国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/07/26


◎小誌愛読者14850!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年)7月26日(日曜日)
         通巻第2676号  臨時増刊号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 中国、ラビア・カーディル女史の来日を陰湿に妨害
  魏京生の来日を追い返した日本政府の失態をまた繰り返すのか?
****************************************

 「ウィグルの母」といわれるラビア・カーディル女史は29日に来日予定。
 外国人特派員協会で記者会見し、翌日7月30日都内で後援会を開くことが決まっている。
 問題は日本の外務省と法務省、ひいては日本政府の「判断」である。

 かつて魏京生が講演のため来日したおり、成田空港で理由もなく「入国を拒否」し、魏京生を追い返した日本は自由世界に恥をさらした。
そうまでして、北京の顔色を窺ったのだ。

 ウィグル暴動では官製情報で192名の死者と1000余の負傷、拘束されたウィグル人が1700名にのぼるという。
 しかしカーディル女史は「虐殺されたウィグルの民は1000名から3000名」と、闇に葬られた被害者の実態に迫る。トルコ、イラン、米国などは調査団の派遣を中国に求めている。日本は何もしていない。
 トルコはカーディル女史の講演旅行に正式にヴィザを発給する。

 はたしてラビア・カーディル女史の講演会は開催できるか?
 http://www.turkistanim.org/japan/news.htm
 (↑ 東トルキスタン独立運動のHP)
      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
カーディル女史講演会のご案内
**************

 とき    7月30日 午后六時半(六時開場)
 ところ   アルカディア市ヶ谷(私学会館)
       http://www.arcadia-jp.org/access.htm

 資料代   500円
 予約: rebiya0730@seisaku-center.net

古森義久氏の関連サイト →   http://komoriy.iza.ne.jp/blog/
   ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ウィグルの民の悲劇を詠う
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
ウィグル文学の代表作、初めて日本訳がでました
 アブドゥレヒム・オトキュル著、東綾子訳『英雄たちの涙』(まどか出版)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 中国で発禁!
 「中国の火薬庫」=ウィグルの民はなぜ独立を求めるのか?
 その原点をえがく壮大な歴史小説がはじめて日本語に翻訳された

  ♪
 清朝が黄昏れはじめた時代にウィグル人テイムル・カリフは圧政に苦しむ民草のために立ち上がった。
王家は鎮圧に動く。カリフらは王制の腐敗を糾弾し、打倒にたったが、そのウィグルの民を背後から支援したのが中国人だった。ところが中国は別の思惑を秘めて、カリフの運動を支援し、利用し、悲劇は続いた。

 この小説の作者オトキュルは原題が『Iz』(足跡)。実にウィグル人720万人のなかで、五万部以上が売れ、その影響力を懼れた中国は『発禁』処分とする。
 このたび初めてウィグル語から日本語に翻訳され、俄然、注目を浴びている。
 
 作者の アブドゥレヒム・オトキュルは詩人、作家、ウィグル古典文学研究家として知られ『新彊日報』編集賞などをつとめた。文革では家具工場での労働、文革がおわる1974年新彊社会科学院副院長、85年に本書の底本となる『Iz』を出版しベストセラー。1995年に死去、中国は2002年に本書を発禁処分とした。
 この問題作が、ウィグル暴動による政治的局面で翻訳された意義は大きい。

   ♪
 アブドゥレヒム・オトキュル著、東綾子訳『英雄たちの涙』(まどか出版、1800円)
  まどか出版の電話(03)5814−9292 FAX(5814−9293)
     ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌にときおり連載されている「樋泉克夫のコラム」ですが、とくに前号の「陳腐極まりない結論・『中国救荒史』に関して。
樋泉克夫先生の支那のお話は縦横自在で大変面白く、感謝しています。「燕山夜話」は小生の書架にありますが、古典に依拠した面白い随筆が多く、中共幹部の教養程度を相当高いものと誤解していました。
しかし著者の戦前の作品が基だったのですね。毛沢東は教育がなかったので、教養のあるインテリを殺しました。著者もおそらく内心憎まれていたのが表面化したのでしょう。著者が孔子の教えも現代に生かせると述べたのが、攻撃の口実にされたようです。林彪攻撃のときのスローガンは「批孔批林」でした。しかし今の中共は毛沢東画像を天安門に飾るだけで、孔子を復活させようとしています。
長い目で見ると左翼の横暴も結局一時的ですが、後には常に大量の犠牲者の人骨と文化の焼け跡しか残らないという大悲劇が問題です。
  (東海子)


(宮崎正弘のコメント)毛沢東を神格化し、つぎに関羽にかわって、そこらじゅうに毛廟ができるかも。
すでに一昨年あたりからミニチュア像が、仏像かわりに売られています。
     △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
****************************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
足立誠之氏のコラム

北朝鮮危機:政治家・マスコミが忘れたいこと、忘れさせたいこと
******************************

北京勤務時(88年末〜91年春)中国の人達(中央政府の人を含む)から意外なことを聞きました。1950年6月に勃発した朝鮮戦争は金日成が仕掛けたもので中国に大きな災厄をもたらしたというのです。
即ち台湾"解放"作戦を行なおうとしていたその矢先に金日成が南朝鮮(韓国)に侵入 し台湾"解放"の絶好の機会が失われたというものです。
解放軍の元空軍パイロットは「自分は台湾海峡の上空を飛ぶものと思  っていたのだ が下を見ると鴨緑江が流れていた」と冗談交じりに説明してくれたものです。これは北朝鮮が韓国に攻め入ったことで朝鮮戦争が起きたから今の台湾が存在するということであり、今でも多くの日本人にとってはもとより、当時の日本でも驚くべき話です。ところが90年当時国会で1/3の議席を占めていた日本 社会党は韓国を軍事独裁国と決めつけ、北朝鮮を民主・平和勢力とし、土井たか子委 員長以下"友党"朝鮮労働者党と異常な程の緊密な交流を重ね、80年代に起きたミヤン マーのラングーン韓国閣僚爆殺事件、ミヤンマー沖大韓航空機爆破事件でも社会党は北朝鮮を擁護し、マスコミもこれに引きずられていたのです。

又政治に金が付きまとうのは先般のPCIベトナム汚職で証明されていますが、90年当時の自民党も国交正常化に伴う経済協力に付随する政治資金の甘い蜜に群がるかのように 金丸訪朝をおこなうなどで北朝鮮に接近していましたから、「朝鮮戦争北朝鮮犯行説」は日本ではタブー視されていたのです。
ところが朝鮮戦争を共に戦った北朝鮮の「血の友情の同盟国」中国では「北朝鮮犯行 説」は当たり前だったのです。

さてこうした状態であった日本に北朝鮮の核と拉致の問題が浮上します。
先ずこうした問題についての各国の対応から見て参りましょう。
アメリカでは2000年議会に設立されたUSCC(U.S.-China Economic & Security Review Commission,米中国経済安全 保障レビュー委員会)は北朝鮮が米朝枠組合意に違反した核開発をおこなっていることから北朝鮮核問題も委嘱され、 03年7月それをテーマとする公聴会が開かれます。
その核心部分は元韓国駐在大使などによる「北朝鮮の核保有はアメリカにとって直接 的な脅威とはならない。中国やロシアそして韓国にも脅威とはならない。脅威を受け るのは ノドンミサイル100基(当時)のターゲットとなっている日本である」との証 言でした。それに対してUSCC委員から「この会は日本のためのものなのか」との発言 がありました。
はっきりしたことは北朝鮮の核保有が日本のみ生存に係わる致命的な問題であるとい うことです。くわえて懸念されるのは同盟国アメリカの態度です。
公聴会を総括しますと、北朝鮮の核保有はアメリカの直接的な脅威とはならない。然 し核がテロリストの手に渡ることによる脅威は無視できない、というもの でした。
 
この基本認識は今でも変わっていないと考えられます。
それは後で述べますがブッシュ政見がいとも簡単に北朝鮮のテロ支援国家指定の解除を行なったことの背景に北朝鮮の核保有がアメリカにとって脅威でないという認識があったから行なえたのでしょう。
更にこの7月20日クリントン国務長官がABCとのインタビューで、北朝鮮を他人の気持を引くためにだだをこねる子供と同じであり、放っておけばよい、と語り更に「北朝鮮は我々にとって脅威ではない」と述べているのです。
 中国はどう関係しているのか。
中国問題でUSCCの最大の懸念は中国が国 有企業を通じて大量破壊兵器やその運搬手段に係わる技術等を懸念国に輸出して いることです 。
これ対してアメリカは制裁を実施しており中国の巨大国有軍 事企業であるNORINCO(北方工業公司)などは何度も制裁されています。パキスタンの核保有にはこうし た中国の支援がありました。

04年のUSCCの報告書は極めて慎重な表現で中国が北朝鮮の核開発に関与 したのでは ないかとの強い疑念を記しており、更にミサイルなど北朝鮮の兵器の輸出について中国領内の港湾、鉄道、空港の利用を自由に認め、 イラン機が中国上空を北朝鮮と往復していると記しています。
その後、六ヶ国協議が出来、中国は北朝鮮の核保有に一応反対し、港湾、鉄道、空港 の使用も自由には許さなくなりました。これにより北朝鮮の核がテロリストの手に渡るというアメリカの懸念が薄らいだわけです。
中国のスタンスはどうだったのでしょうか。
89年の天安門事件で国際的避難を浴び孤立した中国 はその後の東欧の共産主義体制崩壊、ソ連崩壊で91年9月にはユーラシア大陸に残る 共産主義国は北朝鮮とベトナムそれに自身の3カ国だけになっていました。
この情況での最大の課題は体制の維持であり、中越戦争後のベトナムとの不和を考えれば取り扱い難い国であっても北朝鮮を勢力下に置いておくことは絶対に必要です。
自国の安全に関係ない北朝鮮の核問題に真剣である必要はないのです。非共産主義ごくパキスタンの核保有を支援したことを考えれば中国の核に対する対応が奈辺にあるかはあきらかでしょう。

韓国はどうか。
キム・デジュン、ノム・ヨン両政権は親北政策を採り本当に北朝鮮の 核保有に反対なのか疑わしかった。因みに上述USCC公聴会では韓国には半島統一後を展望して北朝鮮の核保有に賛成する空気もあるとの証言もあったのです。
さてこうした迫りくるアるいは既に降りかかっている危機に対して日本のリーダー達はどうであったか。以下は月刊誌「現代 」2000年2月号で当時次ぎの首相といわれた加藤紘一氏と評論家田中秀征氏との対談です。

加藤:北朝鮮については拉致事件の解決が何としても必要です。しかし、事件解決が 国交正常化の条件だとして会うことまで拒否していては、話は前に進まない。
早期解決のためにも、まず交渉のテーブルに着くべきですね。「テポドン」が飛んできて日本中がパニックになったんですが、冷静に考えれば、核弾頭を積んでいるわけではないし、そもそも核兵器の開発などできているはずがない。
他方、中国は「テポドン」 の何十倍の射程距離を誇る大陸間弾道ミサイルを持ち、しかも高性能核弾頭まで開発 している。それでも我々が平気でいられるのは、中国とコミュニケーションがあるからです。だからまず北朝鮮を早く国際常識の場に引っ張り出すことが重要だと思いま す。

田中:コソボの民族紛争は600年前の戦いに由来しているそうだけど、日本と朝鮮半島が同じ轍を踏んではいけない。後世のためにも、お互いに譲り合って関係を正常化すべきだ と思う。野中さんが「最後の政党外交だ」と言っている。(以下略)

これが日本のリーダー達ノレベルなのです。
そんな日本に北朝鮮の飢饉が伝えられると、日朝友好議員連盟などから米供与支援の声が上がり合計百数十万ト ンの高級米が供与されます。当時の河野洋平外相は拉致家族会が土下座をしてまで中止を要請したにも拘らず「自分の責任で実施する」として米の供与を行ないました。
この大量の高級米が飢えた北朝鮮の人々に渡ることはなく市場で売られその代金数百億円から数千億円が日本をターゲットとするノドンミサイル生産と核開発の主要資金源となったのです。
正に自国の墓穴を掘ったのです。
02年9月の小泉訪朝で拉致が明らかになりその直後北朝鮮の核開発も判明します。
北朝鮮の本質がようやく理解され始めるのですが、日本の危機の本質は未だ理解され ていません。今や320基とも言われるノドン・ミサイルのターゲットとなりそれに核が装填さればもう対抗策はないでしょう。こんな情況に置かれているのは日本しかありません。 

ところが日本はこれほどの自らの問題を六ヶ国協議、アメリカに委ねていた。
そして06年10月北朝鮮の第一回核実験が行なわれます。拉致問題で全く進展が見られず核についても北朝鮮の非核化の目処が立たない段階で、ブッシュ政権は北朝鮮のテロ支援国家指定を解除してしまうのです。
繰り返しますが、北朝鮮の核保有が本当にアメリカ自身にとって脅威であるならばアメリカはこの様な行動は取るわけがありません。

それに対して「他国の嫌がることは言わない」福田首相はなすがままにしました。こうして平和時にさえ安保条約が機能しない状況がつくりだされたわけです。
こうして見てみると今日の苦境を招いた原因は我国自身、特にリーダーにあることがわかります。
この情況を的確に説明できるものは19世紀のそして20世紀のイギリスの二人の首相、 パーマーストーンとチャーチルのことばでしょう。

パーマーストーン:、イギリスには永遠の同盟国もなければ、永遠の敵対国もない。あるのは永遠の利害関係者のみ。

チャーチル:我々を煩わせる一番厄介な悩みの種は、外国からやってくるのではなく国内にあるのだ。(中略)何もしないことを決定し、優柔不断でいることを 決意し成り行き任せにすることでは断固としており、変身しやすいということ では頑固であり、全力で無能であろうとする。第二次大戦は、何もしないことを決意し、成り行きにまかせる事では断固としており 、全力を挙げてて無能であろうとする。この時代に、その原因が作られた。 
(以上引用)

さて我国では過去2人の日朝友好銀連盟に所属した人士が総理を経験しています。そしてまもなく同じ経歴を持つ三番目の総理が誕生しようとしています。
   △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆。. ☆。.:*:・ '☆*。.:*:・☆:* 。.:**:・'☆*。.:*:・ ☆:*。.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
最新刊
宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)

 ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html

『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
  < 下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • イラクディナール2009/07/29

    イラクディナールを購入しました。http://iraqdinarrate.blog54.fc2.com/

    投資として得するか損するか為替レートとチャートから価格を見ながら換金・両替するまでを記録していきます。FXより儲かるか。

  • 名無しさん2009/07/26

    日本の政治家のお坊っちゃん度は益々向上?して居ます。危機状況に有る様な気が致します。