国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/09/15


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)9月15日(火曜日)
         通巻第2712号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 リーマン破綻から一年が経って、未曾有の金価格、不気味な円高
  日米欧の関心は雇用と所得、鳩山次期政権は現実に対応出来るだろうか?
****************************************

 ▲政権交代ではなく、精神の後退である

 「9月15日」は“リーマン記念日”。
 鳩山政権は明日発足するらしい。しかし不思議や不思議、熱狂的期待感は皆無、酒井のりビー保釈と閣僚人事予測が同列のエンターテインメントになっている。
この一種壮大なニヒリズムは何だろう?

 本来のニヒリズムではなく、投げやり、明日のことはどうでも良い、難しいことは考えない。
そんな怪しい空気が日本を蔽っている。
 政権交代とか、個別、民主党の圧勝とかの区分けは表面的すぎないか、と多くの政治分析を眺めつつ一種違和感が私の脳裏に去来する。もっとも筆者には自民党を断固支持するというメンタリティはない。

 日本の「政権交代」は結果として、イデオロギーの交替でもパラダイムの交代でもなく、或る精神の後退である。
戦後日本の精神的混迷という極北状況の中で、導き出されたひとつの結論である。それは耐えられない日本の軽さの証明でもある。

 ブッシュ・シニアは湾岸戦争を主導し、国連決議を成立させてイラクに空爆、圧勝をもたらした。
当時、アメリカ国民の人気は90%もの支持率を誇った。しかしパパ・ブッシュは再選されなかった。クリントンがいみじくも言ったように[Stupid,It’s Economy]だった。

パパ・ブッシュは選挙中にスーパー・マーケットに立ち寄り、庶民の味方という政治演出を試みたが、まったく物価を知らない実態を写し出され、国民の多くが反発し、アーカンソウの馬の骨(クリントン)にも票が流れた。保守革命を忘れたブッシュに保守側から挑んだロス・ペローによって共和党支持票がみごとに分割し、馬の骨が漁夫の利を得た。

 麻生首相は漢字が読めない漫画ファンというのはご愛敬にしても庶民の物価感覚がわからなかった。自民党支持票は大量に小沢ガールズに流れた。

 クリントンは学生時代にロシアに招待され、夫人のヒラリーはニクソン弾劾キャンペーンの活動家だった。
青春時代、いわば極左にいたクリントンの政権が誕生し、保守は不安視したが、しかし政権掌握後、クリントン夫妻が選択した政策は保守主義の濃い、中間路線だった。リベラル色濃い政策は議会が反対した。

おりからのITブームにも助けられクリントンは軽々と再選を果たした。民主党を支えたのは左派イデオロギーではなく、雇用と安定と所得の増加だった。


 ▲「Stupid,It’s Economy」とクリントンは言った

 その政策に息切れがでたときにブッシュ・ジュニアが本命ゴアを破って辛勝する。
ジュニアは反テロ戦争に打って出て、やはり90%近い支持率に支えられ再選されるが、政権最後の日々は不評さくさく、ブッシュ・ジュニアの後継になる筈だったジョン・マケインはイラク戦争を表面にだして巧みに中盤戦をリードしたが、リーマン・ショック直後からの経済混迷の荒波にあっけなく飲み込まれ、どこの馬の骨とも分からないオバマに敗北した。
アメリカ国民が求めたのは『気分転換』だった。

共和党の敗因は経済であって、イラクでも、アフガニスタンでもなかった。アメリカ国民は雇用と所得に関心があり、外交問題は二の次、三の次だった。

 鳩山民主党は濃厚な左翼イデオロギーが支持されて勝ったのではない。経済である。
 つまり、選挙民にとって身近な問題は雇用と所得であり、失業増大、所得の目減りに対して殆ど無策と言って良かった自民党に対して体制保守、生活保守派さえ失望した。

 明日はどうなろうと、空気の入れ換えを求めた結果が自民党の大敗を産んだのである。経済政策に何かを期待して、民主党を選んだのでもなければ、中国政策に共鳴して投票したのでもない。
まさに「Stupid,It’s Economy」だった。

 さて鳩山政権は誰が見ても、というより世界水準から言って三流の政治家である。一流に絶対になれないことは誰もが知っているが、二流にはなれる可能性がある。
 それは何か?


▲「政治とは右を切り、左をきって中道を歩むもの」


 ヒトラーが名言を吐いたと三島由紀夫は『我が友ヒトラー』のなかで、次の台詞を用いている。
 「政治とは右を切り、左をきって中道を歩む」ものである。
 民主党イデオローグは左バネが強いが、そちらに傾斜すると政権の運営は難しいだろう。

 自民党は改憲を謳い、靖国神社参拝を公約しながら実行せず、いやそれどころか後藤田、野中という極左を中枢に抱えて左傾化した。
 さらに自民党は連立相手の公明党バネに押されて政策を歪め、中道から左にぶれた。つまり自民党の無様な敗北は左傾化という誤断からだった。

 同様に鳩山民主党が党内党友の左派路線にぶれると基本の方向性を歪め、再選はあり得なくなるだろう。鳩山次期首相が党内左派の連合、日教組、同和路線を斬る蛮勇があれば、二流の仲間入りが出来るだろう。

 国民の多くは日米同盟の破綻を望んでいなければ、中国への急傾斜や東アジア共同体の成立を期待してはいない。雇用が安定し、所得が回復すること、外交にはそれほどの関心がないのである。
     ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
△△△△△み△△△や△△△ざ△△△き△△△△ま△さ△△△ひ△△△ろ△△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
樋泉克夫のコラム

 ――おいおい、ここは革命の聖地じゃあなかったのかい
愛国主義教育基地探訪(26)


 ▽
 昼食を終えて店外に出て何気なく見上げると、正面に聳える赤茶けた岩肌の頂辺りに立てられた巨大な看板に気がついた。
真紅の地で、右側にスーツにネクタイ姿の胡錦濤の上半身。左側に黄色で共産党のシンボルであるカマとハンマー。そして左から右へ大きく「延安精神は豊かで貴重な財産だ」。

胡錦濤の上半身と共産党のシンボル・マークが大きすぎて肝心のスローガンが読み難いのがゴ愛嬌だが、看板の下端に「中国延安精神培訓中心・延安万徳工程公司」とある。
看板を掛けた組織だろう。中心と公司の両組織がどのような関係にあるのかは不明だが、万徳工程公司という建設会社の従業員向けの培訓中心(教育訓練センター)を中国延安精神培訓中心と呼ぶ。

あるいは培訓中心で農民を訓練し農民工として都市に送り出すのが万徳工程公司ではなかろうか。おそらく、当たらずとも遠からじ。それにしても万徳の社名が、なにやらウソ臭くて可笑しい。

目の前の看板を眺めながら1つ疑問が浮かんだ。
文革時代の延安精神と看板が訴えるそれとは同じ、いや違う。おそらく刻苦勉励を求める点では同じだろう。だが、前者の目的は若者を狂気に誘い度を超えた自己犠牲、自己陶酔に奔らせること。

対する後者はカネ儲けとより豊かな生活。これを中国語風に表現するなら前者の狙いは「国(=政府)強」で、後者の求めるところは「民富」だ。
時の流れといえばそれまでだろうが、40余年の時を隔てると延安精神という同じスローガンながら千里万里の径庭が生まれてしまうものだ。

思うに共産党政権独裁堅持が至上命題であるかぎり、国強という大きな柱を取り下げるわけにはいくまい。
胡錦濤政権は和諧社会・以人為本を掲げるが、国是は飽くまでも国強だろう。「国弱」からはじまったアヘン戦争以後の中国近現代の歩みを振り返れば、終始一貫して「民貧」だった。

49年から30年ほど続いた毛沢東時代は為人民服務を掲げながらも、常に国強を求め、民は貧に捨て置かれたまま。清朝末期以降は“国弱で民貧”に過ぎ、1949年に誕生した新中国では“国強で民貧”。つまり民貧は一貫して不変だった。

!)小平が掲げた改革・開放政策は国強と同時に民富でもある中国を目指す。かくて人民は大手を振って富を求める時代を迎えたということになる。
富んだ民は政治学習のためでも崇高な革命精神に触れるためでもなく、観光として聖地・延安に押し寄せる。
観光客は貧しくも雄々しかった時代を回顧しようというのではないだろ。『水滸伝』にたとえるなら延安は108人の英雄が集った梁山泊。つまり現代の梁山泊見物の旅としか思えない。

最初に楊家嶺革命旧址に向かう。
いよいよ革命聖地・延安の中心に足を踏み入れたかと些かの緊張と感激に浸り、暫しの夢見心地を楽しんだが、束の間のこと。

中国人観光客が、そんな感傷をキレイさっぱりと吹き飛ばしてくれた。
貸し衣裳屋の軍服を着て往時の紅軍兵士に扮し記念写真を撮りまくり、毛沢東の旧宅にドヤドヤと押しかけ、彼が使ったと表示されるベッドを物珍しげに眺め、ワイワイガヤガヤと大声でしゃべり我先に展示の椅子に座り、壁に掛かる毛沢東のポーズを真似て無邪気に笑う。

オヤジ世代は下着を胸までたくし上げ、便便たるメタボ腹を突き出し他人の目に曝しながら、聖地を闊歩する。
思えば文革時代の若者は異様に悲壮で、いまやオ気楽この上なし。改革・開放が導いた民富の当然の帰結だろう。
やはり礼節は、衣食足りれば忘れられるようだ。
(この項、続く)

(宮崎正弘のコメント)そうでした。延安の飛行場では「革命聖地」の大看板、あれには笑いがこみ上げてきました。延安の表情、下記の拙HPにもあります。
http://miyazaki.xii.jp/tyosya-kinkyou/index.html
   ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌2710号掲載の拙論のレール・ゲージの箇所ですが、間違いがありました。 以下が議論に関係する軌間の正しい数字です。
 ロシア広軌 5フィート=1524mm
 
標準軌間 4フィート8インチ半=1435mm  欧米の標準規格、日本の新幹線。京成、京浜、京阪、阪神、阪急、地下鉄丸の内線、銀座線など

 狭軌(I)馬車軌間、偏軌ともいわれる 4フィート6インチ = 1372mm    京王線(除く 井の頭線)、都営地下鉄京王線

 狭軌(II) 三六軌間ともいわれる 3フィート6インチ = 1067mm JR在来線、井の頭線、小田急、東急、西武、東武、名鉄など
   (粕谷哲夫)

   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のおしらせ)小誌は9月19日―26日が休刊となります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
< 宮崎正弘の近刊 >
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
9月18日 全国主要書店一斉発売
予約登録受付開始 ↓
http://www.amazon.co.jp/dp/4484092344/

  ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 < 過去の拙著136冊のうち半分近くは下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/09/15

    >失業増大、所得の目減りに対して殆ど無策と言って良かった自民党に対して体制保守、生活保守派さえ失望した。



    これはおかしいですよ。麻生政権のIMF10兆円資金提供(しかも提供するのは事実上死に金である米国債を充てるという発想が凄い)や内需重視の経済政策はどう考えてもこれ以外景気回復のやりようが無い訳で。宮崎さんは麻生総理に対して評価が低いようですが私は上記の事柄を見て日本でバランスシート不況をしっかりと理解し、それに対して政策を立てられる稀有な政治家であると高く評価してます。