国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/09/17

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月17日(水曜日)
通巻第2320号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 胡錦涛、「泣いて馬謖を斬る」?
   共青団の重要幹部が失脚、山西省の人事はミニ政変の可能性
****************************************

山西省といえば、石炭の産地にして、鉱山の事故多発危険地帯。仏教が栄え、聖地・五台山があることでも有名。
同省の北端は「大同」。中ソ対立の折は、この地に五十万の人民解放軍が駐屯したが、現在は石炭ビジネスの拠点。過去数年に石炭価格が四倍となったため、石炭成金が蝟集し、人口比率のベンツ保有率は北京市より高い。
かつて日本軍も、この大同から五台山を南下し、太源を占拠した。

さて山西省襄汾県で違法操業中の鉱山のボタ山が崩壊、大規模な土石流が起こり、254人の死亡が確認された(死者数は9月14日まで)。
この災禍の責任をとるかたちで山西省ナンバー2と言われた孟学農省長が突如、辞任するというハプニングが起きた。

不思議である。
そもそも中国人が職責の「責任」を取ること自体が奇妙ではないか。責任は必ず他人に押しつけ、自分は常に正しいと主張するのが、中国共産党幹部の生きる道だから。

四川省大地震は七、八万人もの死者がでた人災だったが、四川省幹部の誰も引責辞任していない。
汚職スキャンダルで逮捕された陳良宇元上海書記を例外に、最近、この種の事由で失脚した共産党幹部はいない。

 中国の炭鉱事故は世界的に悪名高く、毎年五千人から八千人が鉱山事故で死亡している。
 その安全無視のやり方は世界から非難されているが、これまではどこ吹く風の違法操業を繰り返してきた。

とくに炭坑が儲かると聞いて利にさとい浙江省温州商人が大挙して山西へ進出して、鉱山ビジネスを買収、安全を度外視した闇炭坑を地もとマフィアと組んで経営、拐かしなどでだまして連れてきた少年ら労働者を奴隷のように働かせた。
戸籍も名前もない炭坑夫が存在し、当局の閉山命令を無視した違法操業が平然と行われてきた。

胡錦涛政権は、違法鉱山を放置した責任を取らせることによって再発防止を謳い、自派の要人を斬った。
孟学農は能吏、共産主義青年団の幹部である。

同時に張建民副省長を解任し、省長代理に王君・国家安全生産監督管理総局長が就任した。
なにもかも不思議である。
第一に責任を取るというのであれば、ナンバー1の省書記(張宝順)が当然引責辞任するべきだろう。
第二は、孟学農は北京市長経験の大物で、山西副書記から、この一月に山西省長に就任したばかり。副省長は辞任ではなく「解任」。ところが夏に落下傘人事で同副省長に就任した李鵬の息子、李小勇はそのまま。

 代理省長となった王君は、事故の調査を担当してきた人物で政治的力量は未知数。臨時措置の観が否めない。
 ともかく、この突如の人事は北京中央の政変と連動しているのか、見極めが必要である。

     ◎ ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆み:*:'☆や.:*:'★ざ:*:☆き.:*:☆ま:*☆さ:*:'☆ひ*:'★ろ:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)石原都知事の、古賀誠の「A級戦犯」分祀論にかこつけての「日本よ」(産経随筆)には全く失望した。
憲法9条信奉者であり人権擁護法推進者であり媚中派の古賀誠の分祠論が自らの分祠論と重なるところがあると思っているとは驚きである。
古賀誠の正体は自民党にいるから誤解されているが、利権まみれの村山富市とでも言うほうが適当だろう。
自民党で野中に引き立てられて幹事長になっただけで実力者風に過大評価され、戦没者遺族だから遺族会会長になれただけである。
 石原氏が分祀論を言うのならなぜ女房や古賀誠を引き合いに出さずに、はっきりと自分の言葉で「A級戦犯は分祀しろ」と言わないのか。
以前から石原氏は靖国参拝の時のインタヴューで、心の中では手を合わせていない人物もいる、と答えているのを見てさすがにと感心していたのだが。個人の感情は別にして東京都知事が靖国参拝することの意味を分かっているのだと評価していたのだが。
大東亜戦争の責任者を日本人が裁くべきだったとの意見があるが、果たして彼らを裁く資格がある日本人がいるのか。どのような日本人ならその資格があるとはっきりと明示しなければ意味はなかろう。
宮崎氏も指摘されているように、主権回復後に国会で戦犯の赦免決議を全会一致で行い、受刑死の人たちも、国内法的には公務死として扱い、「戦犯」は日本には存在しなくなったのである。
これは責任をあいまいにしたというよりは、大東亜戦争は国民一丸となって欧米と戦ったという認識が渦中の日本人にあったからではないのか。
石原氏の分祀論は感情論でしかない。
   (ZEN)


(宮崎正弘のコメント)ご指摘の通りです。言ってみれば日本は“特攻の遺産”で戦後をしばらく頑張ってきた。そのことさえ忘れてしまったのでしょう。我が国に「戦犯」がいないという国会決議(全会一致)の歴史的事実を忘却したのですから。



   ♪
(読者の声2)昨日の貴誌「大暴落、本日」という予言的報道に腰を抜かしましたが、まさに夕刊の一面トップは日本の株式市場暴落でした。
私は投資家ではありませんが、先代からの企業のつきあいで多少、株を保有しております。簿価が急減し、憂鬱です。
 株は景気の先行きを照らすと言います。ということは日本の経済、まだ先が暗いということですね?
   (BH生、埼玉)


(宮崎正弘のコメント)先行きの暗さはどの国も同じでしょう。韓国はウォン急落、中国は通貨供給量を増やします。路線変更です。日米欧に倣っての措置です。
EUはユーロ高を享受した三年が終わり、ロシアも通貨ルーブルが失楽園入り。
日本は、率直に言って米中という「外需」消化先が大幅な景気後退となりますから、風邪から肺炎にならないように経済の舵取りを慎重にする時期となります。麻生さんが渇をいれても、あの経済閣僚や官庁のトップを見ていると。。。。。。。。
というわけで、株式市場の暴落は、不況入りの始まりに過ぎません。

 △△ △△ △△
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(((((( 樋泉克夫のコラム ))))))

【知道中国 187回】                     
――司馬遷に呪縛された《中国》
     『中国人の歴史意識』(川勝義雄 平凡社ライブラリー 1993年)


 本書は、「中国人の歴史観」を軸に中国人における歴史の意味を問う!)章。「中国前期の異端運動――道教系反体制運動を中心に」などを中心にした中国人に与えた道教の働きを論究した!)章。著者の専門である中国中世、殊に六朝社会の諸問題を扱った!)章とで構成されているが、なにはさておいても読むべきは、やはり!)章だろう。

 !)章は「司馬遷の歴史観」「司馬遷とヘロドトス」などの講演を再構成した論述で、比較的に短く、簡潔な表現で中国人にとっての《歴史の意味》が語られている。
だが著者のいわんとするところは飽くまでも重い。たとえば中国人の歴史観に関する次の一節だ。
 「司馬遷の『史記』以来、二千年あまりの間、絶えることなく正史が編纂されてきた理由」を、「個々の歴史的行為のあとを整理し、一つのまとまった歴史記述として体系化することが、中国人共通の願望であり、必然的な要請であることは、もはや見やすい道理であろう」。
だから「無価値的な時の流れに価値と意味とを与えつづけた人間の行為のあとは、人間存在の証として、まさに人々が歩いてきた『道』の跡として、秩序と文明のあり方を示すものとして、正確に書き残さねばならなかった。そこには、価値づけの原理として、『礼』にもとづく政治即倫理批判が加えられるのは当然であるが、また事実の正確さを究めるために、多大の努力が払われたことも注意しておかねばならない」とする。

中国とは中華人民共和国の略称ではない。
太古の昔、黄河中流域の黄土高原の霞のなかから生まれでた漢民族が、数千年の時の流れの中で育んできた時間的・文化的・地理的概念の総体というべきだろう。
だから中国とは極めて抽象的な存在といえる。孔子に儒教というココロを吹き込まれ、始皇帝に統一政権という制度と広大な版図というカラダを与えられ、最後に司馬遷がココロとカラダを統べて歴史というコロモで装い、初めて中国は実態を備えた。
3人が中国を具体化した。だから、彼らは《中国の発明者》なのだ。

広大な大陸を流れる「無価値的な時の流れ」を「歴史記述として体系化」し「秩序と文明のあり方を示す」ことが歴史を記す目的なら、その典型である『史記』を嚆矢とする正史こそが中国としての「秩序と文明のあり方を示す」根拠ということになる。
ならば「無価値的な時の流れ」を「歴史記述として体系化」する権限、いいかえるなら歴史を解釈する権限を誰が持つか――これこそが、正統中国を決定する究極の決め手だろう。
『史記』から『明史』までの正史を「二十四史」と呼ぶが、秦から明までに24の王朝が存在したことを示す。
これに清が加わり正統王朝は25を数え、さらに中華民国、中華人民共和国と続く「無価値的な時の流れ」を一括して中国と呼ぶ。

元の蒙古族、清の満州族のように異民族が支配しようが、ココロとカラダとコロモが同じであるかぎり、中国の正統王朝と看做すことになる。同じココロとカラダとコロモなら、同じく中国と呼んでも不都合はない。
旧中国を否定し新中国を名乗りながらも共産党政権が中華帝国然と振る舞い続けているのも、旧中国と寸分違わないココロとカラダとコロモで装っているからである。
司馬遷は「無価値的な時の流れ」を正統と異端とに峻別し『史記』を書き遺すことで中国を定める歴史のカタチを作った。
以後の歴史書は『史記』のカタチを踏襲するゆえに彼に縛られ続ける。歴史解釈権を握った権力が正統中国を名乗るカラクリが、これだ。

 (ひいずみかつお氏は愛知県立大学教授。華僑と京劇の研究では第一人者)。

  ♪
(宮崎正弘のコメント)『この國のかたち』とかを書いた司馬遷によく似た名前の作家は、日本史にも心と体と衣をまとわせ直して中世から近世、近代までを超特急で書きまくったが、やはり筆名のように司馬遷に遠く及ばず、ですかね。
    ●
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(編集部から)今週は日帰り地方講演などが重なり、予告無く休刊する日があります。
また来週、九月25日から30日は海外取材のため休刊になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:★*:☆.:*:'☆.:*☆.:*:☆.:*:★:*:☆.:*:'☆.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪♪♪
宮崎正弘の最新刊予告
『中国がたくらむ台湾・沖縄侵攻と日本支配』(KKベストセラーズ)
 九月下旬刊行予定、予価1680円。256頁、上製本

  ♪♪
好評発売中!
(↓下記書籍はすべてアマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
   ♪♪
 宮崎正弘『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
      (全332ページ、写真多数、定価1680円)
     産経新聞、15日書評欄を参照!

宮崎正弘『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 
宮崎正弘・黄文雄共著『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

 ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
     ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/09/17

    政治家も経済学者もどっぷりと東京裁判史観の虜になった頭でものを考えてもまともな答えなど出てきません。

    一度大東亜戦争とはどんな戦争で有ったかを日露戦以降の歴史事実を並べて勉強してほしいものです、経済・軍事どこを見ても日本から挑発したものなど有りません。

    別に「右翼」ども有りませんが冷静に事実を積み重ねていけば戦後60年、日露以降は100年を経過、あらゆる文献も事実が明らかに成りつつ有る中で「検証」すら許さない日本の対応は異常としか言いようが有りません。