国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/11/16


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)11月17日(火曜日)
         通巻2774号 (11月16日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ロシア上空を通過してアフガニスタンへの兵站輸送ルート
  まとまりかけた土壇場でメドベージェフ政権が『領空通過料』に難色
****************************************

 四月にオバマ大統領はロンドンでG20のおりにメドベージェフ大統領と面談し、年間4500回前後のロシア上空通過の交渉を切り出した。アフガニスタンへの兵員、物資輸送ルートである。
 七月にオバマ大統領がモスクワを訪問、この交渉は本格化した。

 アフガニスタンへの長く伸びきった兵站。経由地の一つは中央アジアのカザフスタンとキルギス。
主力はパキスタンの空軍基地四箇所。ポーランドが中継地点とされる。

 緊急いがいの物資は海上輸送でカラチなどに陸揚げし、パキスタン経由でもアフガニスタンの戦地へ運ばれる。日本が『インド洋上』の給油活動と言っているのは、正確に言えば「パキスタン沖」である。

 米国はアフガニスタンへの兵員、兵器、物資輸送にあたりロシア上空を通過できれば、時間と燃費の節約にもなり、ロシアは協力的になるに違いないと踏んだ。

このプロジェクトは『ロシア回廊』と密かに命名され、それを前提として輸送計画も策定中という。
 しかも増派を目の前にしてパキスタンではタリバンとの戦闘が激しい上、輸送上のトラブルが絶えず、米国としてはロシア経由の直通ルートをすぐに確保したい。

 シンガポールAPECでオバマはメドベージェフと会談した、新聞報道によれば、イランへの制裁で物別れに終わったという。

 交渉が頓挫中なのは、メドベージェフ大統領周辺が、『航空管制の必要上もあって』、米国へ「通過料」ならびに駐機料金を要求し、その金額での折り合いが付かないというのが真因らしい(NYタイムズ、11月14日付け)。

 現地司令官マクリスタルに助言するトニー・コーデスマン(CSIS軍事専門家)は『米国が輸送ルートについて幾つかの選択肢をつねに確保しておくのが戦略上の基礎だ』と言う。「なぜなら現存パキスタンルートは、近未来のパキスタンの安定を誰も保障できないうえ、欧米軍の陣地さえ、自爆テロの脅威にさらされているからである」。

 ロシア回廊が確立すれば兵站輸送の節約と安全が得られる(燃費節約だけでも年間1億3300万ドル)というのは、しかし皮算用にすぎないのではないか。
  △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆゜○・゜☆ ☆゜★・☆゜・*○:☆ ★ ☆☆゜・゜◆☆ ☆゜◇○△・☆゜☆★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の近刊 >
   宮崎正弘『朝日新聞がなくなる日』(ワック、980円)
  ◆17日、全国主要書店で一斉発売! 
 
  インターネット時代のマスコミがマスゴミにならないために
 「朝日新聞が恣意的な主張をして世論を牽引する時代は終わった」
「アカが書き、やくざが売って、馬鹿が読む」構造も終わる。
  ◆マスコミ関係者も猛烈に注目!
   宮崎正弘『朝日新聞がなくなる日』(ワック、980円)
       ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇読者の声◇◆ ☆DOKUSHA―NO―KOE▲◎ ☆◇どくしゃのこえ◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)11月15日の『産経新聞』に台湾の奇美実業の液晶事業を鴻海に売却というニュースが載っていました。
中国の台湾優遇政策で奇美の液晶事業は急回復していると聞いていたので、奇異の感を持ちました。奇美集団創始者の許文龍氏は経営の神様といわれるほど経営感覚の鋭い人であることに思いを巡らせていると、次のような考えが浮かんできました。
「中国の先行きは危険である。多少の犠牲を払っても今の時点で資本を引き揚げておく必要がある」
宮崎先生のご意見は如何でしょうか?
(千葉IT生)


(宮崎正弘のコメント)ほとほと中国の遣り方に愛想をつかせたと思います。



  ♪
(読者の声2)貴誌前号のTK氏への感想です。安本美典著「研究史日本語の起源より」をめぐって、です。
1.背景:日本と朝鮮の同祖論は、大東亜戦争当時、多民族国家であった大日本帝國の結束のために政治的に宣伝されたのではないかと思う。 それが戦後は日本民族の固有性を破壊するために、反日宣伝に使われてきた。

2.民族の同一性とは:文化人類学では民族の同一性は、神話と言語の同一性で判断する。日本と朝鮮は神話において全く違う。朝鮮の祖神はクマである。日本は太陽神である。まったく違う。次に言語であるが、よく朝鮮人が万葉集は古代朝鮮語で書いてある、だから意味はこうだ、などと主張することがある。

3.古代朝鮮語は存在しない:しかし朝鮮古代語の資料は存在しない。そこで現代の朝鮮語と古代日本の原資料を比較しているのである。現代の朝鮮語を古代朝鮮語と偽っているのである。したがって研究の方法論として不正であり全く馬鹿げていることが分かる。
 朝鮮のもっとも古い歴史記録は三国史など12世紀までしか遡ることはできない。いまでも百年前の話がはっきりしないのに、中世において一千年近い昔のことなど分かるわけがないのだ。
 以上から古代朝鮮語はあったであろうが現存しない。だから比較検討はできない。したがって両者の類似性を論じるのは時間の無駄であることを知っておきたい。

4.その他:年寄りには既知のことでも若い日本人が入ってくるので情報を繰り返し、継承したい。
イ、天武天皇の生母が朝鮮からの帰化人の家系であったことはよく知られている。しかし父親の遺伝子を系譜とする日本の天皇の掟では何も問題ない。また世界にはアレキサンダーが征服したペルシャの王女と結婚した事例もある。それに帰化して二百年以上経過しているので、現代朝鮮人が物欲しそうにあれこれ言っても相手にすることはない。

ロ、古代朝鮮の歴史は、日本書記に明らかである。古代日本は朝鮮南部に「任那(ミマナ)」植民地を作り実に四百年も支配した。だから当時の支配層の多くは日本人か日系であったと考えても不思議ではない。

ハ、七枝刀の奇跡:これは石上神社に古代から保管されてきた七つの枝刃を持つ宝剣(長さ2.5m)であり、紀元268年に百済王が神功皇后摂政期に献上したものである。日本書記の記録と合致する。これは人類文化史上の奇跡である。
日本は長大な歴史を持つ極東の大文化、政治大国である。その再建が今急がれている。
   (東海子)
   ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 資料 資料
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(サイト情報)アジア歴訪中のオバマ大統領は東京のサントリーホールで11月14日、今後の米国のアジア政策に関する演説をおこなった。
オバマ大統領の演説
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/remarks-president-barack-obama-suntory-hall
 (日本語版)
http://www.whitehouse.gov/files/documents/2009/november/president-obama-remarks-suntory-hall-japanese.pdf

ホワイトハウスの解説記事
 http://www.whitehouse.gov/blog/2009/11/14/tokyo-our-common-future

鳩山首相とオバマ大統領は11月13日に会談後、共同記者会見を開いた。鳩山首相と大統領の会談後の共同記者会見の記録。
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/remarks-president-barack-obama-and-prime-minister-yukio-hatoyama-japan-joint-press-

ホワイトハウスの解説記事
http://www.whitehouse.gov/blog/2009/11/13/united-states-and-asia-inextricably-linked
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の近刊 >
 宮崎正弘『朝日新聞がなくなる日』(ワック、980円、全国主要書店17日発売)

宮崎正弘+内田良平研究会編
『シナ人とは何かーー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)

< 来年春頃までに出る新刊の予告 >
 『欲望の大国・中国の危険』(石平氏との対談、シリーズ第二弾)
 『日米安保条約50年、いかに改訂するのか』(西部邁氏との対談)
 『ロシア人、中国人そして日本人』(佐藤優氏との対談)
 『アフガニスタン戦争と今後の世界』(書き下ろし)
 →来年の本の題名はすべて仮題です。

  ♪♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。