国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/09/27


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)9月27日(日曜日)
         通巻第2722号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

OOPS(おっと)! 台湾がここまで北京の露骨な圧力に屈するとは!
  ラビア・カーディル女史の入国を「国家利益に反する」と禁止
****************************************

 ウィグルの母、ノーベル平和賞目前。ラビア・カーディル女史の台湾入りを、台湾の馬政権は拒否する態度にでた。
唖然茫然、何なんだろう、台湾は民主主義をやめたの?

 先にも台湾を襲った台風被害の見舞いのためダライ・ラマ法王が台湾を訪問したが、馬政権は黙認し、直後に北京からキツイお目玉を頂いて震えた。それで、今回は早めに「有り難迷惑」の態度を表明しておこうというわけである。

 台湾内政部長の江宣樺は9月25日に台湾の国会で演説し「ラビア・カーディルが率いる『世界ウィグル会議』とウィグル暴動のテロリスト組織とは密接な関係がある。彼女が十二月に台湾を訪問し各地で講演活動するなど、台湾の国家利益を害する。したがって入国禁止を政府に提案する」。
 これを受けて呉敦義・行政院院長(首相)はただちに「内政部の決定を支持する」とした。

 カーディル女史の台湾訪問は十二月に予定され、台湾人権促進会議、台湾青年反共救国団など民間団体が呼びかけ、米国へ代表者が赴いて、カーディル女史と面会、熱烈歓迎するので訪問を要請していた。

 日本ですら民間団体の招聘に政府が介入することは有り得ず、最近もダライ・ラマ法王、李登輝・元総統、カーディル(世界ウィグル会議議長)らが来日し、講演会をひらいている。
 一度、政局の熱気に押され魏京生の入国をヴィザがないという理由で差し止め、米国へ追い返す不名誉を日本は演じたが、チャイナスクール全盛のころである。

 「民主主義国家」であるはずの台湾って、ときどき何を考えているのか分からない行動をとりますねぇ。そうそう、一週間前、北京の古美術区「瑠璃蔽」で、ついに見つけました。胡錦涛と連戦(台湾国民党名誉主席)が握手している水墨画を!
「第三次国共合作」は静かに始まっています。
     ◎  ◎  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 珍しいスライドや秘話が飛び出します ↓ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◆
三島由紀夫研究会「公開講座」ご案内
  □ 明日 です !!

とき  9月28日(月曜) 午後六時半
ところ 市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」(私学会館)四階会議室
講師  河内孝(元毎日新聞中部本社代表、ジャーナリスト)
演題  「青嵐会と三島由紀夫」
血判書など珍しいスライドも上映予定。
会費  おひとり2000円(会員&学生1000円)。

(かわちたかし氏は慶応大学卒業後、毎日新聞政治部、ワシントン支局長などを経て中部本社代表。『新聞社 破綻したビジネスモデル』(新潮新書)はベストセラーに。最新作『血の政治 青嵐会という物語』(同)では、改憲を誓って結盟した政策グループ『青嵐会』の誕生秘話から、「真夏の通り雨」のように消え去って、中川一郎自裁にいたる軌跡を追求され、なかでも三島由紀夫の思想的影響力がどれほどのものだったかを振り返ります)。
   (三島研究会事務局)

◎どなたでも予約なしでご参加いただけます。終了後、講師を囲む懇親会がありますが、こちらは別途会費3000円です。
   □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 読者の声 どくしゃのこえ DOKUSHANOKOE どくしゃのこえ 読者の声
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)鳩山新政権が中国のマスコミで軽く扱われている由ですが、具体的にどういう論調なのでしょうか。非常に興味があります。
    (TF生、前橋)


(宮崎正弘のコメント)たとえば中国はGDPで、来年早々に日本を抜きます。上海の地下鉄営業距離は上海万博前に345キロを越え、東京のそれ(304・1キロ)を年内に抜き去ります。ロンドン、NYにつぎ、上海が地下鉄の距離でも世界三位になります。ことほど左様に、中国人エリートの頭の中は、日本を越えたうれしさに充ち満ち、コンプレックスの裏返しとしても、日本を重くは扱いたくないという心理が輻輳していると思います。
 ところが一方で中国マスコミは酒井法子事件をカラー特集したり、クレヨンしんちゃんの作者の事故死を大きく報じたり<?><?>の紙面ばかり。
詳しくは拙著で。



  ♪
(読者の声2)前号の「編集後記」で宮崎先生と石平さんとの珍道中が北京と上海に展開されたようですが、詳しく読めるのはいつ頃でしょうか? 
凄く楽しみです。先生と石さんの対談集『絶望の大国 中国の真実』(ワック)がとても面白く有益でしたので、この第貳弾も楽しみにしているところです。
   (YU生、水戸)


(宮崎正弘のコメント)目的はふたつあって、ひとつは定点観測。ルポを書きます。
 もう一つは、「いま、中国はどうなっているのか?」。じかに町を見ながら、人々と会話しながら、裏町の匂いを嗅ぎながら、石さんとふたりで、東京ではなく、中国の現場で対談してみるとどうなるか。それを単行本化して世に問う。
というのが後者の企画の出発点でした。夏前から予定をやりくりしつつ、版元からも編集長が参加ということになり、カメラと録音機と、それなりに用意も万端ととのい、連休を利用して北京と上海をめぐろうということになりました。
さきに北京へ小生とM編集長が到着、下調べを兼ねて紫禁城から王府井をロケハン。
翌日午前は瑠璃蔽から大柵へいって殺人事件の現場を取材、午後に石平さんが合流し、ホテルで荷物もほどかず、まずは地下鉄で天安門広場へ。人民大会堂で座り込んでの対談風景。同じく北京駅へバスで移動し、夜は現地特派員数名と湖南料理の会食。情報交換。
その翌日はタクシーをチャーターし、五輪会場跡地、北京大学、居庸関、徳勝門、后海を回りました。朝八時に出発しホテルへ戻ると午后四時。すぐに対談を始め、貳時間。それから北京駐在のジャーナリストのK氏と食事。北京ダックの美味しくて安い店。超満員でした。さらにスナックへ出撃し、加藤隼戦闘隊とか、え、ここは北京かという歌をうたって、仕上げはもちろん「海ゆかば」。夜中にホテルへ帰還。(ついでながら、北京も上海も日本の軍歌を歌うのはいまや自由です)。
その翌日は軍事博物館などを見学し、空港へ向かうタクシーの中で対談のつづき。空港のレストランでも録音を継続、うっかり飛行機に乗り遅れるところでした。
夕方、雨の上海着。旅装を上海オークラに解く暇もなく、今度は上海レトロ風の、1920年代租界の雰囲気の店で、これまた現地特派員の人たちと会食。紹興酒を四本ほど空けてから、古北地区のバアへ出撃。さすがに酔いがでて、夜中にホテルの部屋での収録予定を翌朝にのばしました。
そのまた翌日は、朝飯後、ロビィの静かな喫茶室でまた一時間収録、それが済んでから上海万博会場、外灘をまわり、田子坊へ出撃しました。
田子坊へ行った理由は、寂れた倉庫街をアーティストらがスタジオに作り替え洒落たレストランやレトロな土産店、レストランを集中させた、NYのソーホー地区の成功にならうかのようにできた、新しい上海のスポットだから。
まだ日本人はワンサカとは押し寄せていません。ところが高城のぶ子の日経新聞連載小説『甘苦上海』が、この田子坊を取り上げてチベット店をモデルにしたせいも手伝ってか、団体ツアーの一部が組み込んでいるようで、大手旅行社のグループに行き交ったり。モデルのチベット店は小説ではチベット人経営の秘密めいた拠点として描かれますが(情景はそっくり)、実際の店は漢族経営、売り子も漢族の女性で飾ってあるのは高価なタンカ(仏教絵画、曼荼羅)だけでした。
 各ポイントで写真撮影も兼ねたので、すこし慌ただしい雰囲気。さてさて、この対談本はワックから第2弾として、十一月下旬に刊行予定です。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆☆☆☆ ▲▲ ☆☆☆☆  ☆☆☆☆ ▲▲ ☆☆☆☆ ☆☆☆☆ ▲▲ ☆☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
< 宮崎正弘の近刊 >
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
全国主要書店一斉発売中!
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484092344?ie=UTF8&tag=bookshankycom-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4484092344

 ************************
  ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 < 過去の拙著136冊のうち半分近くは下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/09/28

    中国のGDPは来年にも日本のそれを抜きさるとありましたが、そもそもそのGDPの根拠となるは統計が信用に足るものだとはどうしても思えません。