国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2009/01/10


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成21年(2009年) 1月10日(土曜日)貳
        通巻第2448号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ブームとなった「プアール茶」も、相場が大暴落
  暴騰、狂乱から、プアール茶の産地に大不況、価格は十分の一に
****************************************

 最近、日本でも女性の健康管理、とくにコレステロール除去、二日酔いに効き目があると言われるのが「プアール茶」。
ウーロン茶より高級といわれ、一部に熱狂的愛好家がいる。
 横浜の中華街へ行くと、高級品も売られている。黒っぽく、せんべいのような形状をしているが、かび臭いほどに高級と言われる。

 2001年だったか、江沢民国家主席(当時)が雲南省のプアール茶の産地を視察したおりに、皇帝に献上されるかのように提供された最高級のプアール茶は、一斤100万円だった。プアール茶は唐王朝の頃に発見、改良され、歴代皇帝に献上されてきた。
 
プアール茶の産地は雲南省。とくに南西部のシーサンバンナの中心地=景供の東西に分かれる。多くはラオス、ミャンマー国境近くにある「孟海」(メンハイ)の少数民族、とくにハニ族が、栽培を得意とした。
 景供の東50キロの基諾(ジノー族の集落)もプアール茶六大産地の一つ。

 雲南省の省都=昆明から飛行機で南下し、シーサンバンナ空港(景供)からジープで二時間ほど南下すると孟海集落が開ける。ここが中国全体のプアール茶の三分の二を生産し、茶農家が3000軒もある。

 じつは2001年頃、筆者も孟海村を訪ねたことがあるが、文明が一世紀遅れている感じがした。トイレがなく、小学校のそれを借りた。
 町の屋台をのぞいていると「どこから来たか?」と問われたので「日本だ」と答えると、現地民がこういった。
「日本? それって何処にあるんだべ?」。

町中のレストランなどはタイ族、山岳地帯がハニ族など少数民族が農業に従事していた。目を覆うばかりの貧困が広がっていた。


 ▲少数民族がつくって漢族が買い、ブームを煽って「投機商品」に仕立てた

 現地少数民族は商売のセンスが薄く、買い手は漢族である。それも広東、上海からやってくる。
札びらをはたいて買い付ける。1999年から2007年までにプアール茶の価格は暴騰につぐ暴騰を示し、1ポンド150ドルにも高騰していたのだ(1ポンド=453・6グラム)。
茶畠所有の少数民族のなかにはベンツを買ったり、豪邸を建てたり。
 ついには2007年の生産量が10万トンに達した。

 08年九月、大不況の到来で、ブームは突然去った。
 プアール茶の価格は往時の十分の一、茶畑の多くは見捨てられ、高級車を保有した人はガソリン代もない。

 同様に中国のバブルは、怪しげな絵画、書画骨董、水墨画、前衛芸術(ファインアート)の価格を押し上げ、首を傾げるような絵画に法外な価格がついた。不動産、株式と同様に、このブームも去った。
 プアール茶も、投機の対象だったのだ。

 しかし本来のプアール茶は、保存が長期に亘れば亘るほど効果がよく、価格も上がるのが原則であり、基本に立ち返るチャンスがバブルの破綻のあとに訪れたということでもあるのだろう。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   △ △ △ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   △
宮崎正弘の新刊  増刷決定 絶賛発売中
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
     定価980円<税込み>。
     http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
  「日本経済新聞」に書評がでました! 
紀伊国屋「新書」の部、ベストセラー第十位になりました!
増刷が決まりました!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
****************************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)貴誌に紹介された<ピッツバークの蘇生>。
経済危機のなか、久しぶりの明るいニュースです。先進国経済再生のモデルとして。わが国にとっても参考になるのでは。
宮崎さんのいわれる、スーパー・ストラクチャでしたっけ。
(埼玉 TK生)


(宮崎正弘のコメント)下部構造の改善より、急ぐべきは人間の頭脳。そういう意味でスーパーストラクチャー(上部構造)の改変が待ち望まれます。



  ♪
(読者の声2)毎号まっとうなご意見拝見しております。
最近、気になる事はマスコミの政治介入が熾烈になりました。マスコミが政治的介入する国はやがて滅びます。 
    (B生)


(宮崎正弘のコメント)マスコミは第四の権力から、第一の権力を目指し政治の方向性に容喙し始めた。在野の精神も批判精神も、その分、失われたのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@ @@ @@@ @@ @@@ @@ @@@ @@ @@@ @◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
樋泉克夫のコラム
 
  ――無知蒙昧で一知半解。なんともトホホな映画評論家だ
             『キネマと砲聲』(佐藤忠男 岩波現代文庫 2004年) 


  △
 日中戦争の時代、満州や上海に構えた撮影所を拠点にして、中国の大地を舞台とする数多くの映画を作り、映画という娯楽を通して中国民衆の心に「日中友好と東洋平和への道」を訴えようとした。
映画による宣撫工作である。スクリーンに映しだされる絵空事の世界で「日中は同生共死の関係だ。共に立って欧米列強の植民地支配からアジアを解放し、共産主義の浸透を防ぎ止め、大東亜共栄を目指すべきだ」と訴えようとした。

映画は芸術などではなく、なによりも時代の最先端をゆく大衆芸能であり、大衆にとって映画館が娯楽の殿堂であった時代には、それゆえに映画は民衆教育のための最良の手段だった。
たとえばヒットラーは颯爽とした指導者ぶりを満天下にアピールしようと企て、毛沢東は革命の「か」の字も知らない農民に革命のなんたるかを伝えようと、芸能を十分に使いこなしたのである。
毛沢東にとっての映画や芝居は娯楽によって味方を増やし、血を流すことなく敵の支持層を切り崩し、敵を屈服させるために必要不可欠な闘争の武器だったのである。
日本軍もまた、当然のように教育・宣撫を目的とする娯楽映画を作った。

 とはいうものの映画製作に携わるのは生身の人間であり、科学技術の粋を集めたような映画もじつは最初から最後まで手作業と肉体労働によってしか作りだしえない。
ましてや脚本家、監督、役者など作り手の全てが中国人であり、舞台も中国だ。ならば、そのまま日本側が期待したような映画が作られるはずがない。
「ニッポン、バンザイ」のシーンに中国人観客にしか読み取れないような抵抗のカットが隠されていたり・・・して。

 この本は、そんな映画作りのために集まり、集められた日中両国の映画人、軍人や転向左翼、抗日運動家たちの戦後にまで続く交友を縦糸に、日中両国の映画交流の歴史を横糸にして、日中戦争の時代の一面を描きだそうとする。
それにしても政治に翻弄され続ける“中国のカツドウ屋”の悲劇は興味深く、雄々しく、痛ましく、もの悲しくて侘しい。
 「映画を見るという行為は、見る者の心を試すこと」と語る著者は、1942年に大ヒットした超大作の『博愛』を、「しかし第二次世界大戦もたけなわで、全世界に死闘がくりひろげられているときに博愛とは、皮肉だろうか、反語だろうか、あるいは逃避行だろうか」と訳知り顔。半ば呆れて切り捨てるが、この種の“岩波的芸風”を一知半解・無知蒙昧・夜郎自大・妄作胡為の典型と断言しておく。

中国において国共両党政治の垣根を超えて国父と崇められる孫文が「博愛」の2文字を好んで揮毫したことを考えるなら、『博愛』に込めようとした中国映画人のメッセージのみならず映画館に押しかけた中国庶民の思いを読み取るべきではないか。
『博愛』に清末の混乱した中国を統一した国父・孫文への思いを馳せたはず。中国は1つ、中国人は1つだというメッセージだ。『博愛』は娯楽大作であると同時に抗日映画と看做すべきだろう。それも読み取れないで「映画を見るという行為は、見る者の心を試すこと」などと高見からの見当外れのゴ託宣。ノー天気で頓珍漢が過ぎる。
 それにしても、日本側映画人の中心的存在として登場してくる川喜多長政が洋画の紹介者として知られる川喜多かしこの夫であり、1908年に北京で不可思議な死を遂げた川喜多大尉の遺児だったとは、迂闊にも知らなかった。
日中の映画交流の歴史は因縁浅からず。ゆえに愛憎複雑に絡み合うものだということを、改めて思い知らされた。
   《QED》

(ひいずみ・かつお氏は華僑研究の第一人者として知られる。愛知県立大学教授。このコラムは引き続き小誌に独占的に連載されます)。
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
#######################################
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
【是非見てください】
中国が媚日と憎む映画「海角七号」は素晴らしい
  永山英樹

ブログでは関連写真、予告編動画も↓
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-604.html



台湾、そして台湾人を理解するため、もし日本で公開されたらぜひ見てほしいのが、台湾で大ヒットを記録した映画「海角七号」だ。中国で「媚日映画」「皇民化の影」と言った理由で上映禁止になったことが日本でも話題となったが、実際にはそのような内容ではない。もしかしたらあの国が恐れているのは、台湾を愛する台湾人に支持されるこの作品の「何か」ではないか。
 私もこのほど、台湾人の友人から作品のDVDをもらって鑑賞したが、感動のあまり二回も見た。
物語の舞台は台湾南部の恒春の街。
日本人歌手中孝介(本人が出演)のコンサートの前座を務めるため、住民を寄せ集めたバンドが誕生。主人公のボーカルはバンドまとめ役の日本人女性と対立するが、主人公の手元には、六十年前に日本人教師が引揚船の中で書いた台湾人の恋人へのラブレターが配達されようもなく置かれていて…。

敗戦と言う歴史に翻弄されて分かれざるを得なかった男女の情感が現代を生きる若者たちの心を揺り動かして行くと言うストーリーだが、実際には切ない恋愛劇と言うより明るい喜劇であり、スピード感ある音楽映画でもある。全編を通じ、台湾人の明るさ、善良さ、優しさなどに支えられた活力が充満している。
私には登場人物一人ひとりが、愛すべき典型的な台湾人に見えた。
最初はみな勝手なことをやってバラバラでも、最後は情の部分で結ばれて、大きなエネルギーを発揮するあたりが何とも台湾人らしく、こちらまで気持ちが明るくなる。

この低予算の作品の興行収入が五・三億元に達し、かの「タイタニック」に次ぐ台湾史上第二位を記録したのは奇跡的だと報じられているが、その理由はやはり、この感動作そのものが「台湾」だからだろう。馬英九政権が誕生して中国傾斜を強める中、この「台湾」を見て憂さを晴らそうとの心理が民衆に働いたこともあるようだ。

そればかりではない。
総統選挙で「台湾」は敗れたが、その代わり興行成績を高めて「台湾」を勝利させようと、何度も映画館に足を運んだり、友人、知人に「見に行け」と呼びかけたり…。ジャーナリストの林意玲氏はブログで、「今年『海角七号』は台湾社会において一つの美しい共通の記憶となった。史上空前の五億元の収益は、鑑賞することが全国民運動になったことを示している」と書いていた。

台湾人の友人からも、「自分ではあまり感動していないのに、何度も見に行った人がいる」とか、「知人から『あなたにはDVDは貸さない。まず映画館に行ってくれ』と言われた」と言った話を聞かされた。
十一月上旬に台湾を初訪問した中国の代表、つまり陳雲林・海峡両岸関係協会会長は台北市内でこの映画を見ることになった。そしてその感想を述べるに際し、「台湾の海は美しい、恒春は美しい」とするにとどめた。
台湾への籠絡工作を任務とする彼の、精一杯のリップサービスだったのだろうが、これであの作品の情感の豊かさを理解したかどうかが疑問視された。そして帰国後の同月下旬には、この中国要人はこう言ったのである。
「皇民化の影がある。おそらく大陸の民族情緒を刺激するだろう両岸民衆の考え方が対立するのは、目下の関係改善の情勢には不利だ」と。本当に作品を見たのかと言いたくなるような、まったく筋の通らない話だ。
そこで私は、陳雲林が本当に言いたかったのは「あの映画は台独だ」ではなかったかと思うのである。しかしそう言っては、せっかくの関係改善に影響を及ぼす。それで中国当局はその後、「上映禁止とは言っていない」「すでに海賊版DVDが出回っているから上映は無理だ」などと釈明。
最近になってようやく上映許可を出したのだとか…。

ちなみに中国人から見ると台湾の文化的独自性(中国との異質性)を強調することが「台独」だが、もともと独自性があるのだから仕方がない。それでもその独自性は日本の影響によるものだと政治的に捉え、台湾人の媚日思想こそが台独思想だと警戒するのだ。
 逆に台湾人を中国人と思い込んでいる日本人がこの作品を見れば、たとえば日本人に対する優しい眼差しだけでも、「どうも中国人とは違う」と直感することだろう。
 登場人物の滑稽かつエネルギッシュな掛け合いに笑い転げながらも、六十年前のラブレターの場面(日本語で朗読される)では涙を流すのが台湾人だ。「日本の殖民地支配を否定していない」といきり立つ中華ナショナリズムが見られないのは、台湾人が中国人ではない証である。
これほど善良な民族が中国の支配下に置かれるなど断じて許してはならないことだ。
アカデミー賞外国語映画部門でのノミネートが期待されたが失敗したようで、台湾のために残念だ。しかし傑作は傑作である。台湾人と日本人の心の近さも理解されよう。そこで日本で上映の際には「ぜひ見に行こう」と重ねて呼びかけたい。
 
(「台湾の声」より転載しました)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    △
宮崎正弘の新刊  絶賛発売中
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
     定価980円<税込み>。
     http://miyazaki.xii.jp:80/saisinkan/index.html
         

宮崎正弘の近刊  絶賛発売中!
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ、1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2009 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2009/01/10

    いつも配信ありがとうございます。小生も年に数回は雲南に、シーサンパンナにも3、4年に1回は行ってます。直近では昨年10月にいきました。プアール茶はメタボの小生も愛飲してます。そのバブル崩壊は、小農家にとっては本当に気の毒としかいいようがありません。カネになればなんでも投機の対象にする漢民族の欲深さには恐れ入るばかりです。そうそう、些細なことですが、「景供」は「景洪」、「孟海」は「(孟+力)海」だと思います。今後も楽しみにしています。     

                    友寄拝