国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/04/08


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
      平成21年(2009年)4月9日(木曜日)
         通巻第2556号 (4月8日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
連載(3。完結)
 G20は終わって、危機は去ろうとしているのか
  オバマの欧州歴訪で露呈したこと。米国の衰退は予測以上にスピーディ
****************************************

ワシントン・ポストは社説で、北朝鮮のミサイル発射をめぐるオバマ政権のジグザグ対応をこっぴどく批判した。
「支離滅裂で、ブッシュ前政権と変わらない」(4月7日付け)。民主党リベラル派寄りの同紙が、発足後まだ百日にもならない民主党政権を批判するのは異例である。これは保守の大物、ニュート・キング゙リッチ(元下院院内総務)が、「オバマの外交って、あれはファンタジーだ」と攻撃している原点とあまり変わらない。


 ▲外交の幻像

 オバマ政権の支離滅裂は、なにも北朝鮮対策だけではなかった。
 表向きは主役だから、どこかの国の“口パク人形”のように、派手な演出だけを深く吟味し、演技に凝るのは先輩のクリントン(元大統領)とそっくり。中味のなさ、というより外交の危うさはカーターに酷似している。基本の哲学が希薄なのだ。

 G20のあと、オバマ大統領はロンドンから欧州歴訪をつづけ、独仏国境で開催のNATO60周年記念の会議に出席した。
その後、チェコを訪問し、トルコへ飛び、6日にはイラクの首都バグダッドを電撃訪問、米軍兵士を励ました。

 毎日、テレビのトップニュースになる演出には余念が無く、歯の浮くような美辞麗句をつらねた演説に力点をおき、誠実な対話という意味では、あまり実がない。薄情な気がした。

 それはともかく、チェコは冷戦時代にニクソンが訪問して大歓迎を受け、1968年にソ連の戦車がプラハの街を占領し、長い沈黙があった。
チャスラフスカやバーツラフハベルら知識人が立ち上がり、自由への渇望はチェコ憲章になって結実し、そのごのポーランド連帯運動へと拡がった。その伝にあやかろうと、オバマはチェコでの演説に凝った。

チェコの民衆には自由の旗手、世界一の超大国アメリカへの憧れがある。
 チェコではNATOのメンバー入りして十周年を記念する式典があった。直前までチェコのトポレネク大統領は「米国の刺激策は地獄へ堕ちろ」と非難していた。
 プラハ城には三万人、場内に入りきれない人々はプラハの街頭を埋め、オバマはそこで三十分の演説。核廃絶、核拡散防止条約、部分的核実験停止条約批准などを訴えた。

 これは美辞麗句の羅列というより、本気で考えているとしたらオバマは我々が想像した以上に馬鹿である。
だが、それは表面的な考えで、いまなぜ、オバマがチェコで、そんなことを言うのか。タイミングと場所が問題である。

第一はNATO向けの配慮だ。なにしろNATOと米国との確執をようやく妥協してきたばかりである。
逃げの姿勢にはいったNATOを、アフガンに食い止め、増派を飲ませたわけで、これだけはオバマの得点である。

第二はロシアへの牽制、プーチンの露骨な反米路線へ裏側から近づいて牽制するのだ。
プラハの演説はそうした象徴的な歴史の意味が隠されている。

第三は米国内の議会対策である。
 いま、オバマ路線を批判する急先鋒は共和党。金融安定化法は共和党が全員、反対した。
 核拡散やら核実験禁止条約の批准は共和党が真っ向から反対している。議会取引に、これを遣い、景気刺激策を通過させようとする議会工作上のレトリックを、対外矛盾による外交演説でオバマは交わそうとした気配が感じられる。 

 トルコでは「ムスリムの国々とは友人であり、米国はテロリストとは闘うが、イスラムとは戦争をしない」と言った。
一部民衆には受けたがアラブ世界前代の反応はといえば、冷淡だった。
またパレスチナとイスラエルが別個の国家として併存する平和共存を訴えた。こうしてリアルポリティックスという意味からは、冒頭ワシントンポストが批判したようにオバマの行為は「支離滅裂」のオンパレードである。


 ▲帝国の座から滑り落ちつつある

 もっともオバマ歴訪の旅程なぞを総括するにあまり意味がない。
 大事なことはアメリカの力の衰退が我々の予測をこえたスピードで進捗しており、軍事と経済の帝国の座を自らが滑り落ちていることである。

 第一に2001年以来、米国はテロリストに主要敵と規定して、そのためにNATOを変質させ、欧州との大西洋同盟を劇的に変革させ、最大の敵だったロシアに歩み寄った。
敵の幻像を見た。
 チェコとポーランドへのMD配備はロシアを刺激したが対イラン向けと言い張った。オバマは核兵器廃絶への協議をロシアと開始すると言い放ち、同時にイランとは対話を始めると言明した。

 第二に中国が戦略的パートナーからステーク・ホルダー。さらに「G2」(米中同盟)へと大出世、この文脈から北朝鮮の核兵器、ミサイル実験への投げやり路線がでた。
これはブッシュ政権後半からの路線であり、ライスもヒルも、雪崩のような妥協路線に転落した。
 中国はG20直前にドル基軸は不公平、SDR通貨によるIMF改革などと提唱して米国を揺さぶったが、ロンドンの本番会議では一言も出さなかった。
 「主役とはゲームを降りると騒いで相手を脅かすことでもある」(TIME、4月6日号)。

 第三にパキスタン外交の原点を見失った。
 パキスタンは対イラン、対アフガンの戦争拠点であるばかりか、長期的にはインドを牽制する一方で、中国圏からの脱却を間接促進するという裏に意図がブッシュ政権にはあった。

アフガニスタンのカルザイ政権維持のために増派する米国は独自兵力では不足し、NATOを頼る。
また補給路を確保するためにロシアと妥協し、マナス空港からの撤退と代替できるウズベキスタンの補給路をNATOの兵站ルートとして確保した。
 嘗てのシニア・ブッシュ時代のような中央アジアを飲み込もうとする覇気はどこにも感じ取れない。

 第四に旧来の同盟国に不信を与えた。日本、インド、豪州、韓国は、明らかに米国への不満を口にするようになった。いずれ、NATO60周年に続いて日米安保条約は2010年が改定から半世紀になる。
 日米同盟の見直しは、おそらくオバマが言い出すだろう。

 第五にゲーツ国防長官の衝撃的発言である。「次期戦闘機F22の発注をやめる」と言ったことは重大な戦略変更への布石ではないのか。
 日本の次期戦闘機はほぼF22で固まっていた。
 
しかも中国が2020年に空母貳隻保有を公言しているときにである。
同盟国への配慮もなく、米国のコスト・パフォーマンスだけを理由に次期防衛体制を変革する。ラムズフェルトのトランスフォーメイションを受け継ぐ形ではあるが、要するに「世界の警察官」の座を降りる準備を始めたのが米国なのだ。

 北朝鮮のミサイル発射行為を黙殺し、反撃もしなかった。
 旧ソ連圏中央アジアへの浸透作戦は殆ど捨てたも同然になった。
 モンゴルへの浸透は中途半端、人権問題での介入を中国に対して要求しない。台湾問題はむしろ台湾に沈黙を強い、ワシントンが台湾独立に圧力をかけた。
 イスラエルを聖域化せず、アラブ諸国へのテコ入れを強化し始める。


 ▲インモラル、モラルハザードの拡散、精神の喪失

 こうした外交の延長線上に国際的な経済政策がでてくる。
 もともと今回の大不況の入り口にあった落とし穴は詐欺的な金融商品だった。CDS(クレジット・デフォールト・スワップ)を安心と言って宣伝し、海外の投資家に購入させ、ついには破綻した。

 情報開示、情報の透明さを誇った米国で、じつはインチキに近い、というより金融工学の発明品が誰も数学的誤謬に気がつかずに、平気で投資してきた。ウォール街に札束が乱舞した。

 売る側も買う側も、レバレッジが30倍もかかった証券なんぞ、ありうる筈がないと常識的な計算さえ出来ず、マネーゲームに興じた。
 その行為こそはインモラルであり、次に政府のとった救済措置はモラルハザードであり、典型的なのはシティやAIG役員らの高額ボーナスの支払いである。これは倫理観の欠如をしめしてあまりある。

 ホワイトハウスで、経済ブレーンの顧問になったローレンス・サマーズ元財務長官のスキャンダラスな生き方には失望しかないだろう。
 高慢ちきな個性は、アメリカ人のスーパー・エリートによく見られる特徴だから論じないことにしても、財務長官時代の傲慢さは語り継がれ、政権を去るとハーバーと大学学長へと「天下り」。そこで出てきたのはパワーハラスメントのスキャンダルだった。
 大学を追われて、彼は何処へ行ったか。

 ヘッジファンドの役員となり、今度オバマ政権の助言者トップにつく直前、五億ドルのボーナスを手にしていたことが発覚した。


 ▲ジェラルミンの箱にのって米国は宇宙のどこかへ消えるかもしれない

 マックス・ウェーバーの言った「プロテスタントの倫理と資本主義の精神」は名著だが、いまの米国には適応不能の古典でしかない。
僅か230年ほどの建国の歴史しかないアメリカは移民の作り上げた文化多元主義の、あまりに人工的な文明であり、それがUFOとも錯覚した西部遇氏は、「(米国は)ジェラルミン色の巨大な円盤となって、宇宙の彼方に跳び去っていくのではないか」(『サンチョ・キホーテの旅』、101p、新潮社刊)。
逆にロシアの学者が予言するように米国六分裂という未来のシナリオもある。

 日本は米国に対して無謀にも、或いは無思慮にも全幅の信頼をおく危険性をはらんでおり、その対米依存型という外交の視野狭窄から早く脱却し、独自の地位を確保する努力を始めなければ、近未来に独立さえを失いかねないだろう。

 半世紀後、世界の基軸通貨はゴールドにリンクした「華元」(人民元の新バージョン)が世界の支配的通貨になっているというシナリオもまんざら全否定出来ないのが、いま世界をとりまく状況である。

 景気回復も景気刺激策も、その営為は人間が行う。
モラルとガッツをうしなった人間が、本気で景気の立ち直りに邁進するだろうか?
 日本はこれから総額75兆円もの景気対策、財政出動をするというのに、低迷を続ける経済、日本の問題はそのあたりにある。
   ◇ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
KKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKKK
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 
  ♪
(読者の声1)貴誌通巻第2553号「人民元のハードカレンシー化への第一歩は通貨スワップ大不況とドルの落ち目に乗じて通貨覇権を模索する中国の野望」はかねてから先生が指摘していた事案が徐々に進行しているということでしょうか。トルコもイランとロシアとの通商での決済をリラでする交渉をしているようです。
 各国ともこの突然の米国の軍事、経済にわたる後退を自国に国益の伸張に大いに利用している(当たり前なことですが…。)ということでしょうか。
 我国は崩壊する徳川幕府に忠誠を尽くすように米国に追従するのか、それとも軍事はおいといても通貨・経済においてプレゼンスを獲得するのかとかという、明確なビジョンにかけているように思います。
 2世3世のぼんぼんタレント議員集団では無理からぬことでしょうか?(西村議員や安部議員も2世議員に分類されますので、一概に2世がいけないというのは短絡的ですが…。)
      (万葉至乃輔>> 


(宮崎正弘のコメント)日本の国会議員に、二世三世が多いのも徳川幕藩体制は世継ぎという秩序が機能し、維持された。平安な時代はそれも良し。そして乱世がくれば、かれらはさっさと退場する運命にある。婆娑羅大名がでて、信長のような破壊の覇王がでてくる。草奔(そうもう)の志士の出番はそのあと。



  ♪
(読者の声2)「国際派」の宮崎先生に、ちょっと「翔んだ」質問をさせていただきたいと思います。
 というのも、四半世紀前に宮崎さんは、日経新聞ウォッチャーとして『ザ日経』(上下巻)をはじめ、『日経の読み方』など一連のベストセラーを世に問われた。
 で、日経の文化面を『毎日が文藝春秋をつくる心意気で編集している』と社長だかの談話を紹介され、日経新聞の名物、最終面の文化面も評価されていて、その一つを連載小説におかれましたね。
 その後、日経連載小説と言えば、渡辺淳一の『愛の流刑地』『ひとひらの雪』など多くのビジネスマンの共感を得た、しかし社会的に言えばポルノまがい。
 さて、質問の前段がながくなりました。いま、連載されているのは高城のぶ子の『苦海上海』です。或る女性評論家は、これを酷評して「五十すぎの日本人女性経営者が、こんなにセックスにも跳んでいるか。時代錯誤だ」などとしている。
 酒井順子の批評は、この小説は女性がイラツく作品だそうです。「主人公の痛さとか、言葉遣いの下品さとか、我々世代からみた時のダサさとか」。(主人公の)『五十代でこの言葉遣いは、なぁ』。そして酒井女史は「この手の小説は日経ならではの需要でしょう」とばっさり。
 中国通と日経ウォッチャーを兼ねる珍しい存在でもある宮崎さんの、この問題へのコメントを是非うかがいたいと筆をとりました。
    (AT生、宇都宮)


(宮崎正弘のコメント)もちろん、毎朝、欠かさずに読んでいますよ。
 高城のぶ子さんの前にあの欄に連載していたのは北方謙三『望郷の道』でした。この作品も力作でした(脱線ついでに北方作品のなかでは、初めてご自分の先祖を描いた傑作、全共闘世代の任侠路線をにじませていて、それでいて経営者の才覚を描ききった。感心しました)。
さて高城のぶ子氏は現在の文壇でもなかなか筆力あり、叙情に富む、それでいて、したたかな作風で知られます。
上海に生きる女性を描くのは、嘗てのNYで活躍する商社マンを描く先端性があります。本人は否定するだろうと思いますが、三島由紀夫『春の雪』の影響を受けた作品もありますね。
ご指摘の酒井順子女史の批判も、最後は「フィナンシャルタイムズで愛欲小説が連載されるなどということはきっとなかろうと考えると、性に対する日本人の大らかな心を感じさせてくれる、日経の小説。この不景気の時代、それくらいのユルさは、持ち続けて欲しい」と肯定的に結んでいます(『週刊現代』、4月18日号)
なによりエステで成功して、そのチェーン店を上海に進出して経営する女性、男友達も大学研究者、商社マンと日経の読者にはふさわしい主人公や脇役の設定です。次にこの小説の背景に流れる上海は、かつて芥川龍之介や谷崎潤一郎が見聞したシナの、あの暗黒街と麻薬とダンスホールと刹那主義の上海の本質を皮膚感覚で捉えながらも、どの新聞ニュースよりも早い中国経済情報を取り入れており、これは彼女ひとりの情報収集とはとても考えられない。日経特派員の応援がありますね。
それこそ上海通しか知らない場所やレストランや、飲み屋の穴場もでてくる。森ビルやリッツカールトンホテルの客層など、上海経済の斜陽現象も、ちゃんと背景に書かれています。
 ですから第一に情報小説としても手応えがあります。
 第二に現代中国人の拝金主義とセックス、その享楽文化の深遠を覗いている。
 第三に上海に流れ着いた日本人の、その虚無、その怠惰、その他律的人生が浮かび上がるしくみになっている。
 小生としては高城のぶ子氏の作品が文学史に残るかどうかは別として、上海情報を、こういう角度から捉えるという、その実験的な新鮮味に一番興味を抱きながら読んでおります。



  ♪
(読者の声3)NHKの偏向番組深夜に見ました。
なにしろ最初から台湾は外省人が殆どの国だとか、日台戦争なる聞きなれない言葉が出て来たり、人間動物園に少数民族、後藤新平が差別主義者で民族差別をしたとか、挙げ句番組中のBGMはレクイエムみたいな葬送曲がずっと続き、明らかに日本の台湾統治が悪だと言うことをこれでもかこれでもかとあからさまに強調して、見るに耐えません。
しかもあるブロガー様がこの偏向番組をNHKコールセンター宛てに抗議したところプロデューサーが40代の日本人だと教えられたそうです。
この事実だけでも結構衝撃なのですが、多分この40代の日本人プロデューサーは学生の頃からの日教組の偏向歴史教育に何ら疑うこと無しに純粋に学んで今日に至ったのでしょう。
でもこれでは正確で本当の歴史を知る者と嘘の歴史を学んだ者と日本人同士が別れてしまいます。無論、それか敵国の目論見でしょうが、日本の方向性や日本人の統一した行動など絶対無理でしょう。
或る女子大生と偶々拉致問題を話したら日本が朝鮮で悪い事したから拉致も仕方ないて言われました。これが一般的学生、特に女子大生の認識なんでしょうね。
私が朝鮮統治について否定しても彼女は日本の朝鮮統治は植民地支配と言って納得しませんでした。
(ID生、新潟)


(編集部より)NHK批判について、ほかにもHPに下記の書き込みがありました
>         私はNHKは天気予報とメジャー野球だけしか見ませんがこういう方は多いですね。
 いえ、「見ないこと」についてでなくて、「ネット愛好家ではあるが、天気予報だけはNHKのテレビでしっかり見る」という人が。
 まずはここから改めましょうよ、皆さん。ニュースも天気予報も、ネットで見れば十分でしょ? テレビを見ること自体をやめましょうよ。
>          (アキゾウ)
>         
>         小生もこの番組を見て非常に不愉快になった一人です。今NHKがこの番組で何を語ろうとしたのか、人間動物園なる言葉・写真は台湾の方を侮辱する以外の何者でもありません。百歩譲ってそれが事実であったとしても、暴くことが今後の両国の良好な関係を築くことに資するのか、疑問ばかりです。
ちなみに小生は台湾に赴任で4年半過ごした台湾好き人です。(けいちゃん)

○NHKは日本の日本人による日本のための放送協会であります。
我が国の自虐史観を宣伝してはならない。世界各国が如何にして自国を擁護・宣伝しようとしているか、勉強して貰いたい。 
•
○私はNHKは天気予報とメジャー野球だけしか見ませんが番組表を見た瞬間に「一等国を目指した日本」と有りましたので、たぶん酷い番組だろうと予想して居ました。初めから見る気も有りませんでしたが酷い様ですね。
   ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪♪
宮崎正弘の新刊  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  4月24日配本。四月下旬に全国主要書店に並びます。
  宮崎正弘・石平共著
『絶望の大国、中国の真実――日本人は中国人のことを何も分かっていない』
(定価980円。ワック文庫) 
       

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/04/08

    現実にこのクニは、とくにマスメディアのアメリカの属州としての洗脳システムともいえる、意識の活動によって、何も考えない羊の国とされています。

    記者クラブ制という権力との癒着をするシステムに安住するマスメディアには、反日に取り込まれた権力をチェックするメディアに期待される役割をはたすことなど不可能なのです。

    すくなくともこのクニでは、インターネットがメディアの死をもたらすのではありません。新聞やテレビといった現行のマスメディアの未来は暗いものですが、それは、たずさわる人間の責任なのです。安全に楽な仕事をして、退職後も安定した生活を維持することが、目的なら、ジャーナリストという肩書きを捨てるべきでしょう。

    それらのことが、これから急激にこのクニの民の意識の表層にあらわれてくるのが、いま進行中の変化の結果です。

    NHKもジャーナリストという肩書きを捨てるべきでしょう。  光。