国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/11/26


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年) 11月26日(水曜日) 
       通巻第2401号  小誌2400号突破記念号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 世銀、中国成長率予測をさらに格下げし7・5%に
  「それでも楽観的すぎないか」と批判が広がっている
****************************************

 昨年の中国の経済成長はGDPで11・8%だった。
 ことし、全人代での目標は8%台。世銀は年初に9・8%成長を予測していたが,五月頃に9・3%に下方修正し、つい先日、いきなり7・5%へと格下げした。
 昨年比で11・8%からいきなり7・5%となった訳だから4・3%ものダウン。

 中国は1%のGDP経済成長率の減少で五百万人の失業がでると、中国専門家は分析する。ということは二千百五十万人が失業する。

 この数字は納得がいく。
 しかも失業二千百五十万人というのは極く控えめの数字だろう。
 すでに華南から江蘇省、浙江省にかけて企業倒産はラッシュ。かの「中国のユダヤ人」と言われる温州ですら、倒産企業が目立ち始めた。
工場閉鎖、経営者夜逃げなどで、大量の失業者が確認されている。

 旧正月まであと三ヶ月あるというのに、都会から地方への帰省が急激に膨張しており、鉄道や長距離バスは連日満員なのである。

 工事中のビルが突如中断している光景も目立ち、できあがっても入居者のいないのはマンションばかりか、ショッピング・アーケードや地方都市の職人街。無人の荒野のごとき寂寞さが露呈している。

 「世界経済危機に中国の貢献を期待するのはやめた方が良い。世界秩序への貢献どころか国内そのものが、投機のためのビルの作りすぎ、建設方面だけの集中的投資のやり過ぎ、輸出製品の過剰などによって、いま突然の崩壊に直面している」(フィリップ・ボウリング、『ニューヨーク・タイムズ』紙、十一月二十六日付け)。
        △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◆み◇◆や◇◆ざ◇◆き◇◆◇宮◆◇◆ま◇◆さ◇◆ひ◇◆ろ◇◆◇◆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)下記報道が東京新聞11月21日朝刊「こちら特報部」で掲載されました。
 これは大手マスコミが全く取り上げない中、今回の東京新聞の報道は特筆されてしかるべきものではないかと思います。
(MU生、葛飾)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京新聞2008年11月21日朝刊「こちら特報部」より
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2008112102000092.html
東京新聞 11/21朝刊 【特報】
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2008112102000092.html
 中国核実験 96年まで46回実施か 住民19万人が死亡と推定              
          隣国カザフの調査 日本人科学者が分析                                      
                                                                            
 新疆ウイグル自治区 住民19万人死亡推定                                   
 中国核実験の実態 「健康被害、今も」                                       
 1964〜96年に46回実施か 地表でメガトン級3回                       
 隣国カザフの調査 日本人科学者が分析                                       
                                                                            
 「核の砂」北京を避け                                                       
 風向き「配慮」季節選び実施                                                 
 「データ開示し、被災者には補償を」                                         
                                                                          
東アジアでは北朝鮮の核兵器開発が国際社会から問題視されているが、  中国は既に一九五〇年代半ばから核兵器開発にまい進してきた。                 
 少数民族が居住する新疆ウイグル自治区で行った核実験は四十回以上に及ぶ。     
 しかし中国政府は実験データはもちろん、実施の事実すら公表していない。       
 核汚染や周辺住民への被害はこれまで闇の中だったが、  その実態が日本人科学者の手によって初めて明らかになりつつある。            
 (外報部・浅井正智)                                                       
                                                                            
 「旧ソ連時代、中国の核実験による放射線の影響は、(新疆ウイグル              
 自治区の)ロプノル核実験場から北西に約千キロ離れた隣国カザフスタンで        
 監視されていた。そのデータを2001年に入手したことは、中国の核実験の         
 実態を追跡する上で大きな意味があった」                                     
                                                                            
 原発事故のチェルノブイリや臨界自己の東海村をはじめ、世界各地の             
 放射線被害の現地調査を手掛けてきた札幌医科大学教授(放射線防護学)は、       
 札幌市内の研究室でこう語りはじめた。                                       
                                                                            
 中国は実験現場を公開していないが、どう調査したのか。                       
 用いたのは、旧ソ連が監視していた中国の核実験威力や爆発温度、               
 風向き、さらに風下のカザフスタン東部マカンチに実験直後に降り積もった       
 核分裂生成物の分析から、新疆ウイグル自治区の被害を推定するという手法。     
                                                                            
 現地調査をせずに核汚染を科学的に分析するこの方法を適用することで、中国     
 が隠し続けてきた核実験災害の実施時期に突破口をひらいた                     
                                                                            
 中国が同自治区で行った核実験は、1964年か96年までに延べ46回とみられ、       
 「これらの実験のために致死レベルの放射線を浴び、死亡した住民は19万人と     
 推定されると高田教授は具体的な数字を挙げた。                               
                                                                            
 劣悪な医療環境などから、その4倍の75万人が死亡したとする説もあるという。    
  死に至らなくとも、白血病やその他のがんの発生、胎児への影響が高まる地域   
 には 129万人がいたとみられる。核実験はもう 10年以上 行われてはいない    
 ものの、「住民の健康被害は続いており、まさに現代の問題」にほかならない。   
                                                                            
  実験地点は シルクロードの要衝として栄え、日本人が好んで観光に訪れる     
 楼蘭に近い。「地下核実験で地下水が汚染されている恐れがあり、飲むのは       
 避けるべきだ」と警告する。                                                 
                                                                            
  46回の実験のうちメガトン級の地表核爆発は67年、73年、76年の三回。         
 核爆発は爆発点により、空中、地表、地下に分類されるが、地表爆発は核汚染     
 された土壌の粉じんを巻き上げ、周辺および風下に大きな放射線災害をもたらす。 
                                                                            
  高田教授によると、メガトン級の地表書く爆発は米国も旧ソ連も内陸では行って 
 いない。中国はそれを三回強行した。インターネットの動画サイト「ユーチュー   
 ブ」                                                                       
 では中国の核実験の映像が見られるが、防護服などを着ていない人々が巨大な     
 きのこ雲に向って万歳する姿が映し出されており、安全面の対策を講じないまま   
 実験を行った可能性が極めて高い。                                           
                                                                            
 ただ中国当局は一つの重要な「配慮」をしたとみられる。                       
 67年と73年のメガトン級地表核爆発は同じ6月に行われ、当時の気象記録から      
 カザフスタン方向に風が吹いていたことが分かっている。                       
                                                                            
  「毛沢東ら共産党指導者のいる北京に゛核の砂゛が飛んでいかない季節を選ぶ   
 という最大級の配慮をしたはずだ」と高田教授は皮肉を込めた。                 
                                                                            
  残る一回のメガトン級爆発時(76年11月)の気象データは、今のところ判明して   
 いない。11月という季節から、核の砂は北風によって南に隣接するチベット自治区 
 に運ばれた可能性が考えられるが、解明は今後の研究に委ねられている。         
                                                                            
 高田教授は研究成果をまとめ、北京五輪に合わせて今年、著書「中国の核実験」   
 (医療科学社)を出版した。先月下旬、アルゼンチンで開かれた国際放射線防護     
 学会でも「中国の核実験災害と線量評価」と題し報告を行った。                 
                                                                            
 これまで謎に包まれていた中国の核実験の実態から見えてくるものは、           
 「主にウイグル人が居住している場所で、安全面の対策も立てず、国家によって   
 犯罪的実験を行った。」(高田教授)というおぞましい現実だ。                   
  三回のメガトン級爆発は、すべて文化大革命(66〜76年)という未曽有の大混乱   
 の間に行われている。中国共産党は81年、新中国成立以来の歴史を総括する       
 「歴史決議」で、その文革を「過ち」と公式に認めた。                         
    「ならば」と高田教授は強調する。                                           
 「文革の熱狂の中で行われた危険な核実験の過ちも認め、データを開示し、       
 被災者の補償をすべきだ。それをしない限り、中国は決して国際社会から信頼     
 される国家にはなれない」                                                   
                                                                                                                                                    


   ♪
(読者の声2)貴誌通巻第2398号に[アメリカを中心に海外華僑と、バミューダを経由した、「米国籍だが、本当は中国の洗浄資金」が株と不動産に投資して、これまでにしこたま儲け、昨今は最後の砦の人民元投機を、依然として継続しているからだ。もしこの巨大な海外華僑の投機資金が中国から引き上げたら人民元はアジア通貨同様に暴落する。アメリカにいる華僑は人民元がまだまだ強くなると信じているようだ」
と書かれましたが、中国人は博打が心底好きな国民のようですね。
ジワジワと進行してきた中国の消費物資のインフレは、今回の農地の一部開放を機に一段と進むことでしょう。
それは結局は、元の為替崩落につながることでしょう。そこに海外からの投機資金の引き上げが加われば、投資対象の株、不動産、美術品が大暴落する傍ら、消費物資は一段と値上がりすることでしょう。
この恐慌に現体制、現政権が耐えられなくなった先に、何が来るか見ものです。中国国民にとっても周りの国々にとってもよりましな体制、政権が成立するよう祈念いたします。
ひとつ確かにいえることがあります。米国国防総省で中長期戦略を策定している担当者は、こういったこと起きることの可能性も含めて戦略を策定しているということです。
最近の米国の対中軍事戦略をこの観点から見直すと面白いものが見えてきます。
  (ST生、神奈川)



   ♪
(読者の声3)ヒラリーが国務長官になった場合、北朝鮮、台湾への取り組みが日本にとって好ましくない方向に進むのではないかと危惧します。
その非を公然と指摘し、別のシナリオを提起する気魄も内容も与野党ともに日本には無い現状に憂慮はしても、憂慮する側は実に非力です。
(SJ生)



   ♪
(読者の声4)12・1北方領土返還要求行進(中央アピール行動)のおしらせです。
スターリン主義の暴挙によって日本固有の領土【北方領土】が軍事占領されて63年。世代の変化とともに領土意識が次第に希薄になっている。北方4島に限ってみても17000名余りいた元島民の半数以上が既に鬼籍に入り、生存者も高齢化している。後10年もすれば元島民は全て他界するかもしれない。
敗戦の年、昭和20年12月1日、敗戦国であっても筋を通すべきことはきちんと主張すべきと、当時の根室町長・安藤石典(当時)は、GHQのマッカーサーに北方領土返還要求の陳情書を提出した。この日を地元は「北方領土返還要求の原点」として、現根室市長もその精神を引き継いでいる。
北方領土に隣接する根室市など1市4町の地方自治体が主催する「中央アピール行動」が行なわれる。中央政府押し付けの官製デモではない。昨年は産経新聞の「社説」や、作家の上坂冬子さんの訴えにも拘らず200人余りしか参加しなかったという。
それでも当初に比べれば倍増したそうだ。昨年は産経新聞を見て参加しようとした民族派同志のデモの参加を断るといった不手際もあったそうだが、ロシアはもとより国際社会が注目する地元関係者のデモである。
民族派の参加が少なく、官製デモのような印象が強かったのは残念である。昨年に比べて倍増以上の500人のデモ参加者を目標にしているという。愛国啓蒙誌『月刊日本』主幹・南丘喜八郎氏の呼び掛けに応じて、1人でも多くの同憂同志のご参加をお願い致します。周囲の同志友人もお誘い頂ければ有り難く存じます。(犬塚哲爾 拝)
☆日時
12月1日(月)12:00〜12:45
☆集合
「京橋プラザ会館」2階多目的ホール(東京都中央区銀座1丁目/地下鉄「京橋」「銀座1丁目」下車)
☆行進の順路
京橋プラザ会館〜JR有楽町駅前〜日比谷公園(流れ解散)
      △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓ 
┃好┃評┃発┃売┃中┃!┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛
宮崎正弘の最新刊
 『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
               (全332ページ、写真多数、定価1680円)
 『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
 『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
 『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
*********************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/26

    東京新聞がカザフのニュスを取り上げたのには驚きました、朝日新聞東京支社と同じと思って居りました。

    それにしても中国内での暴動には日本のマスコミは触れません、日本の雇用問題などと比較にならない規模の事が中国で起こってる少しはニュースにしても良いと思うのですがNHKなどは未だにシルクロードと北京語の講座をやってます、ついでに中国ドラマ迄やらかすのですから狂ってるとしか思えません。