国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/10/23


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)10月24日(金曜日)
         通巻第2360号  (10月23日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 貿易の現場ではすでにモノの動きが急停滞している
   実体経済は株式の暴落より悪い数字。輸出入の海運状況に異変
****************************************

 鉄鉱石や石炭、穀物を運ぶばら積み船(バージ船)の運賃をインデックスであらわす国際指標を「バルチック海運指数」(BDI、1985年平均=1000)という。
この指数が突然、急落を繰りかえしている。

ちなみに10月18日に2764。これは2006年6月以来、2年4カ月ぶりの低水準で、08年5月の高値(12000以上だった)から株価暴落の比率より悪く、80%も下がっている。
わかりやすく言えば一隻100万円のチャーター料金が、25万円ということで、或る海運会社の役員に聞くと「つい春先まで20万ドルだった巨大バージ船の雇用船料が、一万ドル。驚愕の値段です」と唸った。

ずばり物資が動いていない。とくに鉄鉱石輸入で市況を牽引してきた中国が主因である。
 第一に北京五輪直前までの膨らんだ風船のような需要の揺れ返し、中国の個人消費ブームは五輪前にやんでいたが。
第二は世界景気の悪化によって、嘗て世界の工場だった中国における生産に異変、注文がとまって工場閉鎖、失業は2000万人を越えて治安悪化が伝えられている。

 夏からは米国のクリスマス商戦が始まりクリスマスツリーや人形など、玩具に使う塩化ビニール樹脂は、まったく商談がストップしている。
石油製品の福次的プロダクトはすでに値下がりしている。例えば、ポリプロピレン樹脂価格は1トン1330ドル(中心値)とピーク時(7月)の35%安。

 海運業界全体はバラ色だった絶頂をすぎ、九月から真っ黒な悲観で覆われ、このペシミスティックな変動波が造船業界への注目にあらわれる。
 燃費アップで青息吐息は航空産業ばかりではなかった。海運から造船業界にも世界的規模の暗雲が広がっているのである。
 ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
<< 今月の拙論 >>

(1)「新しい金融国際体制とは」(『月刊日本』11月号、発売中)
(2)「米国債権デフォルトなら空母を差し押さえよ」(『WILL』12月号、26日発売)
(3)「その後の南京大虐殺記念館をゆく」(『正論』12月号、11月1日発売)
(4)「シャンハイ最新事情」(『エルネオス』11月号、10月31日発売)
(5)「グルジア問題にみるロシアの本質」(『修親』、12月号、下旬発行)
(6)「金融恐慌の本質」(西部遇、藤井厳喜氏らと。『撃論ムック』11月5日発売)
(7)「世界大恐慌の闇に一条の光」(『自由』12月号、11月10日発売)
      △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1) 貴誌前号の以下のご意見についての感想です。
 (引用開始)「韓国銀行(中央銀行)の李成太総裁は来年の韓国経済について「世界的な金融混乱の影響で恐らく成長率が減速するが、マイナス成長になることはない」と楽観論を言い続けるが、市場は逆の反応を示している。麻生首相、韓国大統領から泣きつかれても「ない袖は振れぬ」と言い切れるのか」。(引用終わり)。

感想:日本は今まで韓国への援助の代償に竹島からの撤退を要求したことがあったのだろうか。 
ただ取りされて馬鹿にされてきたのではないか。
対馬問題も敵は計画的である。今後日本は必ず代償を取り、無駄な援助はすべきではないと思う。
    (PB生)


(宮崎正弘のコメント)小生が竹島へ行ったのは四年ほど前、まだそれほどひどくはありませんでしたが、標識の一部にハングルが並記されていて、釜山との間にはフェリーがすでに就航していました。
      ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(おしらせ1)小誌、明日25日から27日まで地方講演のため休刊です。

(おしらせ2)この欄でも告示した、三島由紀夫研究会「公開講座」は定員となりましたので、予約を締め切りました。なお10月31日の公開講座の会場ですが七階の「妙高」に変更になりました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の新刊
 『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』
     KKベストセラーズ 1680円、ハードカバー


 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)
宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

 ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/10/24

    今回の記事、専門家の目から見ると少々勉強不足で、書かれていることが不正確で、

    宮崎さんご自身の評価を落としかねません。ご注意ください。

     具体的には下記の通りです。



    バージ船はバラ積み船のことではありません。バラ積み船はバルク船とか、バルクキャリアーと言います。

    バージ船というのは、港に着いた大きい船から他の小さい港に貨物を小分けして運ぶ船の事で、BDIが指標してるのは、バルクキャリアーの傭船料のことです。

    かつ「運賃」と書かれていますが、傭船料(=チャーター料金)は運賃とは違うものです。

         アンディチャンの友人、南加の長井輝元です。 nagaiterumoto@gmail.com

  • 名無しさん2008/10/24

    男女共同参画などぶち壊せば「離島」に予算を回すなど簡単な事でしょうが日本人もバカに成りました。

    韓国・中国必要なものが有れば「売りましょう」程度の付き合いが最適なのですが慾が深いのか?バカなのかが良く分かりません。