国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/03/25


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成21年(2009年)3月25日(水曜日)
        通巻第2537号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 「IMFは不公平、新通貨システムをつくれ」と中国が提唱
   ロンドンG20サミット直前に北京は強い政治的影響力を狙う
****************************************

 中国の中央銀行は「中国人民銀行」。周小川総裁は国際的バンカーとして著名で、欧米の経済紙にもカラー写真がよくでる。日本の日銀総裁は、名前さえ知られていないが。。。

 その周総裁が発言した。
 「IMFを改善し、米ドルに替わる国際通貨システムを創設することを示唆した」(ニューヨーク・タイムズ、3月24日付け)。
 ミソはIMFをそのままにシステムを改善する。しかし基軸通貨は新しいもの、それをIMFが管理する。
理由は「国際的な金融危機が啓示したことは(米ドル基軸という)現有制度が、固有の脆弱性とシステミックなリスクをもたらしたからである」。

周総裁の提言は「IMF特別引き出し権(SDR)の存続の是否、その機能を国際社会は再考すべきであり、新しいIMFシステムは新国際通貨のもとで、個別国家とは距離をおく、安定的で長期に機能する“外貨準備通貨”とするべきだろう」。

米国に衝撃を与える内容である。
ついに軍事覇権の野心から通貨覇権の野心をむき出して将来的には米国の経済覇権を脅かそうというわけであるのだから。

これは日本にとっても近く変動的な衝撃であろう。
つまり、ドルに替わる次の通貨体制をいまだ想定もしていない、日本の財務当局や、日銀ならびに外務省、これらに左右される日本の政治家の貧弱な頭脳からは発想さえできない、「想定外」の構想であり、思想的な経済学者、或いは哲学がわかる国際エコノミストの発想である。


▲ブレトンウッズ体制は終わりの始まり

ブレトンウッズ体制の発足は、1944年、ジョン・メイナード・ケインズとモンゲンソー米財務長官との「創作」だった。2009年は周小川と誰々の合作となるのか、いや、それが歴史に残る?

「次の数年以内に、中国はその巨大な外貨準備を米ドル建てで保有しているために、価値の激減に見舞われるのは必定。だからこそG20(ロンドン・サミット)直前に、こういう提唱をしたのだろう」(同NYタイムズ)。

温家宝首相も3月13日の発言では「米国の天文学的な金額による金融安定化、公共事業増大は、必然的にドルの価値を低める。それは中国が保有する財産の安全に影響するため、強い関心を抱いている」。

 中国は単純な計算だけで言っているのではない。
 ニコラス・ラーディ(中国経済専門家)は、「中国は長期に亘るドル支配を不公平と考えており、海外から巨大な赤字をファイナンスして、財務相証券の保有者を増やさせるが、他方でインフレを招き、ますますドル保有の価値を減額させることになると解釈している」。

 また別の観測筋は「G20」(ロンドン・サミット)直前の政治的発言であり、中国の発言力の高揚を狙ったもの」と観測気球の段階である分析だ。


 ▲香港も動揺し、香港ドルと人民元ペッグ制を行政長官が示唆

 香港は動揺を繰り返す。
 香港ドルは米ドルとの固定制、人民元も米ドルとの固定相場制(いずれも準固定相場で狭いレンジで、制限枠内では変動相場制)。

 香港ドルが、イギリス植民地時代から、まがりなりにも「国際通貨」である所以は、発行金額分を当局に預託して人為的な信用を創造しているからだ。
それが信任される淵源で、香港ドルを発券する銀行は三つもあり、主力はイギリスのHSBS(香港上海銀行)と同じく英国系「スタンダード銀行」。85年に、この発券業務に「中国銀行」が参入した。

 人民元は長らく1HKドル=8・2米ドルの固定制度だったが、06年から切り上げを始め、いまや1ドル=6・99人民元ほどに強くなった。
同期間、香港ドルは中国経済に押されて、明らかに弱体化し、人民元100に対して、香港ドルが95以下。
その立場は三年前から完全に逆転している。

 そして香港行政長官のドナルド・ツァン(事実上の香港の首相)が言った。
「香港ドルと(米ドルではなく)人民元との通貨ペッグ制を考えるべきであろう」(ウォール・ストリート・ジャーナル、3月25日付け)。
 この発言は香港での経済投資フォーラムの席上、クレディ・スイス・グループからの質問に答えた。

 香港は週初来、通貨防衛のために為替介入を続け、三日間で54億香港ドルを売却し、また09年3月24日だけでもNY通貨市場に介入し、31億香港ドルを売った。

 もっとも香港市場でさえ、ドナルド・ツァン発言をまっとうに受け取る者は少なく、もし人民元ペッグ制に香港が移行するとしても、時間的には、五年以上、十年はかかるだろう。
おりしも同日、中国銀行は経常利益マイナス59%と発表したばかりだし。
    ▲
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声)オバマ大統領がユダヤロビーを放逐しました。これには些か驚きです。オバマ大統領が就任後、真っ先に指名をしたのがユダヤ人のエマニュエル補佐官でした。私はこの人事に少し違和感を覚えました。大統領のミドルネーム「フセイン」にみられる、親イスラム、イスラム対話で行くのでしょうか? 
     (X生)


(宮崎正弘のコメント)議会院外団、圧力団体、ロビィストの暗躍。これが米国議会政治の主流でもあるわけですが、その悪い側面を嫌ってきたオバマとしては、議会内外のロビィストへの規制強化に乗り出した。シニオリティ(年功序列)の強い米国議会にしがらみのないオバマ大統領だから快刀乱麻を断とうと表明は出来ることです。
しかし現在進行中の政治改革は、ユダヤ・ロビィに特定しているわけではなく、政治ロビィストの暗躍を取り締まろうというのが主眼でしょう。
    □
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆宮崎正弘●宮崎正弘●宮崎正弘●宮崎正弘●宮崎正弘●宮崎正弘●宮崎正弘☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊  http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  4月16日配本。四月20日には全国主要書店に並びます。
 宮崎正弘・石平『中国人論』(仮題。予価980円。新書版) 
       

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫、980円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●宮崎正弘○宮崎正弘●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去のバックナンバー閲覧も可能です)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/03/25

    3月21日付のTH生さんの

    「テロ攻撃に対する防備」というコメントを拝見いたしました。

    私が問題提起したきっかけとなった

    青山繁晴さんの発言についてですが、

    テリー伊藤さんとの共著で

    「お笑い 日本の防衛戦略」という本からのデータです。発行年は2001年ですから8年前の本ですね。

    青山さんによれば某原発を視察に行った時、警察官もいなければ、海側の大きな排水口側には監視カメラさえなく、排水口を水上スクーターを使って侵入すれば、高さ10メートルの壁があるだけで、アイゼンを使えば誰でもよじ登れるて侵入できるそうですよ。

    また、ある原発では中央監視制御室の

    とびらが開けっ放しになっていて、

    ラーメン屋の出前モチが出入りしていたそうです。その後、改善されていればいいのですが、危機管理が不十分という印象は

    ありましたね。





  • 名無しさん2009/03/25

    最近、変換ミスが多いですね。今日の「近く変動」はちょっと‥。まるでクイズです。愛読していますので、読みやすくお願いします。