国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/09/23


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月24日(水曜日)
         通巻第2331号  (9月23日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 やはり株式市場の復活は難しい。ウォール街、再下落を始める
  ブッシュ政権の総合的な救済策へ懐疑論の合唱。次はGM、GEに飛び火か
****************************************

 日本は市場が休みだが、ウォール街は株価が再び下降局面へ(米国時間=22日)、最後の優良株と言われたGM株は11・5%下げ、アメックスも7・7%下げた。かわって原油が一日に25ドルもの暴騰を演じ、1バーレル=130ドル台へ。
 しかも通貨市場では鮮明なドル安傾向に流れが変わった。

投機資金がウォール街から一夜にして抜け出し、当面の賭場である商品市場へ乱入した所為であろう。
 先週一週間だけで安定的と言われたMMF資金から1970億ドルが逃げ出した。パトナムに象徴されたMMF(マネー・マネジメント・ファンド)が軒並み精算を余儀なくされている。

 倒産したリーマンブラザーズの社債は累積1110億ドルと判明(フィナンシャルタイムズ、22日付け)。日本でも20億円のリーマン社債を保有しているキーエンスなどの会社もあるが、米国では年金ファンドや農業組合基金などもリーマンブラザーズの社債を保有していた。
 資産売却、部門売却を急いでおりリーマンブラザーズの「アジア部門」は、野村證券が買収することで基本合意したが、子会社の北米投資銀行は、17億5000万ドルでバークレー銀行へ売却、従業員一万人ごと引き継ぐという。

 SECはショートセル(空売り)禁止の対象としてGMとGEを加えた。かつて米國の資本主義がピカピカに輝いていたとき、両社は世界一の座を争っていた。よもや倒産寸前とは! 
 格付け各社はGM、GEの社債をすでに“ジャンク債”扱いしており、さらには「ワシントンミューチアル」の格付けをDからEに落とした。倒産寸前を示唆する。

 投資銀行がウォール街のビジネスモデルだった時代は突如終焉を迎えた。
 ヘッジファンドのGLGも格付けを下げた。

「基本的には空売りも現物買いも中立性ですが、空売りは短期的、現物は長期的要素が強い。空売りは集中的、談合的に行われるので市場インパクトが強く今回のパニックの原因になりやすいし、空売りによって企業の株価粉飾が暴かれるという側面的効果もあった」(市場専門家)という。
SECが空売りを禁止したのは、大幅な株価の下落を防止する措置である。
 
 しかし、ブッシュ政権の総合対策は議会で最後の調整を図っているとはいえ、じつは共和党が懐疑論を提示しており、ニュート・キングリッチ元下院議長などは「不良債権買い取りなんぞポピュリストの政策であり、議会は簡単に承認するな」と大声を上げている。
 オバマ候補がむしろ賛成に回っている。

UBS、シティグループも近く格下げとなり、公的資金注入の対象になりそうだと、ウォールストリート・ジャーナルが伝えている(22日)。
         ☆☆☆  
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆み:*:'☆や.:*:'★ざ:*:☆き.:*:☆ま:*☆さ:*:'☆ひ*:'★ろ:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪♪
(サイト情報)米国の総合市場対策
(1)ブッシュ大統領は9月19日、ポールソン財務長官、バーナンキFRB議長、コックスSEC委員委員長を伴って記者会見を行い、金融危機回避のために米政府が行った緊急措置を発表jした。
http://www.whitehouse.gov/news/releases/2008/09/20080919-2.html 
(2)ポールソン財務長官、金融機関と市場の緊張を緩和するための包括的な対応策http://www.treas.gov/press/releases/hp1149.htm 
(3)MMF(マネー・マーケット・ファンド)保証プログラムについて 
 http://www.treas.gov/press/releases/hp1147.htm 
(4)MMF保証プログラムについての追加説明 
 http://www.treas.gov/press/releases/hp1151.htm 
(5)財務省は9月20日、市場安定化のために金融機関から不良資産を買い取る権限を求める法案を議会に提出した。法案内容のファクトシート 
http://www.treas.gov/press/releases/hp1150.htm 
(6)連邦準備制度理事会(FRB)は9月19日、市場の流動性を促す強化策を発表。 
 http://www.federalreserve.gov/newsevents/press/monetary/20080919a.htm 
(7)証券取引委員会(SEC)の「株の空売り禁止」措置。 
 http://www.sec.gov/news/press/2008/2008-211.htm 
     ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のおしらせ)小誌は海外取材のため9月26日―30日が休刊予定です。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
五年目を迎える大人気講座!
拓殖大学日本文化研究所公開講座「新日本学」
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 
受講生募集中! 10月7日から開講
 毎週火曜日、茗荷谷の静かなキャンパスで日本の伝統を学ぶ講座が連続開催されます。ふるって御応募ください!
 受付はまだ十分に間に合います!

(((( カリキュラム ))))
第1講 10月 7日(火) 換骨奪胎論             遠藤 浩一  
第2講 10月14日(火) 日本人の勤勉の哲学と儒学      石 平 
第3講 10月21日(火) 日米関係の近未来          藤井 厳喜 
第4講 10月28日(火) 国民の物語としての歴史教育     藤岡 信勝 
第5講 11月4日(火)  江戸の天才・北斎          田中 英道  
第6講 11月11日(火) 憂國忌38年            宮崎 正弘 
第7講 11月18日(火) 道元の思想             長谷川三千子 
第8講  12月2日(火)  神道と道教            黄 文雄 
第9講  12月9日(火)  究極の武士道・宮本武蔵      竹本 忠雄 
第10講 12月16日(火) 保田與重郎と永遠の日本      桶谷 秀昭 
第11講 1月13日(火)  日本の歴史哲学          小堀 桂一郎 
第12講 1月20日(火)  所長講話「平成維新の可能性」   井尻千男 
修了式  1月24日(土)  記念講演会を予定 
 
毎週火曜日 18:30〜20:30
会場: 拓殖大学文京キャンパス国際教育会館(地下鉄茗荷谷駅下車徒歩五分)
受講料:個人36,000円、法人48,000円、学生20,000円
お申し込み、資料請求は下記まで。
 http://www.takushoku-u.ac.jp/g_public/jp_culture/index.html
拓殖大学オープンカレッジ課 電話:03−3947−7166
 
         ☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆み:*:'☆や.:*:'★ざ:*:☆き.:*:☆ま:*☆さ:*:'☆ひ*:'★ろ:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪♪
宮崎正弘の最新刊予告

『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 25日ごろ、主要書店に並びます。1680円。256頁、上製本
 (予約は下記アマゾンのページから)
http://www.amazon.co.jp/dp/4584131007/

  ♪♪
好評発売中!
(↓下記書籍はすべてアマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  
 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)
宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
  ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/09/23

    遂にアメリカの化けの皮が剥がれてきましたね。宮崎先生のご洞察に石頭はいつも大感銘です。原爆を落とした天罰、呪いでしょうか、カジノ経済の奈落の底を観ます。来年の小生の誕生日1月20日には、きっと頭脳明晰な大統領が誕生し、救国のステーツマンとなりますよう全世界の為に祈りたいと思います。先生は誰に何を期待しますか?拓大の講座受講します。メールいつも感謝です。石 讃岳

  • 名無しさん2008/09/23

    アメリカ発金融危機への洞察の鋭さに敬服してます。