国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/11/24


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)11月24日(火曜日)
           通巻2783号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 カブールは「中央アジアの巴里」と呼ばれたこともあった
  アフガニスタンの「闇の奥」は深い闇
****************************************

 欧米がアフガニスタンへの兵員増派を躊躇(ためら)いだした。
 民主化のために犠牲を恐れず、経済的、人道的支援も展開してきたが(というのが欧米のミッション意識だ)、アフガニスタン大統領選挙は不正、買収。結果が信じられず、米国の圧力で上位二人の決選投票になった。

米国はカルザイを昨秋から見限り、代替候補を探してきた。バイデン副大統領が、カルザイを嫌いなのだ。
しかし対立候補のアブドラ元外相が不出馬を宣言し、辛うじて再選された大統領のカルザイは、じつはカブールでさえまったくの不人気。カブールのインテリの多くは棄権した。

 最初からボタンの掛け違いばかりだった。
 79年にソ連がアフガンに侵攻した直後から、米国は一転してパキスタンに軍事援助を拡大し、CIAが秘密工作を各地で展開、反ソ連ゲリラの「ムジャヒデン」を英雄に祭り上げて、パキスタン経由で武器を供与するなど大々的なテコ入れした。
 この間にCIAがオサマ・ビンラディンにも資金を与えたのは周知の事実である。


 ▲米国の誤算は凄まじい

思い出されたい。シルベスタ・スタロンーンの『ランボウ・第三弾』はアフガニスタンのゲリラを助けに行く物語であったことを。だがムジャヒデンは地方軍閥とゲリラの野合であり、統一された軍事組織ではなかった。

米国は戦術的優位にたたせようとムジャヒデンに虎の子の戦場兵器=スティンガー・ミサイルを多数供与した。
だからソ連の武装ヘリコプター「ミル・ハインド」は墜落ばかり。捕虜になったソ連兵は皮を剥がれ、目をくりぬかれ、性器をもがれ、残酷に処刑された。この残虐性は大英帝国が数万の軍隊をアフガニスタンへ入れて、全員が殺されたときと同じ残酷な風景だった。
 
ソ連は劣勢に立たされ、国内には厭戦気分が横溢する。
 モスクワでは母親があつまって「息子をアフガニスタンにはやらせないで」とデモ行進があった。
 ゴルバチョフはアフガンからの撤退を決意し、89年に撤退するのだが、その後、ソ連傀儡のアミン、ナジブラでは統治は不可能だった。
 

 ▲ムジャヒデンは反ソという目標を達成したあと地方軍閥やギャング団に分裂

 ソ連撤退後、ムジャヒデン各派には「反ソ連」という統一目標がなくなり、部族別に分解した。地方軍閥にもどったのだ。

タジク人は「北部同盟」により、ウズベク人は北部で軍閥を率いて自治を行い、ハザラ人は集散離合、政権に近寄ったり、離れたり、あげくに首相になったヘクマチアル(ハザラ人)はカブールを攻撃した。
要するに軍閥が割拠し、混乱の極みが続いていたのだ。

 多数派のパシュトンは部族によって分裂しており、お互いが対立し、しかし拝外主義的行動をとるので、イスラム神秘主義に基づくタリバンが急速にアフガニスタン全土に拡大する精神的土壌ができていた。
パシュトンの軍閥の背後にはパキスタン軍情報部が関与していた。パシュトンを軍事的に強くすることはパキスタンの安全に繋がるからだ。

 ソ連撤退後、90年代前半の「北部同盟」主体のアフガニスタン政権は内ゲバを繰り返し、この間にタリバンはカブールを囲むほどに成長していた。
1996年にタリバンはカブールを陥落させた。タリバンは、それまでのアフガニスタンの習慣を覆し、長老政治、部族会議よりイスラム法の厳格な適用を強制した。
女性はブルカを着用し、学校へは行くな。たこ揚げ、サッカーの禁止など。
タリバンvs北部同盟の対立図式が生まれ、欧米が比較的に支援した北部同盟のマスード司令官は、暗殺された。

 2001年、「911テロ」に襲われた米国は急転直下、アルカィーダ殲滅作戦を開始し、アフガニスタンの軍事基地にトマホークミサイルを多数お見舞いした。

アフガニスタンに米軍が介入を始めると、タリバンはたちまちにして雲散霧消し、カブールには欧米に支援されたカルザイ政権が誕生をみる。
 欧米は当面の目標が達成されたとして、とくに米国はイラク戦争に没頭し、アフガニスタンはNATOに任せた。


▲カルザイは傀儡を演じたのか、本当の傀儡なのか

 ところがカルザイ政権の実態とは、パシュトン主体ではなく、タジク人が軍と警察をおさえるというバランスに乗っかった、部族均衡という意味でバランスをとるかに見えて、実態はおそろしく均衡を欠く特色がある。
 多数派が少数派ながらも武装するタジク人とウズベク人と妥協した政治構造は、パシュトンが好ましく思わない。

 とくに軍と警察と秘密警察がタジク人が七割を締め、幹部はタジク人がほぼ独占するという妥協をカルザイは行った。

ウズベク人はつかず離れず、ハザラ人はイランとの均衡をはかる目的もあって優遇され、肝心のパシュトンが疎外された。カルザイはパシュトン族の名家の出身であるにもかかわらず。

以後、パシュトンはカブールを囲む形で、各地に軍閥が群雄割拠。これが「タリバン」の実態であり、反中央政府の軍事活動に見えてじつは軍閥同士の内ゲバという側面が見落とされがちである。

 介入した外国軍は当初、歓迎される雰囲気もあったが、それから八年間も閲して、内戦、内乱、騒擾、ゲリラ戦争は悪化の一途をたどり、アフガニスタンは外国軍の駐留が、むしろ事態悪化の元凶と見られるようになる。

 だから外国軍の支援と財政支援に依拠するカルザイ政権を大多数のアフガン人は「欧米の傀儡」と認識し憎む。



▲砂漠のオアシスが血の海に染まった

もともと政府とか国家をみとめていないアフガニスタンの歴史があるだけに、カルザイ政権を中央政府とは考えない。軍閥の主導権争いが部族の対立より強い要素として浮かび、麻薬ビジネスの主導権争いで軍閥同士が殺戮をしあう。
 往時、カブールは砂漠のオアシスとして栄え、ソ連侵攻前までは『中央アジアの巴里』と呼ばれたこともあった。
 その砂漠の麗都は血の海となった。

 タリバン vs 外国軍という単純な対立構造ではなくなった。
 アフガニスタンは部族の長老が政治を司るという西側の認識も古くなった。タリバンはイスラム法の厳格な適用をおこない、女子を学校にやらず音楽を禁止し、映画館もダンスも禁止し、西側の文化を破壊したばかりか伝統的な長老政治の習慣を後退させた。

 西側援助の学校建設がしばしば攻撃目標とされるのは当該地域の軍閥の利益になれば外国御プロジェクトチームに協力的であり、軍閥の利益にならなければ破壊し、強奪することも頻繁に起きる。

カブールの政権はこれらの混乱を治める統治能力も軍事警察能力も欠落させているのだ。
 西側がのぞんだ『法と秩序』はアフガニスタンには、その概念さえ存在しない。
 
 アフガニスタンに平和が来る?
 三千年以上に亘って戦争を繰り返し、アレキサンダーもペルシア王朝もモンゴルもムガール帝国も英国もソ連も、最後には匙を投げて逃げ帰った、このアフガニスタンを西側の民主主義で統治する?
 夢想に終わるのではないのか。
  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◎読者の声◎どくしゃのこえ◎DOKUSHA NO KOE◎読者の声◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴著新刊の『シナ人とは何か』と『朝日新聞のなくなる日』を拝読致しました。
 宮崎先生が学生時代の、専売店での思い出と今に続く交流の個所ではしんみりとした感慨を受けました。じつは私も高校時代、朝刊だけですが朝日新聞等を配達しておりました。
今のように休刊日も多くなく、休んでいいのは修学旅行だけといわれ、給料は12,800円でした。一般的なバイトの時給が350円という時代です。
元市長のご老人は、盆と正月にお小遣いをくれ、やくざにスポーツ新聞をねだられて代金に1,000円もらったこともありました。
元旦の新聞は折り込みを入れると背丈以上になり、販売店まで三回往復しましたが、その日は店主からお年玉がもらえました。
私の勤めた販売店では地方紙も含めた五紙を合配していましたが、朝日新聞を取っている人は皆、近所でも立派な人といわれている人ばかりでしたので、きっとその新聞も立派な新聞なのだろうと思っておりました。
成績のいい生徒の家では、朝日を取っていることが多かった記憶があります。その頃(昭和50年前後)にも「押し紙」はありました。販売店に届いた新聞は、配達区域ごとに必要部数が壁際の枡目に区切った棚に入れられますが、梱包も解かれていない新聞が作業場の隅に積み重ねてあるのをいつも不思議に思っていました。
仕事で二度、築地の本社に行ったことがありますが、エレベーターの扉に世界のクオリティー・ペーパーがレリーフ状にデザインされており、我々もそういった一流紙の仲間であるという自負を感じたものです。
その朝日が、減給に早期退職勧告ですか。
今年に入って、デジタルカメラの動画機能が飛躍的に向上しており、これからはだれでもインターネットでテレビ局を開局できる時代になろうとしています。
時代に抗うことはできない、という残酷な現実が恐ろしい勢いで進行していることを強く感じております。
ところで、最近あちこちの書店で加藤周一氏の著作が並んでいますが、氏は「日本文学史序説」の中で、しきりと「支那語」という言葉を使っています。  
(MA生 中野)


(宮崎正弘のコメント)文京区小日向の朝日新聞は産経新聞も一緒に配っています。このような共同配達システムが確立されないと、新聞配達、流通方面のビジネスも成り立たなくなったようです。
 さて加藤周一は典型の朝日ブンカジンですが、そうですか。シナ語。もっとも戦前の朝日はシナと呼称していましたし、戦後も昭和三十年代までは『中国』ではなく「中共」と表記していました。



   ♪
(読者の声2)貴誌2782号の「読者の声」に寄せられた「伊勢ルイジアナ」さん。三島由紀夫文学館10周年記念フォーラムが21日山中湖畔のホテルでありました。早速にこちらのブロクで写真が。
http://blog.goo.ne.jp/k-takagi001021/
  お二人のお話を伺っていますと三島さんの底知れる才能に驚かされます。
三連休ということもあったからでしょうか、遠く関西方面から駆けつけられた方や上記に紹介した若き経営者がご夫妻でこられて懇親会にもおいでになられたり、著名なプロジューサの方も、この10周年記念の行事に何くれとご尽力なされた由。
死しても成長し続ける作家と言われた三島さんですが、このフォーラムに駆けつけた若き男女の真剣なまなざしに触れて、死しても若者を育て続ける三島さんとも言い換えられるかもしれないと思いました。
伊勢ルイジアナさんが「詩人」と仰いましたが、この夜ご一緒し、懇親会の後、二次会にも出席なすって、宿にお帰りになられるという画家の方をお送りする道すがら「三島さんは、詩人、作家とか、思想家とか、戯曲の第一人者とかにくくるのでなく、三島さんがどう生きたかを模索しながら生きていけばそれでいいのではないか、とても一つにくくれる人ではないのだから」と。
  素晴らしいフォーラムであり、講演者お二人を囲んでの懇親会が和気藹々として家族の温もりを感じるような暖かな雰囲気でした。
その夜空をペルセウス、ペガスス、アンドロメダなど秋の星座群がこれ以上輝けないといほどに輝いて、三島さんからの「贈り物」かも知れないと思い、寒い湖畔で星と会話してしまいました。
   (深井貴子)


(宮崎正弘のコメント)山中湖は星座観測でも有名な箇所で、十数年前ですがハレーベップ彗星が地球に近づいたおりは、小生も友人が山中湖に別荘マンションを持っているので、とまって夜中にカンテラさげて近くの高台へ登りました。真っ暗闇に、相当数のマニアが観測にきていました。三島由紀夫の『美しい星』の舞台は飯能ですが。。。



  ♪
(読者の声3)上から目線の、鳩山首相の構想(東アジア共同体、友愛の海)など(中国から)馬鹿にされるだけでしょうね。
いま、北京から書いています。珍しい積雪がまだすこしだけ残っています。
中国内陸部の経済発展、サブプライムは関係ないバブル。新光某地(国営聯華の、セレブ御用達の高級百貨店)の顧客は日本人など及びもつかないマーチャンダイジングをほしいまま購入すると、店で働く知人が言っておりました。
100万円(日本円)のプレミアム酒がどんどん売れるそうです。もちろん賄賂としての使い道しかないわけですが、活性が高いのは事実。
中国人にとって、構築中の空母戦闘群によるアジア覇権の夢の前には、日本の首相がいう友愛など、おかしくて仕方がないのではと思います。
 (W88,北京にて)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆ 第三十九回 三島由紀夫氏追悼会 ◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日です ! 

 愛国者の皆さん、三島由紀夫を通して日本を考えましょう
 雨が降っても大雪になっても憂国忌は続きます! 日本の伝統を守るために!

「白き菊 捧げ奉らん 憂国忌」(山岡荘八)
「賢き人や国のために死に給いたり」(保田與重郎)
「あれは精神的クーデタだった」(黛敏郎)
http://mishima.xii.jp/39th/index.html


 「益荒男のたばさむ太刀の鞘鳴りに 幾とせ耐えて今日の初霜」(三島由紀夫)
 「今日にかけてかねて誓いし我が胸の 思いを知るは野分のみかわ」(森田必勝)
「散るを嫌う世にも人にも先駆けて 散るこそ花と吹く小夜嵐」(三島由紀夫)

====================
 「憂国忌」 第三十九回 三島由紀夫氏追悼会
    ◆◆◆◆◆◆◆ ◆◆◆◆◆◆◆

 と き    11月25日(水曜日)午後六時半(六時開場)
 ところ    星陵会館 二階ホール
        http://www.seiryokai.org/kaikan.html
 開会の挨拶  松本徹(三島文学記念館館長)

 シンポジウム 「現代に蘇る三島思想」
 パネラー   富岡幸一郎(文藝評論家、司会)
        杉原志啓 (評論家、徳富蘇峰研究家)
        西部 邁 (評論家、『表現者』顧問)
        西村幸祐 (評論家、『撃論ムック』編集長)
 
会場分担金  お一人 1000円
(「憂国忌」賛助会員の方には招待状をお送りしました)
        記念冊子(12p)とメルマガ合本(20ページ)をお渡しします。
        過去の憂国忌ポスターを頒布します。
http://mishima.xii.jp/kaiso/poster/index.html

憂国忌代表発起人=井尻千男、入江隆則、桶谷秀昭、嘉悦康人、小室直樹、佐伯彰一、篠沢秀夫、竹本忠雄、中村彰彦、細江英公、松本徹、村松英子。発起人=二百数十名。世話人=宮崎正弘。
★どなたでも予約なしで入場できます。
        ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★「MXテレビ」からのお知らせ。ETC。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(お知らせ 1)11月28日(土曜日)午前十一時、MXテレビ「西部ゼミナール」に宮崎正弘が出演します。安保条約五十年をめぐって日米同盟はいかにあるべきか等。再放送は11月29日(日曜日)午前七時半。

(お知らせ 2)来る12月21日、故片岡鉄哉さん三回忌が行われます。一般、ファンの方もご参加できます。詳しくは下記へお問い合わせください。
 Sna76980@yahoo.co.jp
 ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆゜○・゜☆ ☆゜☆゜・*○: ☆ ☆゜・゜☆ ☆゜○ △・☆゜☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の近刊 >
 宮崎正弘『朝日新聞がなくなる日』(ワック、945円、全国主要書店発売中)
マスコミ・エリートの挫折 斜陽産業の典型が朝日新聞となった!
下記アマゾンから申し込めます ↓
http://www.amazon.co.jp/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E6%97%A5-%E2%80%95%E6%96%B0%E8%81%9E%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E5%B4%A9%E5%A3%8A-WAC-BUNKO-%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98/dp/4898316131/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1258878301&sr=1-2

  ♪♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
 これらの書籍は比較的入手が容易です。また下記アマゾンからも申し込めます。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_ss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=%8B%7B%8D%E8%90%B3%8DO

宮崎正弘 + 内田良平研究会 編
『シナ人とは何かー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)

   ♪
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ☆ ★ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 万葉至乃輔2009/11/24

    華夷秩序によれば、中心は彼らでその周辺は野蛮人の住むところとなります。日本は東夷。

    しかし不思議なことにに京はその東夷にあり、あまり文句を言いません。かの地には北京、南京、西京。日本の東京を含めれば、アジアの中心は京都になります。

    私はかねてから天皇陛下には京都におもどりなされたほうがいいと考える一人です。京都にいくとみな「ミカドはん、はよ、お帰りになればええどすのにな〜」という声を聞きます。