国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/10/22


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)10月23日(木曜日)
         通巻第2358号  (10月22日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 「反米症候群」の三カ国も経済の急激な頓挫で陰り
  “ヤンキー、やっつけろ”のチャベス(ベネズエラ)は意気消沈、イランは「アメリカ資本主義の終わり」を宣伝。ロシアは不気味な沈黙。
***************************************


 ▲反米トリオに夕日

 アメリカを「悪魔」と呼んできたイランのアヤトラ・ハタミ師は、テヘラン大学における宗教説話の席で、
「世界的な金融危機はアメリカの!)強い権力欲!)が経済津波を惹起したのであり、!)リベラルな民主々義!)がもたらした結果だ」とした(10月17日)。
 ハタミ師はさらに「アメリカの敗北はリベラルな民主々義の『道義』の敗北であり、欧州はアメリカと距離をおけ」と余計なアドバイスを欧州に向けて発信した。
 しかし反米の意気はさっぱりあがらない。
 イラン国民は30%のインフレと近く予定される消費税の引き上げに不満をくすぶらせている。

 ベネズエラは反米路線を顕示して中南米のリーダー格として急浮上し、チャベス大統領は自らを「マオイスト」と自称、頻繁に北京に通い、またモスクワへも足繁く訪問して武器購入を続けてきた。
 その武器代金が滞りそうだという。
 チャベスは中南米では人気者だ。反米の朋友達、とくにニカラグアへは巨大な経済援助を約束し、キューバにも精油所を建設し、ボリビアのモラリス大頭領を弟分と扱ってきた。
 モラリスは駐在米大使を追放するほどにチェベスの子分として従った。替わりに彼がえたものは経済援助だ。

 ところが過去三ヶ月、産油国を襲っているのは逆オイルショックである。この間に、原油代金は147ドルから74ドルへの急落した。ベネズエラもイランも歳入の殆どを原油輸出に依存し、ほかにこれといった輸出品目がない。
 イランはピスタチオ、ベネズエラはほかにバナナ?

 原油急落は、ぴかぴかの繁栄を謳歌してきた急成長=ドバイの摩天楼計画にさえ、影を投げた。夕映えのつぎは夜を迎える。
 
ベネズエラは野心的で放漫会計の援助プログラムの見直しを迫られた。9月にベネズエラはカリブ海でロシア艦隊と協力し海軍演習をおこなった。「ヤンキーは打ちのめしてやる」とチャベスは豪語していた。
 そのベネズエラは国家予算を原油代金の高騰に比例して23%増やした。インフレは36%に達して国内不満が高まり、チャベスはそれを強圧政治と軍事弾圧で野党をつぶしてきた。

 ニカラグアは1980年代に誕生したサンディニスタ=反米政権が、紆余曲折はあるもののレーガン時代から続いており、チャベスは救世主だった。
しかし、精油所プラント建設に40億ドルが約束されたが、振り込みがなされず、プロジェクトの延期が発表された。


▲イランは一バーレル=81ドルが下限

 もう一度、イランに話を戻すと、最近、アハマドネジャット大統領の反米演説にトーンダウンの気配はないものの、元気がない。
 世界第弐位の石油埋蔵をほこるイランは、米国の制裁をうけて、経済的に忍従を強いられて撃たれ強くなっているため、こんどの金融危機による世界同時不況、購買力減退にさほどの影響を受けないかに見えた。

 「しかし原油代金の減少は国家収入の減少をもたらし、確実にイラン外交に変化を強要するだろう。専門家の計算ではイランの予算、とくに宗教政権を支える人々への優遇政策を維持するためには、一バーレル=81ドルが下限で、原油価格低迷が長期化すれば、おおきなブローがイランの宗教政権に吹くだろう」(NYタイムズ、10月22日付け)。

 とりわけハマスやヒズボラといったテロリストへの軍資金提供に支障がでる。
それは産油国、とくにアラブ政治におけるイランの覇権を弱体化させ、UAEやサウジアラビアにとっては欣快な事態である。

 とろろで蛇足ながらイラクは潜在的にはサウジに次ぐ原油埋蔵を誇るが、すでに十数年にわたる戦禍で、地雷が埋まった鉱区開発も遅れており、かろうじて一日200万バーレルの生産。
まだ世界の石油地図を塗り替えるほどの力量はない。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎  ◎ ☆☆☆ ◎ 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 佐賀県および北九州在住の読者の皆さんへ

 <<  宮崎正弘独演会 二時間スペシャル >>

 佐賀恒例の「土曜セミナー」です。二年ぶりに小生が講演します。小誌読者にはお馴染みの中国経済と中国そのものの現状とこれから。冒頭に世界同時株安、大不況到来の分析があります。
       記
 とき    10月25日(土曜日) 午後二時(一時半開場)
 ところ   佐賀市天神三丁目  アバンセ・ホール
       http://www.pref.saga.lg.jp/manabinetsaga/avance/riyo/riyo8-1.html
 演題    金融危機以後の中国のゆくえ
 入場無料  会合の名称は「佐賀土曜セミナー」
 お問い合わせ (0952)23−5020 FAX(0952)23−5049
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ◎ ◎み◎や◎ざ○き◎◎ま◎さ◎ひ◎ろ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 三島由紀夫研究会「公開講座」
 @@@@@@@@@@@@@@

とき     10月31日(金曜日) 午後六時半 
ところ    市ヶ谷「アルカディア市ヶ谷」7階会議室「妙高」
http://www.jps.gr.jp/news/20020411map.htm

講師     佐藤 優氏(起訴休職中外務省事務官)
演題     「ロシアから吉野へ 神皇正統記から三島へ」
会場分担金  おひとり 2000円

予約方法 聴講ご希望の方は下記へメールをください。
***********************************
(1)お名前(2)郵便番号(3)御住所を書いて(10月31日公開講座希望)としてください。
 yukokuki@hotmail.com
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
宮崎正弘の新刊
 『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』
     KKベストセラーズ 1680円、ハードカバー

 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)

宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

 ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/10/23

    反米3兄弟の強気が、アメリカの景気依存であったという点が興味深い。3兄弟は孫悟空の如く、アメリカの手のひらで踊っていただけだったのでしょうかねぇ。

  • 名無しさん2008/10/22

    特にイラン情勢の石油事情がよくわかりました。