国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/07/28


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年)7月28日(火曜日)
         通巻第2678号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 「狂気を超える」(NYタイムズ)株式上場を演出して上海株バブル
   中国の本当の成長はどれほどなのか、懐疑論がエコノミストの間に噴出
****************************************

 中国政府の目標はGDP成長8%(保八)。
 第二四半期のそれは7・9%と中国国家統計局の発表があり、IMFも7・5%とした。面妖な数字。何かカラクリはないのか?

 たびたび指摘したようにGDPの40%を輸出で支えている中国が、その輸出を40%近く減らしている。
 経常収支が落ち込んでいるのに外貨準備は、増えている。実体経済ではなく、投機資金が入り込んでいるからだ。

 政府の景気刺激策は四兆元(57兆円)だが、その七割は地方政府負担。しかも財源がないのに銀行が向こう見ずに貸し付けている結果だ。

 さて何が起きるか?
 無理矢理の貸し付けがショートすると銀行の経営破綻が惹起される。
 公式統計でみても昨年2008年のGDPに対する負債は17・7%。ところが、この数字には地方政府の癪入金が含まれていない。
 地方政府は推定で四兆元の負債を負っており、これだけでもGDPの16・5%に相当する。
 景気刺激策はインフラのみで、民間企業への貸し付けは行われていない。

「実際の中国の負債は対GDP比50−60%の間で、米国のそれは70%。米中比較では中国が低いとはいえ、帳簿の中味は、きっとものすごいだろう」(NYタイムズ、7月28日付け)。

 現実に帳簿の数字を嵩上げしてみせるには不動産の簿価と保有株式の時価があげれば、滅茶苦茶なごまかしが出来る。
第二四半期から上海に上場する中国の国有企業新顔が目白押し、「狂気を超える」値上がりを示している。たとえば27日にIPO(新規株式公開)の「四川高速道路」は、売り出し価格の貳倍以上に半日で株価がジャンプした。「中国建設技術集団」は、今年の世界最高額の73億ドル(7000億円弱)を調達した。

 これで間接的な不良債権ごまかしが行える。
 中国の国有銀行の不良債権波の貸し付けが4000億元、不良債権そのものが一兆元。
 「どう控えめに見積もっても中国の新しい負債は1兆7500億元となり、これは2009年の予測GDPの10%を超える」(スタンダードチャータード銀行)。

 一方、政府歳入は昨年同期比で2・4%減。このためタバコなどの税金を一斉に上げる。
 自動車販売世界一、中国景気は甦った証拠に株も不動産も価格が回復していると騒いでいるのは、悪質な逆宣伝であろう。

 中国は「負債の爆弾」を抱え、プロジェクトが息切れし、景気が失速したときには、どかんとバブルがはじけるだろう。
      ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌2677号。「鎮神頭」という手についてですが、ヘボ碁歴40年、数十冊の囲碁の本を読み、今も無料インターネット碁(棋聖堂)で世界の囲碁好きと日夜打っています。
  さて囲碁には基本定石はありますが、序盤でどれを選ぶかは相手との状況によります。やたらに打つと「定石を覚えて一目弱くなり」、です。対局が進み中盤にはいります。すると「中盤に定石なし」となり、変幻自在なのが囲碁です。
  終盤の複雑な状況で勝利の手筋を見出すということはあり、その勝った手を「鎮神頭」と名づけたということはありえます。ただしそれは一回だけで二度と使われることはありません。あくまでもその手の機能は双方の石の状況によるからです。囲(19路)碁の可能性は19の19皆乗という膨大なものです。

さて日本と支那の囲碁交流ですが囲碁の起源は、古代の印度や支那にあるといわれます。三国志の英雄曹操の棋譜が残っています。
また諸葛孔明の囲碁の詩があります。日本には奈良時代に入ったのでしょうか。正倉院御物に碁盤があったかと思います。
江戸時代は日本では幕府が芸事として保護したので、技術と伝統が維持されました。支那ではもっぱら賭け碁として行われたようです。1912年清朝が滅亡すると、支那では軍閥が割拠しましたが、囲碁好きの首領がいて、囲碁の優れた人を抱えました。その一人が呉清源です。彼は少年時代にすでに天才といわれ、日本の棋士瀬越憲作氏や囲碁好きの政財界人(犬養、大倉など)の援助で 来日し、不世出の大名人として大成しました。

戦後日本の囲碁関係者が訪中し、中共の高手との対局がありました。ジョウエイエイという名人がおり、彼の随筆(岩波?)で面白かった話がありました。彼は当時、勿論相当の打ち手として評判も高く、自信がありました。それが加藤正夫と打ったところ負けました。しかし彼は対局記録(棋譜)を見直してみたが自分に悪手はなく、何故負けたのかわからなかった。
これは素人考えですが、日本人の開発した囲碁技術が全局のバランスを重視するのにたいして、ジョウの碁風が部分的な力碁であったのではないかと思います。それからジョウエイエイは日本の棋譜を取り寄せるなどして勉強し、急速に力をつけました。
その後の中共の囲碁レベルは、先般死去した藤沢などの棋士が教えたりしたので急速に上がり、裾野が広いこともあり、現在日本をしのぐレベルに達しています。
   (目黒生)


(宮崎正弘のコメント)知り合いの囲碁プロを目指す人から聞いたのですが、やはり試合は中国へ行って行う由です。



  ♪
(読者の声2)貴誌7月26日付けの「号外」で重引用の台湾歌壇代表の蔡焜燦氏の文中で、「私ども日本語世代の台湾人は、知日、親日、愛日、懐日(日本を懐かしむ)はあっても、「反日」はいません。」という一文。
http://www.melma.com/backnumber_45206_4555933/

世界広しといえ、知日や親日はあっても「愛日」や「懐日」という言葉が生きているのは台湾だけではないか?
なるほど戦後日本(本土)と台湾は政治行政的分離をした。故に台湾の方々の日本に対する思いは「愛国」と定義する訳にはいかない。
だが「愛日」というある種普遍化した言葉を持って、現代の日本人と台湾人が繋がる事が出来る。それはかつての日本人の「愛台」の裏返しであり、また脈々と生き続ける台湾人の「愛日心」はさらに日本人の中に新たな「愛台心」を生み増幅している。そう、日本と台湾を繋ぐのは愛や深い思いやりなのだ。
対して「新疆」東トルキスタンに於けるウイグル人への非常に残酷な弾圧、徹底した民族差別に見れるように支那人は台湾をこれっぽっちも愛していない。
彼らに有るのは無限の貪欲さでのみある。
極めて醜い支配欲。彼らには他者、いや同胞に向けてさえ降り注ぐ愛情というものが無い。エゴ、エゴ、エゴである。

 ところで、貴誌号外のなかに、支那の宦官集団NHKの河野なんとかが詭弁を弄しているのには呆れた。

(引用)「日台戦争」、「人間動物園」という用語については、事実関係を多くの資料にあたって調べ、また専門家に取材し、確認を重ねた上で放送しています。「日台戦争」という用語は、そもそも当時の日本政府が法制度上、武装抵抗に対する鎮圧にとどまらず、「戦争」として認定していたという歴史的事実が前提になっています。1970年代以降、研究書の中で、「台湾植民地戦争」、「台湾征服戦争」、「台湾占領戦争」といった用語が使われるようになりました。「日台戦争」という用語は、1995年、『日清戦争百年国際シンポジウム』から使われるようになり、台湾に関する歴史研究者や学会で定着してきています(引用終わり)

九十年代から学会で使われ始めた(従って一般の人には何の事やら不可解な)革新的な用語を、ある意味超保守的なNHKが使うとは(笑)。
それならその革新さを持って現在の東トルキスタン騒動を「中共ウイグル戦争」と報道してみれば良いのだ!
だいたい、当時台湾国という政治主体も無ければ政治意識も育っていなかった十九世紀後半の時代を形容するのに「日台戦争」というのは素人が聞いても全く不自然だ。
  (愛日及び愛台主義者 Dora-Q)


(宮崎正弘のコメント)台湾でも「新彊ウィグル自治区を救え」と言っているのは野党系のみ。外省人の多くが知らん顔してますね。



  ♪
(読者の声3)大東亜戦争で散華した慶應の塾員(卒業生)、塾生その他慶應の関係者の総数は2,223名にのぼり、これは大学では早稲田の4千数百名に次ぐ数である。
昨年慶應義塾が創立150周年を迎えたのを機に、我ら慶應義塾卒業生(塾員)有志が発起して今秋11月14日(土)午後2時から慶應三田キャンパスにおいて「慶應義塾創立150周年・学徒出陣66周年慶應義塾戦没者追悼会」を開する運びとなった。
戦時中慶應義塾はややもすれば自由主義の巣窟とみなされ、軍部、マスコミの非難攻撃する対象となったが、実際においては慶應の卒業生、学生は祖国日本の危機に際して、率先垂範勇躍剣を執り祖国防衛の任についたのである。
それは我ら後輩慶應義塾卒業生の誇りとするところであり、福澤諭吉先生の独立自尊の精神に則った行為である。今秋我々が企画する戦没者追悼会には慶應義塾関係者のみならず、大東亜戦争に殉じた英霊を慰霊・顕彰せんとする全ての同志が参集されんことを呼びかけるものである。

慶應義塾創立150周年・学徒出陣66周年
慶應義塾戦没者追悼会

1.日時:  平成21年11月14日(土)14時〜16時
2.場所:  慶應義塾大学三田キャンパス西校舎519番教室
3.主催:  慶應義塾戦没者追悼実行委員会
4.事務局:  慶應義塾戦没塾員を追悼する会
                   代表幹事
        玉川博己
        E-mail  tamagawah@fuga.ocn.ne.jp


(宮崎正弘のコメント)慶応大学では戦後初めてのことになりますか? 慶応OBの読者の皆さん、是非ご参加下さい。主宰者らは、小生もよく知っている人たちです。
     △ △ ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料 ◎資料
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(資料)
  在米評論家 アンディチャン氏の意見

日本の選挙でどのような変化が起きても、斎藤正樹代表の発言、「台湾の地位未定」は正しかったことを、日本人も台湾人も、銘記し表彰すべきである。


[AC通信:No.286]Andy Chang (2009/07/26)
[AC論説] No.286 台湾の地位問題:中国語ウィキペディアのウソ

5月1日に斎藤代表が馬英九の発言を訂正して「台湾の告的地位は未定」と発表したことを、日本の在台交流協会は斎藤代表の個人的発言として穏便に済ませようとした。
 しかし馬英九は、斎藤代表は「謝罪した」けれども、簡単に済ませるわけにはいかないとして、馬英九や中華民国の外交部長などと会見しない、斎藤代表が会えるのは外交部次長だけと台湾の新聞が報道している。実際にウソの発言をしたのは馬英九だが、まるで斎藤代表の「間違った」発言が両国間の関係を悪化させたといわんばかりで、これも台湾人民を騙す手段かもしれないが、あまりにも悪辣である。

台湾は中華民国の領土ではなく、地位は未定である。
これは中華民国のメンツにと言うよりも中華民国の生存にかかわる問題である。台湾が中華民国の領土でなく、國際地位が未定なら胡錦濤の台湾併呑も困難になる。
 しかし国交のない日本と中華民国の間接外交で、馬英九がかかる傲慢な態度をとるのは、日本が台湾澎湖の主権を中華民国に譲渡した証拠がある、と人民に思わせるウソを捏造して根拠としているらしい。

●中日和約問題と中国語ウィキペディアの引用

台湾の陳さんから「捏造した証拠」の資料を送ってきた。「何思慎著:中日和約的問題剖析、東大図書公司、1999年6月出版」である。
 中国人がウソを真実のように作り変えるには、御用学者や政府の役員などを使って論文を書かせ、それを権威ある文書として使用し、後世の読者を騙すことである。たとえば、張学良とか盛世才のような中華民国に不利な人物が死ぬと、すぐに御用学者が「権威ある評論」を発表する。死者に口なし、弁解できない。中国人の歴史の作り変え作業を「蓋棺論定」という。
何思慎の書いた資料を見ると、なんと、「資料来原:維基百科(中国語のウィキペディア)」と書いていった。これもまた中国人の責任転嫁の手法である。御用学者といえども文責を回避して別のところから引用したと書くのである。ウィキペディアの作者は誰かわからないが、嘘が露見すればウィキの責任にすればよいのだ。

●中日和約の交換公文第一号

ウィキペディアの該当する部分、「台湾法律地位問題」のところを見ると次のように書いてあった:

《中日和約》第二条では、日本がサンフランシスコ条約締結の後に再度確
認した内容として、日本は「既に台湾澎湖の主権を放棄した、したがって中
日和約では台湾澎湖の帰属に言及していない。多くの台湾人はこれを論拠
として台湾の主権は中華民国に移譲した事実はないとしている。

しかし《中日和約》の照会第一号(交換公文第一号)ではこれを明らかにし
てあり、すべての中華民国の有効統治区域は、中華民国の領土とみなすこ
とができる。そして照会(交換公文)の國際効力は原条約と同等である。

この原文にあるトリックは、「中華民国が統治している区域は中華民国の領土とみなすことができる」というくだりである。これは国際的に認知されない勝手な理論である。ある土地を占領したから我が国の領土になった、というのは強盗の理論である。中国人が中国語ウィキペディアを使って領土主権のウソを正当化させようとしている証拠である。ウィキペディアには公式公文の全文を掲載していないからウソが書けるのである。

交換公文の原文(日本語)は次のようである:

第一号
  書簡を持って啓上いたします。本日署名された日本国と中華民国との間
の平和条約に関して、本全権委員は、本国政府に代って、この条約が、中
華民国に関しては、中華民国政府の支配下に現にあり、または今後入るす
べての領域に適用がある旨のわれわれの間で達した了解に言及する光栄
を有します。
  本全権委員は、貴全権委員が前記の了解を確認されれば幸であります。
  以上を申し進めるのに際しまして、本全権委員は、貴全権委員に向かっ
て敬意を表します。
     千九百五十二年四月二十八日台北において     (河田 烈)
中華民国全権委員  葉 公 超 殿

交換公文第一号において、日本国が「本条約の有効範囲は中華民国の現在または将来の支配領域に適用する」としているが、領土権を認めた、または「中華民国の領域」がどこにあるのかは限定していない。台湾澎湖の主権を中華民国に移譲したと書かれていない。

公式公文には、「領土の区域は中華民国の現在または将来の支配に入る区域」と明記してある。つまり、1952年の時点では中国大陸、満州は中華民国の支配下にない。だから中国大陸の領土は中華民国の支配領域ではなく、台北和約は中国大陸では無効ということである。
 サン・フランシスコ条約で日本が放棄した台湾澎湖の主権問題には言及していない。中華民国が台湾澎湖を「支配」している限り、台北和約の有効範囲に入るが、台湾澎湖に対する主権を承認することではなく、台北和約の「有効範囲」に入ると書いただけである。台北和約の有効領域において、中華民国が主権を持つ領土は存在しないのである。
 なぜ公式文書で「有効範囲」を解明する必要があるのかというと、台北和約の議定書、第十一条の適用;1(a)に有効領域の規定が書かれているからである。
この点を検討してみよう。

●中日和約の議定書

議定書(日本語):
1. この条約の第十一条の適用は、次の了解に従うものとする。
(a)サン・フランシスコ条約において、期間を定めて、日本国が義務を負い、
または約束をしているときは、いつでも、この期間は、中華民国の領域のい
ずれの部分に関しても、この条約がこれらの領域の部分に対して適用可能
となった時から直ちに開始する。

議定書(中国語):
(一)本約第十一條之實施、應以下列各項了解為準:
(甲)凡在金山和約内有對日本國所負義務或承擔而規定時期者、該項時
期、對於中華民國領土之任一地區而言、應於本條約一經適用於該領土
之該地區之時、開始計算。

この二つの言語で書かれた文書の相違は、日本語で「領域」と書いた部分が中国語では「領土」となっていることである。つまり、領域と領土の違い、日本側は中華民国の「支配領域」を指しているが、中国語では領土としてあることだ。言語の解釈に違いがある場合は英語を標準とするので英語の部分を調べると”territories of Republic of China”
となっており“sovereign territories  of  Republic of China”ではない。

つまり、日本語で書かれた文書では、”territories”を「地域、地方」としているのに、中国語の文書では「領土、版図」と解釈しているのだ。台北和約の公式公文第一号のなかで「領土の区域は中華民国の現在または将来の支配に入る区域」と書いたのは、「支配下にある統治領、或いは保護領」のことで、主権のある領土の場合は英語で”sovereign territories”と書かなければならない。

●中国語ウィキペディアもう一つのウソ

中国語ウィキペディアには次のようなもう一つのウソが書かれてある:
「《中日和約》の第十条で既に表明したとおり、台湾澎湖の人民はみな中華民国の国民となっている。もしも台湾の主権が台湾人民に属するなら、台湾の主権は中華民国の所有となる。」

これは非常に興味のある論述である、なぜなら:

(1)、台湾人民は自主的に中華民国の国民となったのではない。マッカーサーの戦後処理第一号命令は蒋介石に対し、連合軍を代表して台北における日本軍の降伏を受理することを命令しただけで、台湾澎湖を占領して中華民国の領土とせよと命じたのではない。
(2)、台北和約の第十条で、日本は台湾の住民が中国の国籍を有する者と見做すと書いてあるが、台湾人民は中華民国の国籍の取得と拒否について選択権を与えられなかった。これは国際法違反である。
(3)、最近の林志昇/Hartellの告訴について、米国高等法院が下した判決書には「中華民国は滅亡した、だから台湾人には国籍がない」と明記してある。
(4)、中国語ウィキペディアでは「台湾の主権は台湾人民に属する」と明記している。従って中華民国が滅亡したと米国の法廷が認めたなら、台湾人民は自分の国家を作って中華民国政府を追放する権利がある。

●斎藤正樹代表は正論を述べた

斎藤正樹代表は台湾の國際地位が未定であると発言して馬英九のウソを暴いた。
斎藤代表は正論を述べて馬英九のウソを正したのである。この発言がなければ一部の台湾人は中国人のウソを鵜呑みにして台湾が中国領土の一部であると思い込む危険があった。だから斎藤正樹代表は台湾人の恩人である。

馬英九のウソを放置すると日本国が中華民国のウソを承認すると見做される可能性もある。だから斎藤代表の発言は正しく日本の立場を守ったのである。これは外交史上に記録すべき重要事項であり、勲章の一つか二つに値する快挙である。

日本では8月に総選挙があり、民主党が政権をとる可能性も出てきたという。もしも政権が代って斎藤正樹代表が更迭されるような事態がおきれば「台湾の恩人」、そして「台湾の最良の友人」が居なくなることで、台湾のために惜しまれる選択となる。
 われわれは日本の政局に影響を与えることができないが、新任の代表が親中国なら台湾のために憂慮すべきこととなり、馬英九が喜ぶことになる。
しかし、日本の選挙でどのような変化が起きても、斎藤正樹代表の発言、「台湾の地位未定」は正しかったことを、日本人も台湾人も、銘記し表彰すべきである。
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆。. ☆。.:*:・ '☆*。.:*:・☆:* 。.:**:・'☆*。.:*:・ ☆:*。.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊
宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)

 ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html

『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
  < 下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 日本人2009/07/28

    悪魔の飽食合唱団なる合唱グループが全国規模でリサイタルを開いているようですが御存じでしたでしょうか? 韓国の聯合ニュースで報じられていてググッたらでてきました。731部隊が細菌で人体実験をしたという捏造歴史を信じて、懺悔の合唱を日本のみならず海外でも得意に披露しているようです。賛同者は芸能人が主体です。歴史家の間で決着がついていないものをウイグル人、モンゴル人を虐殺している中共政府の意向を受けて、本当にナィーヴな日本人にうんざりします。何とか活動を思いとどまらせることができませんでしょうか? 

    慰安婦問題、南京虐殺に続き、悪魔の飽食、731部隊が大きく話題になりそうです。 





    ーーーーーーーーーーーーーー 



    http://www.ne.jp/asahi/grass/roots/akuma/akuma.htm 



    http://www.asahikawa-np.com/digest/2008/09/01701756/ 



    http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2009/07/24/0400000000AJP20090724002700882.HTML