国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/04/09


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)4月9日(木曜日)貳
         通巻第2557号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 米帝に代替する「世界新秩序」を、と反米チャンピオンのチャベスが吠える
  六回目の北京訪問、胡錦涛はありがた迷惑でもあり
***********************************

 ラテン・アメリカで反米の旗手、第三世界のチャンピオンとして人気のあるヒューゴ・チャベス(ベネズエラ大統領)が、またまた北京に現れて吠えた。98年就任以来、すくなくとも六回目の訪中である。
 「世界新秩序」の構築を中国、日本、イランでやろう、と。

 チャベスの「直感」によると、米国の帝国主義覇権は、いまや中国、日本、そしてイランに移転しているという(なぜ、ここに日本が出てくるかは不明)。

 チャベスは7日夜に北京に到着、8日に胡主席と会談したが、「世界新秩序は多極化の世界のなかで、バランスのとれたシステム。一極主義の時代は崩壊した。極は北京と東京とテヘランに移行しつつあり、誰もが明らかなように、東へ、そして南への極移動である」。
 
 北京にとって、お膝元で反米を口にされるのは有り難迷惑。しかし、一方において中南米外交の足がかりでもあるベネズエラ重視はかわらず、とりわけ中国はベネズエラの鉱区開発に120億ドルを投資、現在日量38万バーレルの原油を輸入している。

 「2013年には一日100万バーレルの輸入体制を構築するために四隻の巨大タンカーの建造や、三箇所に新たな精油所建設を推進する計画」(ウォールストリート・ジャーナル、4月8日付け)があり、チャベス訪中は、その具体策の詰めを行ったものとみられる。
 
   ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
KKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKK
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌通巻第2555号に「つまり、経済の基本構造が整い、ファンダメンタルズが最高なのに、なぜ日本は最悪に評価されるのだろう? それが問題なのだ」
と書かれましたが、まさにそこが問題です。
そしてその答えは単純です。
「経済の基本構造」の中に金融機関を含めるか否かで日本経済の「ファンダメンタルズが最高」か、最低かが決まります。
まともに貸付リスクを判断するだけの能力がないかあっても上司が官僚的に金融機関にとって安全サイドの基準を押し付けるため、貸付担当者が貸し付けず、そのため運転資金がなくなり黒字倒産する企業が続出する。
そのくせ、自分でも理解していない、わけの分からん欧米の権威がのたまった理論に基づくと僭称する債権や欧米の金融機関が投資しているものなら緻密なリスク判断もせずに投資して大損してもだれも責任をとらない。
中央銀行は、大不況下でもインフレになって中央銀行の資産を毀損するとかなんとかいって通貨供給量を絞る。こんな国の「経済の基本構造」がまとものはずはありません。

 ところでMC氏が(読者の声3)の中で「満洲の鉄道利権にアメリカは共同経営を持ちかけるが、英米の共同管理・共同経営というのはまやかし。実績・資本にものを言わせいずれ独占してしまう(例として中国の税関や塩税の管理は英国が独占)」と書かれましたがこれは不正確です。
戦前の蒋介石政権が関税の管理を英国に任せたのは、英国が「共同管理・共同経営」を「実績・資本にものを言わせいずれ独占し」たのではありません。
アヘン戦争での賠償金を清朝政府は、関税の徴税権を英国政府に渡すことで支払うことに同意し、清朝滅亡までに払いきらなかったので、清朝の後継者を自任する蒋介石政府もその債務と義務を引き継がされたのです。
満州国も清朝政府の後継者として応分の支払をおこなったが、蒋介石政府は実際には殆ど払わなかったと何かで読んだことがありますが、私は確認をしていません。
外交の世界でもビジネスの世界でも共同管理・共同経営というのはまやかしで、実績・資本・計略力にものを言わせいずれ独占してしまおうとするのは、当たり前です。
自分が公正であろうとすることは、賞賛すべきことですが、相手にもそれを期待することは愚かです。
  (ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)中国と合弁した日本企業が出資比率が50vs50の時はまだしも、51%を先方が所有する話にうっかり乗って、大変な経験をした企業がゴマンとあります。韓国企業は夜逃げしてきます。法律的に最後まで責任を持つ日本企業は撤退においてさえ、解雇する従業員に退職金を支払い、地区幹部からは賠償金を請求され、それを支払って撤収しています。
 馬と鹿が上につく正直者です。



  ♪
(読者の声2)前号貴見に「ゲーツ国防長官の衝撃的発言である。「次期戦闘機F22の発注をやめる」と言ったことは重大な戦略変更への布石ではないのか。日本の次期戦闘機はほぼF22で固まっていた」。
 やはり「ユーロ・ファイター」に切り替えるべきなんでしょうか。
   (TY生)


(宮崎正弘のコメント)ユーロ・ファイターはNATOの主力戦闘機で、米国製に比較すれば安いのですが、問題は日米安保条約がある以上、米国が許す筈がないでしょう。台湾のように供与されたF16が台湾バージョンで航続距離が極端に短いものであったり、次期供与の予定からはずされたりすれば、仏機ミラージュを買うことも選択肢たりえますが。。。。。。



   ♪
(読者の声3)あちこちの記事を見ると 悲観論と楽観論が 極端に入り混じるようになったようです。いくらなんでも これにはカラクリがあるのだろうとかんぐりたくなります 
「3月の中国自動車販売台数、過去最高に達する可能性
[上海 8日 ロイター] 上海証券報は、3月の中国自動車販売台数について、2008年3月に記録した106万台を上回り、月間としては過去最高になる可能性があると報じた。  同紙は、国家発展改革委員会幹部の話として、中国の自動車販売の約90%を占める国内メーカー14社の3月の総販売台数は103万台だったと伝えた。」
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-37390020090408?feedType=RSS&feedName=businessNews
   (KN生)


(宮崎正弘のコメント)もちろん、あらゆる数字は作為です。もし中国発表の、この数字を敷衍すれば、中国の自動車販売は年間1200万台の販売になり、アメリカをさえ抜きます。いくらなんでもそれは無いでしょう。



  ♪
(読者の声4) 最近読んだ本で、銀座のナイルレストランの創業者、A.M.ナイル氏の『知られざるインド独立闘争―A.M.ナイル回想録』は面白かった。
戦前、インドに600もあった藩王国のパスポートが日本では理解されず港で足止めを食らうも、京都帝國大学の入学証明書があるなら大丈夫だろうと入国を許され、入学早々サンスクリット研究の第一人者の教授に目をかけられるなど日本人のインド理解の深さに驚いたり。
イギリス植民地下のインドは日本の明治以前や清朝崩壊後の中国よりもバラバラな状態だったのですね。
戦前の日本ではナイルが食べてもそれなりにまともなカレーを出す店が結構あったというのも面白い。日本軍がカレーの普及に一役買っていたのでしょうか。
 ナイルはイギリスから日本政府に政治犯として引渡しの申し入れがあり、日本政府も了承したにもかかわらず、頭山満に匿われたりしながら逃げ回り、満洲建国大学の客員教授にまでなっています。
日本がアジアの欧米からの解放を当然の目的としていた時代背景が伝わってきます。イギリス植民地下のインド人として、関東軍の高級将校や満洲の五族協和の理念・実践は高く評価していますが、下っ端の軍人の権力誇示のための命令(宮城遥拝など)は無視。日本の中国統治については行政機構が複雑で、政府・軍・民間の団体の指揮系統が錯綜し、中国人がどこに話しを持っていったらいいのかわからない、と批判的に書いています。
日本人については近代化の実務を担うには日本人が中心になり仕事を進めるしかなく、名目上は漢族・満洲族の下で働こうとも、文句も言わず仕事をすると感心しています。このあたりは満洲国総理だった張景恵の発言と通じるものがあります。
インドでは下位カーストの下で高位カーストが働くことなど考えられないことでしょう。

 イギリスの繊維産業を潰すため、天津でイギリス向けに取引されていた羊毛を内陸で日本の商社が天津並みの高値で買い上げ横取りする段取りを取り付けるものの、大局を理解できない日本の下級軍人・商人が羊毛の値段を値切りまくり結局は元の木阿弥。ナイルはあくまでインド独立のためにイギリスの弱体化を図るスタンスですが、当地の自信過剰・傲慢な日本人にはなかなか真意が伝わりません。
またビハリ・ボースを高く評価、チャンドラ・ボースとは馬が合わなかったようで、彼のリーダーシップは認めながらも自由インド義勇軍のインド攻撃など無謀と批判的。

 この本の中で白系ロシア人が出てきます。
関東軍は白系ロシア人部隊を対ソ戦で使えると思っていたのに、ドイツがソ連に攻め込むやいなや、白系ロシア人は大挙してソ連領事館に駆けつけソ連軍への入隊を希望したのだとか。彼ら曰く、ソ連国内の問題なら反共だが外国に攻め込まれたならロシア人として戦うのは当然のことだと。反日日本人には白系ロシア人の爪の垢でも飲ませたいものです。

 アメリカについては上海事変で日本軍に撃墜された国民党軍のパイロットがアメリカ人であったことや英米の宣教師が反日活動を煽っており、しかもそれが効果を上げていると記しており、日本と英米との戦争が近いことを示唆しています(長野朗の記述と同様です)。日本潰しで国民党に肩入れしたアメリカ、ミズーリ号での日本の降伏文書調印式にわざわざペリーの黒船の星条旗を持ってきたり、いわゆるA級戦犯の処刑を12月23日、当時の皇太子誕生日に行うなど隠喩どころか明々白々な脅迫ですね。
ところが共産党に中国を取られ、骨折り損どころかその後の朝鮮戦争・ベトナム戦争へ。中東でもホメイニにイランから追い出されフセインのイラクを援助、それが今ではイラクで泥沼化。
  かつては反共でありさえすればアジアでも中南米でも独裁者を支援していたアメリカ、自国の経済が危ういとなれば独裁者の親玉・中国とでも人権など忘れて平気で手を結ぶ。こんな無節操なアメリカと一蓮托生は御免蒙りたいものです。
  (PB生)
 ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘の新刊  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  4月24日配本。四月下旬に全国主要書店に並びます。
  宮崎正弘・石平 共著
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(定価980円。ワック文庫) 
       

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/04/09

    ナイル回想録は興味深い!

  • 名無しさん2009/04/09

    宮崎先生へ

    イランは天然ガスでロシアに次ぐ二番目の生産量があります。先日イランは天然ガス車(CNG車)を開発したニュースがありイランの施設は確か日本の某プラント屋が関わっていたと思います。CNGは火力発電やDMEに必要です。



    イランのIran Khodro社は

    『Samand Soren ELX』に搭載したターボチャージャー付きエンジンは150馬力を出せる作りました。たしかルノーと関係があったたはずです。そのルノー傘下の日産はイスラエルで電気自動車をベタープレイス社と電気自動車を展開する更に日産はリチウムイオン電池でハイブリット車と電気自動車を今後展開する予定です。つまりチャベスはレアアースが多い南米諸国でボリビアには私の声が必要だということです



    ワイヤード(英語版より)

    Iran Claims It Has Made World's Most Powerful Natural Gas Car

    http://blog.wired.com/cars/2009/02/worlds-most-pow.html

    ちなみにイランにはペルシャ湾に世界最大とされるサウスパルス・ガス田があり、採掘した天然ガスを軽油の替わりに使える燃料(低公害軽油)に転換する事業にはトヨタ系の商社も参加してします



    「石炭液化技術開発 液化基盤技術の開発

    (アップグレーディング等技術)」

    事後評価報告書

    http://www.nedo.go.jp/iinkai/hyouka/houkoku/14h/21.pdf



    新DE燃料として、実用化段階に近付いているGTL(Gas to Liquids)

    国土交通省はバイオディーゼル燃料車も開発、エマルジョン燃料も欧米で再評価

    http://www.marklines.com/ja/amreport/rep318_200411.jsp



    グリーンニュディールを掲げるオバマへのメッセージだと思います。