国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/09/06


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)9月6日(土曜日)
通巻第2310号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 中国、海外投資の基本方針を転換か
   独ドレスナー銀行への100億ドル出資に「待った」
****************************************

 二兆ドルの外貨準備高を、騎虎の勢いで中国は費消してきた。海外企業買収から、石油、ガス鉱区の買収、銅鉱山などレアメタル、鉄鉱石鉱山の買収。
 国富ファンドは米国ヘッジファンドの「ブラックストーン」にも出資したし、四大銀行はメリル、シティバンクなどに出資してきた。

 突然、方針が変わった。
 中国発展銀行が当局に申請していた独ドレスナー銀行への100億ドル出資に[NO]のサインがでた(フィナンシャルタイムズ、9月5日付け)。

 理由は(1)過去の出資はほぼ失敗に終わり、(2)加えてドル安により資産目減りがあまりにもひどい結果になっているからではないかと英紙は結論している。
     ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆*:'☆*:'*:☆.:*:☆.:*☆.:*:'☆.:*:☆ ☆*:'☆*:'*:☆.:*:☆.:*☆.:*:'☆.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<<<< 今週の書棚 >>>>

   ♪
石原藤夫『国際通信の日本史』(栄光出版社)
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
 
 通信主権という概念が希薄だった時代に、日本の通信を牛耳る海底ケーブルの利権を持っていたのは外国企業だった。治外法権と関税自主権は五十年かかってようやく回復したが、通信の主権はなおざりのままだった。
 日本は科学技術に決定的に遅れをとったという珍説は嘘で、外国がアジアで勝手な侵略と植民地化を繰り返していた頃、日本は鎖国していたために技術が後れを取ったのではない。からくり人形、ゼンマイなどを見ても、メカニズムにはひけを取らず、また電信実験はペリー来航まえに佐久間象山が実験していた。
 薩摩藩にも寺島宗則という発明家がいた。榎本武揚は西欧から電信機を持ち帰った。日本の弱みはこれらをシステムとして、商業的に運用するノウハウに欠けていたきらいがある。
 明治から大正、昭和前半の、技術者たちの苦悩の歴史をコンパクトにまとめた労作だが、読んでいて思ったのは、人物と発明の苦労を淡々と除したいくつかのエピソードのうち、何編かの小説のモデルになりうる人ばかりではないか、ということだった。
 石原藤夫氏にはほかに『発明特許の日本史』などの力作がある。

     △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎●BOOKREVIEW ●◎BOOKREVIEW●◎BOOKREVIEW●◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)《第7回9・29反中共デー東京大会》のお知らせです。
 北京オリンピックは閉幕しました。
中華人民共和国(中共)におけるオリンピックが、平和や健康とは全く無縁の政治大集会であったことは明白です。
侵略と圧制の凶国である中共の犠牲者は多々います。
満州、南モンゴル、東トルキスタン、チベット…に対する侵略・圧制・虐殺。
また台湾に対する侵略の野望。中共は、アジアの全ての民族の敵と断言できます。

アジアの中でも、特に我が国は中共による危機に直面しています。
昭和47年9月29日、我が国は中華人民共和国との国交を樹立しました。しかし我が国と中共との関係が正常かつ友好的であった事はありません。昨今話題になった毒入り食品なぞ可愛いものです。
靖国神社に対する冒涜、歴史教科書への介入、尖閣諸島への侵犯、東シナ海における海底資源の盗掘、沖ノ鳥島の存在の否定、外交官に対する性的謀略工作…など、数えきることが不可能なほどです。
「反日」「共産」「中華」の3悪国家である中共は、我が国にとって明確かつ危険な敵国です。
我々は草莽の有志として祖国の危機を坐視する事は断じて出来ません。
平成14年9月29日、所謂「日中国交正常化」30年の秋、我々は中共との国交断絶を勝ち取る為、第1回9・29反中共デーを開催いたしました。
第7回の本年も「9・29反中共デー」の旗の下、「打倒中国共産党」「日中国交断絶」「中華覇権主義排撃」「まもれ!尖閣諸島」を声高らかに叫び、勝利を目指して、同志同憂各位が共に起ち上がり、共に闘う事を熱望いたします。
    記
 ☆日時  9月29日(月)雨天決行
午前11時〜集会開始
正午〜徒歩行進出発
 ☆場所 三河台公園(東京都港区六本木4の2の27。六本木通り沿い/俳優座の横)
☆合意事項(超党派の運動のため、会旗など団体の旗の掲揚は禁止します。また、車輛での参加および徒歩行進に適さない服装での参加はご遠慮ください)。
  9・29反中共デー東京大会共闘委員会
           事務局03-3918-9524(三澤浩一)



   ♪
(読者の声2)貴誌4日付け「(宮崎正弘のコメント)外務省職員全員を六ヶ月前後、自衛隊に順次体験入隊させ、国防とは何かを体得して、それから外交をやっていただきたいモノです」。
とあります。
 今は知らず、昔のヨーロッパの外交官は貴族の出身が多かったので、軍人ならずともフェンシングの名手や決闘の体験者が少なくなかったそうです。これは駆け引きの勘や度胸をつけるのに役立ったはずです。日本の外交官は御公家さんの系統が多かったせいか、迎合的。
外交官研修科目に剣道を入れたらよいのではないかと思い、剣道師範資格を持っていた橋本龍太郎元総理に、あるパーティーで進言しようとしましたがその機会を得ませんでした。
(YT生)


(宮崎正弘のコメント)あの「剣豪」政治家も下半身の防御が弱かった。



   ♪
(読者の声3)貴誌の投書欄を見ていて、最近、女性読者が増えつつある事を嬉しく思います。読みたい本が増えるばかりで悲鳴を上げていますが、いつの時代でも、女性がしっかりしないと国は滅びるのかもしれませんね。
その意味においても、宮崎先生のメルマガ読者が今の男性の数だけ女性も読むようになったら「日本沈没」も先延ばしできるかも?
(FF子、東京都)


(宮崎正弘のコメント)日本で、いま活気があるのは文壇も論壇も女性。小説界で80歳代の売僧(まいす)もいれば、不倫騒ぎをもろともしない某(OUTを書いた人)、タヒチに住んでミステリー伝奇小説に挑戦する板東女史とか。
 保守論断も上坂、曾野、櫻井の御三家に幾多の若手女性ライターの登場。男性のルポライターよりフットワークのよい人が随分と出てきました。
永田町も、真贋とりまぜて女性が政治の一翼をリードし始めましたね。
聖子に百合子に、姫とか、ゆかりたんとか。勘違い組が目立つのは気になるところですが。とくに双子を生んだという理由で少子化担当大臣になった元大学教授とか。
 ですが、米国副大統領になりそうなペィリン女史(アラスカ州知事)を見ていると、あれくらいのファイト、肝っ玉母さんぶり。結婚もしない、子供はいらないという日本人女性は、ちょっと見習って欲しいですね。

       ◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'☆.:*:'★':*.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

(((( 編集後記 ))))昨日はペマ・ギャルポさんと桑名を往復しました。新幹線往復車中とタクシーのなかで、チベット、ブータン、ネパール、インド情勢をしゃべる裡に、時間が過ぎてしまいました。多くの濾過された、日本の新聞に出たことのない分析も聞けました。いずれ、ネパールのマオイストの実態など、小紙でも報じたいと思います。
  ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
宮崎正弘の最新刊
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
   (全332ページ、写真多数、定価1680円)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484082187/
(上記サイトから申し込めます。送料無料)
 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 重版出来!
(↓下記アマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  ♪♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
  ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • この記事お願いします2008/09/07

    宮崎正弘の国際ニュース・早読み

          平成15年(2003)8月11日(月曜日)

                 通巻657号

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

      インドのソフト産業を脅かす(?)中国

      訓練センターでITスペシャリストは中国国内に、やがて400万人ーーー米国企業もインドから中国シフトを開始した

     **********************************



     六年ほど前だったと思う。

     大阪の実業家、冬木三男さんから誘われ、インドへ行った。インドはその前年にも行っているが、全日空がムンバイ(ボンベイ)線を新たに開くので株主相手に記念飛行のツアーがあるからと誘ってくれたのである。インド門の真ん前の宮殿のようなホテルに三泊した。



     冬木さんは手広く食料の卸、流通、レストランを経営され、スペインにも米栽培の田園を所有されている。インド行きの目的の一つはインド米にジャポニカがあれば輸入の可能性を探りたい、という(各地の米問屋を回ったが類似米はあってもジャポニカはない)。

  • 名無しさん2008/09/06

    外交官研修科目に剣道を入れるのは良いアイディアだと思います。

    外交官は文武両道が望ましい、と思っておりますので。