国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/08/15


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)8月15日(金曜日)弐
通巻第2288号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
<速報>
 ムシャラフ大統領が辞任か。混迷深めるパキスタン情勢
   米国はついにムシャラフを操れず、逆に振り回された
****************************************

 ウォール・ストリート・ジャーナルが速報している(14日付け)。
 『48時間以内にパキスタン政局は大きな節目を迎える。ムシャラフ大統領が辞任する模様である』とつたえている。

 ムシャラフは1999年10月、無血クーデターで権力を掌握し、シャリフ首相をおいだす。
中国との軍事同盟を強化する一方で、01年9月以後は、米国と密接な軍事協力関係を築いて、南アジアンの安定に貢献した、とブッシュ政権は認識しているから、ムシャラフ大統領の辞任は『寝耳に水』だろう。

 ムシャラフ大統領が辞任に追い込まれている理由は、「憲法違反」。
 とくに選挙向こうの疑義を呈した最高裁判所長官の更迭が、いまさらながら問題となったのだ。
戒厳令下で大統領選挙を実施し、不正投票の可能性もあるとして議会が「大統領弾劾」を提示、もし辞任しなければ議会は圧倒的多数で大統領弾劾を決める。
 パキスタン議会はブッド元首相暗殺事件以後は、PPP(ブッド系)、PML(シャリフ系)入り乱れるものの総じてムシャラフ大統領弾劾を支持している。

 ムシャラフ大統領は免責事項として起訴されないことを議会に求めており、それを条件に辞任し、陸軍参謀総長に戻る模様だという。

 こういう時にカシミールがきな臭いのが大いに気になる。
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
(読者の声1)中共の美女工作に思う。
北京オリンピックでは、訪中した石原都知事が「美女が非常に多い」などとつまらないコメントを出したらしい。
北京は嘲笑しているだろう。これは以前北朝鮮が韓国に美女集団を多数送り込んだ工作に倣ったのではないか。論理的な問題を性的な関心でごまかすという手口である。
しかし助平政治家が目じりを下げている間に、秘密警察は裏でチベット人やウィグル人への残虐な拷問が行われている。大衆社会はだまされやすいのだ。
英国の外交官がハニーポット工作で携帯電話を盗まれたという。英国政府が公務員に警報を出した。
共産圏がスパイ工作に美女を使うのは、工作の費用対効果が一番高いからという。
すなわち人件費だけなので非常に安いからという。現地に行ったら触らぬ神にたたりなし。支那の美女には油断大敵である。
    (MARU)


(宮!)正弘のコメント)君子危うきに近寄らず? あれ、整形ですよ。美女という判断基準は、しかも個人差があり、個人個人の審美観にもよるのでは?



   ♪
(読者の声2)グルジアのサアカシビリを応援せよとする欧米論調を貴誌はさかんに紹介されていますが、サアカシビリは胡散臭い。食わせ者という説があります。CIAの傀儡のごときアフガニスタンのカルザイ大統領のように。  
         (UI生、神奈川)


(宮!)正弘のコメント)まずカルザイ(アフガニスタン大統領)ですが、いくつか過去の拙著に指摘したように、かれは米国亡命時代「ユノカル」の顧問で食いつないでいました。「ユノカル」は「中国海洋石油(CNOOC)」が果敢にもM&Aを仕組んで買収しようとしたカリフォルニア石油大手。
 海外に多くの鉱区を保有しているからです(いまはテキサコ傘下)。
 で、当時のタリバン政権と「ユノカル」はトルクメニスタンの石油をアフガニスタン経由でカラチまで敷設する1580キロのパイプラインに合意していた。
なんと、クリントン政権の時です。
 カルザイが「大統領」として、アフガニスタンに送り込まれてすぐに、このパイプライン建設に合意しました。
 米国がカルザイを大統領にした最大の背景はこれだったのです(拙著『世界“新”資源戦争地図』(阪急コミュニケーションズ参照)。
だが、パイプライン・プロジェクトは頓挫中。タリバンやアルカィーダの暗躍が続き、セキュリティに問題がある。そのすきを巧妙に衝いて同パイプラインを北側へと迂回させ、トルクメニスタンからウズベキスタン、カザフスタン経由で新彊ウィグルまでの1800キロのパイプラインを敷設する工事が始まっています。
誰が? 中国です。
上のプロジェクトを中国が横合いからさっと引っさらった格好です。ちょうど西シベリアからロシアを迂回させてナホトカへ運ぶ日本側提示の世紀のプロジェクト案を、先に中国側へ分岐させて満州里 → 大慶へと運ばせるために横合いから取ったのが中国であったように。。。。

 つぎにサアカシビリ(グルジア大統領)のことです。
 ウクライナの親米政権支援、バルト三国のロシアからの離反などと同様にグルジアをNATOに加えるため米国は様々な支援をしてきました。
グルジアこそがカフカスの南に欧米が打ち込んだ橋頭堡であり、これが再びロシア側に転ぶと「冷戦終結」は元の木阿弥になる。
 サアカシビリ大統領が食わせ者? 当然ではありませんか。魑魅魍魎、弱肉強食の現代で、これくらいのギャンブル度胸がない政治家は、カフカスの政治を担えるわけがありません。
胡散臭いのは当然、それでも陰謀家プーチンには立ち向かえないでしょうが。。。
     ◎ ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の最新刊
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
   (全332ページ、写真多数、定価1680円)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484082187/
(上記サイトから申し込めます。送料無料)
 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 重版出来!
(↓下記アマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
  ♪♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
  ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2008/08/15

    > サアカシビリ大統領が食わせ者? 当然ではありませんか。魑魅魍魎、弱肉強食の現代で、これくらいのギャンブル度胸がない政治家は、カフカスの政治を担えるわけがありません。

    胡散臭いのは当然、それでも陰謀家プーチンには立ち向かえないでしょうが。。。



     仰る通りですね。恥も外聞もなく我が道を行くプーチンさん。旧ソ連の崩壊の道をまっしぐらですね。

  • 名無しさん2008/08/15

    資源争奪は国の威信をかけて行うもの

    日本はどうか?。東シナ海のガス田も然り独自開発が不可能になり中国側の許可を取らないと出来ない。(許可する訳ないが)

    竹島然り固有の領土と言いながら何も対抗手段をとれない。一体日本と言う国は何なんだ!。日本は者もらい国になるのが目に見えるようだ。