国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/07/03


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年) 7月3日(金曜日) 
        通巻第2650号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 IMF理事会、中国が主張したSDR債権の正式発行で合意
   中国の通貨派遣への野望、はやくも突破口を開いた
***************************************

 動き出した。
 まさかと思われるほどにスピーディである。

7月1日、IMF理事会は設立以来60年で初めとなるIMF債券をSDR建てで発行することを正式決定した。従来、日米英ならびにEU加盟国からの融資に依存した資金調達手段の多様化が走りだす。
 
この舞台裏では英米の妥協がある。
 第一はIMFと中国との先鋭的対立が急速に和解した。ウォールストリート・ジャーナルの中国語版(華爾街新聞、7月2日)に拠れば、かねて対立していた両者の関係はIMF側が折れて、中国の四月の経済成長率を6・5%から7・5%に嵩上げしたことで突如の和解となった。
 
第二に09年六月、ロシアのエカテリンブルグにおけるBRICs会議の合意をふまえ、中国、ブラジル、ロシア、インドが700億ドル(約6兆7000億円)分を購入する方針が示されてIMF理事会を揺さぶっていた。
 
第三にIMFの英米主導が終わる流れの始まりを英米が認めた。
IMFの主導権の一部をBRICs諸国にも明け渡した歴史的ターニングポイントとして記憶するべきかも知れない。

 これからIMFが発行する債券は、合成通貨の「SDR」建て。つまり実際の通貨ではなく概念上の人工通貨で米ドル、ユーロ、日本円、英国ポンドの四つのバスケット(中国はこのバスケットにスイス・フランと人民元を参入させようとしている)。


 ▲周小川、王岐山らの動きは揺さぶりではなく、ホンネだった

 新規SDR債券は最長で5年。加盟国と中央銀行の間で売買が認められ、将来は債権マーケットの流動性も生じる可能性がある。

 SDR債権は三月に王岐山副首相が主唱し始め、ロンドンのG20サミット直前には周小川・中国人民銀行総裁がSDR通貨発行を突如言い始めて日米欧をすっかり慌てさせたが、いまから考えればこれらは政治的伏線だったのだ(詳しくは拙著『人民元がドルを駆逐する』に詳述)。

 中国、ロシア、ブラジル、インドのBRICs四カ国が国際準備通貨としてのSDRに着目し、SDR債発行に合意したのは中国の主導、ロシアの追認が大きく、ドル基軸通貨というIMF体制の根本を揺らす目的がある。

 人民元のハードカレンシー化への動き、これから加速するだろう。
   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)本日(7月2日)配信の2649号のDoraQ様の投稿の中に「マッハが時速12000キロくらいとして」というくだりがありますが、2649号以前にも同様の記述がありました。DoraQ様の投稿が安全保障に関わる内容ですから、間違った認識に基づいていてはいけないと思いましたので指摘させて頂きます。
マッハはご存じの通り「音速」のことです。音速は気温によりますが、概ね秒速340mなので、時速になおすと約1200[km/h]となります。
弾道ミサイルの終末速度は秒速で数キロメートルに達しますが、中距離弾道ミサイルですと、およそ秒速5km以下のようです。秒速4kmで計算した場合、これを時速に直すと14400[km/h]となりまして、1200[km]程度の距離が離れている場合は、10分以内に到達しそうな気がします。
ただし、弾道ミサイルは読んで字のごとく弾道を描いて飛んできます。直線的に秒速数キロメートルで飛翔するわけではありません。また、最高右側度に達すまでの間は、ロケットエンジンの推力によって徐々に速度を上げつつ、飛行仰角を垂直から水平に変化させていきますので、単純に到達距離を最高速度で割れば到達時間が得られるというものではありません。
   (品川区在住 J.N)



  ♪
(読者の声2)マッハ(mach)1は1224キロメートルです。普通の国際線の旅客機の最高時速は、マッハ0.8(つまり約マッハ1)です。もしミサイルがマッハ3なら、約20分かかります。当然だれか気づいて指摘する人があるかと思っていましたが。。。。。
日本の理科教育はどうなっているのでしょうか。
皇室典範改正の有識者会議でY染色体は男系でしか伝わらないと聞いてびっくりした議員が殆どだったとか。Y染色体は男系、ミトコンドリアは女系で伝わるのは、高校の生物の教科書に載っています。日本の理科教育はどうなっているのでしょうか。自己防衛して自分で勉強するしかないのですね。
中国の小学校の教科書には、藤田東湖が称揚していた文天祥が載っていて、民族英雄の愛国者として教えられています。その詩の一節の「人生自古誰無死、留取丹心照汗青」は、普通の人が暗誦できます。
かれらがその心を正確に理解してそのとおり生きているとは言いませんが、我々日本人がこういった気持ちを失ってしまっているのは情けないことです。
  (ST生、神奈川)


(編集部から)この他、数通マッハに関してのご意見をいただきました。 



  ♪
(読者の声3)JAPANデビューの映像は、youtubeで見ることは出来ます。アドレスは以下に。
http://www.youtube.com/watch?v=Ekzrp2njurM
もしくは、下記。
http://www.youtube.com/watch?v=hVH5WaT2byU&feature=PlayList&p=21B822A2F7D2689C&index=0
   (KI生)


(宮崎正弘のコメント)拝見しました。迫力ありました。

 △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<< 書評 >>

 宮崎正弘氏『人民元はドルを駆逐する』(KKベストセラーズ刊)
                         書評する人 石平

大半の日本人の知らないところで、既存の国際秩序を崩して時代の流れを変えていくような歴史的な「天変地異」がすでに起きている


 ▲
 宮崎正弘氏の日頃の中国論を読んでいると、往々して一つの重要な事実を忘れてしまう。つまり氏は、優れたチャイナ・ウォッチャーの一人であると同時に、実は優れた経済問題の専門家でもある。
 しかも宮崎氏は、経済学の枠組みから経済を見ることしか知らない普段の「経済学者」とは違って、政治・外交・軍事・社会・人間心理などの諸要素を総合した複眼的な視点から、「地獄耳」的な情報収集力を駆使して地球規模の「複雑怪奇」な経済問題に切り込むことを得意とする。斯界の「怪傑」とも呼ぶべきような珍しい専門家である。

宮崎氏のこのような異能は今まで放たれた多くの著作によってすでに証明済みであるが、私の手元にある、『人民元はドルを駆逐する』という氏の最新刊もまた、この「怪傑専門家」の本領が十二分に発揮された痛快の一冊であるとはいえよう。

中国人民銀行総裁の「爆弾発言」から始まった国際経済秩序の激変は、その背景には一体何かあったのか、中国の隠れた戦略的意図は一体何だったのか、国際的「通貨覇権」の帰趨を巡っての壮絶な暗闘はどのように展開されているのか、その戦いの行方は、われわれの生きる時代とわれわれの住む国際社会をどのように変えていくのか、といった重要問題を、本書は一つずつ丁寧に取り上げて独自の鋭い分析を加えながら、まさに複眼的な視点からその全体像を構築してその深層を深く掘り下げてくれたのである。

多岐にわたる問題群にたいする氏の分析や見解にすべて賛同するかどうかは別として、時代的激変の兆しを誰よりも敏感に捉えて、激変の仕掛人である中国の動きを中軸にして米国やEUや日本などの主要国の思惑や動向を全体的に鳥瞰しながら、夥しい数の情報分析から世界の「通貨覇権戦争」のメカニズムの解明に努めた本書の仕事はまさに素晴らしい。それを一読すれば、大半の日本人の知らないところで、既存の国際秩序を崩して時代の流れを変えていくような歴史的な「天変地異」がすでに起きていることは、よく分かってくるのである。

そして私としては何よりも関心しているのは、激変の主役である中国の国内諸事情に、本書は深く立ち入って分析のメスを入れた点である。国際的「通貨戦争」をテーマとする本書に、たとえば中国の「一人っ子政策」のもたらした社会的変化が描かれたことは意外に思われるかも知れないが、それはむしろたいへん重要なことだ。というのも、政治・経済・社会を含めた中国国内情勢の変化とその行方こそ、世界の「通貨覇権」の帰趨を決めるもっとも重要な要素だからである。

「世界」を語れて「中国」も語れるというのはもともと宮崎氏ならではの強さであるが、彼は本書の中で、中国問題にたいする自らの分析から肝心の世界の「通貨覇権戦争」の行方についてどのような結論にたどり着いたのか。実はそれはまた、意表をつくような逆説的な言説であって、本書のもっとも「美味しい」部分であろうかと思う。とにかく本書を手に取って一読すれば、「世界」と「中国」の両方は鮮明に見えてくるのである。

(この文章は『正論』八月号より再録です)
   △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<<<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.amazon.co.jp:80/dp/4584131694/
 「これほどタイミング良く、しかも予測が的中している本はない」と評判です!
 
 ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
  < 下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98
        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ●宮崎正弘●MIYAZAKI MASAHIRO●みやざき まさひろ●宮崎正弘●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/07/03

    宮崎正弘氏の卓越した中国(人民元による地球上の生き残り政策・サバイバル?)の分析力に感服致します。

    今、『日本人の歴史教科書』を読み始めた

    ところです、日本人の歴史と生物としての本質(共生観?)を考えてみようと思います。

  • 名無しさん2009/07/03

    佐藤ソ連においては第七回のコミンテルン大会が開かれ、右翼・軍隊・官吏のなかに赤色スパイを送り込み、内部から攪乱破壊するという、いわゆるトロイの木馬方式をとることに決したのである赤魔猿

    佐藤村尾薩男がコミンテルンの目的達成のために、官吏の職に就くことの指令をモスクワから受けたのとおんなじレールの上を異臭を放ちながら“怪僧”中である赤魔猿

    佐藤有罪判決確定してもメディアに出まくる国賊分析官赤魔猿

    佐藤今もラジオで鳴いてる垢豚赤魔猿

    佐藤〇皇などホシュの喜びそうなことを持ち出してホシュジジイ共を籠絡した赤魔猿

    宮崎ただのデブ専まちゃぴろさん



    悲観桜