国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2010/02/04


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010年)2月4日(木曜日)貳
          通巻2862号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 姫鵬飛の生誕100周年記念座談会に「団派」が勢揃い
   江沢民ら守旧派は全員が欠席という異常事態。団派の復活戦が開始
****************************************

 2010年2月2日、北京の人民大会堂では「姫鵬飛生誕100周年記念座談会」が開催され、李克強、王儲、劉延東ら「団派」が勢揃いした。姫元外相の政敵だった江沢民ら守旧派、上海派幹部は一斉に欠席した。
 奥の院の凄まじい権力闘争の一端がほのみえるイベントとなった。

 まず姫鵬飛って誰? 
長征にも参加した革命元老のひとり。医者でもあった。革命後、東ドイツ大使をつとめ、陳毅のあと1972年からは外務大臣として活躍。日中友好のおり大平外相と共同声明に署名した。
その後も副首相、全人代副委員長、国務委員として香港・マカオの一国両制度の議案を起草するなど中国外交の立役者として知られた。

 これほどの大物が現代中国史で騙られないのは何故か?
 江沢民の政敵だったからだ。姫は江沢民などチンピラと見て軽く扱い、それが報復されるかたちとなった。

 ことの起こりは1999年、アモイ汚職が発覚し、主犯の頼昌星がカナダへ逃亡、連座してアモイ副市長等多数が逮捕され、死刑判決がでた。

 そのなかに姫鵬飛のひとり息子・姫勝徳が含まれていた。軍事情報の漏洩と収賄罪に問われ死刑判決。これを不服として姫鵬飛は江沢民に手紙を書いて冤罪ゆえの免除を要求したが、すげなく蹴られた。

姫は江沢民に四通の手紙を書き、さらには長老の張万年、遅浩田ら軍幹部に寛恕をもとめ、党幹部だった薄一波、万里、宋任窮、宋平、谷牧、張愛坪ら同志にも陳情を要請した。幹部等は江沢民等主流派の顔色をみていた。トウ小平なきあと、江沢民は様々なトリックを使って軍幹部を黙らせるために長老格の王震と張万年を引きずり込んだ。

江沢民は秘書の王剛を北京の姫鵬飛の自宅へ派遣し、「死刑は免れないが、二年執行を延期するのが関の山だ」と冷酷に伝えるや、姫は「七十年にわたって一身を捧げ国家に貢献してきた私に対してこの仕打ちは何だ。私は死をもって江沢民に抗議する」と叫んだという(博訊新聞網、2月4日付け)。

 事実、旧正月に宴会を開いても誰も参加せず、姫鵬飛は2000年2月8日、多数の睡眠薬を服用し抗議の自殺を敢行する。
二日後に北京の病院で死亡した。享年91歳。共産党始まって以来、最高幹部としての自殺は高岡に継ぐ高位だった。


▲なぜ団派主導の姫鵬飛生誕祭を、いま行うのか。

 新華社が姫鵬飛の死亡記事を公にしたのは翌年2001年10月、開催された追悼会は簡素なもので江沢民と李鵬は欠席、軍幹部の多くも花輪も送らなかった。出席したのは朱容基と王儲、胡錦涛だけだった。

 この簡素な葬儀には服役中の姫勝徳が特別に列席を許されたが、その直前に睡眠薬を大量に飲んで自殺未遂事件を起こしていたことが分かった。
すったもんだのあげく息子は死刑執行が猶予され、無期懲役に変更となった。

 そして十年が経った。
 なぜ今、胡錦涛率いる団派が主導して姫鵬飛の生誕祭などを組織し記念行事を行うのか。それは団派が姫を政治利用して力を結集し、江沢民派へ意趣返しをしているからだ。
 「姫は国家に貢献し、経験豊かな革命戦士であり、中国の傑出した外交を展開した」と新華社は褒めちぎった(2月2日付け)。
 
 出席した政治局員の劉延東は「姫鵬飛は明るく磊落な性格であり、潔癖で堅牢で、その一生を革命に捧げた。共産主義の理想と人民のために闘った。われわれは胡錦涛同志のもとに結束し緊密な同士的団結を。。。。」云々。

 第十八回党大会は二年後、現在の趨勢では江沢民の子分・習近平の次期総書記就任が有力視されているが、団派が結束したことにより、まだまだ波乱が予測される。
    △ ▽ ○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
読者の声◇どくしゃのこえ☆ ☆DOKUSHANOKOE◆ 読者の声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)外国人参政権問題がとりあえずペンディングになれば、今回の小沢事件は「小沢氏逃げ切りの場合の彼のせいぜい半年程度の権力維持のプラス・マイナス」と、「検察の東京地検体質の勝利による15年以上に及ぶと推測されるマイナス」を考えれば、国益の趨勢は見えてくると私には思えます。
さすがにマスコミも東京地検との心中に全面突入するほど愚かではないようす。
少なくとも週刊誌は庶民が買わないと即廃刊。テレビや新聞ほどに惰眠をむさぼる余裕がない。
他方、アメリカと中国のグーグル問題、これは根深い。グーグルがアメリカの世界戦略のひとつであることを、両者がよく知っているから、中国もそう簡単に譲れない。情報戦を制するものが世界を制する。では中国にアメリカレベルの世界戦略国内戦略があるかといえば、お寒い限り。
中国の世間知らずの成り上がり官僚の弊害がアジアに蔓延することを牽制するためには、イギリス指南のアメリカ保安官の役割が重要では。理想と現実のバランス感覚が保守本流の知恵だと私は思います。
 (アシカビヒコ)


(宮崎正弘のコメント)中国の高官は所謂「権銭交易」ではい上がってきた連中が多いですから、つらい世間は知っていますが、世のため人のためという発想がないのです。
 孫文は「天下為公」と言いましたが、そうそう、毛沢東も蒋介石も言いましたが、やったことは「天下為私」でした。



  ♪
(読者の声2)小沢さん明確な証拠見当たらず 不起訴となるが疑惑は深い。鳩さんは知らぬ存ぜぬ秘書まかせ 小沢資金も同じ構図だ。知り抜いて己の意のまま秘書使い ばれたら全て秘書に被せる。
法的に不正は無いが法の穴 抜けた資金は土地建物に検察は秘書ら三人起訴するが、権力恐れて小沢氏不起訴か  
 (讃岐SH生)


(宮崎正弘のコメント)あの人は不動産斡旋業か、不動産投機業に転業されたほうがいいのでは? 世界情勢より相場観のほうが冴えているから。
   ○○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   @@@ 宮 @@@ 崎 @@@ @@@ 正 @@@ 弘 @@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 △▽
発売中!
 宮崎正弘の最新刊 
『中国のひとり勝ちと日本のひとり負けはなぜ起きたか』(徳間書店)
アマゾンから注文できます。送料無料
http://www.amazon.co.jp/dp/4198629013/
  <中国の高笑いが聞こえませんか?>
    上製256p。定価1680円。
       ◎◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
宮崎正弘 v 西部邁『日米安保、五十年』(海竜社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
http://www.kairyusha.co.jp/ISBN/ISBN978-4-7593-1109-9.html
 安保条約改定から半世紀。日本の防衛体制はこのままで良いのでしょうか?
ご注文は下記アマゾンからも出来ます。↓ 1680円 送料無料
http://www.amazon.co.jp/dp/4759311092/ 
  

宮崎正弘 v 石平『増長し、無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(ワック)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 発売中 ! 945円
http://bookweb.kinokuniya.jp/htm/4898316158.html
 中国の現実を知れば知るほどに抱腹絶倒、やがて哀しき虚勢の大国!

  ♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
宮崎正弘+内田良平研究会編
『シナ人とは何かー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)
  ♪
『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円)
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
      ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。