国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/04/09


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)4月10日(金曜日)
         通巻第2558号 (4月9日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 トルコの地政学的戦略性を重視したオバマ大統領の歴訪
   最大の狙いはイランへのメッセージ発信だった
***********************************

 オバマ米大統領のトルコ訪問を現地の大多数は「歓迎」した様子だった。
なにしろアンカラ入りする前日、プラハで開催されたEUサミットでオバマ大統領は、「みなさん、トルコをEUの正式メンバーに入れて下さい」とぶった。
直後、トルコの世論調査は52%がオバマ政権に好感と回答する有様だった。(現地紙『TARAF』、4月6日)。

 だが、部分的な発言にそれぞれのセクトが強く反発した。
 オバマはトルコ国会で基調演説を行い、ギリシア正教のハルキ神学校を再開するように要請した。同神学校は1971年にトルコ政府が閉鎖した。

ついで少数派宗教者の尊重とさらなる民主化を訴えた。これらは率直に言ってトルコ政治への内政干渉である。
そしてオバマ演説では、トルコとアルメニア国境の再開までも促した。

トルコがもっとも嫌悪するふたつの国はギリシアとアルメニア。その二つの国への外交政策に容喙する米国はトルコにとっては傲慢と映るだろう。
とくにアルメニア問題は情緒的側面が深く、翌日からイスタンブールで開催されたUNAOC(国連文明同盟フォーラム)に、アルメニアのアリエフ大統領は出席をボイコットした。

 第一にオバマは次期NATO事務総長にラスムセン前デンマーク首相就任を推し、反対するトルコをなだめた。その裏取引はトルコ系の人物を副官(NATO事務次長)に充てるという人事上の妥協だった。
 イタリアのベルルスコーニ首相がトルコのエルドガン首相と親しく、携帯電話でなだめ、ラスムセンの正式謝罪を条件とした(『ユーラシア・デイリィ・モニター』、4月6日)
 ラスムセン前デンマーク首相は、モハメッドを侮辱した漫画事件に直接関与してイスラム教徒から強い反感を買っていた。

 第二にオバマはトルコ国内のクルド独立運動の過激派PKK(クルド労働者党)を「テロリスト」と定義した。そして「米国はトルコ政府のゲリラ討伐作戦を支持する」とまで踏み込んだ。
 クルド族がむくれているのは言うまでもない。


▲中東の安定にトルコの貢献は大きい

 第三はトルコの外向的仲介者としての役割を期待するとしてイスラエル vs シリア間の平和交渉にもっと前向きであるよう要請した。
 トルコはシリアに隣接するイスラム友好国、他方、イスラエルとは軍事訓練を共有する間柄である。

 第四にさりげなく、しかし、じつはこれがオバマ大統領のトルコ訪問の最大の狙いだった、イランとの対話再開のメッセージを挿入したのだ。
「イランが核武装を放棄する前提で地域の安定と経済の活性化に協力したい」とオバマが言えば、翌日にアハマドネジャッド・イラン大統領は「政治の変革は急がれるべきであり、米国の政策の現実的変革を基本的に評価する」と返答のメッセージが送られてきた。

 第五にオバマはイラク民主化の過程でトルコの協力を欠かせないとして最大限に評価し、米国とトルコの外交協力関係のさらなる発展を謳った。

 ともかくオバマがトルコで見せた熱演は「イスラムは友人であり、米国はイスラムと戦争を望んでいない。敵はテロリストだけである」とイスラム原理主義過激派と、世俗イスラムの一般民衆との乖離を醸成したのだった。

 オバマの就任演説を思いだした。『米国はクリスチャンとムスリムとヒンズー、そのほか神への信仰の薄い人々があつまる国である』と、ムスリムを前面に出していたことを!
  △ ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZZ
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)いつぞや、「日本人はアタマは良いのだが、負け犬根性が染み付いた」とコメントがあった。他方で、「無節操なアメリカ」は、まだまだ無節操を続行する。問題は、その無節操ぶりをアメリカ国民(ほとんどが愚衆か、追随を好むため)が自覚していないか、拒否(DENIAL)しているか、傲慢に無視しているのですね。
ところでゲーツ国防長官が発表したF22のキャンセルを、軍服組が怒り、やはり、ゲーツの北朝鮮ミサイル対応にアメリカ国民の57%が不満を表明した。宮崎先生が「アメリカ人というのは、みごとなほど“頓珍漢”と書かれたが、的を得た評価です。
(伊勢ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)F22のかわりにF35とするようですが。。。。



   ♪
(読者の声2)貴誌前号の「読者の声4」のPB様の文中にもありましたように、以前読んだ本の中で東京裁判の判決の日が天皇陛下の誕生日、処刑日が皇太子殿下の誕生日、であったと知った時(本当に驚き、あの裁判のアメリカの深意を知りました)から、私はアメリカが嫌いになりました。
小泉さんが最後の外遊の時、喜色満面でプレスリ−の真似をしている映像を見た時、アメリカが戦後の日本人に行った洗脳教育の成果?を見ているようで、不愉快になりました。
そして一国を代表して現地でそんな振る舞いをする首相を国民として恥ずかしくなりました。
  (YK子)


(宮崎正弘のコメント)エルビス小泉? プレスリーの真似をして都知事にでた人(アサノとかいう名前でした)もいました。石原さんに惨敗でしたが。

   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘の新刊  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  4月24日配本。四月下旬に全国主要書店に並びます。
  宮崎正弘・石平 共著
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(定価980円。ワック文庫) 
       

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。