国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/07/01


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年) 7月1日(水曜日) 貳
        通巻第2647号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 イランの騒擾と天安門広場でおきた虐殺事件と光州事件と
   民主主義は成熟するか腐敗するか、とんでもない独裁がやってくるか
***************************************


 ▲韓国と台湾の「民主化」の影に

 1979年のイラン革命、米大使館人質事件、翌年は韓国で光州事件がおきた。
 同様に台湾でも美麗島事件がおき、米国の民主派は支援活動等に忙しかった。リベラル派はカーターを大統領に祭り上げていたが、結局、この政権の弱腰外交は世界の笑いものになり、人道主義は暴力の前に無力であり、同時にイランは世界を敵にした。
 80年11月、カーター大統領は無惨に選挙で敗れた。リベラル派の敗北だった。

 光州事件の影は複雑な影響を以後の韓国の軍事政権に与えつづけた。
米国の強い圧力に妥協を繰り返す裡に韓国には左翼政権がうまれた。盧泰愚政権は反米が売り物だった。韓国マスコミは左傾化し、反米はうっとうしいほどのスローガンとなり、保守の多くは米国へ逃げた。

韓国の“民主主義”なるシロモノは建前だけ、米国へのジェスチャーでしかないのではと思えるほどに訝しい。
民主主義は言論の自由を尊ぶ。醜い韓国人の著者を虐め、協力者だった加瀬英明氏を入国拒否し、あげくには日本に帰化した呉善花女史の入国さえ拒否した。この例をあげるだけでも韓国に民主主義らしきものの存在は根底的疑問が浮かぶ。

さて台湾の民主化に側面から圧力をかけたのは米国である。
この点ではソラーズやケネディら、リベラル派の議員らが大車輪の活躍だった。国民党のロビィストは米国政界で旗色悪く、ついに蒋経国は後継に本省人の李登輝指名に動かざるを得なかった。
 李登輝は勇気を持って民主化に邁進し、後に国民党の評論家からも「一千日の改革」とよばれた諸制度改革を断行した。
李登輝は巧みに国民党守旧派を分断させつつ、無用の終身議員制度を廃止し、「台湾省」という二重構造を撤廃し、完全な民主選挙を台湾に実現し、米国から賞賛を受けた。

 台湾には言論の自由がかろうじて存在し、大手マスコミが中国資本に傾く中でも『自由時報』などが健在である。台湾独立の主張は、ともかく堂々と行える。
 逆に米国が「独立を言うな」「現状維持でいけ」と指図するのは内政干渉である。


 ▲イランは原油高騰の富を民主化に使わなかった

 イランはロシアと同様に原油高騰で経済を潤わせたが、その富をインフラの建設に回さず、いたずらに教条主義の支持層を拡げるための“ばらまき福祉”に使った。
 アハマドネジャッド政権は現実に目を向かないで、ファナティックな主張を繰り返し、自派の扶植だけに政治エネルギーを費やした。
その結果、大学は女性が大半になり、その女性学生らはベールの下にジーンズを着用し、友人とはポップス音楽にひたり、酒を回しのみし、教条主義セクトの政治支配を呪った。
 選挙は実際にはアハマドネジャッドの惨敗だった様相である。

 イラン革命を防衛する、というナチスSSを類推させる「革命防衛隊」と「宗教秘密警察」という暴力装置で、民主主義の芽を摘むという悪政をイランは継続するだろう。

 イランの民主主義は政教分離がなされず、行政上トップの大統領とて、「最高指導者」の操り人形でしかなく、かといって中国共産党のように強い党が存在せず、その政治システムの貧困は経済的にまずしいトルコが近代化を達成し、ともかくトルコが成熟させつつある民主主義に比べると甚だしく異質であり、ペルシアの伝統と比較しても歪んでいる。

 織田信長の功績は政教分離を実現したことだった。そのために宗教セクトを暴力で押しつぶした。イランは反対に狂信的セクトが政治を殴殺した。

 さて中国は、いかにしてこのアンビバレンツを克服したか。
 天安門事件で学生を虐殺し、独裁政権を維持させることはトウ小平の最後の賭けだった。独裁開発を行わねば富は得られないと知っていた。『先富』を唱えれば、欣喜雀躍と活性化するという中国人の体質を知っていたのだ。

 趙紫陽は民主化の漸進を主唱した。
しかし彼を支持する強固な政治セクトは組織されておらず、つまり政治的力量不足によって趙紫陽に代弁させる知識人は中国に存在できなくなった。
 中国人にとって外国で『自由、民主、法治、人権』をさけぶ人々がいても、それらは『犬の遠吠え』としか認識されない。 


 ▲放心力が高まり始めた中国

 天安門の再評価を回避するために中国は反日教育を徹底させ、事件を和平演変、西側の陰謀という改竄史観で徹底させ、異様な教育を施した。
事件から二十年後に中国の多くの若者は事件の存在も意義もしらず、繁栄のなかで中華の偉大さをナショナリズムに転嫁してきた権力の宣伝に乗っている。
五輪やサッカーで「五星紅旗」に酔う。

 だからイランの原始的な支配に比べると中国の政治は「独裁のテクニック」が洗練されており、叡智というより「悪智恵の結晶体」である。

その強さは、しかし同時に弱さを胚胎している。
 求心力を強めに強めた中国は一党支配を長期にわたって確立しえた。だが、軍を国軍化できないままの肥大化させ、暴走する軍が党の支配を脅かす不気味な存在と化しつつある。

他方では中国の国有企業が海外資産を買収しつづけたが、同時に資産の海外隠匿、海外への分散移住がおこなわれている。独裁から逃げているのだ。
 経済繁栄と拝金主義が求心力のバネであるとすれば、富からオチこぼれた庶民、繁栄にありつけず貧困にあえぐ人々が、伝統的怨念を募らせて、反作用へのパワーをもたげる。
 放心力がこれから止めどなく拡大していくだろう。実際、富は分散し始めているではないか。

 中国がイラン型の混乱に陥る懼れがすくなからず存在するが、それは権威と権力の分散が始まる時だろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)貴誌前号にある、アメリカの北朝鮮専門家の講演ですが、
 まず「北朝鮮をめぐって新しい情勢の変化がある。主として日米中韓の外交スタンスの変化より、北朝鮮内部の変化による。また北京にも新思考が生まれ、国連も北朝鮮に新しい考え方となり、したがって今後、五カ国の対応が重要になるだろう」とあります。

拙見です(以下「伊勢」の箇所同じ)。最初のステートメントが、スミス女史(CFR)の講演の結論。つまり、これ以上のことを語ってはいない。
 
「世界が直面しているのは危機管理。言うまでもなく北朝鮮の核をどうするかだ。いまや地域的難題ではなくグローバルな問題、国連でもトップの問題となった。このままでは韓国も核武装にすすむ可能性があり、日本とともに米国の核の傘で安心できるシステムを確立しなければなるまい。そうして転換点にあってオバマ政権は新しい幕開けと見ている」。
 
(伊勢)核の傘の持ち手(アメリカ)の行動が注目されているのだ。行間から読めるのは、「日本と韓国に核保有を自制するように諭しつつ、一方で、締め木のハンドルを北朝鮮が悲鳴を上げるまで廻す。どこかで、ブレークが起きるだろう」と。
 
「オバマ政権は新しい幕開けと見ている」。
 
(伊勢)オバマだけではない。直接関係する五カ国も、新決議を出した国連加盟国も同じ。だが、中国とロシアを除くと、日韓はアメリカの核の傘の中で守られている事となっている。現時点の問題は「核の傘」ではない。「ブレークが起きたときに、この三国は何をする?」だ。でっかい疑問だ。北朝鮮軍が暴発したときに、アメリカは何をする?韓国はどうする?日本はどうする?「まあ、少し観察していよう」では済まない。
 
「その後のブッシュ・ドクトリンを、米国は依然有効と考えており」
 
(伊勢)ブッシュ・ドクトリンとは敵基地先制攻撃のことである。日本も韓国も同じ声明を出した。だが、集団自殺も辞さない北朝鮮から見れば、「こけおどし」でもある。何しろ、「悪の枢軸」と言い出したブッシュが実行しなかったわけだ。一体、どこの国が先制攻撃をする?でっかい疑問が残る。

「また北は核を小型化しミサイルに搭載する技術を持っていないと認識している。だが開発プログラムの目的が明確ではない」。
 
(伊勢)専門家という女史のお茶飲み話に「国防をアメリカに頼ってはならない」と強く感じる。こんな女史を呼んできても、気休めに過ぎない。
 
「北朝鮮の政権内部で後継者問題が急浮上し、核保有の野望とともに危機も継続される。核保有の野望は放棄されない。もし放棄するとすれば、北は膨大な代替保障を求めるだろう」。
 
(伊勢)女史から聞かされなければ、知らなかったことではない。女史はアメリカのCFR研究員だ。第三者のごとき発言に失望した。つまり、「アメリカは崩壊する北朝鮮のツケを払う気はない」と聞こえるのだ。それならば、具体的に「ここまではアメリカはやる」と大国らしいコミットをするべきだ。

「つまり米国が懸念するのは北朝鮮の崩壊。それはありうることであり、米国は北朝鮮の政権転覆を求めてはいないけれども、転覆が起こりうると考えている。だからワシントンー東京―北京―ソウルの密接な連絡が必要となり、中国が軸足を(日米よりに)移してきたのだ。北朝鮮は後継者問題もからみ、おりからのイラン問題が重なって、北は「イラン要素」を考慮に入れて行動するだろう」。
 
(伊勢)北朝鮮が崩壊したところで誰の責任でもない。「崩壊を懸念する」という意味は、「ババを掴まされたくない」ということだ。後継者問題もイランも無関係である。イランと北朝鮮のリンクならば核技術移転だろう。さあ、どうかな?アフマデネジャドは北朝鮮に拘わりたくないはずだ。
 
「北は必ず何かを仕掛けてくる。あるいは挑発してくるだろう。それに対応して米国がどう動くのか興味がある。いまの米国は「ネグレクト政策」をとっていると見ている。あるいは「放置」と置き換えても良いが、北のエスカーレートとネゴシエーションという挑戦に対し、オバマ政権は無視する政策を展開してきた。しかし、これは一時的なのか、あるいは新しいオバマ外交のスタイルなのか」(小此木政夫・慶応大学教授)
 
(伊勢)ブッシュ・ライス・ヒルの「ど素人・かけひき」よりは、爆発したくなる衝動を抑えているオバマの静観スタンスが少し良い。だが、まもなく、静観も無視も出来ないブレーク・ポイントがやって来る。だから、「出たとこ勝負」では済まない。戦争準備をする時期だ。
まず多国籍軍の呼びかけから始めなければならない。自分から言い出したくない姿勢ならば、軍事大国アメリカの大統領として失格である。甥のデービッド(前陸軍対ソ情報将校)は「今が、チャンスだ。ついでに、中国を牽制できる」と明確だった。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)第一に、このシーラ・スミス博士の講演は、女史の個人的見解。第二に在日アメリカ大使館はリベラル派の巣窟。第三に上記会合は主として日本のジャーナリストと学者相手の討論会で、おそらく伊勢さんが指摘した内容の質疑応答あったと推測されますが、小生、講演直後に所用で飛び出したので、その後の内容は不明です。
 それにしても鋭いご指摘、有り難う御座います。



   ♪
(読者の声2)貴誌 2645号 (読者の声6)(MK生)の質問投稿に「NHKの「JAPANデビュー」 ・第1回“アジアの一等国”を見逃しました。是>非見たいのですがDVD等の情報を教えてください」とありました。
問題点のまとめ編は
http://zoome.jp/atatata/diary/1604
http://www.youtube.com/watch?v=I1YtklJ56-o&feature=fvst
などで見ることができます。
YouTube でも10分程度の細切れですが見ることができます。
http://www.youtube.com/watch?v=hVH5WaT2byU
テレビ番組は著作権の関係ですぐに消去されることが多いのでお早めに。
 どうしても本編全体を見たいのでしたら、中国の「百度」で検索すると動画ファイルが出てきます(著作権の関係がありますからどこのサイトとは書けません)。中国のサイトは
ウイルスを仕込まれたりするのでとても危険ですが自己責任で。
‘   (PB生)



  ♪
(読者の声3)小国北朝鮮の核とミサイルに脅かされるに経済大国日本の安全保障。米軍がいなければ自国の安全保障がままならない姿は母親が付いていないと怖くてオシッコも出来ない図体だけ大きな子供の様。
情けない限りですが、いつも不思議に思うのは、何故誰も国民の安全を考えた避難訓練を提言しないのか。
 北朝鮮のミサイル発射場から東京や大阪までは1200キロくらいでしょうか。マッハが時速12000キロくらいとして、ミサイルの速度がマッハ1ならば10分で目的地に届く。マッハ2ならば5分。マッハ3で3分強です。いくら自衛隊に早期警戒システムが在っても、それが一般市民に伝わらないと全く意味が無い。
現在の状況だと多くの日本国民はミサイルの前に自己防御手段が全く無い。
国はそれを提供する義務がある。つまりミサイル発射寸前に(少なくとも)主要都市に住む国民がその状況を知るようにサイレンを設置するべきです。
決定的な1〜2分があれば、歩道を歩いている人は近くの地下鉄の駅や建物の中に入る事が出来るのでミサイル攻撃による犠牲者を最小限に減らす事が出来る。
この身近な安全保障に関する知る権利こそ、今や現憲法でいう基本的人権と考えられるべきである。取り敢えずは全国50都市くらいに設置すれば公共投資にもなる。
そして毎年点検の為に終戦記念日と長崎・広島の原爆投下記念日にサイレンをならし、さらに年に数度訓練としてミサイル警報を鳴らせば国民の安全保障意識を高めれる事にもなります。
   (DoraQ)


(宮崎正弘のコメント)そして、そういう警告を発する田母神元空幕長が広島へ講演に行くと発表すると広島市長(反戦派の悪名高き市長ですが)が、「来るな」と圧力をかけています。たまたま昨晩、田母神閣下とお目にかかりましたが、「わたしは断固行きます」と言っていました。
広島周辺の愛読者の皆さん、田母神講演会は8月6日『原爆記念日』に行われる予定です。
  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<<<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ、1680円)
〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜〜
http://www.amazon.co.jp:80/dp/4584131694/
 「これほどタイミング良く、しかも予測が的中している本はない」と評判です!
 
 ♪
宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円) 
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
  < 下記サイトから注文できます ↓ >
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url?%5Fencoding=UTF8&search-type=ss&index=books-jp&field-author=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%20%E6%AD%A3%E5%BC%98

        ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ●宮崎正弘●MIYAZAKI MASAHIRO●みやざき まさひろ●宮崎正弘●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/07/05

    佐藤!!!!!祝祝祝祝祝◎◎◎◎◎有罪有罪有罪有罪有罪判決判決判決判決判決確定確定確定確定確定☆☆☆☆☆慶賀の至り↑↑↑↑↑ざまあみろ極悪分析官♪♪♪♪♪赤魔猿

    佐藤端役歯根↓赤魔猿

    佐藤癌睾死灰▼赤魔猿

    佐藤革命豚赤魔猿

    佐藤革命的詐話豚赤魔猿

    佐藤コミンテルン指令で害務完了になった垢豚赤魔猿

  • 名無しさん2009/07/04

     <マッハの時速換算について>

     北朝鮮のミサイル発射場から東京や大阪までは1200キロ。マッハが時速12000キロくらいとして、・・・において、この時速が一桁大きく誤りです。

    音速毎秒315mとして、これを時速に変換すると、

     315×3600/1000=1134Km/Hr

    よって、大気温度15℃での換算レイトは、

    1マッハ=時速1134Km となります。高高度では大気低温度につき、概略1000Km/Hr前後とすれば良いと思います。