国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2010/01/08


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成22年(2010年)1月8日(金曜日)
       通巻2830号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 中国のバブル経済破裂は秒読み、と米国ヘッジファンドのベテラン
  ドバイショックの一千倍規模の激震が走るだろう
****************************************

 『不動産価格がバブルではない。信用供与の過剰が原因となるだろう』
 こういう予測を大胆にするのはNYのヘッジファンド社長のジェイムズ・チャオス(ヘラルド・トリビューン、上海発、1月8日)。

 曰く。「中国のバブル経済破裂は秒読みであり、それは「ドバイショック」の1000倍の規模か、それ以上の激震となるだろう」。 

 チャオスはエンロンの倒壊を予測したことで知られる。
かれはNYを拠点に「キニコス・アソシエーツ」という60億ドル規模のヘッジファンドを経営し、エンロンばかりか、TYCOの崩壊も言い当てた。

 筆者・宮!)はつねに中国経済は崩壊すると言い続けてきたので、ここで十万の援軍をえたような感じ。彼の分析の焦点が筆者とまったく同じである。

 つまり信用供与のフィクショナルな創造とは、家電、自動車の販売促進に政府補助金をつけて内需拡大の強制的一時的効果を上げたが、消費者の多くは信用供与が疑わしい所得レベルにあり、この信用供与が破裂するのは時間の問題。
 近未来の不良債権をみずから積み上げ、ともかく強制的威圧的に内需拡大をでっちあげているのが中国ではないのか。

もうすこし砕けた言い方をすると、低所得の人がタダ同然で新車を買わされ、半年は割賦を支払ったが後が続かない。
 供与した側は『貸しはがし』に移行する。或いは「もっと貸す」?

 チャオスの分析に異論が輩出し、中国はもっと成長する大丈夫と反論が渦まいている。
 袋だたきに近い。

 中国を持ち上げるチャンピオンはジョージ・ソロスの右腕だったジム・ロジャーズ。中国と組む巨大ファンド『ブラックストーン』のバイロン・ウィーン副社長も「かれの意見は印象的だが、中国はまだまだ大丈夫と思う」とインタビューに答えた。

 ――どうやら言論の自由な米国ですら、中国経済崩壊を論ずると孤立するようですねぇ。
   ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム 樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
樋泉克夫のコラム
@@@@@@@@

――僕らは無邪気で残酷だい・・・政敵苛めは楽しいぞ!
   『我写児歌来参戦』(北京西北四小学紅小兵詩歌選 人民文学出版社 1974年)
 

 △
 この本の巻頭に置かれた人民文学出版社編輯部の「出版説明」によれば、「北京西北四小学校の広範な少年少女は党中央と毛主席の偉大な呼びかけに応じ、積極的に批林批孔運動に馳せ参じた。

彼らは革命の小将軍の気高い志を持って運動の深化と発展に緊密に呼応し、マルクス主義の観点に立って勇躍として革命の新しい歌を作り、それを武器にして、林彪と孔子に向かって華々しく戦端を開き、悦ぶべき戦禍を挙げた。

いま、小将軍の創作のなかから30首ほどを選び出し、この児歌(童謡)集を編んだ」とのこと。
この説明の真偽のほどはさて置き、先ずは「党中央と毛主席の偉大な呼びかけに応じ」たといわれる子供たちの妙に大人じみている“こまっちゃくれた作品”をみておこう。

 「偉大な主席の一声で、批林批孔の幕開く。工農兵が立ち上がり、革命の火は燃え盛る。批林批孔が高まって、灼熱の鉄迸る。歴史を後に戻すまい、赤旗高く掲げよう。批林批孔が高まって、田圃や畑は燃え盛る。林彪孔子許すまじ、天まで届け雄叫びよ。批林批孔が高まって、解放軍は立ち上がる。手にした銃を握り締め、ハガネのような強い意志。批林批孔が高まって、紅小兵(ボクたち)だって参戦だい。手にした鉛筆武器にして、林彪孔子の悪暴く。主席が巨きな手を振れば、全国人民歓呼する。批林批孔の闘いは、勝利の時まで続くのだ」(「批林批孔大開展」)

「赤いレンガの塀があり、青いレンガの塀がある。紅小兵(僕ら)の心は燃えに燃え、塀に思いを貼りつくす。マンガもあれば文もあり、すべてが槍と刀だい。林彪アホーで孔孟バカ、革命の火は赤々と。赤や青のレンガの塀は、ぜーんぶ僕らの戦場さ」(「処処都是好戦場」)

「平津戦役いざ開く、人民軍隊出動だ。弱虫林彪怖気づき、全国解放邪魔ばかり。右派林彪は逆賊で、浅知恵悪知恵悪だくみ。“常勝将軍”笑わせる、野心ばかりの大バカだ」(「林彪是個大壊蛋」)

「鎌と鞄を背に負って、大地はすべて足の下。胸張り志気はいや高く、この身を捧げる農業に。父母の足下を離れても、ウソ臭野郎を許さない。輝く道をボクは行き、世界の果てまで赤旗だ」(「立志務農把根扎」) 

「紅小兵の意気盛ん、小さな体に怒り充つ。筆を揮って批判して、林彪ヤローの悪暴け。階級闘争忘れずに、修正主義を許すまじ。主席の思想日々学び、紅小兵は勁くなる」(「紅小兵越煉越堅強」)

さらに「出版説明」は、これらの歌は「プロレタリア文化大革命、プロレタリア教育革命、知識青年が農山村に向かう運動という社会主義の新しい動きを高らかに歌いあげ、プロレタリア革命事業の継承者たらんとする紅小兵の崇高な理想と批林批孔運動のなかで急速に鍛えあげられた溌剌とした精神を反映している。

すべてが、我われが重視すべきものだ」と煽てあげ、子供までが毛沢東に従い批林批孔運動を展開していると“演出”する。

文革開始当初、考察隊を率い現地入りした大宅壮一は文革を目撃し「ジャリ革命・ガキ革命」と評していたが、この本に納められた童謡を改めて読み直すと、確かに片腹痛さが募る。中国では子供の頃から遊びは専ら政治だった・・・すべての道は現在に。
《QED》

  ◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「羅生門」のデジタル復元プロジェクトが、全米映画批評家協会賞だそうです(2010.1.7産経ニュース)。
昭和25年の『羅生門』は、ベネチアで大賞を獲得し、敗戦後、自信喪失した日本人をはげましたことで、橋詰選手や湯川秀樹にならぶ功績とされています。
でもはじめ国内の評判は悪く、監督も意気阻喪、これが外国の賞をえたことで評価が一転したのでした。しかし内容・主題については、やはりいまだに懐疑的な論評があります。ーー極限の状態で人間のエゴが妄念にまで化す、という、芥川の主題による人間性追求の劇と見るかぎり、いまひとつ釈然とはしない。。。。
 羅生門の壮大な廃墟を背にして、希望の象徴たるべき赤子を抱えた志村喬は、しのつく雨の中を、よろめくようにして、画面から去ってゆく――芥川にはない、ラストシーンです。
 これはどう考えても、敗戦日本の象徴以外ではない。(この指摘を、寡聞にして知らない)
 なぜ「一つのはずの真実」について、四人の人物が別々の物語を語ったのか。
 ラストシーンからの照明を当てて振り返れば、それは、20世紀の前半に日本が経験した、恐ろしいパラダイムの分裂と相克、そのものなのではなかったのでしょうか。
黒澤自身も若いころには、当時の都会派の青年として左翼運動にかぶれて、拘留される憂き目も見ました。
 大東亜戦争下では、大多数の国民とともに戦いの理想に燃えます(「姿三四郎」、「誰よりも美しく」)。それが戦後には、過去を否定する時代の大勢に同調した(「わが青春に悔いなし」)。
 だから、『羅生門』の下人はいう「一体正しい人間なんかいるのかね……みんな自分でそう思ってるだけじゃねえのか……」と。
 もっとも映画『羅生門』に上記のような極めてアクチュアルな主題が伏在しているとしても、それは黒澤監督が意識して盛り込んだものだっとはかぎりません。彼の流儀はこうです。
黒澤さん曰く。「『羅生門』も(略)何かこういう感じがあって、それが大きくふくらんであゝなっちゃったんだね。何か変なものがここにこうしてあるわけですよ。一生懸命にそれにこやしをやっているうちに育ってくるのだね。といって育たないものはいくらこやしをやっても育たないんだ。こういうことをこの映画で主張してやろうなどというハッキリしたものではないんです。」
 理屈をこねるヤツが嫌いで、資本論を読んでもよく解らなかったと告白し、マルクス主義の引力からはその芸術観の不毛に気づいて脱却した黒澤監督は、無意識の深みで考える、真の芸術家なのでしょう。
 『姿三四郎』、『誰よりも美しく』――この戦時中の作品、という先入観をうらぎる、ふしぎな明るさ――それは当時の、「日本人としてこの正義の戦いをやりぬく」という気持ちの、自然な表現だったのでしょう。
 昭和21年の『わが青春に悔いなし』、22年『素晴らしき日曜日』、23年『酔いどれ天使』、24年『静かなる決闘』『野良犬』。ある評論家は、戦後の黒澤作品のことごとくが第一級の作品であり、年度の代表作であるとし、また、「戦後の社会に正しく生きぬこうとするモラルの主張」があると指摘しています。
 志村喬の抱いていた赤子も、還暦をこし、いまや国ごと漂流をはじめました。
 名作は深くていろいろな解釈を許すもの。でも、黒澤映画「羅生門」は、明治からの日本がへてきた運命が背景にあり、黒澤マジックで「あなっちゃった」とみると、興趣いちだんと深いかと愚考します。
(石川県、三猫匹)


(宮崎正弘のコメント)雨が降れば必ず大雨、風が吹けば突風、豪雪。なんでもかんでも劇的な黒沢映画は、たしかに素晴らしい。台詞が長くて眠くなるのも共通。小生も子供の時から父に連れられて殆ど初期の作品をみており、叔父がまた映画ファンで隠し砦、椿三十郎、赤髭も見ましたね。天国と地獄は三回ほどみに行ったうえ、大学生の頃は殆ど毎週のように大隈講堂で左翼のサークルが金集めのために、「七人のサムライ」やっていて、80円か百円だった。
最後の『乱』は封切り館で家人と見ました。最後のピーターの台詞が長くて長くて欠伸をしました。
 七人のサムライは田中秀雄氏によれば山賊と闘って自衛した満蒙開拓団と比喩され、左翼陣営は相変わらずプロレタリアートの団結と武装だと言っています。
両義的です。



  ♪
(読者の声2)貴誌通巻2829号(読者の声3)M15氏が、「貴誌2828号の読者の声でスタティンの副作用が第二次世界大戦の復讐につながっているという意見がネット上に出回っているとのことですが、。。。」と書かれました。
これは、不正確です。
私が日本人の復讐としてYouTubeでいっている米国人がいたと書いたのは、コーンシロップです。そのあとに、日本人が開発したスタティンの体内のビタミンD量を減らすという問題点を指摘している米国の代替療法家がいると書いたので、こちらの方は、まだ、復讐説を見ていません。今後出てくるかもしれませんが。
なぜこういう微妙な違いにこだわるかというと、貴誌通巻2824号<新春増大号>に掲載していただいた(実は、投稿ではなく年賀状代わりのつもりだったのですが、。。。)永住者への選挙件付与に関する文章が、複数のいわゆる危険サイトに転載されていることに気付きました。
しかも部分部分を抜き出し、かなり過激な内容になっています。中には、投稿者が、「ST生、千葉」となっていて、文責を全く自身ではとらない輩もいます。インターネットでは、容易に意見を発表できますが、こういった危険性があることに注意が必要なだけでなく、不注意で自身が不正確なことを書く危険性に気をつける必要があります。
それが、インターネットでの士道です。
  (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)転載から転載へと、インターネットの一方における怖さです。「インターネット騎士道」「武士道」。いいですね。流行らせたい新語。



  ♪
(読者の声3)藤井財務相の後継は管さんになりました。先生の予測通りですか、はたして期待できるのでしょうか。
   (HU生、横浜)


(宮崎正弘のコメント)期待? 危殆に瀕してしまった財政再建は誰がやっても無理ですが、管直人・新財務相に一縷の望みがあるとすれば景気回復の糸口でしょ。円安が望ましい、とリップ・サービスだけで1ドル=93円台になりました。財界も、この人に多少は期待しているんでしょうか。



  ♪
(読者の声4)六月に鳩山首相が訪中し、南京へ、十一月に交換で胡錦涛の訪日では広島へという観測が流れていますが。かなり広く三日ほど前からながれているようですが、信憑性はどうでしょう?
   (IM生、江東区)


(宮!)正弘のコメント)昨晩の「防人アワー」でも、同じコメントを求められましたが、「行って、『南京大虐殺はなかった。展示のこれとあれがまったく間違いだ』と言えば良いんですよ」と言いました。
しかしそもそも六月まで鳩山さん、頚が繋がっていますかね。小沢逮捕というシナリオだって捨てられないでしょ? 田中も金丸も司法によって裁かれた。その司法が、国民の血税(政党助成金)を事実上、恣意に使っている「セイジヤ」を放置しても良いんですかねぇ。



  ♪
(読者の声5)こんなブログを見つけました。
http://ameblo.jp/tozando/entry-10427871196.html
先生の『朝日新聞がなくなる日』を別の角度から論じています。
  (FF子、小平)


(宮崎正弘のコメント)ジャーナリズム業界で、拙著は随分と評判の由ですが、一般読者にとっては、直接の興味を引かないきらいがありますね。



  ♪
(読者の声6)猪瀬直樹がこんな本(『ジミーの誕生日』)を書きましたが、お読みになりましたか?
 私は視力障害者なので、ボランティアが点訳してくれるまで数ヶ月待たなければいけま
せん。しかし猪瀬直樹の現在の東京都副知事という職責を考えると、このような著作は慎むべきだと想うのですが…。こんな本を読まれたら、陛下もさぞご心痛だろうと察するにあまりあります。
  (TO生、平塚)


(宮崎正弘のコメント)今上陛下の誕生日にあわせて東条以下七名の{戦犯}を処刑した。これは思想的保守なら既知の事実で、ことさらに、というより今さら取り上げるほどのトピックとも考えられず、どうして「いまごろ」、このテーマに挑んだんでしょうね?
 先日、ある会で猪瀬さんと同席しましたが、この新本の話を振られたので「それは既知の事実ですが」とだけ答えました。その後?ですか。もっぱら三島由紀夫と太宰治の話に集中しました。 



  ♪
(読者の声7)昨年5月にワシントンでイスラエルのネタニヤフ首相がオバマ米大統領と会談した折にイラン核問題の期限を昨年末としました。
そしてその期限は既に切れました。つまり、何時イスラエルがイランの核施設を急襲してもおかしくないという事です。アメリカは本音ではイスラエルに爆撃して欲しくないが、国家存亡がかかれば何でもやるイスラエルの事情を考慮して米国諜報機関がイラン国内で延滞工作をしているとエクスキューズを続けてきた。だが、それも「期限切れ」。
ところで昨年3月一人のイラン人があるシンクタンクの招きでイスラエル北部の港町ハイファ市で講演している。その人はアヤトッラーの資格を持つ宗教人でホメイニ時代には法務大臣まで務めたのだが革命体制に疑問を持った為に投獄された後にドイツへ亡命。そして、現在は米国在住している。
メディアによると同師はドイツ政府が貿易面でイランに甘い事を強く批判した。さらに注目すべきは「イラン現体制は2年以内に外国の手を借りずして倒れる」と予言。そのほんの3ヶ月後にイランで選挙をきっかけに反体制デモが始まった。
身震いするような情報であったのだが、数日前にイスラエルの元駐米大使で現外務副大臣ダニー・アヤロンが「イラン体制派はあと一年持たないだろう」と発言。彼は現在イランで何が起こっているのかを知っているのだろうか?
   (DoraQ)


(宮崎正弘のコメント)在日イラン人の知り合いにムサビ元首相の動静など訪ねましたが、口を噤みました。
   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
平成の大演説会Vol.13
『シナ人とは何か 内田良平の「支那観」を読む』発刊記念シンポジウム

【演 題】シナ人とは何か
【と き】平成22年2月18日(木)午後6時45分開会(6時30分開場)
【ところ】文京シビックセンター・小ホール(文京区役所内)
【協力費】1000円(予約不要)
【コーディネーター】藤井厳喜
【パネリスト】宮崎正弘・高木桂蔵・森田忠明・小田内陽太・永山英樹
【主 催】「平成の大演説会」実行委員会
     〒113-0033東京都文京区本郷1-28-36-301 展転社内
     電話03-3815-0721 FAX03-3815-0786
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<< お待たせしました。明日、主要書店配本。地方都市は連休明け >>

 宮崎正弘vs石平『増長し無限に乱れる「欲望大国」中国のいま』(ワック、945円)
 宮崎正弘vs西部邁『日米安保、五十年』(海竜社、定価1680円)
   ♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
宮崎正弘+内田良平研究会編
『シナ人とは何かー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)
  ♪
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  ♪
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有)宮崎正弘事務所 2001−2010 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。