国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2010/02/24

★遠藤浩一『政権交代のまぼろし』を論ず
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010年)2月24日(水曜日)貳
通巻2889号 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
書評特集
遠藤浩一『政権交代のまぼろし』を論ず
   □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●◎ブックレビュー◎●BOOK REVIEW◎●書評◎●ブックレビュー◎●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 歯切れ良く大胆に現代政治の不毛の本質をえぐる快著
   霧の彼方に沈む政治評論や分析の蒙昧さをばっさりと切り捨て


遠藤浩一『政権交代のまぼろし』(産経新聞社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 歯切れの良い文章、躍動的な分析、この骨太の政治評論は記念碑的名著になるだろう。
 この著作の前に遠藤氏は『消費される権力者』(中央公論社)を上梓している。内容はと言えば「小沢一郎から小泉純一郎へ」。こんどは「小泉純一郎から小沢一郎へ」。(うん? ちっとも変わりばえしないのか、日本の政治は)。
 冒頭から評者(宮崎)の私事にわたるので恐縮ながら、国内政治に興味を失ったのは永田町で二流の人物等がなにをどう獅子吼して、「カイカク」しようが日本の政治は停滞し、ボウフラが湧き、国民の期待を裏切り続けるだろうという見通しの下に、最後に細川連立政権が生み出すダイナミズムに政界再編をちょっとだけ期待したことがあって『新しい政治トレンドを読む』(日新報道)という本を書いた。淡い期待さえも殿様政治の優柔不断と自民社会連立という奇術のまえに無惨に裏切られ、小沢一郎は以後、権力を求めるだけの政治屋になった。
政治は力だが、力の裏打ちに愛国心があるべきであり、それがない政治家には絶望しかない。それにしても日本の政治からダイナミズムが失せ、あまりに自律の精神もなく、小生は国内政治を論じなくなった。
自民党をぶっ壊すといった小泉純一郎がなした種々の改悪と靖国参拝という浮世離れしたパフォーマンスと安倍政権が理想とした「戦後レジュームの脱却」に関心を抱いたものの、率直に言って淡い期待さえ抱くことはなかった。
そうそう、あのとき遠藤さんにも言ったのだ。「山が高ければ谷は深い。期待が大きいと失望は深い」。

▲それはニヒリズムではなかった

遠藤浩一氏は今年の『正論大賞新風賞』受賞。拓殖大学大学院教授。政治評論家でもあるが、三島由紀夫、福田恒在を論じて思想論争をこのむ特徴を持たれ、あまつさえ自らが演劇人でもある多芸の人。演劇で鍛えた舞台度胸があるのか、演説してもメリハリが利いている。

 遠藤氏の事実上のデビュー作は『消費される権力者』だが、編集担当の平林孝氏は、夥しい名著を世に送り出した名編集長として知られた。不幸にもガンで早世したが、最初に紹介してくれたのは中川八洋氏で、その後、村松剛氏を囲んでワインを呑む会があったり、一緒に台湾へ行ったこともある。超張英氏『台湾をもっと知って欲しい日本の友へ』も平林氏に頼んで上梓して貰った。その平林氏の鑑識眼に叶ったのが前書で、遠藤さんの力量はデビュー当時から高く評価されていたわけだ。

 さて本題に入る。
 「民主党」なるものの本質に迫るため本書では最初に簡潔な人物評がある。
 鳩山は「ブレることに痛痒を感じない」人物で「この党首には『軸』が存在しない。よくいえば環境の変化に柔軟に対応するタイプ、悪く言えば節操がない」。
また小沢は『思想にぶれがない』というのはタダの一点。国連至上主義だけがぶれないのである。
小沢には「戦後平和主義に近い発想が根底にあるために(党内左派)とも距離が近くなる」。つまり「原理なき『原理主義者』」が小沢である、と本質をぐさりえぐり出す。
 なぜこの程度の小さな、あまりにも矮小なマキャベリストしか、現代の日本にはいないのか。
 遠藤氏は次のように言う。
「欧州における冷戦の停止は東アジアの冷戦構造をより際立たせただけだったが、日本国内の政治状況は左翼勢力の衰退というかたちではっきりとした影響を与えた。すなわち平成以後の各種選挙を通じて明確に見られたのは、左翼支持層が激減し保守中道層が増大するという傾向であった。にもかかわらず、自民党はその保守中道層からの支持を吸収しきれなかった。なぜか。冷戦の勝者の側に立つべき自民党が、いつも間にか敗者のほうに擦り寄っていたからである」(本書157p)。
 自民党は党内の、それも中枢に極左分子をかかえ、党綱領をなげうってリベラル路線に急傾斜し、あまつさえ公明党と数あわせの連立を組むうちに保守としての存立理由を、いや存在理由を見失った。マスコミの政治主導、情報操作の影響も大きいだろう。
 自滅は早々と予測されていた。

 ▲「二大政党の政権交代」という表層の分析は危険である

 昨夏の民主党圧勝のあと、多くの政治分析をみたが、どれもこれも自民党にお灸をすえたとか、これで英国保守党のように政権回復には十年かかるという議論が横行した。
評者(宮崎)もこうした議論にはついていけなかった。
保守vs革新で、日本の政権交代をみているからである。これは自民vs民主という『二大政党』の交替にみえて、じつはそうではない。
なぜなら日本は二大政党ではないからである。
 すなわち遠藤氏が言うような「その場その場で勝てばいい」という自民党には基本綱領をまもる意思はもはや消え失せており、「政権を維持し続けること自体が目標になった」野合の集団となり、その自民党に保守思想の軸はもはや影も形もない。
同様に民主党には革新思想の基軸が存在しない。
したがって、これは二大政党政治ではない。鵺的集団でしかない。
 鵺たちがふたつのグループにわかれてあらん限りの罵詈雑言をぶつけ合うのが、現代政治の構図である。

 遠藤氏はこうも言う。
 マキャベリが箴言に残したように「これほどまで痛めつけられ、弱り果てた」風土に「強く雄々しき人間がうまれないと同様に、日本では「強く雄々しく国を愛する指導者の不在」がある(本書102p)。
 『平成の日本政治の現場でも、武村正義や野中広務、小泉純一郎、そして小沢一郎といった『小さなマキャベリスト』が跋扈した。『小さな』という形容詞を付したのは、彼らの政治軌跡にマキャベリズムに不可欠の『正しい目的』が見あたらなかったからである』(103p)。

 民主主義とファシズムが対立する概念ではなく、同根の危機を内包するシステムであるという遠藤氏の指摘は正鵠を得ている。
 ヒトラーはワイマール共和国という史上稀な民主国家から生まれた。戦後日本の平和民主主義は小沢という小さな、小さな擬似ヒトラーを産んだ。
 欧州はマキャベリストたちが政治を司り、日々謀略と駆け引きで会議は華やかに躍り、ロシアには旧来の帝国主義的なピョートル大帝が復活して牙を研ぎなおし、中国には侵略的全体主義が世界に立ち向かい、中東から南アジアにかけては原理主義の乱暴者が政治を壟断している。
一方で日本の同盟国である米国は「力と畏怖」というリバイアサン国家の建設に挫折をくりかえして世界を破滅に導く危険なリベラリズムに急傾斜し、まさにこういうときに日本には小悪人と小さな小さな全体主義者はいても、婆娑羅も巨悪も、国粋的な愛国者もいない。その替わりに、小さな小さな小さな小さなマキャベリストたちがいる。
 だから日本の政治は面白くないのだ。
「いまの日本の政治状況とは「保守の分散に乗じて左翼や特定の団体が分不相応な影響力を行使するという事態である。問題の根は『二大政党』にあるのではなく、保守の分散によってノイジー・マイノリティが漁夫の利を得ている」だけであり、これを「二大政党制という制度上の問題に論点をすり替えるのは間違っている」(本書276p)。

 逆説的ながら、評者は鳩山政権の無恥による政治混乱に大いに期待している。
 その子供じみたマニフェストによるカイカクを期待しているのではない。国家を危殆に瀕するほどの馬鹿をやりかねない、その極度の子供じみたセイジに、ひそかに期待している。鳩山友愛路線は敵対国に媚び、同盟国を怒らせ、戦後営々として築きあげてきた安定をぶっ壊そうとしている。
となれば、確実に乱世がくるからだろう。政界再編は、その騒擾のなかでしか起こりえず、乱世にしか英雄は出てこないからである。
 遠藤氏は、再びの保守合同を結論としている。賛成である。日本が救われる道はそれしかないからある。
   ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1) 貴誌前号の「アルゼンチン、フォークランド戦争の再来状況」という御解説を読んで、なんだか懐かしくなりました。宮崎正弘先生のデビュー作は『もうひとつの資源戦争』ですが、数ヶ月後に出されたのが『世界の紛争地図』(学陽書房)で、そのなかにフォークランド戦争の解説がありました。
 当時わたしは学生でした。懸命に読んだ記憶があります。というのも、あの頃から先生の分析はマスコミと違っていて、軍事の裏情報も満載でしたから。
   (KY生、広島)


(宮崎正弘のコメント)83年でしたか、拙著『世界の紛争地図』はフォークランド戦争がおわった直後でした。そういえば、あの時、『週刊ポスト』の取材でアルゼンチンに飛んだのがルポライターの山本徳造氏、『週刊文春』の特派でブエノスアイレスへ行って居たのが、文春時代の中村彰彦氏でしたっけ。
 アルゼンチンの日系人の多くが反英国の立場であることを帰国後の中村さんから聞いて初めて知りました。
 隣国ペルーではフジモリ氏はまだ大学の先生だった筈です。



  ♪
(読者の声2)トヨダ社長の議会証言ですが、豊田社長のボデイデ・ランゲージと、誠意が最重要ですね。
日本人特有の、硬い表情と硬い答弁では失敗します。DEFENSIVEとね。
アメリカほど「(1)人情(2)慈悲(3)誠意(4)積極性」を重要視する国民は世界にないのですね。
人情と慈悲が誠意よりも優先です。誠意は演技できるため。
「トヨタは犠牲者に冷たい〜トヨタは誠意がない〜つまり日本人は人間に冷たく誠意がない」と記事に書かれる。
例のマイク・ホンダの慰安婦決議を思い出してください。昨夜、W・ポストにコメント書き込んだのですが、70年代にニュージャージー・ターンパイクで、日本車(トヨタか、ダットサンか忘れた)テスト。エンジンが水蒸気上げて破裂。NY・タイムスが「メイド・イン・ジャパン」と日本製品と日本の技術の拙劣さを、呆然と立ちくす日本技術者の写真入のシリーズで連載。日本そのものに屈辱を与えた。
僕が出した「日本人はそれ以来決心した」のコメントに反応があった。それは、「全くそうであって欲しいが、技術者は良くても、経営者は誠意があるのか?」とでした。
確かにですね、トヨタのトップには慈悲心(COMPASSION)などはありませんね。ソニーの盛田会長には熱熱も慈悲心もアメリカへの慕情(古典のジュークボックスの収集家、古いハリウッド映画が大好きだった)があった。
戦時中、戦後のお人だったので、思想反米だったけどもその心は揺れていたのです。
神さんは王でもいいけど、ダメな人に思えた。その言動がね。
豊田社長は奥さんをお連れする余裕を見せるべきです。盛田さんはどこでも、ご夫婦でこられた。
(伊勢ルイジアナ)
 

(宮崎正弘のコメント)このアドバイス、間に合うと良いですが。。。



  ♪
(読者の声3)オリンピックと愛国心について、ジョージ・オーウェルの「ナショナリズム覚え書き」を思い出しました。
オーウェルのいうナショナリズムは通常よりも広い意味として、共産主義、政治的カトリシズム、シオニズム、反ユダヤ主義、トロキツズム、平和主義、etc イデオロギー的なものも含んでいます。
オーウェルは言います
『私の言おうとしている感情は必ずしもいわゆるネイションと結びつくものではない。私が「ナショナリズム」と言う場合に真っ先に考えるものは、人間が昆虫と同じように分類できるものであり、何百万、何千万という人間の集団全体に自信を持って「善」とか「悪」とかのレッテルが貼れるものだと思い込んでいる精神的習慣である。しかし第二には―そしてこの方がずっと重要なのだが―自己を一つの国家その他の単位と一体化して、それを善悪を超越したものと考え、その利益を推進すること以外の義務はいっさい認めないような習慣をさす。』

オーウェルは、「ナショナリズム」と「愛国心」を混同してはならない、として、「愛国心」は軍事的・文化的な意味でも防御的、「ナショナリズム」は権力欲と切り離すことができない、とも書いています。

さてナショナリスティックな考え方の特徴として「偏執」が上げられています。
(引用始め)
「自己の単位を少しでも軽蔑したり、競争相手を暗に褒めるような言葉を聞かされると、心安らかならざるものを覚え、語気鋭く反駁しないではおれない。」
「彼の選んだ単位が実在の国である場合には、たいてい軍事力や政治的特技の点だけでなく、芸術・文学、スポーツ、言語構造、住民の肉体美、はては気候や風景や料理についてまでその優越性を主張する。国旗の正しい掲げ方だとか、新聞などに、いくつかの国名が並んで出る場合のそれぞれの活字の大きさだとか順序だとかいったことにまでひどく神経質になる。ナショナリストの考え方では名前というものが非常に大きな役割を持つ。独立をかちえた国とか民族主義革命を成就した国とかはたいてい国名を変える。
ナショナリストの考え方はしばしば感応術(呪術)を信仰しているのではないかという印象すら与える。政敵の偶像を作って燃やしたり、政敵の写真を射撃場の標的にしたりする習慣が広く行われているのはおそらくその現れであろう。
(引用終り)。

日の丸はおろか、天皇陛下や日本の首相の写真を燃やし、雉の首をはねその血をまき散らし、オリンピックなどの入場行進ではJAPANより順序が後のKOREAではなくCOREAだと言い張り、ハングルは世界一の文字だと主張する。
産経新聞の黒田記者に、NYTに出したビビンバの広告は羊頭狗肉(食べる前のきれいな盛り付け写真に対し食べるときのグチャグチャにかき混ぜたビビンバでは外国人には受け入れ難い)とからかわれた(正論?)だけで大手新聞はじめ黒田記者非難の大合唱。
韓国は歴史では中国にも喧嘩を売っていますが、オーウェルの定義により隣国の病理がよりよく理解できます。
中国の場合は日本や欧米に対してコンプレックスがあっても大国意識があるためか韓国よりも余裕が感じられますね。
  (PB生)


(宮崎正弘のコメント)恨(はん)と激情の国民性、コリアン。加瀬英明氏や呉善花氏の入国も拒否したり、その激しさはあまりにも子供っぽい。
           ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は明日2月25日から27日が休刊です。24日中に、もう一号、発行します。編集部より。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘最新刊 
『中国のひとり勝ちと日本のひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店、1680円)
  ♪♪
宮崎正弘 v 西部邁
『日米安保、五十年』(海竜社、1680円)
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/

  ♪♪♪
<宮崎正弘のロングセラーズ>
『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(石平氏との対談。ワック、945円)
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
     ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2010/02/24

    >逆説的ながら、評者は鳩山政権の無恥による政治混乱に大いに期待している。国家を危殆に瀕するほどの馬鹿をやりかねない、その極度の子供じみたセイジに、ひそかに期待している。政界再編は、その騒擾のなかでしか起こりえず、乱世にしか英雄は出てこないからである。日本が救われる道はそれしかないからある。



    のお言葉に強く共感する者です。