国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/01/14


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成21年(2009年) 1月14日(水曜日)貳
          通巻第2453号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 白昼堂々と日本の領海から盗掘しても。
  中国の開き直りは「主権の行使。日本は曲解しないように」とのことです
****************************************

 日本の領海から中国は白昼堂々とガスを盗掘している。
 中国外交部の秦剛・報道官は「中国が天外天・ガス田を一方的に開発しているという産経の報道に反論し、「天外天などの油・ガス田は係争のない中国の管轄海域に位置しており、関係の油・ガス田に対する中国の開発活動は固有の主権的権利の行使である」とした。

付随コメントは次の通り。
「日本の『産経新聞』が(一月)4日、中国は昨年6月に中日双方が東中国海問題で原則的共通認識を発表した後も『天外天』油・ガス田の一方的開発作業を進め、この海域での共同開発について協議を続けるという共通認識に違反していると報じている。
『産経新聞』の報道は中日の東海問題に関する原則的共通認識を曲解している。『天外天』などの油・ガス田は係争のない中国の管轄海域に位置しており、中国が関係の油・ガス田の開発活動を行うのは固有の主権的権利の行使である。
中日双方の原則的共通認識で、共同開発について引き続き協議するとされている『その他の海域』には、係争のない中国側の海域は含まれておらず、中日双方がこうした海域の油・ガス田について共同開発を行うという問題は存在しない」。
〔1月4日 新華社〕

 他人の庭先に進入して『ここは我が家だ。文句あっか』と開き直るのは、盗人猛々しいが、日本側の反論もなく、東シナ海は、すでに中国の領海であるかのごとし。
 なにしろ愛国精神を発揮して、日本のことを正しく評価したら空幕長の首がとぶくにですから。  

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)先日唐突な質問に対してご丁寧に回答を頂き、ありがとう御座います。
昨今の国際情勢の中でも米国金融崩壊と並び語られる事が多いのがガザ紛争です。
これに関してある人達は逃げ場の無いパレスチナ人達が可哀想と言い、また逆に西村真吾議員のようにロケット攻撃に耐えてきたイスラエルを支持せよと言う声もありますし、実際、貴誌でもよく取り上げられています。
そして宮崎さんがいうように「イスラエルに学べ」という戦略的理解もあるでしょう。

そこで生意気ながらこの件で私の意見を述べたいのですが、この戦争の本質は「イスラエルによるハマスへの焼入れ」です。
だから凄惨になるのです。
つまりいきがっていた不良少年のハマスにプロのヤクザであるイスラエルが「この野郎」とボコボコに痛めつけている状況です。それで母性系の方々はハマスちゃんは家庭の事情がある可哀想な子なのに酷い(笑)と同情するわけです。
もっとイスラエルは加減してあげれば良いのにと。でも、加減したら「焼き入れ」にならない(笑)。
 イスラエルはハマスを痛め付けるだけでなくて、それを通じて周辺に「俺を舐めるとこうなる」と教訓を与えているわけです。
実際に11日のあるテレビ対談でイスラエルの安全保障専門家のダン・シフタン博士は歴史家のモティー・ゴラニー博士に対して、「イスラエルはハマスを徹底的に貶めなければならない」と発言。
「そうして、やっと彼らが交渉でもする気になる。」と硬軟の硬を強調している。
ここから見るとやはりイスラエルの目的は徹底的に安全保障の確保で、馬鹿なジャーナリスト達が「ホロコースト」だとか「アパルトヘイト」だとか言うのが見当違いというのが解ります。
現在、イスラエルは人的被害を最小限に抑える戦争をやっている。2006年のヒズボラとの第二次レバノン戦争の時もそうで、テロ戦争というのは非常に難しい。
 一方、もしシリアやイランが参戦するならば、イスラエルは「戦争のやり方」を180度変えて、徹底的に人的被害が出るような戦争に切り替えるはずです。そういう意味に於いて、「イスラエル軍が世界で最も人道的な軍隊である」というイスラエル人の主張は全く根拠が無い訳ではない。
 少なくとも米国やロシアや中国ならば大量の死者を出していたでしょう。
こういう言い方をすれば、「オマエは人権を何だと思っている。」という怒りの声が聞こえてきそうです。
だがそれに対してはダルフールで数十万人の黒人がアラブ人に残酷に殺され続けていた時に、日本のいわゆる人権派の人達はスーダン大使館に抗議の一つでもしたのかと言いたい。

 そもそも、本当の意味で日本には人権派など存在しないのです。
あるのは偽人権派のみ。政治的に急に人権をかざすだけです。ガザで死んだのはたかだか数百人じゃないですか。パレスチナ人に人権があって、黒人には人権がないのですか?と不可解です。イスラエル大使館でデモに行く暇が有れば、スーダン大使館へ行きましょう。

なるほど、この戦争の(イスラエル国会選挙直前という)タイミングの要素についても語られています。
でも最も「損」をするはずの右派リクードのネヤニタフ党首が、「この戦争はハマスが始めた。選挙への影響については立ち入らない」と断言しているのです。
なかなか立派な態度で、日本の小沢ラスプーチンに見習って貰いたいものです。
この戦争の拡大を望むハルマゲドン待望君もいるようですが、イスラエルはガザ空爆数時間前に外交チャンネルを通じてシリアに通告しているのです。
シリアはハマスを見殺しにしているようです。
何故か?
アサド大統領に聞いて下さい。この戦争後に、イスラエル右派政権とシリアが平和条約を結ぶ可能性があります。ただ、今はシリア内部の欧米派と親イラン派のバランスが微妙なようです。
   (doraQ)


(宮崎正弘のコメント)シリアの動き、微妙です。なんたってアッサド大統領は、オバマ当選直後にアラブ世界ではじめて祝意を表したのですから。
 ハマスはイランが胴元であり、シリアとしては同じイラン系であっても距離的に近いヒズボラを支援するでしょう。
 イスラエルが『新ナチス』、『悪の権化』となったという論調の激変は、ユダヤ贔屓だった米国マスコミにおいてさえ顕著です。保守派の『ウォールストリート・ジャーナル』も、イスラエル批判が厳しい。
オバマ次期政権、従来のようなイスラエル一辺倒支持の政策を維持することは難しい情勢です。



   ♪
(読者の声2)去年の三月にまったくの偶然から台北の迪化街でプーアル茶(普洱)の店にヒョイと入ってプーアル茶の講義を受けてきましたので、うろ覚えですが・・・。
 この店は迪化街にあって、間口3メートルぐらいの小さな店ですが、入って見ると奥行きが深く、店の両側にはいろいろ違った包み紙の茶磚と呼ぶ、直径20センチほどのプーアル茶のブリックがズラリと並んでいて、棚の後ろには原生茶の写真や葉っぱの見本が額に入れて展示されていました。
一般にプーアル茶といえば健康によいといわれ、原産地は中国の雲南省ですが、実際に健康のよいといわれるプーアル茶は栽培茶ではなく、原始林に生えるお茶の木からとった葉で作ったものが最高級なのです。
原始林は政府が開発を防いでいるため、雲南省でも数箇所かしかない。そして原生木から取れるお茶は毎年400斤だけ(一説には700斤とも)です。
普通、最高級のお茶(例えばウーロン茶とかセイロン茶でも)は春の新芽の三枚葉だけを摘んで製茶する「春茶」と呼ばれるものです。
ところがプーアル茶の場合はこれとは違い、額に入ったお茶の葉の実物を見ると、原生茶の葉は6センチぐらいの大きな葉です。原生茶を採集するには政府の厳重な監督があるので、産量も毎年決まっていて栽培されたお茶の葉を混入することも難しいそうです。

雲南省ではお茶の栽培は盛んなので、プーアル茶の生産量はかなり多い。生産されたプーアル茶は上海か広東の茶商に買い取られていく。
しかし本当の原生茶の買い付けは中国人ではなく、台湾人の茶商が握っているのだそうです。
なぜ台湾商人が原生茶の買い付けを握っているのかと聞くと台湾商人のほうが金持ちだから高値で買い取るのです。原生茶は産量が決まっていて、しかも台湾商人にコントロールされているので、原生茶を買いたいなら中国ではなく台北でなくては買えないそうです。
 台北の茶商でも原生プーアル茶を扱っているのは二軒だけで、彼の言葉から察すると彼は最大ではなく二番目の茶商人らしいとわかりました。ただし、最大の茶商の名前は教えてくれませんでした。

日本人がプーアル茶の買い付けに行くと、雲南の原産地か上海商人から買うので、殆どが栽培茶で原生茶は買うことが出来ない。去年(2007年)になってシンガポールからプーアル茶の買い付けに来た人は賢明にも上海と台北の両地から買い付けをしていたそうです。
 プーアル茶は20センチほどの丸いブリックで、一つが一斤の重さ、薄い紙に包まれていて、紙には15センチ直径の丸いハンコが押してあるのですが、紙に製造廠の名前等が赤や青のインクで印刷してある。
プーアル茶は年を経る程よいといわれているので、紙の「古さ」から判定することも出来るような気がしましたが、古い紙を使って包装紙を印刷してニセモノの栽培茶を包むことも出来るような気もするのですが、ホンモノとニセモノの確認はどうするのか、聞くことは出来ませんでした。
   (Andy、在米)


(宮崎正弘のコメント)素晴らしい御講義をいただきました。有り難う御座います。
 小生はプアール茶にさほどの興味はなく、台湾へ行くと、いつもウーロン茶と高山茶をたくさんお土産に仕入れます。
勿論、拙宅でも毎日のようにウーロン茶を飲みます。
台北市では重慶北路から民族路、民権路と交差する両脇、とくにこの周辺にお茶の卸屋があり、かならず立ち寄ります。



   ♪
(読者の声3)中国の民主化どこまで進むのか? 共産党政権崩壊万歳?
ところで初の民主党黒人大統領オバマ氏・・・暗殺されることは・・・? 
    (Z生)


(宮崎正弘のコメント)米国の新聞を読んでいると、ときおり、オバマ暗殺の脅威論がでていますが、かれが「危険人物」と判断されたとき、そういうシナリオもあるでしょう。いまのオバマ次期大統領は人種を越えて、タイガー・ウッズのような、物珍しさも加味して考えておく方が無難。なんといってもオバマ政権の閣僚名簿とブレーンを一瞥しても、これは第二次クリントン政権の様相ですから。
当面は、「良い子、ぶりっこ政権」では?



  ♪
(読者の声4)支那中共の実態を知ると、早晩、あの国は崩壊するような気がして嬉しくなります。でも私の好きなモーニング娘に、支那娘のメンバーがいるので、ちょっと複雑な心境です(苦笑)
   (尊野ジョーイ)


(宮崎正弘のコメント)秀逸なジョークでした。爆笑。



   ♪
(読者の声5)貴誌書評(高坂節三『経済人からみた日本国憲法』)で感じたことですが、経済界も戦後生まれが主流故の歴史音痴・東京裁判汚染者の経済とは「金」のみと言う短絡的な思考になるのではないでしょうか?
戦前に生きた人ならば、人種差別の激しさ軍事の必要性は身を持って肌で感じていたのでしょうが、アメリカの庇護の元での平和が如何に脆いものかも想像できない想像力の欠如は如何とも出来ません。
「文事も武備」があったうえで機能する事を忘れているのですから救いがありません。
   (Y生)


(宮崎正弘のコメント)毎年の年始恒例は雑誌『財界』の新年パーティです。小生、東京にいるときは大概でています。
「何故?」と問われると、財界主流の、その年の考え方、ニュアンスをそれとなく掴めるからで、政治家のパーティも冒頭に政治家の挨拶が続く三十分ほどは、各派領袖たちのスピーチを聞いていて、新聞の解説より鮮烈に政界のニュアンス、空気が読める。
 で、ことしの財界パーティ、次の約束があるので頭の三十分だけ顔を出して来ました。
 『大不況、なにするものゾ』という経営者たちの意気込みを感じました。政治家より元気でしたね。



   ♪
(読者の声6)『MOKU』という雑誌があります。
カラー大判で豪華な月刊誌ですが、その1月号の川口マーン恵美氏の連載『シュトゥットガルトの空から』に目を通しました。
日本でも話題になった氷河に埋まっていた古代人、“オッツィ”についてのエセーで、その遺骸が藏置されているイタリアは南チロルの博物館まで出掛けての取材記です。
この氷河期人は矢を射られ争いに敗れ、石の短剣を握りしめて息絶えたようです。

それにしてもフットワークがよろしい方です。
『証言・フルトヴェングラーかカラヤンか』(新潮選書)は、ベルリンフィルの楽員に電話で突撃取材を申し込んで十人以上を複数回に渡って訪ね歩いて物しています。
名作『ドレスデン逍遥』もたまたま泊まったその市内の宿を経営していた夫人から聞き出したことから着想を得て足繁く通って調べ尽くして一冊に仕上げています。出不精で、動くのがあまり好きでない小生は爪の・・という心境です。
エセーの最後の文節にある“オッツィ”が色恋沙汰で落命したとの著者の「妄想」がステキです。
近代進歩思想を排して、五千年を験しても人間の本質に進歩も退歩もないということを、『不倫!』、『禁断』の作者らしく巧みに表現していて、思わず唸ってしまいました。
    (有楽生)


(宮崎正弘のコメント)川口マーン恵美さんは、スポーツ・ジムにも通う音楽家でもあります。「こんど、スタッツガルトに来られたら車で町を案内してあげましょう」と言われていますが。。。
 小生にとってはドイツ語も分からず、東西ドイツ統一、通貨合併のおりは三回ほどベルリンへ行きました(三十五年前にスタッツガルトへ行ったことがあります)が、いまとなっては、専門外のドイツに行く時間があれば、中国に五回はいけますからね。
 本筋から離れました。川口さんの文筆力は凄いですよ。『ドレスデン逍遙』もたしかに傑作でしたね。
前掲新潮選書では、校了の間際にも新潮社のデスクから国際電話をかけて、インタビューを補強したという話を編集担当者から伺ったことがあります。
是非、次回の『正論大賞・新風賞』を!



  ♪
(読者の声7)貴誌の「宮崎正弘のコメント」に「崩御の語彙も知らないマスゴミは崩壊」のつぎですが、「1980年に、このカーターが再選されると勝手に思いこんで民主党に賭けていたのが当時の宮沢官房長官、レーガンが当選すると、数時間口がきけなかった。米国の二流政治家よりも劣悪の政治家がごろごろといました。いまもいますね」
とありました。

 この宮崎先生のコメントに大いなる共感を覚えます。
筆者の思いを加筆しますと、宮沢内閣のときブッシュ大統領が来日しました。現在命綱一本でぶら下がっている破綻寸前のビッグ3を引き連れての来日でした。
2日目(?)ブッシュ大統領の歓迎晩餐会が開かれ、隣に宮沢総理が座っていた。
その最中のことだった、ブッシュ大統領は食べ物をのどに詰まらせてか、椅子に座ったまま気を失いかけ、静かに前にかがみ込み転げ落ちそうになった。
ところがブッシュが倒れていく様子をじっと見つめたまま、宮沢総理は手も差し伸べなかった。大統領のSPか大使館員が駆けつけ、介護するように抱え上げて、丁重に控え室に運ばれましたが、宮沢総理は椅子に座ったまま最後まで、部外者のような顔(ボケーっと見ていた状態)で無言だった。
大統領夫人が立ち上がり、”大統領が倒れたのは米国大使の責任だ。今日の昼間、大統領とテニスをして、大統領に無理をさせたからだ”と、笑いながらユーモアのあるコメントでその場は和みましたが、その成り行きをテレビで見ながら、宮沢は米国に見放されるだろうと感じました。
英語がぺらぺらでも、頭の方も薄っぺらなんだ、日本の総理はこの程度なのかと情けなく思いました。心底呆れました。
この時、即座に手を差し伸べ、抱きかかえて介護人を呼んでいれば、どれほど国益にプラスになったことだろうか。
日米同盟は、”TOP同士でも微塵も揺るぎない”と評価されただろう。ブッシュ政権も感謝のコメントを出して、ホワイトハウス内で後々まで語り継がれていただろう。
現ブッシュ大統領も大統領になる前から日本を評価していたはずである。小泉総理が宮沢に引導を渡したのは、或いは、ブッシュ大統領から、”あいつの顔は見たくない”と言われていたのかもしれない。
国家の指導者たる者、いついかなる場合でも国益を忘れてはいけない。
一瞬の気の緩み、僅かな見落とし、正念場での躊躇いが国益を損なう。宮崎先生のコメントを読んで改めて思い出しました。
   (K1)


(宮崎正弘のコメント)ある日、「キッチョ」の意味を問われた宮澤さん、即座に答えられず、数日後に「『君ぃ、あれはね、こういう意味だ』とわざわざ長い立ち話で講釈した」というばかばかしい逸話が石原慎太郎の回顧録にでてきます。
  △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    △
宮崎正弘の新刊  増刷出来
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
     定価980円<税込み>。
     http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
         

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/01/14

     いよいよ、支那中共の盗人根性が表に出てきましたね(いや、以前から出ていたか)



     しかし、つんく♂プロデューサーも、これからは世界を視野に入れるという理由で、よりによって支那娘をメンバー入りさせたのには動揺しました。



     一時は、これからは、もう応援できないなぁと、ファンをやめていた時期もありました。



     しかし、支那中共政府と、一般の支那人は違う、支那人の中にも親日的な人間もいる、その個性を尊重しようと思うようになりました。



     なので、支那中共を批判することと、モーニング娘。を応援することは両立するであろうという結論にいたり、またファンになることにしました(笑)



     しかし、支那中共政府が崩壊した時には、支那娘のメンバーは、そのまま日本に亡命しておいた方がいいでしょうね。

  • 名無しさん2009/01/14

    >日本のエコノミストの眼は節穴だらけ

    そして「サブプライム・・・はなぜ破綻したか」の後講釈本続々で、聞いた話を講釈していた韓国ネット経済大統領「ミネルバ」と似たりよったり。



     さて東京MX『西部邁ゼミナール』 〜戦後タブーをけっとばせ〜第一回に宮崎氏がゲスト出演されましたが、13日にその公式サイト

    http://www.mxtv.co.jp/nishibe

    でアーカーブ公開されておりましたので、私も興味深く視聴させて頂きました。

     西部氏は中国市場に幻惑されて進出した日本企業経営者を快く思っておられないので、「解雇した人達に日本企業が襲われますか?」旨の問いに対し、宮崎氏の「まずは目の前の(地元)財閥を襲うでしょう」「外国企業は軍が守ります」のお答えに、「アレ?(大丈夫なのか)」っと反応された西部氏の様子が個人的には面白かったですね。

     また宮崎氏の「(真に)日本人になりたい中国人は日本にきて貰っていい」という旨のお話に司会の西部・秋山両氏も納得されたようで、私も「日本を破壊しようとする反日日本人・無国籍外国人より確かにマシだよなー」と改めて思いました。

     このような良質な番組への宮崎氏のご出演を次も期待致します。

  • 名無しさん2009/01/14

    宮沢首相で思い出すのは何でも日本人留学生のジョークをアメリカでやって「受けた」位の事しか覚えて居ませんが「哀れ」な宰相でした。

    「朝日新聞」が散々「ヨイショ」した無能な人ですが、ホントに朝日新聞は日本の害

    虫の様な存在です。

    御本人も「叙勲」を辞退された様ですが御自分の仕事ぶりを理解されれ居たのでしょう。

  • 名無しさん2009/01/14

    ドルが対円で幾等に成ったら、暴落なのか?教えて下さい。

  • ぽんちよ2009/01/14

    先生のメルマガを拝見させていただくようになってまだ日は浅いのですが、毎回楽しみに、また深い感謝とともに愛読させていただいています。

    イスラエルVSハマスの戦争についての

    読者のDoraQさんの意見

    興味深く拝見しました。



    浅学の私にはとても到達しきれない鋭い指摘!!しかし、私はイスラエルの選民思想が根っこになるだろうし、だからこそ、よく似た選民思想 漢民族こそ至上の民族、中華思想万歳の隣国が思いやられて映像を見るたび血が凍るような思いがしてしまいます。



    先生のメルマガで散々リアルなシナ経済の実態を明らかにする数字を見るたびに、膨れ上がった不満、ルサンチマンを白燐弾に変えて日本に向けてきたら!!!考えすぎでしょうか。戦況の冷静な分析を見るたびにぞーっとしています。案外ハマスがかわいそうとか言ってる場合じゃないよと今こそ平和ボケ日本人にいうタイミングなのでは、とも思ったりしました。

  • 名無しさん2009/01/14

    面白かったです。(笑)

    宗教絡みの戦争いつまで続くのやら・・・

    関係ない?深刻な世界各国・・永世中立国スイスはどうだ?