国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/06/29


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年) 6月29日(月曜日)貳
        通巻第2643号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 漢族がウィグル族の雇用で劣情を破裂
  広東で民族対立のはて、流血の暴動が発生した
***************************************

 広東省で民族対立による大規模な暴動が発生、死傷者数百名をだした。
 この事件は広東省東部の昭関市で09年6月25日に発生した。香港資本の「旭日電子玩具工場」で漢族従業員とウイグル人従業員が対立、武器を用いての大乱闘となり、流血の暴動に発展した。二名が死亡、百十八名が負傷、このうち十六名が重症という。

 香港資本は労賃を安く上げるため仕事をさぼり文句が多いだけの漢族の雇用を忌避する傾向があり、五月にウイグル人を大量採用したばかりだった。ウィグル族は漢族に比べると従順で賃金も安く済むため、経営者が集団で雇用を招致するからだ。
 このため漢族vsウィグル族のささくれだった対立が激化、寮内では万引き、強盗、強姦事件が続出していたという。漢族は「あいつらが来てからおかしくなった。ウィグル族は第二の日本鬼子だ」とすべてを少数民族の田舎物の所為にした。

 博訊新聞網(6月28日付け)に拠れば、地元警察四百が直ちに現場に出動、パトカー、救急車の出動は48両におよび、六カ所の医院が緊急患者を受け入れた。このために152名の医者看護師が動員されたという。

 少数民族の暴動を重視した党中央は直ちに連絡部会を開き対策を協議、周永康、孟建柱という二人の中央政治局常務委員が出席した。
 トップの政治局員が直々の指示は、いかに党中央が、この問題を切実に受け止めたかを物語るだろう。周も孟も公安検察規律警察を束ねる中国版KGBの元締めだからだ。

 また広東省党委員会書記の王洋は事件発生翌日に、はやくも省内関係部署に指示をだした。
 死亡した犠牲者の遺族に補償問題を提示し、また義援金をあつめよ、公安警察は事件の真相究明を徹底し、早急に責任者を逮捕し、適切な処理を行うと共に香港企業に対しては新彊ウィグル自治区から大量の雇用をするのは好ましくない旨を警告した。

 民族間のバランスを計ると共に、今後の治安回復のためにも新彊ウィグル自治区からきている女行員の安全を確保し、一刻も早い社会の安定を回復せよと訓令した(博訊新聞網、6月27日)。
 ウィグル族差別がこのようなかたちで露呈したケースとなった。
     ◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆ ★★★ ☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
撃論ムック「NHKの正体」大好評、発売

『撃論ムック「NHKの正体」――情報統制で国民に銃を向ける、報道テロリズム』
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
   オークラ出版、1200円

 ▲
 NHKスペシャルのシリーズ「JAPANデビュー」が大問題となっている。
 しかし、最大の問題は、「JAPANデビュー」が“公共放送”NHKの病の氷山の一角であること。そして、この事件を既存のオールドメディアのほとんどが全く報道しなかったことだ。それは、日本人に襲いかかる恐ろしい情報統制の現在を意味している。NHKは、日本人を圧殺する報道テロ機関として、その正体を現した。
国民の受信料と税金で運営される日本の“公共放送”に、いったい何が起きているのか?
本ムックでは、「JAPANデビュー」問題だけでなく、過去のNHKの偏向報道・番組を分かりやすく徹底分析、NHKのあるべき姿を展望する。「JAPANデビュー」の第3回「通商国家の挫折」、第4回「軍事同盟 国家の戦略」では、激しい視聴者の非難を意識してひどい偏向は目立たなくなったものの、相変わらず日本の近代化の歩みを一方的に貶める姿勢に変化はない。
安倍晋三元首相の特別インタビュー、抗議活動を推進する柚原正敬、永山秀樹、水島総各氏の論考を始め、第一線のジャーナリスト、評論家、学者が執筆。黄文雄、小林よしのり、林建良、西村幸祐の座談会も収録し、台湾現地取材の最新情報も。一家に一冊、日本人の安全と平和と守るためにも、日本国民必読のムック、いよいよ発売!

目次
◎口絵 NHK、そのとき!)歴史!)が動いた
これが「JAPANデビュー」サブリミナル・印象操作の全手口だ/映画が教えてくれる日台関係の真実/渋谷が燃えた日/NHKが送った脅迫状・怪文書を独占公開
◎はじめに 戦後日本の鏡、「人間動物園NHK」・・・・西村幸祐
◎特別インタビュー
安倍元首相、NHK問題を語る・・・・・・・・・・・・・・安倍晋三

◎総特集1 「JAPANデビュー」問題がつきつけるもの
・第1回“アジアの一等国”
NHK「JAPANデビュー」が引き裂く日台関係・・・・・・柚原正敬
5分で分かる「JAPANデビュー!)アジアの一等国!)」問題
台湾人を裏切ったNHKの大罪・・・・・・・・・・・・・・林建良
台湾現地の取材で見えた「真実」―やっぱりNHKは間違っていた・・井上和彦
「人間動物園」の言葉に隠された意図・・・・・・・・・・・・・・大高未貴
安保問題としてのNHK「親中」放送・・・・・・・・・・・・・・永山英樹
5・16&5・30 NHK抗議デモを見た・・・・・・・・・・・若杉大
・第2回天皇と憲法
「天皇」否定へミスリードするNHKの大罪・・・・・・・・・・高森明勅
NHKの悪質な印象操作、そしてメディアの崩壊・・・アリムラ・ヨシヒロ
「国体」破壊を表明したNHK・・・・・・・・・・・・・・・・小山常実

◎特別座談会
「JAPANデビュー」問題が明らかにした日本の危機
・・・・・・・・・・・・・・黄文雄/小林よしのり/林建良/西村幸祐

◎総特集2 NHK偏向の歴史
NHKからの脅迫状―私はいかにしてNHKと闘ったか・・・・・・・中村粲
「女性国際戦犯法廷」騒動とは何だったのか・・・・・・・・・・・古賀律子
チベットの「真実」を報じたとき、NHKは変わる・・・・・ペマ・ギャルポ
自衛隊が嫌いで仕方のないNHK・・・・・・・・・・・・・・・・佐藤守
「政治」以外は“まともな”NHK・・・・・・・・・・・・・・・杉原志啓
NHKスペシャルのやらせ体質・・・・・・・・・・・・・・・・・若杉大
○小特集 メディアは拉致被害者の味方か
拉致問題―解決への訴えをメディアは報じたか・・・・・・・・・詠清作
拉致被害者を蔑ろにした既存メディアの罪・・・・・・・・・・・西岡力
◎特集 NHK「反日」の構造
悪意のNHK―OBからの告発・・・・・・・・・・・・・・・大谷英彦
NHKと中国の抜き差しならぬ関係・・・・・・・・・・・・・青木直人
日本放送協会・性犯罪アーカイブス・・・・・・・・・・・・鉄幹ばなな
視聴者参加番組からプロ市民を駆逐せよ・・・・・・・・・・・・中宮崇
NHK売国プロデューサー・ディレクター列伝・・本誌「NHKデビュー」取材班
呆れたネコババ体質の実態・・・・・・・・・・・・・・・・・・若杉大
NHKが隠し切れない労組の闇・・・・・・・・・・・・・・・・野村旗守
私はなぜ、NHKと戦うのか・・・・・・・・・・・・・・・・・水島総
これがNHKの天下り企業だ・・・・・・・・・・・・・・・野村旗守
世界の国営放送・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・宮島理

◎好評連載
思想の誕生―第9回 日本的王権の由来と「和と『まこと』」・・・西尾幹二
北朝鮮が教えてくれるもの/(その2)世襲の擁護・    ・・西部邁
新・書生の本領―第9回 メディア批判の構造・・・・・・・・・大月隆寛
情報の考古学―第9回 変革の思想が問われていた時代(その2)・・西村幸祐
女流国防論―第9回 戦車はいらないの?・・・・・・・・・・・・・桜林美佐
ネット言論多事争論―第9回 明らかになったNHKの儒者根性・・宮島理
知垢庵夜話第9夜 日本人よ、「日本人」になれ・・・・・・・ ・但馬オサム
ほか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
  宮崎正弘『人民元がドルを駆逐する』(KKベストセラーズ)
  〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜〜〜 〜〜〜〜
http://www.amazon.co.jp:80/dp/4584131694/
 「これほどタイミング良く、しかも予測が的中している本はない」と評判です!
 <世界通貨は大波乱!>
 ●SDR債権なら500億ドル買う、と中国が豪語。ロシア、ブラジルが支持
 ●ガイトナー米財務長官は北京へ飛んで「米国債は安全」と講演、失笑を買った
 ●マレーシアも貿易決済を人民元でと首相が表明
 ●ブラジルは中国と通貨決済に貳国間の取り決め
     ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 <<<<<<<<<<<<<<<<< 宮 >>>>>>>>>>>>>>>>>>
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html

『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
       ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/06/29

    日本放送協会は中国の手に落ちた様な気がします。それにしてもこれだけ日本を歪めて利が有ると考えているのでしょうか?

    日本人が彼等の命運を握って居る事を知らしめる。本当にチャンネル桜の皆さんの尽力には感謝のみ、有難う御座います。