行中の本件に重要なかかわりがある、タイ王室、仏教徒の動向に言及がない事、

    現時点で書けない何かがあるのでしょうか?

    この事件のコメントの続編を期待しています。

    (憂国爺)

  • 名無しさん2010/04/15

    団塊の世代は「たちあがれ日本」を応援すると確信しております。

  • 万葉至乃助2010/04/14

    その狙撃隊を「黒シャツ隊」と現地では呼んでいると7日にタイより帰国した人から聞きました。18日から4日間タイに出張予定でしたが、中止しました。

  • 名無しさん2010/04/14

    タイを理解するための基本条項を解説しその上での分析。新聞はインターネットで若い人が購読をやめると単純分析。

  • 恐れ多いが2010/04/14

    宮崎先生は保守じゃない

    そうやって人の身体的な事まで茶化すなんて

    保守の人のやる事じゃないですね

  • 名無しさん2010/04/14

    タイ・バンコックのデモ争乱の背景が華僑の内紛と分かり、目から鱗でした。確か国王もチャイナの血筋と記憶していますが?

  • 名無しさん2010/04/14

    私もNHKの民営化に賛成です。与党民主党にすりより、国民に真実を報道しないマスコミは淘汰されてほしいですね。読者