国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/11/09


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)11月9日(月曜日)
          通巻2765号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 アフリカ諸国へ、さらに100億ドルを融資
  温家宝首相がエジプトで開催のシノーアフリカ・サミットで強調
****************************************

 十年前の十倍となった中国とアフリカ諸国との貿易。
 最近も軍事独裁のギニアへ78億ドルの投資を決めた。

 昨日から開催されているシノーアフリカ・サミットの場所はエジプトの北東端シャルム・エル・シェイク(ヨルダン、イスラエルとの国境)。
 この地に飛んだ温家宝首相は「貿易は33%増え、中国が育成したアフリカ人のプロは一万五千人に達した。これは黄金より重要だ」と語り、さらに百億ドルの低利融資をおこなうと言明した。

 中国は06年までに50億ドルを援助し、マラリア予防、学校と道路建設などに「援助」したと豪語し、昨年の貿易は合計で1070億ドルを突破した。
 欧米は苛立ちを強めながら中国のアフリカ進出に瞠目している。 
△ ▽ △ ▽ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎読者の声◆ ☆DOKUSHANOKOE◎ ☆どくしゃのこえ◆ 読者の声◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)戦前の本です。「米国武官の見たる日・米英大戦争」 (原題 "THE TIDE OF BATTLE") 。
1930年(昭和5年)の本で日本では1932年(昭和7年)刊、1930年代の未来戦を描いています。
山中峯太郎や江戸川乱歩を思わせるエンタテイメントというか活劇ですね。著者は大正12年頃、大使館附武官として日本に駐在していた米国陸軍少佐 フィールディング・エリオット、訳者は海軍大佐 廣瀬彦太。
主人公は米国海軍大尉ジミー・グラント。帝国ホテルのバーでドイツ人の酔っ払い、『僕等は日本のために、すばらしい潜水艦を造っている』との大風呂敷の数々。
それを聞き及び横須賀海軍工廠に潜り込むところから始まる。小説ですからうまく工廠に潜り込み、さらに新型潜水艦にまで乗り込んでしまう。潜水艦は出港し、当然発見され麻酔を打たれるも麻酔は徐々に効き目が弱くなったある日のこと、ふらつく頭で海図室に忍び込み海図を見るとサンディエゴ大軍港の間近であった。
艦長に見つかるも艦長を倒しピストルを奪い潜水艦を浮上させてしまう。七隻の潜水艦隊の攻撃で米国海軍は大打撃を被るも三隻の潜水艦は沈没。グラントは米軍船に引き上げられる。
かくて突如急襲を行った日本、警告なしに攻撃を被った米国、という激怒の念から、この際どうしても勝たねばならぬ、そして敵を懲らさなければならぬ、という敵愾心が、国民の殆んど全部に亙って、涌然として沸騰していた(このあたりは真珠湾を思い起こさせます)。然るに、又一方紐育に於ては、熱心なる平和論者達がいて、ユニオン・スクエアの群集の面前で、こんなことを強調し、演をしているものもあった。
 『諸君、此の危機に直面して、吾人のとるべき最も適切なる手段は、只一つしかない。一隻の汽船を仕立てて、之に美しい花卉を其の甲板一杯に積込み、日本の艦隊を迎えるに限る。そして其の船長には相互の友愛を強調する鄭重慇懃を極めた外交文書を持たせて―斯くすれば両国とも、茲に釈然、戦争の非なるを覚り、忽ち目出たく握手するに至るであろう』 
 『然り而して我が米国は、其の誠意の偽りでない証拠として、第一着に彼に示すべきことは、残りの太平洋艦隊全部を沖合いに曳き出し、彼の面前に於て、自沈して見せることである』
 此の暴論を聞くや、群衆は最早忍ぶことができないで、十分の憤怒を全身に表わし、雪崩を打って弁士に肉薄突貫した。

中国軍が攻めてきたとして、友愛の民主党の鳩ポッポや社民党の福島党首なら言いそうなセリフです。
 ハワイではオアフ島陥落、米国太平洋艦隊は大西洋艦隊と合流するまでいったん本土に引揚げるべきとの海軍の意見は入れられず、政府のハワイ救援の命令で出撃。
さらに打撃を被り太平洋の制海権を失う。アメリカ本土の防備は議会が予算を削るものだからまったく貧弱。日本軍は機械化旅団や装甲車まで繰り出しカリフォルニアからワシントン州まで上陸し占領してしまう。
米国の防衛予算を獲得するために実態以上に日本軍を強く描いているようにも思えるが、昭和七年当時の太平洋の海軍力では日本が優勢、後の戦争で真珠湾を攻撃しながらなぜ占領しようとしなかったのだろうか?

 アメリカ単独では最早太平洋岸諸州を取り戻すことは難しい。
カリフォルニアに総督として赴任した加々川公爵、実に身辺がだらしない。例の寵妓を連れて来ているという噂を聞きグラントは晩餐会場へ忍び込む。そこで見たのは横須賀海軍工廠で車内に匿ってくれた謎のイギリス人少女ラマール嬢(実はイギリス情報部の者)。中国人の密偵やらラマール嬢の手引きもあり加々川公爵を拉致しワシントンへ。公爵はなぜか元老会議の決議録を持っている。
その内容を暴露することでイギリスを戦争に引き込むことができる。
この辺は第二次大戦でアメリカを何とか戦争に引き込もうとしたイギリスと反対です。

その後の展開は英国、豪州、カナダ、ニュージーランドも参戦。日本海軍は豪州海軍に補給路を絶たれ、米国が南米諸国から買い集めた艦隊により大打撃を被る。日本の米太平洋岸占領軍はカナダからの攻撃で防戦一方。木高占領軍司令官はアメリカの大都市への爆撃・毒ガス攻撃を宣言するも、戦況はすでに決しており台湾ではキールンを占領され、九州では佐世保を取られ、下関から瀬戸内海まで潜水艦部隊に押さえられる始末。日本軍が毒ガス攻撃をするならば東京・大阪・横浜、その他の大都市へ爆弾飛行機を飛ばすのは訳はない、と木高軍司令官に伝えられるや司令官は将兵の帰還を条件に降伏し腹を切る。

 短期間の限定戦争の結末として、賠償金は日本が払えるはずもないと各国も承知していたので要求はなし(第一次大戦のドイツの教訓でしょうか)。台湾・琉球・小笠原は米国委任統治領、南満州鉄道は国際管理、日本軍は旅順・満洲から撤退。満洲に関しては支那政府は日本の植民に対し適当なる利権を彼に保証し、且つ付帯事項として各種の通商協定をも作った、とずいぶん日本に寛大な結末です。朝鮮に関しては言及なし。日米が1930年代に戦争をしていればこんな結末もあったかもしれません。
 
 「兎に角、日本の為から云えば、あの程度で戦争が幕になったことは幸福であったと謂わねばならぬ。若しあれが長引いていようものならそれこそ大変なことになったであろう。即ち米国人の虐殺的復讐戦は当然無鉄砲な、残虐な、実に恐怖に値すべき何物かを日本人の上に加えたことであろう。日本は謂わば、戦争から軽く手を引いたわけだ。
とあります。
旧時代の戦争では軍人同士の戦いでしたが、大東亜戦争の結末はまさに著者が記したごとく米国の虐殺的復讐戦になりました。

 リンドバーグの「孤高の鷲」では南太平洋での戦いが描かれていますが、日本軍が白旗を揚げようが投降しようが受け付けない。2千名もの捕虜は飛行場に連れて行かれ機関銃で撃たれてしまう。豪州軍は日本人捕虜を輸送機から突き落とす。戦陣訓など関係なしに日本軍は玉砕するしかなかった。
サイパン・沖縄の集団自決もアメリカ軍の捕虜を取らない方針が遠因(将校は捕虜を欲しがっても兵は特別休暇でも与えないと捕虜を取ろうとしないとあります)。それでもリンドバーグは東洋人の方が残虐に思えると書いていますから日本軍がアメリカ兵の首を切り落としたりしたことなどアメリカ人には(現代の日本人にも)理解不能だったことでしょう。三島の自決の際、切腹と介錯が日本人の大多数には理解不能だったように。

 リンドバーグは日本軍の立てこもる島を攻撃しますが「原住民を含め動くものはすべて撃て」という無制限攻撃命令。日本軍に協力する原住民は敵性原住民として攻撃対象です。民家には女子供がいるのか、機関銃を構えた日本軍がいるのかわからない。
女子供がいないことを祈ってとにかく弾を撃つ。
マニラ陥落の後、コレヒドール要塞の陥落に関してはルーズベルトの演説が決定的だったという。
短波放送を通じて世界中の米軍に補給を約束しながらフィリピンの米軍には言及なし。見捨てられたと感じた米兵は戦意喪失、食料・医薬品などシンガポールのイギリス軍に送っていたためキニーネが不足しマラリアが蔓延、バターン半島「死の行進」となるのですね。
マニラ攻撃の際、日本軍は放送局爆撃の前日、隣接する病院から患者を避難させるようビラを撒きますがアメリカの新聞では病院が爆撃されたとしか報道されない。南京でも爆撃予告や開城勧告をしたうえでの攻撃でしたから南京大虐殺などありえません。
 朝鮮戦争では北からの避難民がスパイの疑いで殺され、ベトナムではベトコン支配地域の村人は敵性住民として無差別に殺されたりもしました。
米兵が農道を地雷探知機で恐る恐る進むなか、天秤棒を担いだ女たちが何食わぬ顔で通り過ぎる写真はベトナム戦争の実態を表しています。サイゴンの米軍将校たちの会話はメイドや料理人などを通じてベトコンに筒抜けだった。
イラクやアフガンでもたぶん同じような状況なのでしょうね。
(PB生)



   ♪
(読者の声2)「戦略・情報研究会 2009年度東京第7回講演会」
 鳩山政権は『国民』を守れるか
          −拉致被害者救出のための3条件 〜

講 師: 西岡 力 氏(拉致被害者を救う会代表代行、東京基督教大学教授)
日 時: 11月22日(日)18:30〜20:45(開場18:00)
場 所: アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下1F)
      東京都文京区春日1-16-21、03-5803-1100
       http://www.b-civichall.com/access/main.html
       東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4bまたは5番出口徒歩3分
       東京メトロ南北線後楽園駅5番出口徒歩3分
       都営地下鉄三田線/大江戸線春日駅連絡通路徒歩3分
       JR中央・総武線水道橋駅徒歩8分)
参加費: 1000円(事前申し込みの学生に限り500円)
定 員: 60名(定員になり次第申し込み締切)
お申込/お問合せ先: 久野 潤 kunojun@amethyst.broba.cc
    [当日] 090-2933-8598 kunojun@ezweb.ne.jp
<御名前・御通勤御通学先を明記のうえ事前お申込頂きますと当日の御記帳無しで入場頂けますので御協力頂ければ幸いです>
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ◎樋泉克夫のコラム  ◎樋泉克夫のコラム  ◎樋泉克夫のコラム
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
 樋泉克夫のコラム


――憤死、惨死、慙死、窮死、貧死・・・悲憤慷慨、死屍累々
    『歴史的代価 “文革”死亡档案』(金石開編著 中国大地出版社 1993年)
 

 △
編著者は「今日という時点に立って昨日を振り返ってみるなら、肝心なのは、あの愚か極まりないドタバタや血腥い蛮行を再現しないということではない。
猟奇に満ち、身の毛もよだつような話や恨みを残してあの世に旅立たざるを得なかった魂の叫びから、悲劇が生まれるに至った原因と惨劇を防ぐ有効な手立てを捜し求めることだ」と読者に呼びかけた後、「毛沢東が文革を発動した最初の動機は、確かに多くの群衆を立ち上がらせ“資産階級司令部”を破壊し、党内に遍く存在した官僚腐敗現象に反対し、社会を上から下まで根こそぎ変革することではあった。

だが、最終的に向かった先に待ち構えていたのは、誰もが知る大動乱ということ。改革開放がいよいよ進んでいる現在、社会の変革と政治の安定という独特の視点に立って文革が及ぼした災難を深刻に思い返すなら、我われに与えられる啓示は疑いもなく限りなく大きなものになる」と、この本を編んだ目的を明らかにする。

この本は文革で非命に斃れた34,766人を調査し、そのうちの72例を選び出し、A類:政治家(6人)、B類:走資派(13人)、C類:清醒者=文革告発者(9人)、D:小人物=一般庶民(9人)、E類:臭老九=知識人(7人)、F類:反革命容疑者(8人)、G類:少女(5人)、H類:有名人(15人)と分類し、それぞれの死に至る経緯を綴っている。

最高齢は1958年に毛沢東が強行した大躍進の誤りを訴えたことで毛の逆鱗に触れ国防部長を解任された彭徳懐で74歳。最も若い犠牲者は高級中学(高校)の女生徒で18歳。
18歳の黎蓮は色白の活発な美少女。

文革開始時は16歳で自分が通う学校の紅衛兵運動のリーダーだった。
1970年、ふとしたことから林彪の主張する「プロレタリア独裁下での継続革命論」に疑問を持ち、自分の考えを手紙にして上部機関に訴えた。かくて彼女は“反革命悪性現行犯”で逮捕され投獄。獄中で散々陵辱された挙げ句に、下された判決は死刑。

真っ黒い雲が空を覆い大粒の雨が降り注ぐ。彼女を載せ刑場に向かう護送車の後をピタリと救急車が追う。
刑場の手前で護送車が急停車すると、救急車から白衣の2人が飛び降りて護送車へ。中では4人の屈強な武装警察官が彼女を転がし、動かないよう板に縛りつけていた。

上着が捲り上げられる。麻酔薬を使う間もなく、彼女の右の腰辺りをメスが鋭く切り裂いた。

程なく、鮮血したたる腎臓が取り出される。その数日前、腎臓移植を必要とする幹部を患者に抱える病院は、関係部門に処刑直前の囚人の新鮮な腎臓入手を打診していた。「護送車はウィンウィンウィーンと警笛を鳴らしながら、刑場へと去っていった」

37歳の女医は「黄色い太陽が防風林の上空に掛かり、金色の光を放っている」との日記の一節を咎められる。
「黄金の太陽とはなんだ」「夕方、私が目にした太陽です」「反動だ。お前は黄色い太陽で紅い紅い太陽の毛主席を覆い隠すつもりか」。1971年3月12日午前、「反革命現行犯」で処刑。彼女の口に竹筒を差し込み、鉄線が喉を貫く。中空高く引き上げると、パンパンと2発の銃声。最期のことばは「歴史が私の正しさを証明してくれます」

理不尽極まりない苦境に追い込まれた誰もが命で贖わなければならないような重い罪を犯したとは思えない。
だが、中国全土が熱狂に煽られ、庶民はワケもなく猛り狂い常軌を逸していた文革の時代なればこそ、紛れもなく“大罪”だった。あの時代には互いが貶め合い、「改革開放がいよいよ進んでいる現在」はカネ儲けに狂奔する。
それが衆庶だ。
《QED》

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(お知らせ)
元外務省主任分析官、佐藤優氏もシンポジウムに登壇
出陣学徒慰霊祭催行のお知らせ

 来たる11月28日(土)、靖国神社におきまして出陣学徒慰霊祭が行われます。
 出陣学徒慰霊祭とは、今を生きる若者が、先の大東亜戦争において、国家の為に散華なされた若き英霊の慰霊・顕彰を学生が行うという全国でも唯一の慰霊祭で、日本保守主義研究会が毎年催行させていただいております。
 大東亜戦争という国家危急存亡の秋に、多くの学徒がペンを銃にかえ、自らの身命を擲って敢然と立ち上がりました。彼ら英霊の思いは、我々日本人が決して忘れてはならないものであると確信しております。
 本年は桶谷秀昭、井尻千男、岩田温、そして佐藤優各氏をお招きし、記念シンポジウム「出陣学徒の精神〜大東亜戦争を考える〜」を行います。この出陣学徒慰霊祭が、過去と現在の日本人を結ぶ精神の架け橋となるよう、僭越ながら期しております。
 皆様のご参列を心よりお待ちしております。参列の申込は下記のフォームよりお申込下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=284095
第6回出陣学徒慰霊祭実行委員長 早稲田大学法学部2年 田城真哉

(出陣学徒慰霊祭実施要綱)
日時:平成21年11月28日(土)
場所:靖国会館2階(靖国神社内遊就館隣)
参加費:3000円(学生1000円、玉串料込)

第一部:記念シンポジウム13:30〜(開場13時)
登壇者:井尻千男先生(拓殖大学日本文化研究所顧問)、桶谷秀昭先生(文藝評論家)、佐藤優先生(作家・元外務省主任分析官)、岩田温先生(秀明大学助教)
演題:「出陣学徒の精神〜大東亜戦争を考える〜」

第二部:出陣学徒慰霊祭15:30〜16:30
於靖国神社本殿

主催:日本保守主義研究会(実行委員長:田城真哉)
協賛:拓殖大学政策研究会「日本の心」
問合せアドレス npo.jci@gmail.com
参列の申込は下記のフォームよりお申込下さい。
http://form1.fc2.com/form/?id=284095
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ☆゜・゜☆ ☆゜・☆゜・*:☆  ☆゜・゜☆  ☆゜・☆゜☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

< 宮崎正弘の近刊 >
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
宮崎正弘+内田良平研究会編
『シナ人とは何かーー内田良平の『支那観』を読む』(展転社、定価1995円)

 < 予告 >
 宮崎正弘『朝日新聞のなくなる日』(ワック、11月17日発売)

  ♪♪
< 宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中 >
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実』(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはりドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ★ ★ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/11/09

    現在ではリンドバーグの日本人捕虜の虐殺や航空機からの放置は殆ど語れる事が有りません。リンドバーグの発言が彼を英雄の地位から落してしまった事も歴史から消されようとしています。

    若い人は殆ど知らずに日本の捕虜に対する待遇がアメリカ・ドイツを比べて取り扱いが悪い。と言ってる現在の洗脳に汚された連中に聞かせてやりたい。