国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/10/17


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)10月17日(金曜日) 
         通巻第2349号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 中国の地方銀行から悲鳴が聞こえてきた
   四大国有銀行も株価急落、地方銀行は不良債権の荒波に茫然
****************************************

 経済状況の悪化によって中国の中小の銀行が危機に直面している。
地域活性化のために中小零細企業に貸し付けを展開してきた地方銀行が相当数、中国に存在する。
そのなかでも大手は「上海銀行」「南京銀行」「杭州銀行」など著名な地方銀行もあるが、地域密着型の、日本で言う「信用金庫」「信用組合」のたぐいは8500行ほどある。加えて125の都市には、その地域の商業銀行がある。

 華南から浙江省にかけて、アパレル、雑貨など輸出産業は対米輸出激減で倒産が相次いでおり、銀行に取っては貸し倒れになる。
現実に繊維メーカー大手の「江龍集団」と「フェロチャイナ」が倒産し、膨大な不良債権が積み重なった。
「浙江省の企業の20%が経常利益赤字転落、寧波銀行に至っては金融引き締め政策に遭遇したあと90日間の貸し出しが全体の53%という短期勝負にでている」(ロイター、香港発。10月16日)。

福建省の工業銀行は貸し出しの15%がデベロッパー向け、全体的に「中国の銀行の住宅ローンは7%以下だから、米国ほどの住宅金融危機にはならない」などとする楽観論があるが、貸し出しのなかのデベロッパー向けが、住宅ローンよりも巨大であるポイントが見逃せない。

 地方弱小銀行がもっともおそれている明日のシナリオとは、急激な世界的資金不足、株価暴落が引き起こした経済活動の縮小により、中国が直面するのは急激で大幅な信用の収縮。銀行そのものの倒産である。
 
 一方、借り手側の中国人の心理とは「危なくなれば踏み倒してトンズラさ」。この心理は欧米や日本の企業家の倫理とまったく異なるのである。
    ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(読者の声1) 今週の『週刊朝日』で宮崎さんの南京ルポを拝読しました。南京にある例の「300000虐殺記念館」リニューアルに関してですが、日本が抗議してきた三点の偽物写真は撤去された。けれども、残りはそのまま、展示パネルが増えて、以前より洗練された反日宣伝の場になったという報告にやはりそうか、と衝撃です。
 いや、それにしても朝日新聞社系列の週刊誌が、よくまぁ朝日新聞路線とは反対の立場の宮崎さんを登場させたものと、そのことにも関心があります。
  (NY生、名古屋)


(宮崎正弘のコメント)週刊誌は二頁の狭いスペースに書ききれないことが多く舌足らずは否めませんが、発行部数が多く、また週刊朝日の読者がどのような反応をするかも、見極めたいと思います。
 なお、もっと詳細の報告は、『正論』の11月1日発売までお待ちください。



  ♪
(読者の声2)貴誌通巻第2348号にTK氏が(読者の声1)で、
(引用開始)「素人判断で恐縮ですが、米国のバブル崩壊と日本のバブル崩壊は原因の背景が違っている様な気がします。日本の場合は飛行機が急上昇して失速したのが墜落の原因で、言わば株価の粉飾の様な物と想うのですが、米国の場合は一般大衆へ不要で、収入を大幅に上回る法外な押し付け貸し出しが起因していますので、金融機関に公的資金を投入したからといって消費が伸びる訳ではありません。だから大衆層の購買力が付くまでは、金融機関に公的資金を投入しても一時凌ぎの効果しか期待できず、本格的な株価の上昇にも繋がらないし本格的な不況はこれからだ、と思っています」(引用止め)
と書かれました。
これは的を射ています。
ただし、「大衆層の購買力が付く」のは相当先のことでしょう。なぜなら、今までの借金ベースの購買力では、また同じことの繰り返しになります。今は本物の購買力が必要です。
そのためには、今まで以上に働いた上で、贅沢な買い物をせず、稼いだ金で借金を返す必要があります。
その生活に数年間耐えて借金を返済した後、初めて購買力が伸びてきます。欧米の大衆がそれに我慢ができるかが問題です。
我慢できなければ、我慢せざるを得ないような経済・社会状況になって行き、かえって長くその状況が続きます。
つまり失業率は低くないの好景気という気がしない。
働けど、働けど豊かにならないという状況です。まさに、働くこと自体に喜びを見出す日本人向きの状況です。

ところでこんな世相にぴったりの話を読みました。
松方財政と呼ばれるデフレ政策の行なわれていた頃のことです。「サンデー毎日昭和14年11月19日号に載った記事です。
以下に一部引用しながら要約を記します。

明治17年2月、明治政府は全国の暴力団に手入れを行なった。当時は堅気になっていた清水の次郎長も捕らえられ、薩摩の奈良原出身の大迫貞清が、懲役7年、罰金400円を科した。
2年で仮出獄となったが、それからまもなく、当時鉄道局長であった奈良原繁が清水にやってきて、川口という料亭に次郎長を招いて、言った。
「どうもお上の手落ちで、貴公にはひどく迷惑をかけて済まぬ。これまでのことはあっさり水に流してもらいたい。それについて親分、その時の埋め合わせといっては変じゃが、東海道線の工事を請け負ってくれんかね。金がなければ心配してやる。仕事は他人にさせても差し支えないのじゃ。親分も少し楽に暮らせることになると思うが。」
奈良原は、次郎長に五、六十万の利益を握らせようとしたのだった。けれども、次郎長は即座に、「他人に汗水を流させ、自分だけが楽に儲けるなんて、そんな大それたことは、この長五郎は大嫌いだから、他人にやらせておくんなせえ」と、あっさり拒絶した。また、投獄されたとき、獄中では非常に好遇をうけ、百人ばかりの囚人を使って、天蚕を飼い、それから山繭を取ったりして、産業のため尽くす心がけを失わなかった。

大東亜戦争終了後、ソ連軍に捕まりタジキスタンで労役に服した日本兵が造った建物がいまだに立っているそうだ。
いかなる時でも、いかなる不当な状況でも真心を込めて努力することを日本人が忘れなければ、今後の日本には明るい将来が開けてくることを確信している。
   (ST生、神奈川)


(宮崎正弘のコメント)タジキスタンも、ですか? ウズベキスタンのサマルカンドやタシュケントの立派な建物は、殆どが日本兵が酷使されて建てたもの。ロシアの地方都市にあるオペラハウスも日本兵の関連したものが多い。その幾つかを見たとき、不思議な感動がありました。過労と極寒と栄養不足で7万人が、死んだのですから。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
<< 今月の拙論 >>
(1)「ルポ 南京虐殺記念館をゆく」(『週刊朝日』10月24日号、発売中)
(2)「中国の結婚離婚事情」(『新潮45』、10月号、発売中。今日まで)

<< これからの拙論 >>
(3)「次の世界金融体制はどうなる」(『北国新聞』コラム「北風抄」、10月20日付)
(4)「新しい金融国際体制とは」(『月刊日本』11月号、22日発売)
(5)「米国債がデフォルトなら空母を差し押さえよ」(『WILL』12月号、26日発売)
(6)「シャンハイ最新事情」(『エルネオス』11月号、下旬発売)
(7)「グルジア問題にみるロシアの本質」(『修親』、12月号、10月中旬発行)
(8)「座談会 金融恐慌の本質」(西部遇、藤井厳喜氏らと。『撃論ムック』下旬)
(9)「江差から松前城跡へ」(『翼』秋号、10月下旬頃発行)
(10)「南京大虐殺記念館のヘンシン度」(『正論』12月号、11月1日発売)
(11)「フフホトで考えたこと(2)」(『共同ウィークリー』、11月1日発行号)
(12)「世界大恐慌の闇に一条の光」(『自由』12月号、11月10日発売)
   ♪
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇ ◇◇◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
明日、土曜日午後、茗荷谷へ散歩にきませんか?

「チベット・モンゴル・ウイグル三民族連帯シンポジウム」
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

とき    10月18日(土曜日) 午後一時
ところ   拓殖大学文京キャンパスC館101教室(東京都文京区小日向3-4-14)
http://www.takushoku-u.ac.jp/map/acc_b.html

【パネラー】  セイット・トムトルコ(世界ウイグル会議副総裁)
        ペマ・ヨーコ(ジャーナリスト)(予定)
        オノホルド・ダイチン(モンゴル自由連盟党幹事長)
        宮崎正弘(評論家)
        藤井厳喜(国際政治学者)
【コーディネーター】 荒木和博(戦略情報研究所代表)
【総合司会】     小林秀英(チベット問題を考える会代表)
【資料代】      千円

なお会場では拙著『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』の頒布あります。
    ☆☆☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
########################################
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 (((((((( 編集後記 )))))))))
●連休に金沢へ一家で。亡父七回忌のため。久しぶりに親族一同。弟の孫たちも全員揃い、午餐を金石の料亭でとった。拙宅実家は金沢の内灘(昔々の米軍のロケット試射場跡。五木寛之『内灘夫人』や三島『美しい星』の舞台)、金石は銭屋五兵衛で有名だが、隣町である。その後、全員(合計19名)で加賀温泉の国民宿舎へ。孫たちの遊びに巻き込まれ、酒量は進まず。翌日午後、米子に住む次女一家四人と昼を一緒にして別れ、小松空港から帰京した。●その翌日、そぼ降る雨の中、大阪へ講演に。全日空ホテルの午餐会で講演後、すぐに新幹線でUターン。夕方着のせいか、グリーン車は混んでいた。築地で上田清司埼玉県知事、平沢勝栄代議士、ミッキー安川氏らと鳥鍋を賞味しながら年末のチャリティショーの話など。●その翌日は上京していた石平さんと編集者を交え、来年春に出す予定の共著の打ち合わせ。そこへ雲南省昆明在住のライター、五十嵐らん女史が合流し、かまびすしい食事会とあいなった。同夜、こんどは赤坂で二十数年ぶりの友人と寿司。
●というわけで原稿が進まなかったかといえば、そうではなく、週刊誌月刊誌など合計十本書きました。現在発売中の『週刊朝日』に先般訪問した南京の反日記念館の簡単なレポート(それでも7枚)、リニューアルされた南京大虐殺記念館に関する詳細のレポートは『正論』11月1日発売号に23枚ほど書きました。●昨晩は三十年来の知己で某大メーカー役員を歴任のSさん夫妻に銀座で日本料理をご馳走になった。嘗て拙著『日米先端特許戦争』(83年)取材のおりにハイテク関連の説明などでお世話になった。その後、台湾の共通の友人を交えて四半世紀、台湾の友は数年前に他界したが。。。でSさんの奥様が小説読みで、しかも中村彰彦の大ファンということがわかり、中村さんにも同席してもらう。宴の後は、例によって中村さんとふたりで神楽坂へ繰り出した。久しぶりに午前様帰宅。
●先々週おこなった緊急座談会(小生、西部遇、藤井厳喜、三橋貴明、西村幸祐)のゲラを校正した。読み直しながら、この世界恐慌を話題にした座談会、結構面白い。月末の『撃論ムック』(オークラ出版)に所載予定。そういえば、あの日、座談会がおわってからカラオケへ演歌と軍歌を歌いに行き、久しぶりに西部さんの軍歌も聴いたのでした。●池袋へ八冊目になるパスポート申請。いつも途中で増補するから過去に14回申請受領している計算になる。いまは有効期間が十年だが、最初にパスポートを取ったのは1972年、五年有効の数次旅券のハシリだった。それもヴィザの関係で半年残存期間中に次のを申請するから平均四年半の寿命しかない。七冊目から十年有効のパスポートになったものの、これも結局は、9年半つかって次となる。いちど暇なときに過去の海外渡航歴をしらべて一覧をつくる計画を抱いているが、そう思っている裡に以前の六冊のパスポートを何処へ保管したか、わからなくなってしまう。で、諸物価高騰の折、十年旅券に増補同時申請で、合計収入印紙は18500円也。これは高いのか、安いのか。
  ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
宮崎正弘の新刊
 『中国がたくらむ台湾沖縄侵攻と日本支配』
     KKベストセラーズ 1680円、ハードカバー

▲侵略と強奪と独裁の現代史を読む
▲ナショナリズムの狂気が凶器へ
▲ナチスベルリン五輪後のチェコ、ポーランド侵攻を忘れるな!

(↓すべてアマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  

 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)

宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

 ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。