国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/02/20


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
     平成21年(2009年)2月20日(金曜日)
       通巻第2501号  <2500号突破記念増大号>
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(速報)
  スイス銀行秘密口座ビジネスの終焉か
    UBS、米国の圧力に250の秘密口座の開示やむなしと判断
***************************************

 テロリストの資金源をたどると、必ず最後に闇に包まれるのがスイス。
 スイス銀行の大手はUBSとクレディ・スイス、ほかにピクテなど数百のプライベート・バンクがあって、日本でも架空の話「ゴルゴ13」でお馴染み。

 さて米国は2007年、スイス政府に対して、犯罪に関係する秘密口座の開示を要求し、水面下の交渉が続けられていた。
 スイス銀行の特色は秘密性にあり、世界の億万長者が、この秘密口座を持つ。

米国が追跡できる範囲内で、むろん捜査対象をアメリカ人に限定するとはいえ、テロリストばかりか、かなりの犯罪ならびに脱税、資金洗浄の謎が暴かれることになり、それは顧客との約束を違えることになるため、スイスは拒否し続けた。

 だが、その政治力もテロリストの戦争というロジックで米国に押され、スイスは過去三年間、牛歩戦術による時間稼ぎ。この間に顧客らは、さっさと解約するなり、或いはバミューダなどオフショアへ資金を移したとも言われる。

 ウォールストリートジャーナル(1月19日付け)によれば、UBS(スイス・ユニオン・バンク)は、遂に米国の圧力に折れて、250口座の情報開示を決めたという。
 ほかにマイアミでの脱税捜査の進展などから、IRS(米国歳入庁)は、同行に対して、52000口座の情報開示を求めているという。

 スイス銀行秘密口座ビジネスは終焉するのか? いや、次の魔都は上海かも。
    ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
UUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUUU
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
樋泉克夫のコラム

  ――いつの時代もこう・・・だった
           『中国の建設』(亀田東伍 岩波新書 昭和31年)


 △
武漢市で福華電機と脱脂綿厰を経営する李寅廷は、政府から救急袋と三角巾の製造を請け負った。
「彼は救急袋に入れる脱脂綿の製造に当り、政府から渡された品質のよい綿花のかわりに廃綿をつかった。
この廃綿も、二〇〇疋のガーゼも、ともに漂白も脱脂も行わなかった。
のみならず、廃綿中の一千斤は、クズやから買ったものであり、甚だしきに至っては、小児の死骸についていたものであった。

従ってこの廃綿をうちかえすと、工場の中がくさくなり、一度は綿の中から子供の頭がい骨がでてきたこともあった」。かく暴利を貪った彼は「被服工場・酒場・木工店をひらき、薬品に投資し、一八の銀行に貯金していた」。
中国人民銀行河南省分局では本店視察団を迎えるに当たり、2億5000万元の工作費を捻出し、100人を招待しての大宴会。
そのうえ招待を口実に仲間内での連日のドンチャン騒ぎ。

この程度の“経済犯罪”は昨今の中国では日常茶飯事。
とりたてて騒ぐこともなかろうと思いきや、以上は、この本が紹介する1950年代初頭の話である。
筆者は、「官僚主義の強い所では、汚職・浪費の事件が多く発生した。
なぜなら、官吏が署名や捺印だけで書類をすませ、大衆の生活の実情を知らない場合には、汚職者・浪費者は、えたりかしこしと活動したからである」と、この種の不正の温床を官僚主義に求めている。

じつは汚職・浪費事件の頻発に手を焼いた共産党政権は、51年から52年にかけ国を挙げて「三反五反運動」を展開し、社会の綱紀粛正を目指す。
同時にそれは文化大革命に至る全国民を挙げての過激な政治運動のはじまりでもあった。
三反とは汚職・浪費・官僚主義を「三害」、五反とは贈賄・脱税・国有資産盗用・原料や手間の誤魔化し・国家経済情報のインサイダー行為を「五毒」と名づけ、これらを共に糾弾・根絶すべく全国民を動員する。

この運動が全国的に徹底された結果、「汚職は基本的になくなり、資本家の反国家反人民の傾向が阻止された。根治不能と思われていた社会悪をやめさせることができたので、社会改造の意義を各方面に徹底させることができた。
資本家は中共の指導する社会では、昔のように悪事は栄えないことを知り、また労働者階級の指導なしには、社会の進歩はありえないことを身をもって知った」と著者は絶賛するが、現実は違っていた。

「汚職は基本的になくなり」はせず、やはり「根治不能」だった。
三害と五毒ははびこったまま現在にも続いている。官僚主義の弊害、漢民族の体質・・・永遠の病理ということか。
やはり著者の目は節穴、いやタメにするウソやホラ。

この本を書いた当時の著者は40歳そこそこの働き盛りで、日本平和委員会常務委員兼アジア太平洋地域平和連絡委員会副書記長の肩書き。
加えて北京在住は「いつの間にか三年となった」。どうせ北京御用達の提灯持ち。“アゴ足付き”の貴族生活。

ならば、「一般的にいって、中国共産党、各級人民政府、人民革命軍事委員会系統、大衆団体の幹部は、革命的伝統を守って、廉潔・素朴であり、誠心誠意人民に服務してきた。その、私心のなさ、廉潔さは、実に中国歴史始まって以来のものとして、深く人民の信頼を得ていた」と、バナナの叩き売りのように口から出任せの嘘八百を並べ立て世間を欺こうと商売に励んでいたとしても、なんら不思議ではない。
 著者が熱く語る『中国の建設』を現時点で読み返すと、我が国戦後中国認識が出発の時から如何に不真面目・出鱈目・インチキに毒されていたかが実感できるはずだ。
《QED》

  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◆◇み◆◇や◆◇ざ◆◇き◆◇◆◇◆◇ま◆◇さ◆◇ひ◆◇ろ◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌2月21-22日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)「司馬史観」への違和感続編。
乃木大将は、愚将ではなく名将である思います。
それはもし旅順攻略作戦が乃木大将でなく、艱難辛苦の上に多大な部下の犠牲を払った上でやっと降伏させた敵将に武士道に基づく寛大な処置をしたからです。
 普通であれば、自分の息子達を含めての多大な犠牲を強いられた戦いのすぐ後であれば、はっきりと勝者と敗者とを分ける処遇に出てもおかしくないし、乃木大将が普通の人だったらそうしたと思います。
 しかし、彼は自分たちと同じ祖国のために戦った武人同士と云うことで、礼を持って敵将ステッセルらを丁重に恥をかかせない様にするのです。
 もし、ここで乃木大将が普通の精神で敵将を敗者として扱っていたら、当時の国際世論(もちろん欧米列強のことで、アジアははいっていません)は、やっぱり日本はアジアの野蛮人の国だったと思われていたでしょう。それでなくても当時は、黄渦論がヨーロッパで声高に言われていた時代です。

 さらに当時のロシアの将軍の多くは貴族階級の出身でその親戚がヨーロッパ中に散らばっていることを考え、また、白人対有色人種との戦いととらえてみれば、乃木将軍の高貴な態度が日本のイメージアップに大きくつながりました。
 日本に対しての好感度が増したおかけで、高橋是清や、金子堅太郎の国債販売はスムースにすすみ日本は、どうにか戦争を継続できたのです。
 つまり大きな戦局は国際世論をどう味方につけるかが重要だということを司馬史観ではあまり重視せずに、ただ死傷者の多さだけで乃木大将の愚将論を展開しています。
 これを読んだ読者は、戦争と国際世論の形成は全く無関係の様に思え、その連動性を考えないようになってきたのではないでしょうか?
 今の政局も、国内のことばかりを考え、国際的な地位をなにも考えないマスコミが、中川大臣の失態ばかりを何度もテレビで放映し、国益と叫ぶこと自体、変だ思うのは私だけでしょうか? 
 日本の国際的地位を自覚し、今日本がどう進路をとることが重要かをもっと我々が見据えることが必要だと思います。そして政治家を選ぶときの基準にしなくてはと思います。
   (MI生、福岡)


(宮崎正弘のコメント)「乃木の譽れ」というお酒、「TOGO(東郷平八郎)」というビールあり、水師営の会見場は、中国がでっち上げた観光名所として旅順に施設化されてありますが、ニセのナツメの木も植えられ、♪「庭にひともとナツメの木、弾丸あとも著く」を想起させます。
 そういえば数年前、愚息も結婚式は乃木神社で。小生の友人ら十名ほどが乃木大将の歌を合唱してくれました。



   ♪
(読者の声2)貴誌の記念すべき2500号に掲載されたTK生さんの「読者の声3」は、元財務官僚・高橋洋一を評して「日本の学会など眼中にない」「迫力抜群」「自信に満ち溢れている」等々最高度の賛辞を尽しておられます。
しかし『さらば財務省!』などと威勢の良い書名を出版したので反官僚、反役所だと誤解されている方も多数いるようですが、今以て高橋は現職の「金融庁顧問」であり、この出版物は「ある壮大な目的」のための巧妙な目くらましであることは事情通の間では常識のようです。
また高橋洋一が政府紙幣の理論の根本の部分で全く理解できていない醜態を曝している事実は、文芸評論家の山崎行太郎氏によって詳しく酷評されていますので、ご参考までにご紹介いたします。
http://d.hatena.ne.jp/dokuhebiniki/?of=7
 (中央区、TF生)



  ♪
(読者の声3)貴誌通巻第2500号(読者の声3)でTK氏が書かれた高橋氏の政府紙幣発行論が丹羽氏の理論に基づいたものか独自のものかに関する論考を読ませていただきました。
私自身は、独自か否かには関心はありません。ただ、実効性があるかどうかだけに関心があります。
高橋氏の発行論の実効性に関しては、丹羽氏を含めて諸氏が問題を提起しているのであえて書きません。ただしTK氏が高橋氏の独自性を測るために提示なされた論拠には同意いたしかねます。
1.高橋氏が東京大学数学科卒であるので、東京大学法学部卒業の官僚たちより数学ができる。
(1)今から40年ほど前、ある東京大学教養学部の数学の教官が理科一類(理学部、工学部進学予定者)と文科一類(法学部進学予定者)に対して同じ問題で試験をおこなったところ、文科一類の学生の平均点のほうが高かった。
(2)東京大学数学科卒業で東京大学経済学部教授になった方に宇沢氏や先年日銀政策委員もなされた植田氏がいる。いずれも、単に数学科を卒業しただけでなく、十分数学者としてやっていける数学科同期の中でも俊越した存在であった。
しかしかれらが、さすが数学科卒業者であるといえるように数学を駆使した経済学の分野での業績やあるいは政策委員としての提言で働きをなしたとは寡聞にして聞いたことがない。高橋氏がかれらより数学ができるあるいはできたとはとうてい思えません。
2.「プリンストンでのノーベル級学者との日常的付き合いの中で財政・金融理論は滑らかに形成されていったものと思われます。」こういうノーベル賞コンプレックス丸出しの議論はやめにしないと思考停止に陥ります。
3.「高橋氏は東大法学部出身の大蔵キャリヤー官僚たちの数学の素養の不足を批判というより、明らかに蔑視すらしています。」
他人を蔑視することは、大和魂からはでてきません。また他の人に関して「その人は、他の人を蔑視している」ということは、他人を蔑視することより数等程度の低いことです。
 TK氏の真摯な考察・努力は賞賛いたしますが、こういった情緒的かつ無責任な議論は害毒を流します。
   (ST生、神奈川)



   ♪
(読者の声4)新潟IDさんのご意見と全く同様の感想を持ちました。ここ数年のマスコミはとても暴力的な感じがします。
一度、標的になったら徹底的に叩く。(それが原因で自殺された方への配慮はなし、反省もなし)空恐ろしい感じがして、私も日本的ではない違和感を感じます。
アナウンサーの言葉に違和感を感じる事も(NHKでですよ)近年度々。(日本的でない共産主義国のような独特な表現の時が・・この原稿を書いたのは日本人ではないのでは?)国に大事が起きた時、NHKは大丈夫なのでしょうか?
本当に不安です。不信感、そして不安感を煽られ、日本は何処へ向かって行くのでしょうか。
   (YM子)



   ♪
(読者の声5)あと2年で、テレビ放送も地上デジタル放送への移行という節目を迎えますが、電子情報の普及により、新聞雑誌等の固定情報誌が危機を迎えそうだという貴誌の予測は、電子情報時代の先行きを見通しているのかもしれません。
 すなわち電子情報は、2階部分として一階の従来の固定情報より、はるかに見通しのよい場所に立ち、時代のニーズを満足させる。それゆえ、一階の情報インフラとしての従来の新聞雑誌情報の役割は、見直されざるを得ず、2階部分である主力となった電子情報事業が、自らの情報を手早く総合的に、後からそれを閲覧するための、いわば、自らのサービス事業の一環として、1階の新聞雑誌事業を包摂していく。
つまり主体となった電子情報事業は、その補助機能を担うことになった新聞雑誌事業を自らの内部に組み込んで運営していく、といずれ、そのようなことになるのだろうか、などと想像してしまいます。
そのような未来の情報産業の構図の一つが見えてくるように思いました。
(ともあれ、新聞を手にとって読む、あの手軽さや全体の手っ取り早い見通しのよさは、失われたくないものだと思います。)
これは、一見、マイナーがメジャーを従えるという、主客逆転の面白さのように見えますが、実際は、マイナーがメジャーに取って代わって、メジャーになるだけであり、与野党逆転の構図のように思えば、いささか興ざめです。またしてもマイナーゆえの先鋭な文化が市場経済という金儲けシステムに吸収されると。
ポストモダンの文化的進化論も、所詮、経済万能主義には適わないようです。
ただ、時代の流れには、ある意味で人間はなすすべがないのであり、自分を見失わないように対処するしかないでしょう。
それでもマイナーこそ文化の根源であり、金儲けできなくともその分、メジャーより、奥深い魅力がある、これが本当でしょう。そのような魅力を電子情報事業には保ち続けてもらいながら、片足だけ経済万能主義に付き合ってもらいたい。
そうすれば経済半能主義くらいになって、真のインテリジェンス大国として日本は面目を保てるのではないか。その意味で電子情報産業の一方的な経済的進化は、日本の恥部になりかねません。
それは良心というものなのだろうか。いや、日本の大和魂の問題でしょう。       
(W生、武蔵野)
      

(編集部より)ご質問、ご意見の(2)−(5)に関しましては、いずれ時間のあるときに改めます。なお小誌、22日まで休刊しますので、掲載は23日付けからとなります。予めご了解下さい。
   △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
>>>>>>>>>>>>>>>>>> ● <<<<<<<<<<<<<<<<<
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌2月21-22日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊 
 http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
       ▲
宮崎正弘のロングセラー
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫。980円)
『出身地でわかる中国人』(PHP新書、861円)
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
      ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 転送自由、但し転載は出典明示のこと。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/02/21

    本日土曜日夕方のNHK子供週間ニュースで、日本のGDPが−12.7%であり,アメリカが−3.8%であるとの”お父さん”のご説明がりました。

    アレ、変だな?今のいままで、日本よりもアメリカのほうが大変なんだと思っておりましたが、日本のほうがよほど深刻だったのですねえ。。。

    アメリカが日本よりも三倍以上も軽い数字なのに、やれGMがクライスラーが倒産しそうとか??でも、トヨタは単に赤字でこの五月頃からは増産するらしい。えーーー、NHKさんは、さすがに世界のNHKだけのことがありますねえ。。。アメリカよりも日本が三倍以上も深刻な経済危機だったとは?知らなかった。でも、それでもトヨタ・日産が倒産の間際にないのはどうして???不思議だなあ・・・・。何か変。。。。

  • 名無しさん2009/02/20

    勉強になりました。