国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/12/27


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年) 12月27日(土曜日) 
         通巻第2436号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
   ♪
 二月危機説の中国、三月危機説の韓国経済
  ウォン急速な落下でも輸出力回復せず、邦銀の三月決算近づく
****************************************

 旧正月を前にして、中国経済が頓挫したことはあまねく知られる。労働者が帰省する二月に各地で暴動が起きるだろうから、経済は危機に直面するというシナリオだ。

 「三月危機説」がにわかに浮上したのは韓国である。
 12月27日から始まった日本人の海外旅行ラッシュ、飛び抜けて増えた行き先はウォン安を狙った日本人ツアーの韓国行き。団体も個人も買い物にマッサージとか。

 「韓国経済はパニック直前だ」とジャーナリストの池東旭氏が言う。
 設備投資マイナス7・7%、ウォンは一ドル=935ウォンから1469。
 上場企業の倒産が87社、銀行の不良債権率が16%にも達したというではないか。
 優良銀行の不良債権率がBIS規制の8%を軽々と突破して、11月末で10%。こうなってはひたすら日本からの資本注入にたよるしか手段がない。

 中国との類似点は外国資本の逃亡である。
 さきに中国から外資が逃げ出し、貿易黒字にもかかわらず外貨準備高が500億ドルも激減した事実を小誌でも報じたが、韓国も十月末に国際資本収支が350億ドルのマイナス。純債務国に転落した(251億ドルの債務超過)

 頼みの綱であった輸出がウォン安でも伸びず、鉄鋼、造船、半導体という韓国を代表する“輸出御三家”も青息吐息、とくに中国が造船所を大規模に造って輸出攻勢にでたため、韓国の造船受注がゼロという有様となった。
貿易収支も08年推計で100億ドルのマイナスに転落と予想される(いずれも数字は池東旭氏の「崖っぷちの韓国経済」(『情報交差点』、一月号から援用)。

 そこで日米にならって中国が57兆円の景気テコ入れをするように、韓国も累計で33兆ウォンを投じるが、この金額はGDP比の3・7%(日本と同じ)。
 
「三月危機」説の論拠は、三月決算をむかえる邦銀が韓国から資本を回収に動くためである。
三月期限の邦銀の対韓国貸し出しは25億ドル内外と言われるが、韓国の激減した外貨準備2000億ドルの1・25%でしかなく、邦銀が危機をまねくという説は信じがたい。就職難、経済政策無定見の現政権が国内経済要因をすり替えるための俗説ではないか。もっと国内的に深刻な問題があると思われる。
   ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(おしらせ)年末年始はカレンダー通りに小誌は休刊です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘の新刊  発売中
『やはり、ドルは暴落する! 日本と世界はこうなる』(ワック文庫)
       定価980円<税込み>。
         ◇ ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘の台湾報告第一弾
  『台湾は馬に乗って何処へ行く 小さな中華主義』
   『週刊朝日』発売中の1月2日9日合併号36pに所載!
宮崎正弘の台湾報告第二弾!
 「国民党の復讐劇に台湾本省人の反抗が始まった」
   『正論』二月号所載
宮崎正弘の台湾報告第三弾!
 「氷河期の台湾経済、馬政権のジグザグ路線に台湾国民は失望」
   『エルネオス』一月号 写真十五葉入り最新ルポ
    ★
(いずれも発売中です)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
****************************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1)シビリアン・コントロールとは「軍隊」を外交の道具に使う「力」でしょう?「軍」が無い日本にシビリアン・コントロールを語る根拠が理解出来ない上に自衛隊は戦力ではなく「抑止力」警察予備隊から一歩も出て居ません。
日本人が使えない「単語」なのですが堂々と使われ「正論」封殺の「道具」になっているという、実に傑作な日本の姿を世界に見せたものです。
「国益」を失う為の最大の宣伝を日本国はやっているのです。国会議員の「質」が此処まで凋落すれば、日本は当分の間は「軍地作戦」どころか侵略にはもってこいの軍事四等国に落ちぶれます。
自衛官も「商売」と割り切るんですね。危険なところに「シビリアン」が行けと言われれば「シビリアン」が行って模範を見せてくれたら我々も指導に従います。と言ったら良いと感じています。 
        (A生)
 

(宮崎正弘のコメント)ですから、いつも申し上げるように、外交を司る外務省の職員全員をまず半年、自衛隊に体験入隊させるのです。国防とは何か、国民の生命をまもる営為とは何かを身をもって知らなければ国益をかけての外交力が養われる筈はないんですから。


 
 ♪
(読者の声2)田母神論文を拝読しつつ、日本のジャーナリズムが左翼に支配されているという由々しき昨今、このような正論こそ多くの日本国民に読まれるべき、と思いました。
       (B生)


(宮崎正弘のコメント)草民の反応をご覧下さい。田母神さんのインタビューを、従来左派と考えられてきた週刊誌が軒並み、テレビ番組も反対の「論客」とかを並べながら田母神さんが出て反論する場面が多い。
 前にも書きましたが、閣下の日程を伺うと四月まで講演がぎっしり。 
 ですから大手マスコミは、この民草との乖離を知るべきでしょう。それに対応出来ないとすればマンモスが死に絶えたように、かの某新聞はGMの二の舞になるでしょう。



  ♪
(読者の声3)今回拝見したメルマガ(貴誌2435号)に、高山正之先生の「産経さえおかしくなっている」の言葉に少し私も感じた事があります。
記事中、人権擁護委員会関連の何かの後援が産経新聞になっていて、どうして???と疑問に思ったのです。『文藝春秋』も最近なんとなく、ただ何となくですが、少し変な感じがする時があるのです。産経までおかしくなってきたのでは、日本はどうなっちゃうんでしょうか、益々不安になります。
   (YK生)


(宮崎正弘のコメント)産経の看板である「正論」の執筆者のなかにも、おかしな論理、明らかに偽装左翼が混在しておりますが、ひろく保守の意見を網羅するのが産経であるとすれば、その基本路線、その基軸は変わらないでしょう。
 『文藝春秋』本誌の左傾化はゆゆしき事態ですが、半藤、保坂、立花の“三馬鹿”を使って部数を半減させた。報いはきたと言うべきでは?



   ♪
(読者の声4)中国知識人らの「08憲章」について、以下は単純な主婦の感想です。
初めは民主化への動きがとうとう始まったか?でしたが、そのうちに、まてよ、かつて毛〇〇が反対派をあぶり出したあの事が頭を過ぎりました。これは・・逆に反体制側の人間を一網打尽に検挙の為に静観している?と。
先生の本の中だったでしょうか?どこかに「中国と付き合う時には中国人にならなければいけない」とありました。この頃はかつてのように素直に受ける日本人的感覚が薄れ、物事の裏を読む習慣が・・・これは喜ぶべき事なのか、悲しみべきことなのか。
   (KY子)


(宮崎正弘のコメント)短絡思考の多い日本人の思考回路が、中国人のように複雑系になるのは、皮肉ながら喜ぶべきでは?



  ♪
(読者の声5)先日の講演会に行かれなかった読者の皆さんへ。
田母神前航空幕僚長の講演会が一月にも開催されます。

講  師 : 田母神俊雄(前航空幕僚長)、
西村眞悟(衆議院議員) 
日  時 : 平成21年1月26日(月)18:30〜開場 19:00〜 
場  所 : 憲政記念館 東京都千代田区永田町1-1-1 TEL:03-3581-1651
http://www.tokyoguide.net/spot/189/map/
東京メトロ永田町駅下車2番出口より徒歩3分 
会  費 : 1500円 
連 絡 先 : 西村塾 03-3508-7417
 *事前申し込みの必要はありません
   (西村真悟塾)
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
((((((編集後記)))))●忘年会が続いています。胃を休めるために酒量を減らす努力をしながら、しかし自分で飲み過ぎと認識したときは万一の転倒事故を恐れて、タクシーで帰るようにしています。というわけで、先夜も『月刊日本』の忘年会にでたら、多士済々。右から左まで、右翼団体から左翼活動家まで。四十年以上もまえの学生運動の仲間もいました。お酒をもちより手料理で行うのですが、久米島の泡盛を持参したのが稲村公望氏、誰かが寄贈した特性の焼酎の二升五合瓶というのも、初めて見ました。小生は大吟醸の一升瓶の重いのを抱えながら。そこへ三種類のウォッカを持ち込んだのが佐藤優さん。ストリチヤーナ、ズブロッカはわかりますが、97度のウォッカも混じっていました。小生もウォッカは好きな酒で、佐藤さんから腕を回しあって飲みあうロシア式を教わりながら痛飲するにいたりました。●ところで、ロシア人はなぜウォッカを飲むのか。小生はロシアに六回しか行ったことがありませんが真冬、零下二十度のモスクワ、サンクトペテルブルグを体験しますと、嗚呼、毎晩ウォッカが必要ということが身をもって理解できました。冷戦がおわる直前、当時健康だった鈴木晃氏とモスクワへ行ったときは毎晩二人でウォッカを一本。ボリショイサーカスを見に行ったときは中瓶のラッパ飲みで寝てしまい、目覚めるとまだサーカスをやっていた(ボリショイサーカスは四時間)。そのときの旅行の同伴者だった鈴木さんも数年前に亡くなりましたが、原因は飲み過ぎではありませんでした。念のため。●田母神閣下の講演会(25日、内幸町ホール)に関してひとつ書き忘れたことがあります。小生は舞台の袖で拝聴しておりましたが、二時間の熱弁中、田母神さんは最後まで直立の姿勢に乱れがなかった。さすが軍人生活四十年、その礼儀作法の良さを目撃し、講演の中味よりも、姿勢の正しさにひたすら感動しました。講演要旨はすでに多くの論文、著作を読んでおりましたので。
 
 ♪
 来年一月に二回、公開の小生の講演があります。
 1月22日は午後六時半から『正論を聞く会』。小生が「世界経済危機と日本のゆくえ」について90分独演。大手町『産経プラザ』です。詳しくは『正論』二月号340p、『諸君』二月号218pの広告を参照。

 1月24日は午後一時から五時まで。拓殖大学日本文化研究所のシンポジウム。井尻千男所長が司会し、桶谷秀昭、岩田温、佐藤優、藤井厳喜、ロマノ・ヴィルピッタ氏らとご一緒にパネリストの一人として。場所はお茶の水『ホテル東京ガーデンパレス』。
 詳しくは『WILL』二月号巻末広告を参照。
  ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓ 
┃好┃評┃発┃売┃中┃!┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛
宮崎正弘の最新刊
 『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
                 (全332ページ、写真多数、定価1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』 (並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。