国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/06/08


◎小誌愛読者14550名!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年)6月8日(月曜日)
         通巻第2621号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 世界資源戦争の新局面 ガス争奪戦の巻
  中国、プーチンの苛立ちを横目にトルクメニスタンへ30億ドルを貸与
****************************************

 アシガバード政府(トルクメニスタン)は中国から30億ドルの融資を受けると公式に発表した(AP速報、6日)。

「トルクメニスタンのアフガニスタンとの国境近くにヨロタン鉱区(天然ガスが吹き出している)では6兆立方キロ・メートルのガス埋蔵が確認されている。『向う百年間、毎年500億立方キロのガスを供給できる』とベルディムハマドフ大統領は胸を張っている」(ワシントンポスト、6月6日付け)。

 トルクメニスタンという謎の国は、いまも鎖国中だが、独裁者ニヤーゾフの怪死以後、すこし風向きが変わった。

 第一にカスピ海沿岸のガス鉱区からはロシアだけにしか流通ルートがなく、従ってトルクメニスタンは長らくロシアの「家来」だった。ガスの値決めも、一方的にロシアが通告するだけだった。

 第二はトルコのジェイハン港へ西側がパイプラインを通したため、カスピ海の対岸アゼルバイジャンまで海底パイプラインを敷設すれば、ジェイハン・ルートに合流が可能で、待望の西側へ出せるという強い衝動が拡がっていた。現在カスピ海の別の鉱区開発をマレーシアのメジャー「プルタナス」などが行っている。
 
 第三にイランへの供給が始まり、距離的には一番近く、ロシアへの強い桎梏から逃れられる。イランはイランで、南へ向かうパイプラインを隣のパキスタンへつなぐIPルート(イランとパキスタンの頭文字をとって「IPルート」という)にも動き出した。これも背景には中国がある。パキスタンのグァイダール港からパキスタンをパイプラインを敷設してカラコルムを通過させ、新彊ウィグル自治区まで繋ぐ。

 そしてトルクメニスタンの懸案だった「ロシア以外」のルートが中国向けガス供給である。

 トルクメニスタンからカザフスタンを通過して、えんえんと7000キロのパイプラインは中国へ向かうが、年内に工事が完成予定。
このルートから年間500億立方キロのガスが中国へ向かう。これは25年の長期契約で、そのために中国はトルクメニスタンへ30億ドルを融資する(つまり、先払い)。

 豪ではリオ乗っ取りに中国は失敗したが、世界各地の資源鉱区あさりは続いている。
   ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)いつも内容の濃い情報を、どうもありがとうございます。私のように、学生運動華やかなりし団塊の世代に生まれながらもノンポリで過ごし、ヨーロッパへ移住しても芸術畑で呑気に過ごし、「日本国内での犬肉流通と需要に関する調査」(中国からの大量輸入、更に、なぜか国内からカナダへの輸出)に端を発して、初めて日本の異常さに気がついたというような「非常に晩熟(おくて)」の私には、解り難い投稿も拝見いたしますが、日々、勉強させていただいております。
天安門事件、「虐殺はなかった」と、朝日新聞他のジャーナリスムに次いで、またしてもNHKですか!
では、私が数日前にイギリスBBC・TVで見た、あの「特番」はなんだったのでしょう。”Kate Adie returns to Tianenmen"と題されたルポで、2009年6月3日、イギリス時間午後21時〜22時にBBC2で放映されたものです。
ケイトは1989年、天安門虐殺が起こった時、当時のBBC記者として、目の前で起こっていることを、勇敢にも現場にとどまって中継しています。
20年後、彼女はその現場に戻るわけですが、北京オリンピックの時には「世界各国からのジャーナリスト、ウエルカム」だった中国が、オリンピック後は態度を一変、今回もジャーナリストとしての入国は許されず(現在、ジャーナリストの入国は不可と言っていました)、一般旅行者としてかろうじて入り込み、撮影は隠し撮りと近くのホテルの部屋から。カメラを向けたら、警察官(?)が急いで妨害に来ました。
  ここで写し出された89年の現場映像では、天安門に多数の圧政隊のジープ(?スミマセン、専門用語が分からず。
上部は積み荷台のようになっていて、そこに相当数の圧政隊が銃を構えて乗っている)が入り込み、学生を射殺、あるいはジープで引き殺したのでしょう、あらかたのジープが去った後の広場には、点々と若者の死体が残されていました。
血みどろで病院に担ぎ込まれる若い男女、検挙された揚句、後に射殺刑になった男女の学生たち。その刑執行の模様も放映されました。
そして今も行方不明とされる子供たちを捜し、真実の究明を叫び続ける50人からなる「天安門の母」たちの存在。これらを一体、同じテレビ局として、NHKはどう否定できるのでしょう。(録画し忘れたのが残念ですが、BBCのホームページ,あるいはYou-tubeでも見られるかもしれません。)

日本では、事実が一般に、まったくと言ってよいほど報道されません。
イギリス、ドイツ、フランス、そして私の住むオランダは、まだまだジャーナリスムが健在ですから、こちらに住むようになってからは、目を瞑りたくなる様な、世界のあらゆる惨状も、日常の報道で24時間見ています。
日本人は過酷な現実を映し出す報道にも慣らされていないし、実際、正しい報道がなされていないのですから、その現状で「裁判員制度」を無理やり取り込んだ意図も、いずれ明らかになるでしょう。いえ、明らかにされねばなりません。
  こんなバカなことがまかり通っている日本は、異常です。
日本潰しの意図を、そこここに感じます。皇室の安泰なる存続を含め、日本のアイデンティティを取り戻さねばなりません。
 
 ところで、「幸福の科学」ですが、Google検索をすると、かつて大川家で働いていた人物(今は日本に住んでいない。だからこそ、ここまで書けたのでは、と思う)による、相当詳しい「大川家」ルポが出てきます。
それによると、「党首」は鬱病が昂じているので、立候補はしないであろう、その代わり、実権を握っている「鬼のように恐ろしい妻」が出てくるであろうとあって、今回その通りになっていますね。
この団体も、例の「公明党の最大支援団体(私は、公明党がこのセクトの支援団体だ、と解釈しますが)」に頭が上がらないとのことですから、もし議席を獲得するようなことがあれば、反日勢力がまた増すということ。一体、次の選挙では誰に投票すべきなのか、まったく見当がつきません。
 
 目下、国が学資を出してくれるオランダ語のクラスに出ています。
生徒の殆どは、生活保護で暮らすモロッコ人の妻で、頭巾を被っています(このオランダ語授業に係わる「移民居座り問題」は、長くなりますので、機会がある時にご説明します)。
素朴ないい人ばかりですが、ラマダンになると、授業中でも席を立って、度々教室の隅でお祈りを! 彼女たちはオランダ語を学びに来ているというより、「授業に出るか、働くか」という選択を迫られてのこと故、学習能力がない人も多々見受けられます。この人たちを通して、「文盲」というものがどういうものか、如実に学びました。
このクラスに唯一、底なしの金持ち中国人がいます。若い夫はオランダの法律事務所で中国人移民おたすけ係ですが、相手にしているのは、これまた底なし金持ち中国人ばかり。
事業を起こしにヨーロッパに来た連中ですが、学識もなく、英語もオランダ語も出来ず、ひたすらお金だけで勝負に来ています。
不動産を買いあさり、大きなショッピングセンターを作り・・・。
でも、どういう先行き見通しがあるのか、全く不明です。こういう連中は、もしかしたら、最近ニュースになった、公金持ち逃げディプロマートたち1400人弱の一部かな、とも思います。
  この中国人夫妻は、自分たちを「シナ」「シネース」と呼ぶことに何の抵抗も示していません。
私ももちろん「あなたたちシネース」と言っています。それは兎も角、彼らと付き合って最も驚くのが、日本人の持つような「道徳観」は彼らには存在していない、ということです。
ある時、奥さんの方が「ヨーロッパのものは高い。シナではルイ・ヴイトンもシャネルもすごく安い」と自慢したのを受けて、アフリカの勇気あるお嬢さんが「でも、み〜んな、偽物ねっ!」と応戦したところ、中国人の方はけろっとして「そうよ〜」と誇らしげに言っただけ。偽物作りが犯罪とは、微塵も思っていません。
こんな例がいくらでもあって、また、他の国の人との間にもいろいろ起こって、驚きの毎日です。
    (Hana、在オランダ)


(宮崎正弘のコメント)ヨオロッパでの現場の風景が手に取るように分かりました。小生、オランダへはいまから37年前に一度だけ。アムステルダムにオークラが進出していましたが、日本企業は少なかった。まるっきり変わってのでしょうねぇ。
オランダもイギリスも、なるほど日本と同様か、日本より中国の浸透が凄いわけですね。有り難う御座いました。



  ♪
(読者の声2)宮崎先生が“世界で軍事同盟の変革”が起きると書いている。その通りです。
根本原因は資源獲得戦ですね。チャイナは、人民元(RMB)を武器にする決心をしたようです。
米ドルへの優位を保持できるからアフリカや民族社会主義一色に染まっていく南米に浸食する。不安定なアフリカに安い武器を売る。
狙いは原油と食料です。安い労働力と外貨の蓄積が原資です。日本はそれほど恐れる必要はないと思う。
だがそれには、科学・医学・先端技術・工業技術の開発研究(RD)を増やす、特許を増やす〜海外工場進出〜投資・融資を積極的に実行しないといけない。
一方、中国への投資を控えると良い。日本は防衛費をGDPの2%にして、そこからRDを出すのがベスト。日本企業が軍需市場に食い込む機会になる。小さな製品でも特需は大きいものです。ユニークなものをアメリカから買うとかが起きる。勿論、麻生内閣でしか不可能です。

ところで、イラクの油田(世界第三位・1150億バレル埋蔵)に入札しているのは、SONANGOL(アンゴラ)〜ROSNEFTとTATNEFT(ロシア国営)〜CAIRN・ENERGY(UK)〜JAPN・OIL(日本)〜OIL・INDIA(インド国営)〜KAZMUNAIGAS((カザフスタン)〜PETRO・VETNAMです。
一方、ガーナにも大油田が発見された。純度の高い原油とあります。
この情報はウチの家内の会社の航空機を、50年間もチャーターしているアンゴラ石油のSONANGOLの発行する雑誌からです。
チャイナは全てに押しかけている。だが現地ではチャイニーズの評判が悪いそうですよ。
カネに汚いのが摩擦の原因と。ぼくが中東やアフリカを徘徊して観察した印象では、アフリカ大陸やアラブ諸国の民は非常に人の感情に敏感なんですね。つまり繊細です。
ベトナム人が日本人によく似ていて、そのマナーの良さ〜親切〜オネストに好意を持たれている。そのベトナム人は、日本人に好意を持っているのです。インド人も然り。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)世界有数の鉄鉱企業「リオ・ティント」を狙った中国、195億ドルで獲得目前だった。リオ社は年間二億トンの鉄鉱石を採掘します。土壇場でおきた資源ナショナリズムの豪。ついにリオの株主(殆どが英国人)が反発し、ラッド政権が窮地に追い込まれ、親中路線を捨てて、中国の資本参加を拒否。さらに土壇場で英国最大のBHPが、リオを統合することになった。世界最大の鉄鉱石メーカー(リオ・BHP統合)が生まれ、これにブラジル「ヴェーレ」社を足すと、これら三社で世界の鉄鉱石の70%を寡占する。原油、ガスにつぐ『鉄のカルテル』の誕生となるかも。
 ガーナも同じように?




(読者の声3)「オバマが天から降ってきた!」。
これは今月2日のイスラエル国営テレビの政治討論番組『ポリティカ』放映中に同国若手有望政治家オフィル・ピネスが言った言葉です。
右派系の他の出演者2人が「マアレー・アドミームやアリエルなど(事実上都市の)大規模入植地はどうするんだ!」とピネスを非難したら、さすがにピネスも「そこは残す」と言葉を濁しましたが、ここに見られるようにイスラエルには2つの潮流がある。
1つはオバマの中東関与策を自己の政策に生かそうとする労働党など。また、野党カディーマ党首のリブニはネタニヤフが政治的失敗するのを虎視眈々と待っている。
2つ目はオバマの干渉に対する反発。イスラエルのニュースサイトに載った統計では、55パーセントのイスラエル人がオバマのヨルダン川西岸入植地凍結などの要求には「ノー」というべきと答えている(別の統計では50パーセント以上は米国の要求に積極的に答えるとある)

6月3日付けの『マーリヴ』紙にはオバマ政権の中東特使ジョージ・ミッチェルがワシントンでイスラエルのエフード・バラック国防相との会談前に米国ユダヤ人社会の団体代表達に「長年イスラエル人達は嘘をついて来た。だが、それはもう終わりだ!」
と断言したと一面トップ。イスラエルは震撼。先月末にはクリントン米国務長官までが入植地凍結を断言した。
http://www.nytimes.com/2009/05/28/world/middleeast/28mideast.html?_r=1&emc=eta1

その後、さすがにイスラエル国内で反発が出て拙いと思ったバラック(労働党党首)国防相は米国側にイスラエルに対する言葉を緩めるように要請。そして、これらはイスラム最重要国エジプトの首都カイロでのオバマ演説に繋がって来る。「アッサラーム・アレイコム」。
    (doraQ)


(宮崎正弘のコメント)直後に中東歴訪をひかえたオバマの、アラブ諸国へのリップサービス、つまり対イスラエル強硬姿勢は演技だった、とする見方が強いようです。
 ジョージ・ソロスら在米ユダヤ人のリベラル派を怒らせないように、既存入植にまでオバマは反対していない、『凍結』と言っているところに、今度の騒ぎの落としどころがあるようにも見えます。

 ☆ ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★お知らせ★ インフォメーション★  ☆INFORMATION☆ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊予告 6月15日発売!

  『人民元がドルを駆逐する』
<ゴールドラッシュを仕掛ける中国の野望>
     (KKベストセラーズ、1680円)
          △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘のロングセラー 絶賛発売中!
  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html

『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(石平氏との共著、980円。ワック文庫) 
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
       ★★
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ★MIKE MIYAZAKI★  ◎MIKE MIYAZAKI◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/(5月31日に更新)
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • ぽん夫人2009/06/08

    先日のhanaさん在オあかランダさんの投稿にコメントさせてください。

    日本の犬肉流通に関してですが、やはり、そうかと思いました。



    この国のペット産業に関しては、同和、在日という日本のいわゆるリョーシンテキ勢力の宿悪の場となっています。



    私の住む福岡県ではその名も犬牧場という場所があり、飼えなくなったペットの引き取りをうたっていますが、その後畜肉として韓国へ輸出しているという実態を地元の愛護ボランティアが突き止めたものの、法律において、犬食をどうこういう文言が無い事と文化だ!と言われれば何も手が出せませんという事で行政としては、その怪しい業者の立て看板を撤去するということしか出来ないようでした。



    ペットショップに売られている子犬子猫の多くはオークションにて競り落とされますがこちらはやくざが胴元になっている。日本のワシントン条約の第一種、第二種の動物に関しての密輸は世界一。(中国は自国にワシントン条約指定の動物はたくさんいますから、密輸する必要はないんでしょう)1999年オラウータンの密輸で摘発されたペットショップもなぜか営業停止にはならず、それどころか全国展開を始めています。宮崎先生も歌舞伎町で巨大劣悪ペットショップを見かけませんでしたか?全国のなぜか歓楽街に出店を続けるこの店の胴元は在日パチンコ屋です。



    本来動物愛護や環境保護というものはリベラルのお家芸のはずですが、日本のリベラルの枕詞には反日という言葉がつきものですし、何よりそれらを支えるリョーシンテキ勢力の同和、在日が特権的に売り上げを上げる世界にメスを切り込む事はありません。



    桜林美佐さんもおっしゃるように日本の保守がこの問題にはしっかりとメスを入れなければ、捕鯨に関しても理解を得られるどころか、悪名高いカナダのアザラシ猟と同等の扱いを受け、更には、残酷な国民性ならさもあらんと、反日プロバガンダの格好の傍証とされるでしょう。



    捕鯨に関してのゴタゴタから日本の右寄りの方は動物愛護と聞くだけでアレルギー。



    日本はアニミズムの民。八百万の神様たちはみさき使いにたくさんの動物を従えています。



    自民党にも動物愛護議連が誕生していますし、保守による動物愛護、期待しています。

    ちなみに上記の議連には戸井田議員や馬渡議員や牧原議員などの国籍法改悪と闘った議員も多数在籍されていますよ。