国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/12/23


●慶祝 天皇陛下のお誕生日
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)12月23日(天皇誕生日)
         通巻2816号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 旧正月明け、人民元切り上げ観測。
  周小川・中国人民銀行総裁は「四つの目標を堅持」と講演したが
****************************************
 
 周小川の名前は国際金融界で、おそらくバーナンキ(FRB議長)の次くらいに有名。中国の中央銀行(FRBや日銀に相当)である中国人民銀行総裁。
 (日銀総裁、えっ−と誰でしたか?)

 12月22日、北京の「金融論壇」に出席した周小川は以下の大意で講演した。
「国際金融界は通貨膨張政策を議論しているが、中国は通貨膨張を抑制し、一方で経済成長を堅持し、さらには国際収支の均衡を保持し、預金準備率を健全に保つ金利政策を行う」
 
 金融政策が中国の経済政策の根幹に位置するようになったのは過去十年ほどである。
 第一に金利政策だが、国有銀行の一方的な国有企業への貸し出しという全体主義経済にありがちな金融の偏在態勢から、外国金融機関の参入などにより、国際的な金利情勢と適合できるようになる。
すなわちインフレ懸念には金利を上げて市場への通貨供給を減らし、デフレ基調に転ずれば金利を操作して対応する。

 第二に通貨供給を、銀行の預金準備比率を上下させつつ通貨の流れの調整を図る。
 過去五年ほどに、この金利と通貨供給のタイミングを選んでの発動で、理論的に言えば、まずまずの成果を収めてきたといえる。
あくまでも「理論的」に、である。

 第三は貿易収支の均衡を図ることだが、為替政策の発動によって輸出入の調整を図ろうと努力した。過去五年間で、人民元はドルに対して21%の切り上げとなり、対米輸出が減少したのも事実である。


 ▲理論と現実の乖離

 ところが理論的に解けない謎がいくつも存在する。
 「ナンデモアリの中国」ゆえに、西側市場経済の理論ではとうてい理解できないことがおきるのだ。
 
 第一に外貨準備高の急膨張は経常収支統計からみても異常な膨らみを示した。
 黒字の累積が外貨準備であるとすれば、貿易黒字の累積の二倍近い外貨の膨らみはどう理解すれば良いのか?
 つまり海外からの投機資金の流入が不動産、株式、商品への投機に回り、最終的には人民元切り上げという投機の思惑に関連していること。
 反面、当局の通貨介入が天文学的に行われており、中国はドル買いを継続していること。 

 第二に通貨供給量と偽札流通との関連。
 通貨流通量のおよそ二割が偽札と推定されるが、最近の偽札は精巧を極め、とても偽札発券機で判別が出来ない。「偽札が本物であり、本物が偽札」であるというほど。小誌でも繰り返し指摘したが、日本円の五千円札、一万円札を中国が発行できない最大の理由は何か? 最高額面が百元(現在のレートで1300円)。
 説明不要だろうが、五百元、千元紙幣を発行した場合、偽札に対応できないからである。

 第三は金利政策による調整と闇金融の関係
 賄賂社会の中国では銀行から借り入れた場合、通常4%ほどの『謝礼』が返される。実質金利(この場合の「実質金利」とは中国的賄賂社会的要素加算の金利という意味)は公定歩合よりはるかに高く、闇金融の金利と同じレベルとなる。つまり金利政策の効用に限界がある。

 理論と実態の乖離はこれほど激しく、周小川の理論が政策的に疑問符がつくのも、また中国的現実なのである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
□読者の声▲□どくしゃのこえ◎◆DOKUSHA―NO―KOE◆◎読者の声◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)新聞は情報としてしか、もはや価値はないと思っていました。論説に興味は失せました。私は、「諸君」の廃刊にショックを受けましたが、今は「月刊日本」と思っていたのですが、植草教授のような書き手が登場するとどうも今ひとつです。先生の推薦される雑誌はありますか?
若い人に教育をされていかれることがあれば、是非学生に呼びかけることを読者みなで考えるというのはいかがでしょうか。この場だけでなく広がりを持たせるように。
私はよく(保守系の)勉強会に出るのですが、講師らは時勢を悲憤慷慨されるのみで、なんら実行が伴わない方が多いです。それでは日本は変わらないのではないでしょうか。
  (天地人)


(宮崎正弘のコメント)『諸君』はもっともアカデミックな論争誌でした。だから逆に読者が離れたのかも。『WILL』が現在一番戦闘的でしょうね。 
 『月刊日本』は「はぐれオオカミ的」な野蛮性があり、保守論壇をつねに刺激していますから良いのでは?
植草さんの経済理論はしっかりしていますが、ただ竹中批判が高じたあまり民主党贔屓になって、そのために誤解が多いようです。『サピオ』と『正論』もカバー範囲がひろくて良いですね。『新潮45』も編集長がかわって三分の一ほどが硬派になりました。
『諸君』がなくなって、『文藝春秋』の一部のページに保守派が書くようになっているのも、変化と言えば変化でしょう。
『フォーサイト』は一度も手にしたことはありません。
ただし小生は外国文献、メディアのほうを多く読んでいますので、上記雑誌の類い、ちゃんと購読はしていますが、精密に読んでいる時間がありません。小生のメディア論は拙著『朝日新聞がなくなる日』(ワック)を是非ご覧下さい。



  ♪
(読者の声2)貴誌で先生が「…まさか某国からの指令?」と冗談めかしてコメントされた、先頃の民主党の「仕分け」に私も同様の感想を持ちました。
始まった当初、息子は「"仕分けという名の文化大○命"!とネットに出ているよ」とか言っていました。なるほど、決して潤沢とは言えない資金の中で日々活動をされている研究者の方々を震撼させた程の、"日本の国力を削ぐ為"の仕分け"と理解すれば全て納得がいく(?)酷い仕分け作業でした。
そういえば「なぜ世界一でなければいけないのですか?!」と一主婦から見ても驚くような言葉を叫んでいた議員は、台湾の国民党前党首(中国で大歓迎された)と同じ名字でしたね。
友人(主婦)は「私は"民主党への仕分け"をしたい!」と言っおりました。民主党の"真のマニュフェスト"とはあの悪法『外国人参政権』『人権擁護法案』『国立国会図書館法』他、諸々(驚く法の数々)ではないのでしょうか?
これらを成立させる為にとにかく政権奪取!
その為に国民の前に人参(偽りのマニュフェスト)をいくつもぶら下げ、ある事ない事を書き立て(マスコミ操作)国民を欺いたのですね。民主党の暴走と混乱ぶりで、はっきり民主党の真の姿が国民の前に晒されました。日本国民の"民主党への仕分け作業"はどうなるでしょう。
   (YK子)


(宮崎正弘のコメント)しかし民主党を選んだのは国民です。民主主義なるものは、かくも暴乱の奇術をうむリスクがあるわけです。



  ♪
(読者の声3)以下のニュースがネット配信されています。
注目するのはこのニュースの最終段落で触れられている若泉敬氏とその遺書『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』についてです。
佐藤首相時代の政策秘書氏は存命していて(佐藤信二と同年)、同氏によると若泉氏はオークラにあった佐藤首相の個人事務所に女装、付け髭などで変装して自由に出入りをし、二人のやり取りには秘書といえども介在を許されなかったそうです。
最近の「週刊新潮」に若泉氏の死は自殺であったとあります。『他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス』の最終稿を文芸春秋の堤堯氏に手交した直後に亡くなったというのは自然死ではなく「遺書」を書き上げての覚悟の自決だったのです。

沖縄返還交渉を巡り、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領の間で交わされたとされる有事の際の核持ち込みに関する「密約」文書を佐藤氏の遺族が保管していたことが22日、明らかになった。
 密約の存在を裏付ける決定的な証拠が発見されたことになる。
 外務省はこれまで文書の存在を否定してきた。日米間の密約の存否の検証を行っている外務省の有識者委員会の判断にも大きな影響を与えるのは必至だ。

 佐藤家で発見されたのは、ワシントンで行われた日米首脳会談で極秘に交わされた「合意議事録」の実物。読売新聞社が入手した「合意議事録」の写し(英文2枚)は、1969年11月19日付で、上下に「トップ・シークレット(極秘)」とある。文末には佐藤、ニクソン両首脳の署名がある。
 文書では、米側が「日本を含む極東諸国防衛のため、重大な緊急事態が生じた際は、日本と事前協議を行ったうえで、核兵器を沖縄に再び持ち込むこと、及び沖縄を通過する権利が認められることを必要とする。米国政府は好意的回答を期待する」とし、有事の際の沖縄への核持ち込みを両首脳が合意したことが記録されている。日本側は「そうした事前協議があれば、遅滞なくその要求に応える」と明記されている。また、「米国政府は重大な緊急事態に備え、沖縄に現存する核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古、及びナイキ・ハーキュリーズ基地をいつでも使用できる状態に維持しておく必要がある」と記している。

 文書は2通作成され、1通は日本の首相官邸、もう1通は米国のホワイトハウスで保管するとしてある。佐藤氏は首相退陣後、自宅の書斎に私蔵していた。
 佐藤氏が75年に死去した際、東京・代沢の自宅にあった遺品を遺族が整理していたところ、書斎机の引き出しから見つかった。

 机は首相在任時、首相公邸に置かれ、退任後は、自宅に持ち運ばれた。関係者によると、元首相は生前、文書の存在について寛子夫人(故人)も含めて家族に漏らしたことはなかった。佐藤元首相の二男の佐藤信二元通産相は「(元首相は)外遊の際はアタッシェケースに書類を入れて持ち歩いていた。69年の訪米の際も、帰国してその文書をアタッシェケースから書斎机に移したのだと思う」と証言する。
密約の存在は、返還交渉で密使を務めたとされる若泉敬・京都産業大教授(故人)が1994年に著書「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」(文芸春秋刊)で暴露した。 
   (有楽生)


(宮崎正弘のコメント)事実であるとすれば「驚き桃の木山椒の木」。余談ですが、オークラのM館五階が佐藤栄作元首相の事務所でした。佐藤氏死去後、その部屋を借りたのが作家の藤島泰輔氏。言うまでもなく学習院で今上陛下のご学友。デビュー作は奇しくも陛下の学校生活を描いた『孤独の人』でした。その向かい側が三越の「何故だ」社長の個人オフィスでした。
 藤島泰輔氏は『文壇の瞬間湯沸かし器』と異名をとりましたが、台湾断交に激怒して保守陣営をまとめての『日華民族文化協会』を設立し、川端康成展を台北で催したりの八面六臂、こうした人脈から佐藤さんとも親しかった。晩年はふたつの顔をお持ちで、筆名ポール・ボネはミリオンセラー。一方で競馬の馬主。持ち馬(たしかランニングフリー)は天皇賞に輝き、大感謝パーティをこれまたオークラで開催されたことを昨日のことのように思い出します。



   ♪
(読者の声4)貴誌通巻2814号(読者の声1)(宮崎正弘のコメント)に「『維新』というのは、レストレーションのことですから、復古と同義語なのですが、不思議なことに鳩山首相、それから大前研一氏などが、革新のターム替わりに使用していて、原義をこえた面妖です」とありますが、維新はレストレーション(restoration)「復古」ではありません。
 明治維新がMeiji Restorationと英訳されたのは、」王政復古からきていると思います。 
 日本語の明治維新は維新組、御一新は、一新組という第二次長州征伐で活躍した被差別部落の民たちの部隊の名前からきています。維新会、一新組が大活躍したのは彼らが裕福で自前で高価な武器をあつらえることができたことに加え、後で名誉回復の恩典等の口約束があったので必至で戦ったからなのでしょう。
しかし実質上はなにも見返りは無く、むしろ被差別部落民解放令によりそれまで、部落民だけがおこなうことができ高収益で独占できていた業種に平民が進出できるようになりました。まさにふんだりけったりとはこのことです。
 (ST生、千葉)


(宮崎正弘のコメント)「維新」の『維』は新しいという意味です。孔子編纂と伝わる「詩経」に「周は旧邦なれども、その命は「これまた」(維)新たなり」が「維新」の出典です。
レストレーションは「再び蓄えること」を意味し、革命とはまったく違う。
 維新の語源と誤訳を徹底して批判した書は西部邁氏の『昔、言葉は思想であった』(飛鳥新社、92ページ)をご参照下さい。



  ♪
(読者の声5)下記は英文です。
http://bomanchu.blog81.fc2.com/
「失業保険が危ない」。英語ですが読んでください。日本にも関係してくると考えてよいでしょう。
あたまのイカレタ鳩山を追い出したところで、政治指導の真空状態は続く。谷垣では自民党が復活することはない。するとカオスは続く。何をやってもダメじゃないか? と暗くなる。今、日本は底なんですね。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)世界は事実上の恐慌です。日本は「底」ではなく、これから「二番底」です。



  ♪
(読者の声6)貴誌通巻2815号に(読者の声3)天地人氏によれば矢部教授のエネルギー技術が米国系の会社から援助をいうけて開発をおこなうことになったとのこと、まあしかたがないですね。
あの技術の本質は、太陽光をレーサーに変えて光化学反応によるエネルギー利用を生物を使わずに可能にすることと理解しています。同様のことをレーザーかマグネシウムかどちらかを使わないで実現すれば知的所有権に引っかからなくて実現できます。
かれらには声援を送って自分は別の方法でさらに良いものを創るのが大和魂です。
次に同号の(読者の声5)で「アシカビヒコ氏」がプラトン批判をおこなっておられました。エイン・ランド氏の信奉者の議論を思い出してしまいました。ところで、プラトンの説で多神教の代わりに一神教を入れ込めばアウグスティヌスの神学になります。これこそ、ロ−マカトリック、新教を問わず現代のキリスト教の根幹をなすものです。なにも左翼だけの専売ではありません。
  (ST生、千葉)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
●◎ブックレビュー◎●BOOK REVIEW◎●書評◎●ブックレビュー◎●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 以下の本を寄贈されております。拝読後、改めて書評を試みますが、とりあえず列記し御礼に代えます。

  ♪
平野国美『看取りの医者』(小学館)
@@@@@@@@@@@@@@@@

  ♪
鄭龍男・植田剛彦監修『拉致と朝鮮総連』(日新報道)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  ♪
稲田芳弘『ガン呪縛を解く』(ECOクリエィテヴ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  ♪
梶山茂『新・読めば分かる“憲法改正”』(文藝社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  ♪
宮崎正弘+内田良平研究会編
『シナ人とは何かー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)

  ♪
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/12/23

    日本のマスコミの質が如何に悪いか

    宮崎氏の記事を読めば納得しますね。

    日本人はマスコミの提灯記事に踊らされる事の無いよう賢明にならねば。