国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/09/23


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月24日(水曜日)弐
         通巻第2332号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 米国をのぞくG6はウォール街救済策に冷淡
   ドイツ銀行もUBSも米国に現地法人をもっているが救済の対象ではない
****************************************

 欧州各国は米国のウォール街陥没に対しての救援要請に「冷淡」な反応を見せている。
 きわめて冷徹と言って良いかもしれない。
 「EU27ヶ国は借金の上限(赤字国債累積はGDPの60%以内など)、金利の上限を決めており、こんかいのウォール街に端を発した金融危機は米国製であり、米国が解決すべき問題ではないのか」(チャールズ・ダラーラ国際金融機関専務理事)。

 「外国、とくにG7加盟の欧州は口約束の協力のみ」(NYタイムズ、22日)。
 「米国から協力要請を受けてはいるが、米国を除くG6が協力的な対応することは適切ではない」(ドイツ蔵相のピア・スタインブルウック)。
 メルケル独首相は「ブッシュ政権の金融総合対策は拙速に走りすぎであり、ドイツ銀、コメルツ銀も、米国で制約を受けている。すでに被害も被った」と冷淡そのもの。

 米国議会で倒産回避の投資銀行を救済するにせよ、旧幹部への罰則と財産の提供を求めよ、とする修正案が続出、かれらの関心は選挙区のリタイア組である。
 63歳以上のリタイア組は401kで年金を運用している人が多く、株価社債下落で、配当が激減し、選挙区から悲鳴が聞こえる。
これは戦後初めてのことで老人リタイア組の、じつに39%が年金配当暮らし、33%が社会保障の恩恵組。
 ともかく63歳以上のリタイア組で株式を組み込んだ投資信託やMMF運用などの老後資金は、およそ3000億ドルと見積もられている。

 米国連邦議会は欧州に反論した。
 「UBSもドイツ銀行も米国内で大々的に営業しているではないか。だからといって(米国民の税金を使っての)救済の対象にUBSやドイツ銀行など外国銀行を含める必要はない。それはUBSならスイス政府の、ドイツ銀行ならドイツ政府が(救済が必要なら)行うべき琴だ」と言いたい放題。

 事実、ドイツ銀行は旧バンカーズトラスを2001年に110億ドルで買収し傘下に、UBSは米国内で三万人の従業員を抱え、NY市場に株式上場もしているうえ、ペイン・ウェーバー証券を子会社化している。バークレー銀行もHSBCも同様である。
 この土壇場で欧米金融界には亀裂がはいった。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のおしらせ)小誌は海外取材のため9月26日―30日が休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆み:*:'☆や.:*:'★ざ:*:☆き.:*:☆ま:*☆さ:*:'☆ひ*:'★ろ:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪♪
宮崎正弘の最新刊予告

『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 25日ごろ、主要書店に並びます。1680円。256頁、上製本
 (予約は下記アマゾンのページから)
http://www.amazon.co.jp/dp/4584131007/

  ♪♪
好評発売中!
(↓下記書籍はすべてアマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  
 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)
宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
  ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/09/23

    当メルマガの経済記事は、適量で且つ分かり易く解説されているので、毎日参考にさせていただいております。