国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/09/21

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月21日(日曜日)
         通巻第2326号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
(大不況の足音 その5)

 米財政赤字の累積は10兆6千億ドルから11兆3千億ドルへ
  「危機は去った」という楽観論は情報操作、危機は実際には深化している
****************************************

 米国の金融再建策が、大規模かつ大胆であったため世界的に株価が回復、一部には「危機は去った」と楽天的見通しを語るエコノミストがいる。

 ブッシュ政権は主眼として個人財産を守るためにMMF救済に財政出動、不良債権買い取りの二大支柱のひとつに位置づけた。
 ただ、このために財政赤字累積額上限を設定し、これの議会承認が必要である。休会前状態で大統領選挙本番を控える米国議会は、これを承認する模様だ。

 で、累積赤字は11兆三千億ドルになる。
米国のGDPが15兆ドルと推定されるから、対GDP比で75%。日本の累積赤字は建設国債を含めて800兆円とすると、対GDP比は145%。
 日米比較で言えば、まだ米国のほうが「健全」?

 しかし国民の金融資産比でみると日本の1500兆円の金融資産から見れば、日本政府の抱える累積債務は国民の資産の53%。反対に米国は消費優先、クレジットカードで借金している社会だから、担保がない。
 つまり、米国債は販売の25%以上を海外投資家に依存せざるを得ないのである。

 財政の巨額出動で当面の危機は乗り切るかもしれない。しかし本質に横たわる根源的なガンはさらに内部を浸食してゆくだろう。

 言ってみれば財政出動による金融機関と預金の救済は必要だろうけれども、モラルハザードの拡大であり、実質経済は悪質になる。

    ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆*:☆*:☆ ☆*:'☆*:☆ 宮 ☆:*:☆*:☆ ☆*:'☆*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)貴台の見通し。「日本は米国追随型だから、保有を維持するだけでも、みすみす巨額の損害をだす米国債の引き続きの保有を中断することが出来ない。まだまだ必死で紙くず化してゆくドルを守ろうとするだろう」。
とありました(貴誌2325号)。
口惜しい限りですが、貴台の見通しを否定できません。
5人の総裁候補の政見演説をテレビの音を消して画面を眺めていると、いかにもアホ面(づら)。次回の警世に満ちた解明を待たれます。
(SJ生)


(宮崎正弘のコメント)ドルの紙くず化を防ぐ方法は二つ。第一は金とリンクするドルの新札をだすこと。世界に流通している旧ドル紙幣は、ある日、突然、米国自らが無効を宣言する訳です。
第二はもっと大がかりな戦争をおっぱじめて勝利すること、でしょう。
いずれも「考えられないことを考える」(ハーマンカーン)という立場に立てば、あり得るかもしれず、次期政権に持ち越されるアポリアでしょう。



   ♪
(読者の声2)中国近況通信は読み応えがあります。世界経済観測も勉強になっています。私は、前々から米国は言い換えれば世界の暴力団と看做してきました。
イ・イ戦争はイラン憎しの代理戦争、計算づくでイラクに犠牲を強いた。
湾岸戦争もソ連がこけた隙を狙っての縄張り争い、アフガンも今次イラク戦争も軍産金(軍部、軍事産業、ユダヤ筋の金融機関)複合体の闇の勢力に操られたブッシュ政権8年だったことになる。

幕末期に締結した不平等条約のために長期に内政外交を縛られてきたが、戦後の日米安保条約も、言い換えれば、不平等条約に等しい。
手足を縛られ、金庫を開けられて金を出せと言われても文句も言えない日本政府、腐った牛肉を食わされ、農薬米を買わされ、他国には売るなとの条件まで付けられている。
駐留米軍に高級マンッション風の住宅まで準備し、家族ぐるみの滞在費用の80%(?)を負担し、その米兵達はリゾートでの休暇を愉しんでいるかのようだ。日本を本気で護ってやろうなどとは微塵も考えてはいない。
日本企業がせっせとドルを稼いでも、日本政府はいつかは不良債権になる米国債につぎ込んでしまう。日本農業は破壊され、海産魚類は捕獲制限され、毒物に等しい穀肉を押し付けられ、大和民族絶滅路線に導かれている。
筆者は自民党支持者だが、湾岸戦争では米国に恫喝されて最終的には110億ドル(?)の負担し、戦後処理と言えば聞こえはいいが、早い話が後片付けをさせられたに等しい。
イラク戦争ではショー・ザ・フラッグの名の下に米国の倉庫番の役回りで自己負担の燃料補給を強いられている。
日本は未だ完全独立国ではないと感じる。
自虐的に言うのではないが、未だに靖国論議に明け暮れているから、中国が売りつけた農薬米で作られた焼酎の輸入を拒否すると宣言している。
農薬米は中国が押し付けたんですよ、皆さんオカシイト思いませんか? 日本政府が寝ぼけているから、中国が侮って見下すのである。
序に、中国の”万里の長城”は、中国本土内にあるが、あの長城は国境線ではないのだろうか?
さすれば、もともと長城以北は中国の領土ではないのではないか? と筆者は思うのだが、読者の皆さんのお考えは?
皆さんのお考えをぜひ聞きたい。
    (一読者)


(宮崎正弘のコメント)第一に事故米の原産地ですが、そうです。中国です。いまのマスコミ報道は、中国のイメージを消そうとするスリ替えですね。ところが食中毒を起こした中国産あんこ、メラミン混入の牛乳と乳製品で、またまた猛毒中国の悪イメージが世界に拡大しています。
自業自得ですかね?
 第二に日本の主体性ですが、米軍がなぜ日本にいまもいるんですかね?
 キルギスに米軍が駐屯していますが、マナス空港を借用してアフガン空爆の基地としており、その50キロ遠方にロシアの基地があります。
そのキルギスの首都ビシュケクで、マナス飛行場取材の帰りにタクシーに乗ったら、「羊のようにおとなしいキルギス」と揶揄したあと、「え、日本のなかに外国の軍隊がいる? えっ。日本って独立国家じゃないんだっけ」と反応したのが印象的でした。



   ♪
(読者の声3)貴誌の投書欄で、どなたかが、分祀はコピーするようなもので・・・と説明されていましたが、その喩えは適当でないと思います。
「神は人の敬によって威を増す」と御成敗式目にありますが、祭祀を丁重にし鎮魂(たまふり)することにより、いや増した神霊の稜威を仰ぎ、さらに別の場所にも奉齋する。そこに神徳の昂揚があるのであり、分祀というのは、決して同じものがコピーされるというような話ではありません。
「分祀しても元の座に神霊は残っているんだから分祀は不可能だ」、ともよく言われますが、それも間違いです。
たしかに、元の神社に神霊が祭られたまま、さらによそにも神霊が分霊されるというの
が大方の分祀ではありましょうが。

しかし、たとえば過去にひとつところに合祀された二柱以上の祭神を、やはりそれぞれに適当なるお社を建てて、それぞれに丁重にお祭りしたいとしたら、それぞれの神霊には別々に遷座して頂くことになる。これも分祀にほかなりません。「元のところにも残っておられる」では、この話はなりたちません。
いま、いわゆる分祀論者はさすがに「廃祀せよ」とは簡単には言えないから、「別の座に遷せ。一部の祭神を本殿から出て行って頂け」と、靖国神社に迫っているのでしょう。
こうした議論に対し、「神道の教義」だとか「分祀しても元の座にも残る」云々、というのでは反論になっていません。問題をすりかえることにより反対論を回避するというのもわからないではないが、方便も大勢で、また高名な論者が言い続けると、一般の人々はそれが真正なる論であると勘違いします。
これでは、靖国神社に対する崇敬心が広がってゆくとも思えません。

また、「分祀はできないけど、それぞれに敗戦責任はある」、という論は、さらに噴飯ものです。そもそも「敗戦責任」とは何ぞや。内閣が開戦を決定し、内閣が終戦を決定しました。敗戦して責任をとるなら、内閣総辞職以外には何もない。
大本営の参謀を更迭するしかない。さらに個々の閣僚、幕僚が官位を返上、お詫びに財産を国庫に寄付するとしても、何ら法的根拠のない本人の心がけでしかありません。国民が強要できる筋合いでもない。
軍人に敗戦責任を問うならば、わが国の軍刑法に照らして、指揮官として敗戦にいたる過程で違法行為があったかどうかです。(たとえば、旅順でステッセルが、戦わずして降伏したから本国の軍法会議で死刑の宣告を受けました。)
仮に靖国神社に合祀された昭和殉難者のうちA級被告の14名の方々のうち、軍刑法違反を問えるのは、松井岩根などごく数名に過ぎません。しかも、そのことさえも日本の国内法でもまったく無罪であることは、東京裁判における弁論で立証済みです。
本来、管轄外の敵国の軍事裁判に不法にかけられ、不当な求刑と判決が行われたから当時の政府も認めるように、国内法においては犯罪人ではなく殉難者であると公認され、靖国神社にも合祀されました。
その殉難者のことを、靖国神社にかかわる議論の中で「でも、敗戦責任はあるのではないか云々」。
それはないでしょう。靖国神社に合祀されているという重大なる尊厳をその神前で踏みにじるごとき非礼ではありませんか。
かつて、「靖国神社には生前に窃盗を働いた兵隊も神と祭られている。それは不道徳ではないのか」と罵ったのは吉野作造でした。
窃盗の罪が消えて靖国神社に合祀されたわけではないことは明白なのにです。
かように靖国神社へ参って、その祭神の生前の前科を言い立てることこそ不道徳です。
こんにちよく見られる靖国神社にまつわる分祀と敗戦責任に関する議論には、そういう「不道徳」が感じられてなりません。
靖国神社は決して観念的に祭神が合祀されているのではなく、三権分立の帝国憲法下において、天皇陛下がわが国の殉国者を合祀なされているということ、それが正しく法的な根拠に基づいていると、肝銘すべきと思います。
           (SI生)

        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:☆.:*:☆☆.:*:'☆.:*:☆☆.:*:☆.:*:☆☆.:*:'☆.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        ♪♪♪
((( 高山正之さんファンの皆さんへおしらせ )))
  ◎明日、締め切ります

下記の要領で人気コラムニスト高山正之さんの新刊を祝う出版記念会が行われます。
ファンの方も参加希望があれば、案内状をお送りします。会費は一万円。ブッフェ形式、お帰りに新刊二冊おみやげが付きます。
 Sna76980@yahoo.co.jpへ。
 (1)お名前(2)郵便番号とご住所(3)電話番号をおしらせください。おりかえし、案内状をお送りします。(22日で締め切ります)。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
高山正之さんの新刊(『ジョージ・ブッシュが日本を救った』)を祝う会
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 前略 初秋の砌、貴台におかれては益々ご健勝のことと大慶に存じ上げます。
 さてわれらが畏友であり酒友でもある高山正之さん、産経新聞から大学教授時代を経て、いまマスコミ各誌での活躍と辛辣なコラムは定評のあるところです。このたび『週刊新潮』の連載コラム「変見自在」を纏めたシリーズ第三弾『ジョージ・ブッシュが日本を救った』(新潮社)が上梓されました。
 つきましては友人・先輩、後輩、関係者、そしてファンも。一夕、相集い新刊を言祝ぎながら団欒の場を設けたいと存じ、左記の要領で開催の運びとなりました。
           記
 とき  10月6日(月曜日)午後六時半(六時開場)
 ところ ホテル・グランドヒル市ケ谷 三階『瑠璃の間』
        (JR、東京メトロ『市ヶ谷』下車、徒歩三分)
 会費  一万円(新刊書籍を二冊、進呈します)

 発起人(五十音順、敬称略) 
 *************
 安倍晋三、井尻千男、伊藤寿男 伊藤哲夫 江口克彦、呉善花、太田英昭、小田村四郎、
加瀬英明、清原武彦、金美齢、日下公人、黄文雄、櫻井よしこ、佐々淳行、白川浩司、
すぎやまこういち、鈴木隆一、石 平、住田良能、高花 豊、田久保忠衛、竹内修司
田中節夫、田中英道、田原総一朗、津川雅彦、堤 堯、露木茂、中村 燦、中村彰彦、
中村 功、西尾幹二、西部遭、西村真悟、花田紀凱、浜田麻記子、早川清、羽佐間重彰、
廣池幹堂、日枝 久、東中野修道 深田祐介 藤岡信勝、前田昭二、水島総、宮崎正弘、
三宅久之、村田博文、屋山太郎、渡部昇一
                         出版記念会 事務局 
            162―8711 東京都新宿区矢来町71 新潮社出版部N
                     高山正之さん新刊を祝う会(担当 正田幹)

◎一般読者の方で参加希望の方は
 sna76980@yahoo.co.jp
 まで。郵便番号、住所、ご芳名をお聞かせください。
ご応募は22日に締め切り、案内状は25日までにお手元に届きます。案内状には会場へのアクセスも印刷されております。尚、御出席を前提としておりますので、出欠はがきは封入されません。
     ◎ ◎ ◎ ◎
(事務局より)早稲田在住の山内さん、ご住所をおしらせください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆み:*:'☆や.:*:'★ざ:*:☆き.:*:☆ま:*☆さ:*:'☆ひ*:'★ろ:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪♪
宮崎正弘の最新刊予告

『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 25日ごろ、主要書店に並びます。1680円。256頁、上製本

  ♪♪
好評発売中!
(↓下記書籍はすべてアマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  
 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)
宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
 ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/09/21

    SI生さんの靖国分祀論こそ私の言いたかったことにぴったりと合います。

    ただ,「松井磐根は軍刑法違反に問える」という意見の根拠は何か?同意できない。