国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/11/24

 いよいよ明日です! 「憂国忌」!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  『三島由紀夫の総合研究』(三島由紀夫研究会 メルマガ会報)
      平成21年(2009)11月24日(火曜日)
          通巻第363号  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 三島文学記念館
  恒例レイクサロン 
    ドナルド・キーン氏と横尾忠則氏が講演


 ▲
平成21年最後の三連休初日の11月21日、山中湖畔にある「三島由紀夫文学館」の『開館10周年記念フォーラム』が現地で盛大に開催されました。
この日を寿ぐ天恵のような温かく晴れやかな気候でしたが、東名の大渋滞に巻き込まれ、フォーラムの前半を聞き逃す失態をしてしまいました。
しかし文学館近くの大ホールの開場に駆けつけると、満席となっていた会場奥の演壇の傍らに、脚立に立てかけられた、今までお目にかかったことのない大写真の若々しい三島氏が、にこやかに出迎えてくれていました。


▲横尾忠則「三島さんとであった日々」

聞き逃した前半は横尾忠則氏による「三島さんと会った日々」で、後から聞くと映画『MISHIMA』の三島役は当初緒形拳ではなく高倉健だったこと、横尾氏が三島作品で撮りたかったのは『憂国』だったが、生前それを三島に言うと「君の思想になってしまうからダメだ」と反対されたことなどが語られたそうです。

後半はドナルド・キーン氏の「三島由紀夫と演劇」でした。
会場にはフォーラム開催に尽力のあった演出家の藤井浩明氏の姿もありました。ある雑誌で以前インタビューした横尾氏に会いに駆けつけたという若い元編集長や、根っからのキーン氏ファンだというヤング・ミセスも参加していた賑やかな会でした。
松本徹・館長によると、フォーラムの詳細は来年発行の『三島由紀夫研究』(鼎書房刊)に掲載されるそうです。
キーン氏が三島と歌舞伎座の前で初めて出会ったエピソードから語り起こしたスピーチのあらましを次のようにまとめてみました。(以下文中敬称略)


▲昭和29年に三島と初対面のドナルド・キーン氏

 私の三島との出会いは、昭和29年三島の歌舞伎作品『鰯売恋曳網』が掛っていた歌舞伎座の前でした。昭和28年京大に留学した私は近くに引っ越してきた永井道雄と親しくなりました。
私の関心は日本の作家が日本の古典文学をいかに評価しているかにあって、それで日本の現代作家に会いたかったのです。永井道雄は一緒に上京して幼稚園時代からの友人、中央公論社の嶋中鵬二を紹介してくれました。

まず『夕鶴』がたいへんな人気を博した木下順二に会いました。この作品は能や舞踏の様式でも上演され、戦後の新しい日本文学として受け容れられました。しかし木下は民話に関心があっても平安朝文学や謡曲には関心がありませんでした。木下はそんな私に三島と会うことをすすめました。

昭和28年上演された三島初の歌舞伎作品『地獄変』が好評で、私は二番目の『鰯売恋曳網』を初めて観ました。
これは悲劇で、楽しく観ましたが、いろいろな意味でめずらしい作品でした。主役に歌右衛門が出ていて、その歌右衛門が舞台ではじめて笑ったのです。観劇後三島と食事をしてウマが合い親しくなり、それがずっと続きました。

三島は粘っこい関係が嫌いだと笑いながら言っていましたが、その約束を私は最後に破りました。それは昭和45年の夏でした。何か感じるものがあって「三島さん、何か心配なことがあったら言ってほしい」と破ってしまいました。
三島は反らして返事をしませんでした。もうその時に三ヶ月の11月25日に死ぬことにしていたのです。

三島とは歌舞伎をよく観ました。歌舞伎座の一階の奥にガラス張りの部屋があって、そこなら予約をしないで自由に観られ、三島に連れられましたが、観客席でも観ました。私は当時近松門左衛門の翻訳をしていたので、何よりも近松物を観たかったのですが、三島はその後の義経千本桜とかの歌舞伎の方がもっと親しみやすかったようです。

 三島とは能もよく観ました。三島は鉄扇会の会員で一列目に席がありました。三島は能が好きでしたが、一度に観るのはいつも一つにしていました。その一つを注意深く観て聴いてそれで十分だと思っていたようでした。

江戸っ子だということを誇りに思っていた三島は、人形浄瑠璃(文楽)は地方のものだと蔑視し、子どもっぽいと無関心で、ほとんど観ていなかったようです。(操り人形なし、語り口主体の)素浄瑠璃はよろこんで観ていました。
三島は10才になってから歌舞伎を祖母とよく観て詳しくなり、俳優の動きや全体を評価でき、15歳の頃から玄人として観ることができました。

少年の頃好きだったのは戯曲だけではありませんでした。あらゆる文学を、日本の文学は原文で、外国の文学は翻訳で読んでいました。
意外なことに源氏物語や平家物語にはほとんど関心がなく、読んだでしょうが影響を受けなかったと思います。そのかわり浄瑠璃、謡曲からはすごい影響を受けました。自分自身で近代能や新しい浄瑠璃をつくれ、まったく自然に七五調の文章を書け、同時代の作家として極めてめずらしいことでした。

三島は、同じ世代の作家で古典文学を一番よく知り、その影響を最も受けていたと思います。少年の頃から、浄瑠璃、謡曲、ギリシャ悲劇あるいはラシーヌ、コルネリウスなどのフランスの古典劇を翻訳で読んでいました。ギリシャ悲劇、そしてラシーヌが好きでした。


▲ラシーヌを尊敬していた

三島は外国の戯曲について変わった考え方を持っていました。三島はラシーヌを最高に尊敬していて、シェークスピアは嫌いだと言っていました。
きわめてめずらしい意見です。

シェークスピアの戯曲は世界中で上演されていますが、ラシーヌはフランス語の国でなければあまり知られていません。イギリスやアメリカでラシーヌが上演されたことを聞いたことがありません。両者を客観的に見ればシェークスピアの方が重要だと思われますが、三島はそう思っていませんでした。

そのラシーヌになぜ三島は惹かれたのか。三島はフランス語が全然できないと白状しています。フランス語を勉強しなかったのは、最初のフランス訪問の時にパリで自分の財布を盗ったフランス人への偏見が多少あったのでしょう。

ラシーヌを愛してもフランス語を勉強する意思は感じられず、三島は外国語としてよくドイツ語を憶えました。本の中にゲーテの言葉などドイツ語がよくあります。
三島は英語を独学で憶えました。三島の英語は特別のもので文法にまったく興味はありませんでした。
ただ人が使った言葉を、新しいものは何でも使いたがりました。日本人は外国語をしゃべる場合自信がないと小声になるのに、逆に三島は不安の感情が行動をますます大きくして、それで皆分かりました。


 ▲雪を透かして見える炎の下萌え

 三島は、フランス語を知らない日本人にラシーヌを観に行く時の助言をしています。いくらフランス語が分からなくてもイアホンなどで翻訳を聴きながらでは魅力が半減する。日本人の観客は翻訳や台本で事前によくスジをおさえセリフを頭に入れ、劇場ではひたすら耳を傾けセリフの美しさを愉しむことが最上の観賞法というものだという。
私はこれには疑問です。
ラシーヌのフランス語がわからずその音に夢中になる人はそうたくさんいないでしょう。しかもフランス語を知らない日本人には、ラシーヌほど偉くないつまらないフランス人の劇作家の作品を聴いても同じ効果があると思います。ラシーヌの作品の魅力は言葉の音とは別のところにあったはずです。

三島の短編小説『女方』に次のような一節があります。
増山という青年(あきらかに三島の分身)が、佐野川万菊という女方(歌右衛門の分身)の美に非常な魅力を感じ「増山はこの冷艶な人が、舞台で放つ冷たい焔のようなものを観ている。
一般の観客はおろか、新聞の劇評家たちもそれをはっきり指摘した人はいない。
ごく若い時分からこの人の舞台に揺曳していた、雪を透かして見える炎の下萌えのようなものを、指摘した人はいない」
もう一度言います。これは非常に大切です。雪を透かして見える炎の下萌えのようなもの、冷艶の美が三島の演劇の理想になります。

ラシーヌの劇は動作が少ない。シェークスピアのように舞台の上で、人が闘ったり抱き合ったりはラシーヌにありません。『ハムレット』にあるような決斗や毒杯をあおるシーンはラシーヌには無いでしょう。もしラシーヌが『ハムレット』を書いたとしたら、殺し合いや毒を呑むシーンは絶対になく、たとえば使者が見たことを物語るようにするでしょう。それも三島がラシーヌを好んだところです。


▲戯曲『サド公爵夫人』に見られるラシーヌの方法

三島のもっとも優れた戯曲『サド侯爵夫人』では、サド侯爵の極めて不道徳なさまざまな行為は、ぜんぶ使者のような者から聞いたこととして登場人物に語らせます。
これはラシーヌから三島が学んだことだと思います。

主人公のサドは一度も登場せず、最後に妻の家のドアまで来ます。しかし夫人は女中に案内させず、その姿を訊ね、太っていて、歯抜けでみっともないと説明させます。すると夫人は今も未来もサドに会わないと伝えさせ、芝居は終わります。

これはまったくラシーヌ的だと感じています。これは歌舞伎の伝統とも違います。
一例をあげると、忠臣蔵の塩冶判官が見えないところで「今切腹しました」と説明させては迫力がなく、歌舞伎になりません。歌舞伎を誰よりもよく知っていた三島はあえて伝統を無視して、ラシーヌの悲劇のように観客の想像力に任せて成功しました。

三島は俳句にまったく関心が無く、短歌に深い関心がありました。
三島の中学や高校の頃の短歌を三島文学館で初めて見ましたが、最後の作品は短歌の辞世でした。
三島にとり短歌は大事なものでした。この中にラシーヌの悲劇にある「冷たい美」があると思います。短歌の表現にある「散る桜花」「初霜」の言葉の下に、氷を透かせて萌えている自分の悩みや悲しみを伝えています。氷の下に透かして伝える「冷たい美」が萌えているのです。

三島の戯曲の多くは新劇で、登場人物はラシーヌ劇のような王子や姫ではなく、多くは日常的な環境の中で生活していて、写実的ではないが場面は現代の日本です。

『鹿鳴館』は過去の日本、明治時代の日本を芝居の年代にしています。
しかしラシーヌを思わせる要素は全くありません。そのせいか『鹿鳴館』はおそらく三島の芝居の中で一番人気があり、何回も再上演されましたが、この芝居に余韻はまったく感じられません。
たいへん上手な人気作家が書いた非常に面白い芝居です。影山伯爵は無声映画の悪者のようで、夫人の朝子は19世紀のメロドラマに出でくるようです。

 外国で一番成功した三島の芝居はおそらく『近代能』でしょう。
二三年前ニューヨークで『卒塔婆小町』と『弱法師』が蜷川演出で上演されました。絶賛され超満員でした。


▲ユーモアがある『近代能楽集』

国内でもちょっと前、埼玉の大きな劇場で同じ二つの作品が上演されたときは観客の多くは若者で一所懸命観ていて、いつまでも拍手が続きました。三島の『近代能』にはそれほど観客を感動させる力があります。

三島は元のものを自由に使って現代の観客に原作の意味を素晴らしく伝えています。『卒塔婆小町』は米国の作曲家により劇曲化され、『班女』はつい最近今年9月に細川俊夫にオペラ化されました。
『近代能』はアフリカでも欧米、南米でも紹介され上演されてきました。
私の英訳本は絶版になっていましたが来年版を重ねます。あらゆる言葉、あらゆる所で三島の『近代能』は生きています。

三島はたぶん九つの『近代能』をたいへん愉しんで書いたでしょう。
三島の長い戯曲にはあまりユーモアがありませんが。『近代能』にはあふれるほどのユーモアがあります。三島が力んで書いた場合はユーモアが見えて来ませんが、『近代能』はいい気持ちで、簡単に、自分の慣れた言葉で書いていてユーモアが出ています。

三島の歌舞伎作品は多くはありませんが、それぞれの面白さがあります。
私が初めて観た『鰯売恋曳網』は何回も上演されています。これからもたびたび上演されるでしょう。そのあとの『熊野』や『芙蓉露大内実記』は歌右衛門のために書いたらしいです。

ラシーヌの『フェードル』を歌舞伎化した『芙蓉露大内実記』はめずらしく失敗作ですが私は大好きです。
昭和30年11月に一度しか上演されず観ることはありませんが読んで深く感心した作品です。
『フェードル』はラシーヌの作品で三島が最も感動したもので、これを浄瑠璃形式の七五調の分かりにくい難しい日本語にしていますが、少年の頃からそういう言葉に親しんでいた三島には自然に書けました。三島は人気を得るために現代語で歌舞伎をやる考えを軽蔑していました。その美しさを犠牲にすることに反対したのです。

『フェードル』というラシーヌの悲劇の傑作の真髄を、三島は浄瑠璃の形式で室町時代を描いて自分の悲劇に転化しました。
俳優は超一流で、三島は芙蓉前役の歌右衛門に日本で唯一のフェードル役者のイメージを持っていたのです。三島は初めて会った時の歌右衛門の内部に、今は滅びた壮大な感情の数々である人間の不徳、嫉妬、犠牲、怨恨、煩悩を、壮麗な悲劇的情熱を発見しました。

『フェードル』は継母の横恋慕の話です。
芙蓉前(テゼ王の後妻のフェードル)が大内義隆(テゼ王)の先妻の息子晴持(イポリィト)に恋をする物語です。晴持を延二郎がやりました。延二郎は大阪の歌舞伎役者で三島の特別の依頼で上京してこの芝居に出ました。演技がうまいだけでなく浮世絵の美男子然とした役者で理想的でした。義隆役の二代目猿之助はやることが無いと文句を言いました。


▲ラシーヌ悲劇の翻訳に三島はどうして『ブリタニキュス』を選んだのか。

継母の横恋慕のテーマは古代インドから出たもので、聖書にもヨーロッパ各国にもあります。日本では『摂州合邦辻』があります。
三島は台本をつくる時『フェードル』の気に入らないところを、それが原典にしたエウリビデースの『ヒッポリュトス』に従って直しています。
この作品は三島のたいへんな自信作でしたが不評で再演されていません。読み物として優れており、再演されれば成功すると思います。

 三島は昭和32年ラシーヌの悲劇『ブリタニキュス』を翻訳して上演しています。
フランス文学者の安堂信也の逐語訳を、三島が原意をそこなわずに、日本語の響きを大切に台本にするたいへんな作業をします。ほとんど新しい自作をつくると同じ労力をかけました。

ラシーヌ悲劇の翻訳に三島はどうして『ブリタニキュス』を選んだのか。
その説明を三島はしていませんが、この作品のような古典劇は、すべてセリフ、セリフ、セリフであって、そこには脈々とした西洋演劇の源流であるギリシャ古劇のあらゆるものが流れています。

日本の新劇運動は政治的イデオロギーに惑わされる前に、まず西洋演劇の演劇的反世界の本質に着目すべきだと考えたのです。
三島は1952年パリでジャン・マレー演出・主演の『ブリタニキュス』を観ていますから、この悲劇を選んだのかもしれません。

訳者は安堂信也、演出は矢代静一で、三島は、皆青年ばかりでやるのは無謀かもしれないが書いたラシーヌも29才の青年だったと述べています。
昭和32年の三島訳『ブリタニキュス』は日本初演で、初めは不評でしたが、その後人気を獲得してかなり再演されました。三島は鎧兜を付けてローマ兵士の端役をやりました。訳を七五調ではなく、原作の定型の十二音節詩句を生かした日本語にしました。『芙蓉露大内実記』のような日本的な翻案をせず原作に忠実でした。三島の一番の傑作はラシーヌに依るところが多いのです。

『サド侯爵夫人』は昭和40年11月に初演されました。
『サド侯爵夫人』は新劇でしたが、セリフを中心とした動きの少ないものでした。私はこの台本を「文藝」で読んで、すぐ三島に電話をしてぜひ翻訳をしたいと申し出ました。
三島は渋澤龍彦の『サド侯爵の生涯』を読んで、サドよりも夫人の方にドラマになる発芽を感じ、劇化に興味を持ち、サドを登場させない構想を思いつきました。女性だけを登場させたこの劇はたいへんな成功でした。

昭和43年の男だけの『わが友ヒットラー』は『サド侯爵夫人』ほど人気はありませんでした。
ヒットラーの政治家としての行動はサド侯爵のサディズムほど魅力的ではなかったようです。

三島は20世紀の最も成功した劇作家です。国内だけでなく外国でも、『サド侯爵夫人』はフランスでも古典劇として上演され、今年3月ロンドンの一番の劇場で一番の劇団がこれを上演しました。

この時、シェークスピア、三島、チェーホフの三人の作品が上演されました。
先月対談した辻井喬が三島文学で一番残るのは戯曲だろうというので、予言者ではありませんが、これに何となく同調しています。
今日触れなかった『薔薇と海賊』『朱雀家の滅亡』も最近再演され、初演よりも高い評価を得ています。
三島は偉大な劇作家だったに違いありません。
(西法太郎)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者より その1)三島由紀夫文学館主宰の「レイクサロン」に講師として来られた横尾忠則さんのブログを見つけました。感想を次のように書かれています。

 (引用)「11月22日 ○いただいた本
 井上隆史さんより「豊穣なる仮面・三島由紀夫」井上隆史著
………………………………………………………………………………………………
山中湖畔の三島由紀夫文学館で10周年記念フォーラムのパネリストとして出席。ぼくが「三島由紀夫さんと会った日々」のエピソードを、ドナルド・キーンさんは「三島由紀夫の演劇」について講演。フォーラム始まって以来の参加応募者だったとも。200人に絞らざるを得なかったそうだ。東京を初め地方からの参加者も多く、会は非常に盛大だった。三島さんが自決して39年が経過しているが、今尚三島由紀夫に衰えることはない。そんな三島さんの魅力の謎に迫るトークだったが、ぼくは特にキーンさんの話しに興味を持った。いずれ文学館より講演録が発刊される模様。
………………………………………………………………………………………………
朝目が覚めたらホテルの窓いっぱいに富士山が迫っていて驚いた。何だか三島さんが窓から覗いているように感じた。井上隆史さん、佐藤孝明さんらの三島研究者らにも会い、まぁw)!)愁!)璽鵑気鵑箸盡朕妖!)箆辰靴!)任!)董∈能蕕鷲澣錣!)發!)辰燭!)!)圓辰討茲!)辰燭隼廚辰拭9堝阿魑!)海擦于燭!)茲蠧世!)△襪發里澄G!)構佗埓困砲覆辰討い襪!)◆崕佗埓困六以犬梁察廚世反瓦卜韻瓩襦!)
」(引用止め)。
 (FF子、小平)
 △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
明日です!

 ◆◆ 第三十九回 三島由紀夫氏追悼会 ◆◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「白き菊 捧げ奉らん 憂国忌」(山岡荘八)
http://mishima.xii.jp/39th/index.html

 ▲雨が降っても大雪になっても憂国忌は続きます! 日本の伝統を守るために!

 「益荒男のたばさむ太刀の鞘鳴りに 幾とせ耐えて今日の初霜」(三島由紀夫)
 「今日にかけてかねて誓いし我が胸の 思いを知るは野分のみかわ」(森田必勝)
「散るを嫌う世にも人にも先駆けて 散るこそ花と吹く小夜嵐」(三島由紀夫)

 第三十九回 三島由紀夫氏追悼会
 ◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆

 と き    11月25日(水曜日)午後六時半(六時開場)
 ところ    星陵会館 二階ホール
        http://www.seiryokai.org/kaikan.html
 開会の挨拶  松本徹(三島文学記念館館長)

 シンポジウム 「現代に蘇る三島思想」
 パネラー   富岡幸一郎(文藝評論家、司会)
        杉原志啓 (評論家、徳富蘇峰研究家)
        西部 邁 (評論家、『表現者』顧問)
        西村幸祐 (評論家、『撃論ムック』編集長)
 
会場分担金  お一人 1000円(賛助会員の方には招待状を発送済みです)。
        記念冊子(12p)とメルマガ合本(20ページ)をお渡しします。
        過去の憂国忌ポスターを頒布します。
http://mishima.xii.jp/kaiso/poster/index.html
どなたでも予約なしで入場できます。
          ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
MMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(編集部から)小誌は「三島由紀夫研究会」(昭和四十六年創設)の会員だけに限定せずに、三島研究の論文、エッセイをつねに募集しております。比較文学論(たとえば「吉本隆明と三島」とか)、作品論(たとえば『仮面の告白』に新解釈)、読後感、政治論、芸術論。まるで分野を問いません。三島さん自身、古典から前衛まで、映画からシャンソンまで万能の人でしたから。
 「憂国忌」への御感想、御希望でも構いません。皆さんからの御投稿を広くお待ちします。原則として実名。簡単な肩書きをつけて下さい。ただし三島文学批判も構いませんが、明らかな誹謗中傷のたぐいの投稿は採用しません。ゲスト寄稿者コーナーも常設しております。一部の原稿は年二回以上発行のメルマガ合本に掲載することがあります。    
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  三島由紀夫研究会 HP URL http://mishima.xii.jp/
      メール  yukokuki@hotmail.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)三島由紀夫研究会 2009  ◎転送自由
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


─…─↓ メルマ!PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─
╋━・……  『 あ な た の 気 に な る 血 圧 に ! ! 』  ……・━╋
     血圧が高めの方においしいトクホ飲料、トマト酢生活♪     
 【LION】の自信作 臨床試験でも確かな血圧低下が認められています。 
   ▼ 送料無料!10日間トライアルパック 980円(税込) ▼  
http://ad.melma.com/ad?d=l0K01QwEU0A2waG1P029QOiUl03j2y3Kdce0bf25
…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ メルマ!PR ↑─…



━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
 ■今回の記事はいかがでしたか?
 ┃下記ページより、あなたの評価をつけてください!
 ┗ http://www.melma.com/score_v0K27aG1K0m92OdUP08jhyRK5147f93a/ 
 ─────────────────────────────────
 □このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら!
 ┗ http://www.melma.com/backnumber_149567/ 
 □その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら!
 ┗ http://melma.com/contents/taikai/ 
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。