国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/11/10


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
   平成20年(2008年)11月11日(火曜日)
         通巻第2380号  (11月10日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

(本号は解説記事ありません)

      ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)前評判は黒人のオバマでも、土壇場では白人のマケインだろう、との読みは見事に外れ、黒人初の大統領が誕生しましたが、日本外交は大丈夫でしょうか。
 オバマの勝利演説の内容は良く理解できていませんが、「マケイン議員はこの選挙戦を長く、激しく戦ってきた。しかし議員はそのずっと前から、愛するこの国のために、もっと長くもっと激しく戦った人です。マケイン氏がこの国のために払ったすさまじい犠牲のほどを、私たちのほとんどは想像すらできない。勇敢で、わが身を忘れて国に献身するジョン・マケインというリーダーがこれまで国のために尽くし、働いてくれたおかげで、私たちの世界はより良いところになりました。」
とのオバマ発言はなかなかのもの。
『防人』の『御魂』を蔑ろにしているばかりでなく、自国をも貶めている『奸国』のお先棒担ぎの国会議員達の耳に、他国を見習え、と捻じ込んでやりたいものです。
 だがオバマ演説の、次の行は一寸気に成ります。
「この国の湾に爆弾が落下し、独裁が世界を支配しようとしたとき、時の国民が立ち上がり、偉業を達成し、そして民主主義を救うのをクーパーさんは見ていました。Yes we can。私たちにはできるのです。」
アメリカに爆弾を投下したのは、アメリカが強奪したハワイ州に爆弾を投下した日本軍しかない筈ですが。若し、爆弾落下が日本軍の事を指しているとするならばシカゴのクーパーさんはこの事を知る筈がない、なのに「クーパーさんは見ていました」との言には何か黄な臭い物を感じます。
若しかして、カ−タ−、クリントン政権時代に味わった日本の危機の再来ではないかと、危惧しています。後ろにキッシンジャ−も控えていたりして。
だとすると、福井県小浜市民の国家の恥曝しにも似た、意味不明な馬鹿騒ぎは恥の上塗りではないでしょうか。此処の県民のお調子者的精神構造は一体どうなっているのでしょうか? 外国から「可笑しな日本人」と揶揄される可愛い事象でしょうか。
この様な幼稚な事が小沢民主党を勢いづけ、それになびく軽薄な支持者が増えない事を願っています。
 (北九州素浪人)


(宮崎正弘のコメント)アメリカ人のメンタリティは、たとえリベラル(極左)のオバマでも変わらない。真珠湾攻撃をルーズベルト大統領が事前に知っていて、日本に先にたたかせたが、しかし主力艦隊は予め湾外に出ていた。
あれは謀略という話をアメリカ人の学者としますが、「それは修正主義だ」というレッテル張りで終わりです。つまりアメリカ人の言う「修正主義」なる史観は、アメリカが唯一絶対主義の立場に立脚しているわけです。



  ♪
(読者の声2)笑い事では済まされない国辱を曝け出している「海月(くらげ)国家=日本」。
ある御方が現状を嘆いて「間抜けに、腑抜けで、腰抜け国家」と評されていますが、田母神航空幕僚長の懸賞論文の内容は、国民の多くが其の真実を知っている至極当然な事で、何等異論を挟む余地のない真実の事ですが、「間抜けに、腑抜けで、腰抜け国家」の政府は、政府の見解と違うから、と愛国の防人を更迭する。挙句の果てには証人喚問をする、退職金の自主返納を求める、任命責任を取れとか実に下らない事に血税を使って重要審議を遅らかしている。
お前等其れでも日本国の国会議員か、と怒鳴りたくなります。
 それに引き換え田母神氏は『防人』の航空幕長だけあって芯の通った信念には、畏まって敬礼したくなります。
国家・国民及び国防の『防人』達に政府自らが屈辱を味あわせているばかりでなく、国の将来を担う若者達に、捏造の歴史認識を政府主導で意図的に認めさせている事こそがそもそもの問題なのであって、日教組の戦後教育問題に摩り替えて日教組を批判するは本末転倒の所業ではないか、日教組は政府の捏造に協力しているだけではないか、と腹が立って仕方がありません。
こんな体たらくな政府の下では自衛官の士気が上がらないのも当然といえます。
「馬鹿馬鹿しくて遣ってられるか、腹癒せだ『大麻でも栽培するか』」ですね。
 
 田母神航空幕僚長の論文に、国会を空転させる様な体たらくな自民党政府などもう要らない。下級武士達が維新を成し遂げた近代国家、明治時代の幕開け時のような革命を起す以外に最早日本国再生の道はないのでしょうか。
今日の不様な「海月国家」に成るのを憂いた三島由紀夫は自らの命を賭して自衛隊に奮起を促したのに。 
あの時、自衛隊員を問わず国民も彼の憂を少しでも読取って、日本精神の復活行動を起していたならこれほど惨めな国家に成り下がってはいなかったであろうと、唯々残念でなりません。
でも『防人』達の国防精神は「海月政府」には関係なく、栗栖統幕議長から田母神幕僚長へと、確と受け継がれていたことに安堵の胸を撫で下ろしています。
 愛国の民は「海月政府」を倒す気概を持って田母神航空幕僚長擁護に立ち上がらなくてはならない、と想っています。
『奸国』の傀儡政権の様な民主党の攻撃や、マス塵(販売部数の30%程度は『押し紙』だ、そうですはら本当に塵を出しています)の似非アジテ−ションに惑わされて正論の田母神氏を社会的に潰してしまう様では最早『美しい国、日本』の再生は望めまい。
  世界に冠たる精神文化を有する『美しい国、日本』を守り抜くため、全国の正論の方達は『奸日』駆除に一斉にの立ち上がってもらいたいものです。(宮崎正弘のコメント)に「支援の声、全国に澎湃と沸き起こってきました。同時に浜田防衛大臣の罷免をもとめる署名運動も展開されていると聞き及んでおります」には大いに勇気付けられています。
    (TK生、佐賀) 
 

(宮崎正弘のコメント)田母神論文は、防人の精神を獅子吼した義挙、でもありました。



   ♪
(読者の声3)政府による田母神空幕長の愛国歴史観弾圧事件について、以下意見です。内容以前に政治的背景に注目したい。

1.予兆:小生は半年以上前から自衛隊の退官幹部から「政府が自衛隊に日本軍の伝統との断絶を要求している」という異変を聞いた。
万国の軍隊は伝統をもっとも重視する。
伝統に戦闘精神が宿っているからである。それを自衛隊から軍隊の戦闘精神を奪い骨抜きにする政府方針に疑問を抱いた。これは独立国の政府なのだろうか。誰に奉仕する政府なのだろうか。

2.田母神空幕長の義挙:さらに政府の自衛隊に対する左翼的しめつけがひどくなったので、田母神氏はあえてこの問題を全国民に提起したのであろう。
これでは自衛隊は国民を守るのではなく、外国に仕える傀儡政権を守る私兵集団になってしまうからだ。田母神氏に感謝する。

3.深刻な事態:政府は田母神空幕長を罷免したが早くも国民からこの問題を隠蔽しようとしている。日本政府が外国の傀儡になっていることがわかるからである。
今回も国民ではなく、まず主人の中共、韓国にお伺いを立てている。事態は深刻である。 

4.国民の対応:この事件は現政府が外国に支配されていることを示し、自衛隊の国民を守る精神を破壊しようとする重大事件なので、国民は全国的な組織をつくり、大々的に戦後政治体制を改善しなければならない。
それには同じ穴のムジナである既成与野党とは別の新政治力の結集である。次の選挙がその最初の動きとなるだろう
    (MC生)


(宮崎正弘のコメント)軍人の名誉もない、軍人に名誉が与えられないという日本の軍は、やはり非常識です。あれは軍隊ではありません。軍も抜本的改革が必要です。




  ♪
(読者の声4)田母神空幕長の愛国論文を、テレビで「みのもんた」(本名=御法川法男)が『朝ずば』で、「戦後教育で育った戦争も知らない、たかが60歳の男に戦争の何が判ると謂うのだ、どうしようもない奴だ“ふざけるな”」などと顔を強張らせて吠え捲っていました。
 おい、御法川法男。そう言うお前は幾つだ、お前もたかが64歳で戦後の日教組教育で育った戦争を知らない世代ではないか、相手は苟しくも国防に命を賭している『防人』の専門家だ、お前如き口から出任せで芸能キャスタ−向きのお笑い者に戦争の何が判る、お前こそ“ふざけるな”世が世ならお前みたいな奴は彼の世送りだ、と画面に向かって怒鳴っていました。 
  毎晩、ホテルのバ−で飲食している麻生総理には庶民感覚が分っていない、即席ラ−メンの値段も知らない、などと非難したり「田母神俊雄・航空幕僚長が、今年4月の北海道視察で、大型ヘリとジェット機を独占的に使い、燃料を垂れ流すかのような贅沢な出張をしていたことが分った。試算によれば、燃料費だけで70万円〜100万円以上。地球温暖化も、暖房費高騰に苦しむ北国住民のことも、“将軍様”には『関係ねえ』のか」などと本末転倒の度し難き阿保が蔓延しています。
 国の首相が即席ラ−メンの値段などを一々気にしていて国の大事が行なえるか、と怒鳴りたいです。
また田母神航空幕僚長の視察を燃料の無駄だ、と揶揄している『反日』の煽動者には其れがどうかしたか、国防に携る航空幕僚長として当然の任務を果たしたまでの事だ、この軽薄な『反日』野郎が、と怒鳴りたいです。
 いくら民主主義国家の下に言論の自由が保障されているとは云え、国家を貶める言論の自由など許すべきではない、と思うのですが。
    (KM)


(宮崎正弘のコメント)画面に怒鳴る人が増えています。小生はしたがってテレビは見ません。
 朝日新聞を購読したり、NHK以下のテレビを見ていると精神衛生に悪いですから。



   ♪
(読者の声5)昨日、あるテレビ番組で退職自衛官の方を招いて話しを聞く(多母神氏論文に関する)コ−ナ−がありました。この番組はわりとコメンテーターが正論を言われる事が多いので信頼していたのですが、昨日は違った!酷かった!。元自衛官の方はコメンテーターほぼ全員からの一斉放火を浴びた感じ、(元自衛官氏は孤軍奮闘、自説を述べられていましたが)後半N氏が多少弁護するようなコメントを発せられたのみ(それまでも他のコメンテーターが自衛官氏に対して論文等々判する間もN氏はずっと沈黙したまま、これも不可解)。
当初からこういう意図(多母神論文に対して批判する為、深読みすると、番組生き残りのため?)の為に元自衛官をゲストに招いたのでは?他のテ−マも今までのこの番組らしくない不適切な内容。私自身は民放テレビで唯一見ていた番組でしたが、この番組もいよいよ危なくなったか?。
おそらく論文を支持するであろうと思われる識者へは初めから出演依頼がなかったのでしょう。・
偏向的マスコミばかりに晒されて、私達はどの論調を信じればよいのか、迷います。
時々、私はこれで良いのか?もしかしたら私はおかしいのか?間違っていたのか?・・・たまに克服した、抜け出せたはずの自虐史的な感覚が蘇ってきて、自信が無くなってきたり・・・でもやっぱりテレビ新聞はおかしい!!と又考え直したり。
こんな私でさえ迷うのですから、一度もこんな事を考えたりした事のない人々にとっては多母神氏の論文は降ってわいたような??????でしょう。
私自身はお覚悟された上での行動だと思いますし、テレビ出演された元自衛官の方からも日本を日本人を守らなければ!という熱い使命感を言葉の端々から感じたのですが。
    (YK生)


(宮崎正弘のコメント)テレビがおかしいのです。いまや国民の声はネットにあり、ですからNHKは30%の国民が「国民の良識に反する」として支払いを拒否しています。
 新聞は部数激減。それがいかに深刻な事態であり、新聞を信用しない人がネットを通して情報を交換する時代になったということだと思います。



  ♪
(読者の声6)貴誌通巻第2379号の「読者の声1」様のご意見全くその通りと存じます。
ただ,常連さんばかりがたくさん集まるだけでなく,やはり私の様な元々ノンポリティカルな者で関心を持ち始めている人々をたくさん集め,そしてその場で彼等を啓蒙するような内容を計画・実施することで,幅広く社会の注目を集めることができるのではないかと思います.
 そうでなくては従来と状況は何も変わらないということはないのでしょうか.私の認識が誤っていましたら何とぞご指摘をお願い致します。
 因みに私は,宮崎正弘様,渡部亮次郎様,花岡信昭様他のメルマガを,思うところあって2年ほど前から読み始めたところであり,最近ようやくノンポリから初級に上がったか否か(?)という程度の若輩者であります為,本メルマガの諸先輩のご投稿においては,内容の理解や,正否・適否の判断ができないものが多々ございます。
 従い,今後も怠る事なく学びたいと思っております.何とぞ宜しくお願い致します(私より10歳年下の40代の家内は,プリントアウトした田母神氏の論文を読んで感動していました.少なくとも我が夫婦は気質的には保守であることをこの2年間で確認した次第です)。
(MW生、大阪)


(宮崎正弘のコメント)渡部亮次郎氏や花岡信昭氏のメルマガのお読みですか。ほかにも優れたメルマガたくさんあります。一度、一覧表をつくってみたいですね。

(編集部から)御投稿いただける方は、是非、メルマガのアンサーバックか、下記へ、「書き込み」をしていただきましても、編集部で拾えませんので。
 yukokuki@hotmail.com

◎△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@宮崎@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(今週の書棚)

  北村稔(立命館大学教授).林思雲(中国南京市出身、南京大学卒業)共著、「戦争を望んだ中国望まなかった日本、日中戦争」(PHP刊)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 〔NHK「放送スペシャル」の傲慢〕
 2006年の8月13日に放送されたNHKの「放送スペシャル」−日中戦争−なぜ戦争は拡大したのか−は、戦争拡大の原因を日本の主戦派の責任に帰結させている。まるで中国側には、なんの関係もなかったようである。
 このように、自ら進んで戦争責任を負おうとするのは好意なのかもしれない。
しかし中国人からみると、このように片方だけに戦争責任を求める論法には傲慢さが含まれている。すなわち、日本を日中戦争の主導者とみなし、日本が戦争を拡大しようと思えば拡大でき、拡大させまいと思えば拡大させぬことができたのであり、戦争の方向は日本の意思でコントロールできたというものであるが、自発的に進んで戦おうとした中国人の意思が軽視されている。
このような見方は、当時の実情に符合しない。
実際には当時の日本は、決して戦争の方向をコントロールしていなかった。中国側において自発的に日本と戦おうとする意思が高まっている状況では、たとえ日本が戦争を拡大したくなくても、中国側は日本と全面戦争を開始したであろう。
 事実として、日中間の大規模な戦争が開始された本当の発端は、1937年の8月13日に発生した第二次上海事変である。そしてこの戦闘は、正しく中国側から仕掛けたのである。(この日、蒋介石は上海に駐屯していた五千人余りの日本海軍陸戦隊に総攻撃を命令した)。 −この部分、林思雲筆−
                       (菊地正)

(この書評は読者投稿です)。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
恒例「憂国忌」が近づきました
宮崎正弘の三島由紀夫論 三部作!
『三島由紀夫の現場』、『三島由紀夫“以後”』(ともに並木書房)
 『三島由紀夫はいかにして日本回帰したか』(清流出版)
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┓ 
┃好┃評┃発┃売┃中┃!┃
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┛
  ♪
宮崎正弘の最新刊
 『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ 1680円)

宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
               (全332ページ、写真多数、定価1680円)
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
『世界が仰天する中国人の野蛮』(黄文雄氏との共著。徳間書店、1575円)
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/11/11

    田母神論文は朝日新聞や反日派に取っては「脅威」なのでしょう。論文を提出する「立場」や「職業」に話題をする変えようと必死の抵抗をしているのでしょうが、御本人はもう覚悟の上での提出を考えています。

    この人を貶めようとする政治家、ましてや防衛庁長官が先ず「腹」を切る気がないのですから救えません、自分の「部下」を見殺しにし世間の晒しものにする、実に「見苦しい」ザマには「ヘド」が出る。

  • 至乃助2008/11/10

    確率微分法とはロケットの燃料の燃焼を最適化するさいに使われる微分法らしい。この方程式と金融工学を結びつけるのが、東西冷戦の終結後のクリントン軍縮だ。

    クリントンの産業構造転換の政策(重化学工業から金融とIT産業への転換政策)で大量のNASA、ペンタゴンの理系技術者が金融やIT関連企業へ再就職した。かれらはロケット工学とコンピュータシステムとネットワークインフラ介して、最強の金融工学技術をシステム化して、複雑なデリバディブをハイエナ連中がキーボードで操作できるようにしてしまった。これがアメリカの金融至上主義の始まりであると、同時に今日のこの混乱の淵源である。当時米国で最先端の組織論はこういっていた。「専門が異なる者同士が協働すると思いがけない問題が発生する。しかしその問題が大きなイノベーションを産む事がある。」まさしくこの確率微分法と金融工学とコンピュータシステムの協働によるイノベーションは善悪は今後の歴史化の判断に任せるとして、大きなイノベーションであったことは間違いない。

  • 名無しさん2008/11/10

    私もネットをやるようになってからテレビのニュース番組を見て怒鳴る事が増えました。あからさまな偏向姿勢だと理解できるようになったので・・・