国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/07/12


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)7月12日(日曜日)貳
         通巻第2660号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 河南省、福建省、江蘇省から14000名のパラシュート部隊が新彊へ
  武警は蘭州、南京から交代要員がウルムチ入り、軍の配備も異常事態か
****************************************

 1989年天安門事件では首都を護衛する肝腎の部隊が動かず、地方からきた部隊が学生集会に突っ込み、鉄砲を水平に撃った。
多くの死体は軍が隠した。

 7・5ウルムチ事件では、デモ隊に加わったウィグル人らに軍が水平に発砲し、多くの死傷者がでた。軍は死体を隠した(あの「朝日新聞」でも、この事実を報じた)。
http://www.asahi.com/international/update/0712/TKY200907110280.html

当局の発表では死者184,うち74%が漢族なそうな。

 BOXUNG NEWS(博訊新聞網の英文版)は、12日付けで「パラシュート部隊が新彊に集結している」と伝えている。
河南省、福建省、江蘇省からの部隊、およそ14000名で、これらの地方空港で搭乗が確認されている。軍の移動に民間機を使うことがあるからだ。

 また多維新聞網(7月12日)によれば、蘭州からきた武装警察が四日間の夜勤を終え、10日夜、南京からきた武装警察の部隊と交替したという。蘭州部隊はウルムチ市人民広場の第一中学に駐屯していたことを多維新聞記者が目撃した。彼らは街の辻々にたって警戒に当たっていた。
  ◎

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
腐敗、不正蓄財で名前が挙げられた共産党高官
 いずれも団派と繋がり、汚職が文化の中国で高官の摘発は稀、政局がらみか
*************************************

 賀国強(政治局ナンバー9,規律・公安の元締め)が準備した腐敗高官リストを『月刊多維』が報じている。
一説に、胡錦涛イタリアG8出席の不在を狙って、団派の失脚を狙っていたとされる。李克強と結びつく人脈が目立つため、李克強への狙い撃ちではないか、とされた。

 『月刊多維』に拠れば、取り調べを受けて身柄が拘束されていると推定されるのは、
 甘粛省書記 陸浩 
遼寧省省長 陳政高
 河南省副省長 李克
 杭州市書記 王国平
 福建省副省長 陳昌平
 中国民航総局長 揚元元
 らである。

 とくに陳政高は、07年に遼寧省書記から政治局へ大出世した李克強の後釜。82年に共産主義青年団。王兆国、胡錦涛の跡をついで大連市の共青団書記を歴任した。93年に大連市副市長から代理市長。05年に瀋陽市書記。
 この瀋陽時代に公安局長だった劉和と組んで、市内の開発利権をあさって不正蓄財に励んだという。本渓の銀行口座が応酬されたという報道もある。

 汚職は文化という中国で下っ端役人ならともかく、高官が取り調べを受けるのは稀なケースであり、政敵追放のためスケープゴーツをなることが多い。
 
 90年代初頭に陳希同(当時の北京書記)が失脚したときも、こんな大物が逮捕されるのはよほどのこととされ、香港財閥に北京の銀座(王府井)の土地使用を認めた賄賂事件がクローズアップされた。
当時の北京副市長が自殺。そのボスであるという理由で腐敗不正が暴かれ、懲役16年。いまも内蒙古自治区の刑務所で暮らしている。陳希同は古参幹部で、当時は現役政治局員だった。江沢民の政敵。先輩風ふかして江沢民に徹底的に対抗し、邪魔ばかりされた江沢民、よほどの決断だった。

 このあと07年の上海書記の陳良宇の失脚事件まで現役の政治局員の失脚はなかった。
 陳良宇の場合は悪徳デベロパート組んで上海開発の利権にからみ、とくに土地の収用と住民立ち退きに『辣腕』を振るい、デベロッパーから賄賂を取ったばかりか、上海市職員組合の保険基金のカネも流用し、不動産投資に当てていた。
陳は江沢民の保護を受けており、失脚はあり得ないとされたが、江沢民もあまりの腐敗にかばいきれず、陳は遠く天津へ移送され懲役。

 しかし上海市書記の後釜は、江沢民に近い習近平が就任し、その習はいきなり政治局常務委員へ三段跳びの出世、国家副主席、つぎの主席に有力とされるから、ま、中国の政治が浄化されることはないでしょう。
 ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)このところニュースを見ていると、頭が痛くなります。ここはオランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリー、スペイン、トルコ、スイス、カナダ、USA, 北アフリカ…世界中のテレビが入るほか、ニュースだけのチャンネルもいくつかあり、イラン、イラク、ウルムチ、アフガニスタン、北朝鮮、中国…もう、毎日何がなんだか分からないくらい。
それで宮崎様のメルマガを拝読して納得している毎日です。
 
いちばん驚くというか、その厚顔無恥振りに開いた口がふさがらないのが、中国の捏造に次ぐ捏造。一つ一つ取り上げるのもバカらしい。ウルムチの件も。
先日、オランダTV2が、昔の毛沢東の記録映画を3回に分けて放映。一回目に「南京大虐殺」が出てきました。「ふ〜ん、日本軍、こんなに人数少なかったんだ…。この、怯えた顔で、赤ん坊を抱いて哀願している女性の映像、日本軍が彼女をこのような目に合わせているにしては、肝心の日本軍兵士、どこにも映ってないわね。カメラに向けている眼よね。繋ぎ合わせ画像じゃないの?」そんなでしたよ。

ところで今日は、楽しい報告があります。
今、ロッテルダムでは、「第12回ワールド・ポート・トーナメント」という若い野球チームの試合が一週間催されています。日本、台湾、オランダ、キューバが今年の最終参加国で、毎年日本からは、大学選抜チームが来てくれるのですが、毎回とても評判がよいのです。
「強いから」ということより、その礼儀正しさ、清々しい自由な雰囲気、結束力、そうした精神性の高さに、オランダの観客は惹かれるようです。
 今日(土)は最強敵キューバを相手に奮闘、見事2対1で勝ちました。既にキューバは最終戦出場が決まっていて、これは日本の最終試合でしたが。球場の大きさは、50年前の後楽園球場より小さいと思ってくださいませ。
ドームもなく人工芝ではない、本物の芝生。犬も入場OK。 なんと自然で健康的であることか!
先日、BBCの「日本のプロ野球」レポートを見ていましたら、日本では応援も取り仕切る人がいて、自由にしてはいけないとか。耳を疑いました。
  試合に行って先ず驚いたのが、殆どの観客はキューバを応援しているのだろうと思っていた私の予想を大きく裏切り、8割以上が日本を応援しているのです。
観客の殆どは、オランダ人。日本人はたぶん30人くらい。
日本人選手がヒットを打った時、大きな拍手が湧いたので、「あら、ここは日本人応援席ね」と思った私。ところが、それからよくよく観察してみたら、会場のすべてから、日本選手への大きな拍手が幾度も湧きあがるのです。
  キューバ選手との間に通う友情、お互いへの尊重、明るく屈託のない、精いっぱい戦う姿勢、そういったものが試合から感じ取れる、すばらしいものでした。プレス席に座っていたので、あとでプレス関係者からインタヴューを受けました。ところが実は私、「すごいわね!キューバに勝ったのよ!」「今日のキューバ選手を見た?いつもはあんなにお行儀よくないのに、日本選手を見習って、すばらしいじゃない!」と言われても、ピンとこないほどの野球音痴。「ええ、日本では、野球が一番ポピュラーなスポーツで、夏には高校野球、大学野球もあって、仕事をさぼってもテレビで観るほどなの。だから、日本の野球、強いのよ」「それにね、日本では、試合技術や勝ち負けにも増して、選手たちの人間性、精神性の高さが重視されるの」などと適当にアッピールをして、そのあと、通訳をしているお友達のところへ。
彼女に「今日の試合で感じたまま、こんなことインタヴューで言っちゃった」と話したら、「そうなんです!毎年、本当に気持ちよくお仕事をさせてもらっているんですけど、今年の選手や監督は、とりわけ素晴らしいんです。監督は、何より選手の人間性、精神の高さを重視していると、幾度もおっしゃいます!」と聞いて、改めて感動、納得。やはりそうしたものは、遠くから見ていても、人種を超えて伝わるんですね。

日本選手へ尊敬の眼差しを注ぐオランダの子供たち、記念の写真撮影を一緒にお願いしたり、ボールにサインをおねだりしたり。それにお兄ちゃんのような感じで、優しくにこにこ応えている選手たち、それは良い雰囲気の舞台裏でした。
日本人であることを、私たち、大いに誇りましょう!そして、誇れるだけの日本を次世代に渡せるように、日本人として誇れるものの大切さを、忘れないようにしたいと思います。
    (Hana、在オランダ)


(宮崎正弘のコメント)日本チームへの応援、お疲れ様です。小生も野球にはなんの興味もありませんが、長島と王と松井とイチロウの名前くらいは知っています。
    △ ◎ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.amazon.co.jp:80/dp/4584131694/
 「これほどタイミング良く、しかも予測が的中している本はない」と評判です!
 
 ♪♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html

『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
  < 下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/07/13

    いつもいつも感心させられるのは宮崎さんの情報力の豊富さである。読むたびごとに情報通になるようで感謝感謝の毎日です。