国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/01/15


◎小誌愛読者=13367名!

◎宮崎正弘出演「西部遭ゼミナール」。下記MXテレビのサイトからご覧になれます
http://www.mxtv.co.jp/nishibe/douga/index.html?200901

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成21年(2009年) 1月15日(木曜日)
          通巻第2454号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 次期亜東協会会長に李登輝氏側近の彭栄次氏
   馬英九政権、対日関係重視の現れか
****************************************

 馬英九・台湾総統は日台関係をさらに強化するため、李登輝元総統の信頼が厚い、彭栄次・台湾機械運輸公司会長を「亜東関係協会」の次期会長に指名した。

 亜東関係協会は外交関係のない両国関係にあって、貿易・通商面で、台湾の対日窓口機関にあたり、歴代は殆どが駐日代表(大使)経験者が就任してきた。

新会長が正式に彭氏ときまると、台湾団結連盟(台連)出身の陳鴻基・現会長に続き、李登輝元総統と関係が深い人物が対日関係をリードする。

『台湾の声』(1月15日付け)などによれば、「彭氏は昨年6月に発生した尖閣諸島沖で日本海上保安庁の巡視船と台湾遊漁船が衝突した聯合号事件発生後に、馬総統の書簡を当時の福田首相に伝達する役割を担ったとされ、馬総統は日本政財界と幅広い人脈を持つ彭氏の協力を望んでいるという。彭氏は総統退任後の李登輝氏の訪日旅行に同行したことがある」。
    
 私事ながら、筆者も何回か彭栄次氏にはお目にかかっており、東京では定宿の帝国ホテルの個室で昼飯をはさんで長時間話し合ったこともある。台北ではよく国賓大飯店の珈琲ラウンジで面談した。
 完璧な日本語、その教養の深さを目撃すると現在の日本人にこれほどの知識人がいるだろうか、と思うほどの人物である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ1)16日(金曜日)午後一時から「ラジオ日本」。ミッキー安川の「ズバリ勝負」に宮崎正弘が生出演します。(午後二時四十分まで)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇み◆◇◆や◇◆◇ざ◆◇◆き◇◆宮◆◇ま◆◇◆さ◇◆◇ひ◆◇◆ろ◆◇◆◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴誌2453号に「プアール茶にさほどの興味はなく、台湾へ行くと、いつもウーロン茶と高山茶をたくさんお土産に仕入れます。勿論、拙宅でも毎日のようにウーロン茶を飲みます。台北市では重慶北路から民族路、民権路と交差する両脇、とくに
この周辺にお茶の卸屋があり、かならず立ち寄ります」 
 と書かれていました。
 先生も台湾茶、それもウーロン茶と高山茶が好きと伺って、なくうれしくなりました。
私は台湾茶(中国茶という言い方はあえて避け、現地の人にも「中国茶と言うな、毒茶と混同されるぞ」と喧伝しています)それもウーロン茶・高山茶が大好きで、台湾へ行くのはこれの買い出しが半分くらい目的です。
だけども高価な台湾茶をさらに旅費を払って買いに行くのは、分不相応なぜいたくなので、昨年は行けませんでした。
  数年前までは大手茶店の”天仁銘茶林森店”でなじみ客の一人として購入していましたが、台北の友人が別の店を教えてくれ、”意翔村”という卸店で購入するようになりました。この新生南路の露地にある店は陳さんという主人が台湾茶協会ただ二人の茶葉鑑定士の一人とのことで旨いお茶が卸値で買えます。
    (HS生、豊橋)


(宮崎正弘のコメント)次にその店に行って見ます。天仁は有名店、ご指摘の店は、定宿の裏ですので、時間がないときは、ここで買うこともあります(苦笑)。
 台北郊外の木柵(動物園に近い)から山の中腹へ行くと茶畑が広がり、茶農家の軒が並んでいます。急坂な斜面が茶畑です。いずれも味自慢、茶匠みたいな人々が摘んでいます。即売もしています。ただし高い!
 高山茶は、台南の治本温泉へ行ったおりに、山岳地帯の卑南へも足を伸ばし、そのとき偶然立ち寄った茶店で、あまりに美味だったので、サンタクロースの袋ほどたくさん買って、それで一万円しなかった。帰国後、小分けして友人らに配りましたが、好評でした。
 で、プアール茶の話から、随分とお茶の投書を頂きましたが、読者の皆さん、お茶のみ話もこのへんで休みにしましょう。



   ♪
(読者の声2)1967年、宮沢オランウータンに、NYでカレーを食わしてもらった。
Y紙の名物カメラマンと一緒だった。五番外も、摩天楼もまぶしかったです。1ドル366円だから、ぼくのような日本人はど貧乏の真っ只中でした。
ブレジンスキーの宿敵はロシアです。クレムリンのドンたちを絞め殺したい。この男は、SCHIZOPHRENIC(分裂症)です。こいつの下で働いた官僚が言っていたが、心から許しあっていた友人でも、一瞬で嫌悪するようになるそうです。
「日本からはカネを出させれば良いだけだ」と言った。それを、粛々と実行しているのが、KISSINGERですね。この男は東京ではたらたらお世辞を言い、北京では日本をコケにして周恩来のご機嫌を取った。ABC・NEWSのGEORGE・WILLは、"We can force Japan"と。。。
日本の文化人という連中はバカにされていることも知らない。
(伊勢 ルイジアナ)


(宮崎正弘のコメント)逆の質問ですが、文中のジョージ・ウイルは、辛辣な政治評論を展開するコラムニスト、保守論客の、あのジョージ・ウイルと同一人物でしょうか?
 もうひとつ。宮沢元総理批判も、このあたりでお開きにしましょう。



  ♪
(読者の声3)パレスチナ問題と援助について。
ハマスの大量ロケット弾攻撃にイスラエルが反撃して軍事紛争が起きています。
ここで疑問なのは金が無いはずのガザのハマスが高価なロケット弾を多数購入できるのは何故でしょうか。
国連の援助資金が兵器購入に使われているのでしょうか。あらゆる政治運動は、資金源が決めてです。気の毒だと思って援助すると武器に代わっている。武器輸出国は儲かって喜んでいる。
こんな構図になっているのでしょう。安易な援助は禁物です。
   (MC生)


(宮崎正弘のコメント)ハマスの資金源はイラン。カチューシャ・ロケットは中国製、AK47自動小銃(カラシニコフ銃)はロシア製、中国製が入り交じっているようです。
 武器はエジプトとの国境に掘られた数十のトンネルからガザへ密輸されています。イスラエルの空爆は、このトンネルを四十本ほど破壊しましたが、まだ残存する秘密のトンネルがあるようです。
 武器商人の暗躍がありますが、こればかりは具体的プロセスが分かっていません。米国はドバイにあったイランの武器買い付け事務所とマネー・ロンダリングをしていた代理店をつきとめ、閉鎖させた。
さらにアジアにおけるイランの代理店の捜索を続けています。
マカオに金正日の資金洗浄代理銀行があったように、武器代金の操作がいかようになされているか、ジョン・ルカレやフレデリック・フォーサイスの小説より、もっと複雑な経路でしょうね。アルカィーダの資金や武器調達ルートが複雑怪奇に入り組んでいたように。



  ♪
(読者の声4)貴誌2451号:「記念講演に立ったブレジンスキー元大統領補佐官(80歳)は、「米中関係はいまやG2の関係であり米欧同盟、日米同盟と等価である」と絶賛賞賛礼賛のレトリックに終始した。・・・そのレトリックにはリアリティがともなう」
とあります。

このレトレックには、ブレジンスキー地政学「チェスボード」における駒としての扱いだよ、こういう意味合いが含まれているようですね。
オバマがブレジンスキーの操り人形だとすれば、今後の世界情勢が読み易やすくなる。高齢のブレジンスキーが、宿願の「ロシア解体」(実現するかどうか分からないが)に向けて、いろいろ手を打ってくるだろう。
中国にシベリア侵入をさせるために、アフリカから中国への石油流入を制約する目的で、スーダンあたりで反中紛争が激化するかもしれない。日本に対してはどうか、一応TC(三極委員会)メンバーだから出番はある、というよりも背中をどんと叩かれるだろう。
そうであっても、これを日本が家畜小屋から外へ出るよい機会と捉えたい。・・・北方領土問題、その他。。。。
当面は、「日本の領海から中国は白昼堂々とガスを盗掘している」ことへの正当なる抗議・行動である。
これは、中国に資源争奪の目をシベリアへ向けさせる一助にもなる。結局、私の見解を一言でいえば、親米ポチや反米でもなく、利米――つまり、アメリカをうまく利用するために頭を使おう。
(TA生、川崎市)


(宮崎正弘のコメント)思想は反米、外交は親米。これが当面の日本の基本ではありますまいか。



    ♪
(読者の声5)13日のテレビで見たのですが、中国では農村戸籍の人には家電購入時に13%の政府補助が出るそうで、売れ行きも上々だとか。
村で初めて洗濯機を買った家を紹介していましたが、いきなり全自動洗濯機なのですね。
昭和30年代、手回しの洗濯物絞りローラー付きから二槽式脱水機付きになり、昭和40年代には全自動になりました。
メキシコではドラム缶にモーターとプロペラを付けただけの昭和20年代のような原始的な洗濯機を見かけましたが、中国はある意味新しいもの好きですね。
懐中電灯は充電式のLED(発光ダイオード)になり、電動自転車や電動スクーターも珍しくない。
日本ではLED懐中電灯は高級品が多く普及品はほとんどありません(電池の売行きが落ちるから?)
電動自転車やバイクも規制が厳しくモーター駆動のみでは時速6kmが限度なのだとか。モーター付きの自転車の場合、モーターのアシストは50%までとの規制があるため中国製の電動自転車は日本では乗ることができません。小泉元首相がアメリカでパフォーマンスで乗ったセグウェイも日本では公道走行できませんが無意味な規制がまだまだ多いように思います。

宮澤元総理について、コメントや読者の声がいろいろ出ておりますが、かつて寿司について「あれは下衆の食い物だ」と言ったという話を聞いたことがあります。
もともと屋台から始まった江戸前寿司ですから宮澤喜一なら言いかねないと思ったのですが、クリントンとはホテルの寿司屋で12時頃に会談したとテレビ(時事放談)で言っています。
クリントンには下衆の食い物がお似合いだと思ったのかも?
    (BA生)


(宮崎正弘のコメント)中国では昨年春から農村に強制的に消費を促すため、現金で13%バックという、信じられないセールスを全土でやっています。旧式の電化製品をそれで消化しようというわけで、山岳地帯の山奥の村々でもやっていました。
    △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  △
宮崎正弘の新刊  増刷出来
  一ドル=90円台を割り込み、ビジネスマン、投資家が深刻な関心事。
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
     定価980円<税込み>。
     http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
         
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(編集部より)下記の「書き込み」がありました。ご紹介します。

●いよいよ、支那中共の盗人根性が表に出てきましたね(いや、以前から出ていたか)
 しかし、つんく♂プロデューサーも、これからは世界を視野に入れるという理由で、よりによって支那娘をメンバー入りさせたのには動揺しました。
 一時は、これからは、もう応援できないなぁと、ファンをやめていた時期もありました。
 しかし、支那中共政府と、一般の支那人は違う、支那人の中にも親日的な人間もいる、その個性を尊重しようと思うようになりました。
 なので、支那中共を批判することと、モーニング娘。を応援することは両立するであろうという結論にいたり、またファンになることにしました(笑)しかし、支那中共政府が崩壊した時には、支那娘のメンバーは、そのまま日本に亡命しておいた方がいいでしょうね。 

●日本のエコノミストの眼は節穴だらけ。そして「サブプライム・・・はなぜ破綻したか」の後講釈本続々で、聞いた話を講釈していた韓国ネット経済大統領「ミネルバ」と似たりよったり。

 さて東京MX『西部邁ゼミナール』 〜戦後タブーをけっとばせ〜第一回に宮崎氏がゲスト出演され、興味深く視聴させて頂きました。
 西部氏は中国市場に幻惑されて進出した日本企業経営者を快く思っておられないので、「解雇した人達に日本企業が襲われますか?」旨の問いに対し、宮崎氏の「まずは目の前の(地元)財閥を襲うでしょう」「外国企業は軍が守ります」のお答えに、「アレ?(大丈夫なのか)」っと反応された西部氏の様子が個人的には面白かったですね。
 また宮崎氏の「(真に)日本人になりたい中国人は日本にきて貰っていい」という旨のお話に司会の西部・秋山両氏も納得されたようで、私も「日本を破壊しようとする反日日本人・無国籍外国人より確かにマシだよなー」と改めて思いました。
 このような良質な番組への宮崎氏のご出演を次も期待致します。 

●宮沢首相で思い出すのは何でも日本人留学生のジョークをアメリカでやって「受けた」位の事しか覚えて居ませんが「哀れ」な宰相でした。
「朝日新聞」が散々「ヨイショ」した無能な人ですが、ホントに朝日新聞は日本の害虫の様な存在です。御本人も「叙勲」を辞退された様ですが御自分の仕事ぶりを理解されて居たのでしょう。 
 
●ガザ情勢ですが、浅学の私にはとても到達しきれない鋭い指摘!
しかし、私はイスラエルの選民思想が根っこになるだろうし、だからこそ、よく似た選民思想 漢民族こそ至上の民族、中華思想万歳の隣国が思いやられて映像を見るたび血が凍るような思いがしてしまいます。
 先生のメルマガで散々リアルなシナ経済の実態を明らかにする数字を見るたびに、膨れ上がった不満、ルサンチマンを白燐弾に変えて日本に向けてきたら!
考えすぎでしょうか。
戦況の冷静な分析を見るたびにぞーっとしています。案外ハマスがかわいそうとか言っている場合じゃないよと、今こそ平和ボケ日本人にいうタイミングなのでは、とも思ったりしました。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ご案内 INFORMATION ご案内 INFORMATION
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘 講演会のおしらせ
*************
    
 と き    1月22日(木曜日) 午後六時半
 ところ    大手町「産経プラザ」 三階会議室
 http://www.s-plaza.com/map/index.html

 演題     「我が国は国際経済危機にどう立ち向かうか」
 会場費    お一人1500円(学生1000円)
 主催     「正論を聞く会」
 お問い合わせ (03)3505−6585(三輪和雄)
           △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   拓殖大学日本文化研究所からのおしらせ ↓
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
< 拓殖大学からシンポジウムのご案内 >

 『昭和維新運動』再考
 **********

  パネリスト (五十音順、敬称略)
  岩田 温  (拓殖大学日本文化研究所客員研究員)
  桶谷秀明  (文藝評論家)
  佐藤 優  (起訴休職中外務事務官)
  藤井厳喜  (政治評論家、拓殖大学日本文化研究所客員教授)
  宮崎正弘  (評論家、作家)
  ロマノ・ヴィルピッタ(京都産業大学教授)
  司会     井尻千男(拓殖大学日本文化研究所所長)
         △
 とき    平成21年1月24日(土曜日) 午後一時〜五時
 ところ   ホテル東京ガーデンパレス
       http://www.hotelgp-tokyo.com/
       入場無料。予約不要。席は十分あります。お気軽にお出かけ下さい。
          ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊告示)小誌は地方講演などのため1月18日―20日が休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  @@@ @@@ @@@ @@@ @@@ @@@ @@@ @@@ @@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   △
宮崎正弘の新刊  増刷出来
  一ドル=90円台を割り込み、ビジネスマン、投資家が深刻な関心事。
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
     定価980円<税込み>。
     http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
         

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/01/15

     蛇足になりますが、モーニング娘。に加入した支那娘のメンバーは、ジュンジュンとリンリンです。



     リンリンはひょうきんで面白いですね。



     ジュンジュンは真面目で、モーニング娘。を心から愛しています。



     ちなみに、「支那中共」という表現ですが、歴史的には「支那」という表記が正しいと思います。



     戦前は、普通に支那という言葉が使われていて、差別語でも何でもありませんでした。



     あの男女平等だけでなく、人間の平等を声高に主張していた与謝野晶子でさえ、「支那が見たい」という雑文を書いています。



     中国という表現は、自分が世界の中心だという思い上がった精神の表れであり、どうも気に入りません。



     日本が国名を「天皇を中心にして世界を平定する国」という呼び名にしたら、やはり違和感を感じるはずです(平定はしなくても、平安にはするかもしれない)。



     なので、私は支那という表記を使いたいのですが、戦後教育を受けた人間は、この言葉を知らない可能性もあります。



     そこで、中共という言葉をつけて、どの国を指しているのかを明確にしているわけです。

  • 名無しさん2009/01/15

    アジア特に中国ご専門にされていますが・・中対欧州の関係などどうおもわれていますか?

    次期米国大統領もうすぐ就任されますが当分が人権運動が活発化しそうですね

    オバマ氏当分混沌状態。政権安定できそうだろうか?