国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/11/26


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)11月27日(金曜日)
           通巻2787号 (11月26日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

米ドルの崩落はどこまで? 一ドル=79円は間近では
  株安は「鳩山不況」と名付けられて市場関係者は現政権には絶望的
****************************************

 11月26日、香港の為替市場は一ドル=86円51銭。
14年ぶりの安さを記録した。
 同日、東京株式市場は9383円24銭と激安。
 ドル安で輸出関連の自動車、鉄鉱、電気など主力銘柄が下落に拍車をかけたからだ。ちなみに金は史上最高値=一オンス=1193ドルと新記録更新中。

 ドルは崩落を開始しているが、おそらく次は一ドル=80円を守ることが出来るか、どうか。鳩山無能政権は、この非常事態にドル介入などの対応さえしておらず、まだGDPを押し下げるだけの『仕分け』に没頭している。

 鳩山政権の誕生以来、外国勢は日本株をほとんど投げ売りして、日本円を買っている。投機のためか、同時に金を安全弁のために買う。日本株は徹底的に売り込むだろう。
 そしておそらく「鳩山不況」と後世の経済史家は叙述することになりそうだ。これらは日本経済のファンダメンタルな強さとは無関係に、投機家が市場を牽引しているためにおきていることであり、同時に日本政府、財務省と日銀の無能ゆえにであろう。

 緊急事態にもかかわらず首相夫妻は『外遊』が趣味。また行く必要がない国際会議に来月は二回も、お出ましとか。
   ◎ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◎読者の声◎どくしゃのこえ◎DOKUSHA NO KOE◎読者の声◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)ネット、とくにU−tubeは、いまや世界どこでも見られる(ネット配信ですからね)。というわけで宮崎さんがMXテレビにでて西部邁さんと安保を語る、期待してUチューブ配信を待ちます。私はシンガポール在住ですので、日本語の書籍は、当地の日系百貨店のなかで買うことも出来ますが、日本の定価より三割ほど高い。
 だから貴誌のような情報一杯で、しかも無料のメルマガも大いに助かります。一年に二回ほど日本に帰るので、古本店めぐりをして、保守系論客の本を買い集めたりしてはいます。
 この読者欄にあったように朝日新聞、ネットでシンガポールでも読めますが、その記事への反対、反論がネットにたちまちにして溢れることも知っています。世の中を朝日が身勝手に「世論」と称してリードしてきた(ミスリード?)時代は、宮崎さんが言うように確実に終わりつつありますね。


(宮崎正弘のコメント)拙著『朝日新聞がなくなる日』(ワック)の広告は大手マスコミになかなか掲載されません。苦笑中。



   ♪
(読者の声2)貴著『朝日新聞がなくなる日』は衝撃的なタイトルですね。
世の中、朝日新聞の凋落が喧伝されていますが、面白い体験をしました。
帰宅すると玄関でY新聞の勧誘に来た人と偶然出会いましたが、「産経新聞をとっていて換える気はない」というと、「私も産経の記事が一番まともだと思います。日本語もきれいだし。できれば産経新聞の販売員をやりたいのですが、ここらあたりには産経新聞の売店がないのでY新聞を勧誘しています」
とのことでした。
日本の世論は底流で着実に動いているのではないのでしょうか。
   (ST生、千葉)




(読者の声3)先日米国におけるsquattersと日本人、漢族、朝鮮人の移民を比較対照した文を貴メルマガ載せていただきましたが、舌足らずの点があったので、以下に追加します。
 米国の有識者の理解を得、さらに米国を含む欧米の世論の同意を得るという観点から、squattersと比較しての位置づけが重要になります。
なぜなら、今、米国市民の中核をなす人たちは過去をたどればsquatteresの子孫です。特に米国の保守派の精神風土は彼らに根ざしています。
そして欧米の有識者もそれを肯定した思想基盤に乗って議論しています。ですから、たとえ間接的にでもsquattersの立場を否定したり、さげすんだ議論は受け付けられません。
さらに危険なのは、竹島における韓国人駐留者や尖閣諸島近辺で石油の盗掘を行なっている連中が「squatters」とみなされてしまい、肯定的にとらえられてしまうことです。
 そこで、squattersと比較しながら、日本人、漢族、朝鮮人の移民、さらに島における韓国人駐留者や尖閣諸島近辺で石油の盗掘を行なっている連中を法制史と行動倫理の観点から位置づけるのです。
そうして、
1.日本人の移民(朝鮮、台湾、満洲、南米、北米等)
5行あけて、
2.squatters
3.その他の大部分の白人の植民者たち。
5行あけて、
4.漢族、朝鮮人の移民、さらに島における韓国人駐留者や尖閣諸島近辺で石油の盗掘を行なっている連中となることを明確に事実を基にして記述、論証することです。

そして、1.2.が合格、3.4.は「不合格」とするという立場をとることにより、全世界の良識ある人たちの共通認識とするべく説得することが、単に「4.」の人たちを攻撃するよりも受け入れられやすいと信じます。
日本の立場を欧米の知識人に受け入れにくくしている一大原因は、事実を虚心に調べれば、日本人の大部分および日本という国家がいままで歴史上において余りにも倫理的に高いので、日本の立場を認めることが、精神の根底において自己の存在に危険を及ぼすことになりかねないことです。
それゆえ一部の本当に勇気のある欧米人しか日本の立場を認めず、嘘で塗り固めて陥れた姿しか認め得ないのです。この点を無視した議論は有効性に欠け逆効果です。
   (ST生、千葉)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎「憂国忌」報告特集 ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 第三十九回 三島由紀夫氏追悼会 「憂国忌」に五百名
   憂国の情念、絶望状況に光を見つけようと熱狂的雰囲気のなか
**************************************

 平成二十一年十一月二十五日、あの驚天動地の衝撃から三十九年目の命日。
 ことしの憂国忌は日本政治の中枢・永田町の星陵会館に五百名近い参加者を得て、静粛に盛大に、開催された。
 開会の辞をのべた松本徹氏(山中湖、三島文学館館長)は先般の山中湖でのレイクサロンの報告を兼ねて、三島研究の学界の近況を述べられた。
 つづいて「三島思想は現代に蘇るか」と題されたシンポジウム。司会は文藝評論家の富岡幸一郎、パネラーは発言順に西部邁、西村幸祐、杉原志啓の各氏。会場内には発起人の玉利斉氏、小田村四郎元拓殖大学総長、花田紀凱『WILL』編集長氏らの顔も。
 会場はときにシーンとなり、あるいは絶大な拍手。あっという間の100分が過ぎた。
 会場ロビィでは関連図書ならびに過去の憂国忌のポスターの販売が行われ、会場整備後、近くのレストランは場所を移動し、懇親会。ここには遠く東北、近畿などからの参加者も加わり、和やかななかにも厳粛に懇談が進んだ。懇親会には発起人の井尻千男、西尾幹二、堤堯、田中英道、藤井厳喜氏ら70名近くが遅くまで三島論に花を咲かせた。

(事務局よりお知らせ)シンポジウム全記録は来年早々の『表現者』に掲載予定。賛助会員の皆様には、刊行後、贈呈されます。さらに櫻チャンネルUチューブで画像配信の予定があります。
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◆三島由紀夫文学館での出来事
(ちょっとこわい話)
 今月21日に山中湖畔で行われた三島由紀夫文学館『10周年記念フォーラム』の会場に飾られていた写真の三島の顔は、創作活動とプライベート双方が最高潮だった三十歳頃と思われる、若々しく、明るく、にこやかなものでしたが、翌日訪れた「三島由紀夫文学館」では、一転して、三島最晩年の苦悶を感じさせる、ぞくっとするものを目にしました。
 それは文学館の敷地内の庭園に置かれたアポロ像でした。
その像は、馬込にあった三島邸のビクトリア朝コロニアル様式の玄関前に置かれていたアポロ像のレプリカで、その乳白色の首筋の根元に、罅が輪切るように貫入しているのです。
背中の方に廻ると、その貫入線がぐるっと介錯の太刀が三島の首に分け入ったラインをなぞるように延びているのです。アポロ像を一周りして前方に戻って腹の部分に目を遣ると、下腹部の右側から左下方にかけても罅が入っていました。
それは三島が腹に突き立てた刃の切っ先の軌跡を思わせ、ぞくっとしました。文学館の関係者に伺うと、この二つの罅割れは徐々に拡がっているとのことです。
アポロ像の他の部位に罅割れはありません。しだいにアポロ像の顔が、三島の受苦を代わりに耐えているように思えてきました。
                          (西法太郎)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(主催者側を代表して)立ち見が出るほどの会場を埋め尽くす参会者の中で、西部さんはじめ、登壇者の方々の刺激的な御指摘に、改めて三島さんの祖国への愛と憂いを思い返す一日でした。皆様のおかげで、意義深い39年目の三島さんの命日になりました。
感謝申し上げます。      (佐々木俊夫)

  ♪
(事務局長より)三十九回の憂国忌、無事終了し、安堵しております。今後とも三島由紀夫研究会の末席を汚しつつ、精進に努める所存です。間もなく早雪忌ですが、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。今週中には多摩霊園に三島先生の墓参に行きたいと思っております。不一。(菅谷浩一郎)
     ◇
(三島関連のサイト情報)
三島由紀夫に関するユーチューブです。
1970年11月25日 三島由紀夫 @ 東京 市市谷 陸上自衛隊駐屯地
http://www.youtube.com/watch?v=bprGPmEwiw0&feature=related
三島由紀夫最期の絶叫(転載)
http://www.youtube.com/watch?v=1a4Wy5QTymU&NR=1
三島 vs 東大全共闘
http://www.youtube.com/watch?v=3dKnQ63iUSc&translated=1
演説 三島由紀夫
http://www.youtube.com/watch?v=tzz1-ppIjOg&feature=related
昭和・三島由紀夫 「Interview In English in 1969」 (転載)
http://www.youtube.com/watch?v=rZ_r06DV9PA&feature=related
英霊の聲三島由紀夫 英霊の聲
http://www.youtube.com/watch?v=V33BL8w94NY&feature=related
映画「人斬り」
http://www.youtube.com/watch?v=IluI_fsjVYQ&feature=related
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ☆゜○・゜☆ ☆゜☆゜・*○: ☆ ☆゜・゜☆ ☆゜○ △・☆゜☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の近刊 >
 宮崎正弘『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円、全国主要書店発売中)
マスコミ・エリートの挫折 斜陽産業の典型が朝日新聞となった!
http://www.amazon.co.jp/dp/4898316131/
 (↑ アマゾンから申し込めます)

  ♪♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
宮崎正弘 + 内田良平研究会 編
『シナ人とは何かー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)
   ♪
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 日本人 練馬区2009/11/30

    宮崎先生が出演される西部先生の番組ですが、ユーチューブの配信を待ちますとのことですが、私は次のように番組を見ています。

     ヤフーで「MXテレビ」で検索すると最初に「TOKYOMXオンライン」が表示されます。

     これをクリックすると「TOKYO MX(MXテレビのホームページ)」が表示されます。

     この画面の左側に表示されている「バラエティ・情報」欄をクリックします。

     下の方にスクロールすると「西部先生の画面」が出て来ます。これをクリックします。

     次に「動画アーカイブ」をクリックします。すると、2008年10月分からの番組が自由に見ることができます。

     これって、ユーチューブですか?

     この番組は毎週土曜日放送ですが、ホームページにアップされるのは、翌週の水曜日か木曜日前後です。

     なお、「異常な鼎談」もおもしろいです。