国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/09/10


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)9月11日(金曜日)
         通巻第2705号 (9月10日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 日本のハイテク企業に朗報。中国の恐喝的輸出削減に対応
  レアアース開発にカナダ、ブラジル、米国、南ア企業が前向き
****************************************

 日本企業も黙ってはいない。
 中国はレアアースの世界生産の97%を独占する。
 レアアースがないとハイブリッド車、ハードディスクなどハイテク製品が生産できない上、需要は年に10−20%比率で伸びている。中国はこれに目をつけて国内からのレアアース輸出を制限し、価格を値上げし、「国内産業保護」と言っているが、まるで日本メーカーへの恐喝まがいである。
 
 なにしろ東シナ海の我が領海からガスを盗掘して平然としている国だけに、レアアースが儲かると分かれば、徹底的に日本企業から絞り上げたり、虐めたりするのは、かれらにとっては論理的帰結である。

 日本企業は対応策を熟慮してきた。
 政府はなにもしてくれない。ガスを盗まれても軍艦も派遣できない国だもの。まして鳩山ボーフラ政権が誕生して北京に土下座する外交を再開するだろうし、ね。

 以下、ヘラルドトリビューン(9月10日付け)に従うと状況は次のごとし。
風力発電のタービン、電気カー使用のためのネオダイミウムというレアメタルがある。
 これもタービウム、ダイスプロジウム、イットリウムなどレアアース同様に採掘の難しい希少金属である。

 これらを米国、ブラジル、南アなどで開発するのはカナダ企業が中心で、社名を列記するとグレート・ウェスタン・ミネラルズ社、レア・エレメント・リソウウセズ社、アバロン・レアメタル社、ネオ・マテリアル・テクノロジー社(三菱グループと提携)などだ。

 専門筋は「とはいえ開発が軌道に乗るには四年から五年が必要である。だが、中国はますます輸出制限を厳しくしており、2015年には輸出を完全にとめるだろう。なぜなら電気カーも、ハードディスクも中国が生産を増加させているからだ」。

 はたして日本企業の捲土重来、時間的に間に合うのか。
      ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
########################################
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(読者の声1)ちょっと気になるのですが或る外交評論家のメルマガに「ロシアが中国を懼れるのは“タタールのくびき”による恐怖心からで、それゆえロシアはこれまで中国からの資本導入を躊躇ってきた」云々という表記がありびっくりです。
 タタールと中国を一緒にしているのは歴史誤認の典型でしょう?
    (UT生、茨城)


(宮崎正弘のコメント)それはロシア人の歴史認識の誤認を、そのまま引きずっていますね。ロシアが懼れた(過去形)タタールは、正確にはモンゴルでもありません。兇漢な遊牧民族で、いまではリトアニアに三万人とか、少数民族の典型、政治的影響力はゼロ。
 さてロシアが懼れる中国は「キタイ」で、これも契丹、ダッタンの転化。ジンギスカーンの手先となった遊牧攻撃隊。ですからモンゴルとタタールを同一視するのも初歩的ミスですが、中国とタタールを同一視するのも、歴史からみれば抱腹絶倒のポンチ絵です。しかし多くのロシア人がいだく中国の印象は、そんなところですよ。
 また中国資本の進出ですが、ウラジオストック紀行のなかに書いたように、チャイナタウンはゴーストタウン化し、プーチンの外国資本排斥の格好の標的になっています。
 一度引きずり込んで、取り上げる。日米が出資して開発し完成したら取り上げた、あの「サハリン2」プロジェクトの遣り方を忘れてはいけません。
 それがロシアですから。



  ♪
(読者の声2)貴誌に連載されている粕谷さんのロシア紀行。面白い。日本人は日本島から出ないし、排他的な民族でもある。ソ連軍はひどかったことは明確。
だが、時代と共に「進化」しないといけない。シベリア収容所列島の magadan の上空を通過したことがあります。豪雪の中に煙っていて、海岸は見えなかったが、かっての抑留所を想像されよ。日本人抑留者は悲劇には違いない。だが、現在では、過去の歴史となったのです。ここが難しいところですね。
ロシア侍の親日・追慕までも傷つけることは出来ないし。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)つい最近の晩の出来事。さるロシア外務官僚高官と、或るホテルで食事をしました。
鳩山政権への期待は日本人の想像を絶するほど高い。「あの家は代々ロシアに理解がある」というので、「いくらそうでも北方領土を返さない裡は日本がロシアと仲良くすることはあり得ない」。
話題かわって、「ゴルビーは田舎モノだった」というので、彼の外交失敗かとおもいきや、「方言が最近是正され、ゴルビーはまともなロシア語を話せる」「そんなこというならスターリンはグルジア人だった」「いやロシアとの混血です」「プーチンはどう?」「。。。」(無言、現職外交官ですからね)。
ともかく伊勢さんが言われるがごとく「ロシア人は緻密に考えることができないようですね。巨大な官僚国家なら、考える余地を与えないのでしょうね。確かに、連中はロシア語に厳しい。インテリかどうかのモノサシ」というわけです。
ロシア人外交官との会話に戻りますと、
「で鳩山は奥さんも異星人。本人も政治の本質を理解していない。だから日本では軽すぎる、ライト級でもモスキート級でもない。それ以下の軽さ」と私。
「んなら『ボーフラ』ですか」と横やりから露西亜外交官の友人(日本人)が口を挟み、
「ま、そんなところですか」
 というわけで、以後「鳩山ボーフラ政権」と呼ぶことにしましょうか? えっ。



  ♪
(読者の声3)すこし前ですが、貴誌で評のあった河内孝さんの『血の政治 青嵐会という物語』(新潮新書)を読みました。書評があまりに良かったので引きずられるように書店へ行って買い求め、一気に読みました。
この本のなかに宮崎先生の登場場面が多いですね。ひょっとして、この新書本は宮崎先生の若き日々の活躍を後世に遺す為に書かれているような、書き方も宮崎先生に似ているような錯覚さえ抱きました。
青嵐会が暴れていた、あの頃は、私達の青春時代でもありました。
    (FF子、小平)


(宮崎正弘のコメント)当該書、あちこちの雑誌に書評がではじめ、ぼつぼつと動きがあるようです。
また小誌に一度かいた拙評を改稿し、次の『新日本学』(拓殖大学日本文化研究所編集、展転社発行)の書評欄に掲載される予定です。



  ♪
(読者の声4)貴誌2704号、台湾情報ですが、馬英九の支持率回復は朱立倫を行政院長にするのが一番効果があります。
 それに上手くいかない場合、この朱立倫に全責任をかぶせて葬ることが可能です。毛沢東が林彪を葬ったやり方です。
 これに気が付いている朱立倫は行政院長就任を固持したので、行政副院長を提示され、今度はこれを受けないと馬英九に何をされるかわかりません。この人事の絵を描いたのは金溥聡と言う馬英九の側近の可能性が高いとの事です。
 昨年の総統選挙は、この金溥聡の選挙戦術で馬英九が圧勝しました。
 馬英九の選対を表で取り仕切っていたのは、本来なら謝長廷支持するはずの、台湾人の閣僚経験者の医師の方です。2004年の陳水扁が銃撃されたとき、担ぎ込まれた台南の病院の院長をしていた方です。ところが、2008年の選挙で馬英九支持に回り、選対の要をしていました。
 馬英九の軍師の金溥聡とこの医師の方は不仲で、馬英九勝利後、二人とも政治より引退すると表明して金溥聡は香港の大学教授となり台湾を離れました。その後、台湾に舞い戻り、放送関係の仕事をしていたのですが、それも辞めました。
 今回の人事、馬英九の支持率が若干アップしましたが、これも呉敦義院長にではなく、朱立倫副院長に対する支持が反映しているとの事です。
   (土竜)


(宮崎正弘のコメント)昨日発行の香港誌『開放』九月号にいわく。『馬英九政権、台風土石流とともに流れり』
       ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ▽☆● ☆▽ ☆● ▽☆● ☆▽☆ 宮 ▽☆ ●☆ ▽☆ ●▽ ☆●☆ ▽☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪
< 宮崎正弘の近刊 >
『中国分裂 七つの理由』(阪急コミュニケーションズ、予価1680円)
9月18日 都内大手書店に配本、9月20日 全国主要書店一斉発売を予定

  and
『朝日新聞のなくなる日』(仮題、ワック。九月下旬刊)

  ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 < 過去の拙著136冊のうち半分近くは下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ****** 三島由紀夫没後39年、秋から行事が目白押し *********
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 (おしらせ その1)
11月21日、ドナルドキーン氏、横尾忠則氏を招いて
  「三島由紀夫文学館」館10周年記念フォーラム
キーン氏は1954年11月、三島作「鰯売恋曳網」の上演中に三島と歌舞伎座で出会って以来、16年間親交を重ね、『近代能楽集』『宴のあと』『サド侯爵夫人』などを翻訳し、日本文学の研究とともに三島文学を世界に紹介する大きな役割を果たしました。
 横尾氏は1965年、吉田画廊の個展中に憧れの三島由紀夫と出会い、三島を釘付けにした『眼鏡と帽子のある風景』を贈呈しました。このことがきっかけで、「女性自身」に連載の「おわりの美学」のイラストを担当。『新輯版薔薇刑』の装幀に己の涅槃像を見た三島は「あの絵は非常に気にいっている。よく俺を理解してくれた」と横尾氏に言い、その三日後に自決しました。
三島由紀夫が自決して39年が経過しようとしている今でも、三島に関する出版物は衰えることを知りません。その魅力とは何か、三島由紀夫と親交のあった両氏にその秘密を語っていただきます。
日時  009(平成21)年11月21日(土) 
受付/フォーラム会場 
清渓(TEL0555−62−0020) 三島由紀夫文学館から徒歩4分 駐車30台。 
申込方法 
往復はがき、FAX、電子メールのいずれかで、
1・住所
2・氏名
3・電話・FAX番号
を必ず明記の上、当館にお申し込み下さい。

なお、複数名でのお申し込みの場合もそれぞれの
1・住所
2・氏名
3・電話・FAX番号
の明記をお願い致します。 
山中湖文学の森 三島由紀夫文学館
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296 TEL 0555-20-2633 FAX 0555-20-2634
メールアドレス info@mishimayukio.jp 
締切 
平成21年(2009年)11月20日(往復はがきの場合は11月16日必着)。受付は先着順とさせていただきます。 
フォーラム参加費 
無料 (当日は入館料も無料となります) 
申込・問い合せ先 
山中湖文学の森・三島由紀夫文学館        
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506−296 
TEL(0555-20-2655) FAX(0555-20-2656) メールアドレス info@mishimayukio.jp 
主催 
山中湖村・山中湖村教育委員会・三島由紀夫文学館 
宿泊問い合せ先 
山中湖観光協会 TEL(0555-62-3100) FAX(0555-62-6181) 
パネリスト(50音順) 
ドナルド・キーン(Donald・Keene) /日本文学研究者・文芸評論家
横尾忠則(よこお・ただのり) /美術家 
プログラム 
13:00〜14:00  フォーラム会場・清渓ホールにて入場受付
14:00〜14:10  開会挨拶 山中湖村村長・高村忠久
14:10〜15:15  横尾忠則『三島さんと会った日々』
15:15〜15:25  休憩
15:25〜16:30  ドナルド・キーン『三島由紀夫の演劇』
16:30〜16:45  休憩/質問用紙回収
16:45〜17:45  質疑応答
17:45〜17:55  閉会挨拶 三島由紀夫文学館館長・松本徹
18:00        閉会
司会 井上隆史(白百合女子大学教授)
   佐藤秀明(近畿大学文芸学部教授)
〒401-0502 山梨県南都留郡山中湖村平野506-296 TEL 0555-20-2655/FAX 0555-20-2656
Copyright 2007 Mishima Yukio Literary Museum. All Rights Reserved. 
info@mishimayukio.jp 
   ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『三島由紀夫研究』(第八号)が刊行されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ その2)
  ♪
『三島由紀夫研究』(第八号)
 <『英霊の声』特集>  定価2500円+税(2625円)
 
 英霊の声と80年代以後の文学   富岡幸一郎
 英霊の声と霊学シャーマニズム   鎌田東二
 封印された物語          田中美代子
 英霊の声は現代日本に甦るか    宮崎正弘
 戦後政治と三島由紀夫       遠藤浩一
 英霊の声と悪臣の歌        井上隆史
 十日の菊から朱雀家の滅亡へ    山中剛史
 英霊の声への応答         松本徹
 
 未発表「豊饒の海」創作ノート(5)ほか、今号も力作揃いです。
  版元は鼎書房 電話(03)3654−1064
http://www.kanae-shobo.com/kin.html#17
バックナンバーは上記に詳細があります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<<<<<<<<<<<<<<< MISHIMA >>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ その3)
  ▽
三島由紀夫研究会「公開講座」(第234回)

とき  9月28日(月曜) 午後六時半
ところ 市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」(私学会館)四階会議室
講師  河内孝(元毎日新聞中部本社代表、ジャーナリスト)
演題  「青嵐会と三島由紀夫」
会費  おひとり2000円(会員&学生1000円)。

(かわちたかし氏は慶応大学卒業後、毎日新聞政治部、ワシントン支局長などを経て中部本社代表。『新聞社 破綻したビジネスモデル』(新潮新書)はベストセラーに。最新作『血の政治 青嵐会という物語』(同)では、改憲を誓って結盟した政策グループ『青嵐会』の誕生秘話から、「真夏の通り雨」のように消え去って、中川一郎自裁にいたる軌跡を追求され、なかでも三島由紀夫の思想的影響力がどれほどのものだったかを振り返ります)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(おしらせ その4)
  ▽
三島由紀夫研究会「公開講座」(第235回)

とき  10月28日(水曜日) 午後六時半
ところ 市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」(私学会館)四階会議室
講師  高森明勅(評論家、國學院大學、麗澤大学講師)
演題  「三島由紀夫の天皇論」
会費  おひとり2000円(会員&学生1000円)。

(たかもりめいちょく氏は國學院大學卒業、同大学院博士課程単位取得。神道学者。著書に『天皇と民と大嘗祭』、『はじめて読む“日本神話”』など多数。専攻は日本古代史、神道古典。現在國學院大學、麗澤大学で教鞭)。

 とくに生前の三島由紀夫は女性天皇を容認する文章を残し、これが謎とされた。天皇後継問題を含め、古代史と神道に詳しい高森氏がミシマの天皇論に挑む。
   ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ その5)
  ▲
ことしの「憂国忌」は、11月25日 午后六時開場、六時半開演。
会場は永田町の「星陵会館」ホールです。
シンポジウムのパネリスト
司会  富岡幸一郎(文藝評論家、関東学院大学教授)
    西部 邁 (評論家、『北の発言者』主宰)
    西村幸祐 (ジャーナリスト、撃論ムック編集長)
    杉原志啓 (随筆家、徳富蘇峰研究家)
     の各氏
     △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
MMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMMMMMMM 三島 MMMMMMMMM
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。