国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/08/12


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)8月12日(火曜日)
通巻第2285号 
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ちぐはぐな統制、北京五輪報道と応援の規制がジグザグ
  君が代にブーイング起こらず、しかし米国人刺殺事件は中国で報道無し
****************************************

 日本国旗に寄せ書きの応援が禁止され、台湾からの応援団で台湾国旗持参のふたりを入国拒否した。
ところが北島選手の金メダル授与式のとき、日本の「君が代」演奏に中国人観客からのブーイングは起こらず、他方で米国人刺殺事件(鼓楼)は中国で報道がなされていない。
 新華社の英語版のみ報じられた(12日午前五時時点)。

 国内的には、商店街からの苦情が圧倒的。警備厳重のため客が少なくてモノが動かないからだ。
 博訊新聞網(8月12日)によれば、とくに北京駅周辺の商店街、食堂街がもろに影響を受けている。基本的に旅客が北京いりを制限されているため通行人まで激減している上に、付近での荷物検査が最低20回もあり、非能率このうえないという。
駅周辺の商店街の売り上げは通常の半分にも至らず、悲鳴をあげている。

 小生が北京駅を観察したのは五輪開会式直前だったが、サブマシンガンで武装した特殊部隊がずらり、駅構内に「指揮車」の公安パトカー。警官は随時、通行人の荷物を開けさせており、しかも地下鉄の連絡口を封鎖していた。
 
 ちぐはぐな対応ぶりが目立つ。
      ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 ♪
(サイト情報)

http://www.latimes.com/news/la-fg-death10-2008aug10,0,710278.story?track=ntothtml
アメリカの対中世論が突如暗転へ!
五輪への怒りおさまらず。観光客殺害を放置した中国とロスアンジェルスタイムズ。

****************************************

 ロシア、グルジア領土の奥へ囂囂の侵入。グルジア親米政権最悪の危機
 (日本の報道ではオセチア・グルジア・ロシアの舞台裏が飲み込めない)

http://i.dailymail.co.uk/i/pix/2008/08/10/article-1043185-023971B100000578-18_468x286_popup.jpg
ロシアvsグルジア戦争の正確な戦闘地図 ↑
  ◎
下記はグルジア情勢を伝える欧米各誌、紙。↓
Russo-Georgian conflict is not all Russia's fault, Christian Science Monitor
Georgia: Russia demands to be regarded as number one, by the Telegraph
South Ossetia crisis could be Russia's chance to defeat Siloviki, by Radio Free Europe/Radio Liberty
Georgia-Russia Conflict, by the BBC
In Depth: South Ossetia Crisis, by Financial Times
Security Council holds another meeting on crisis in Georgia, by UN News Centre
Country Profile: Regions and territories: South Ossetia, by the BBC
        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(編集部から)旧盆休暇中は小誌の発行が不規則になります。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'☆.:*:☆.:*:☆.:*:'☆.:*:☆*:'☆.:*:'☆.:*:☆.:*:☆.:*:'☆.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
桜チャンネルよりお知らせ
タイトル:「闘論!倒論!討論!2008 日本よ、今...」 
 特別番組!
テーマ:「北京オリンピック後の中国と世界情勢」
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 

放送予定日:
前半 平成20年8月21日(木曜日)夜8時〜9時30分
後半 平成20年8月22日(金曜日)夜9時〜10時
スカイパーフェクTV!241Ch. 日本文化チャンネル桜
 
パネリスト: (敬称略50音順)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
石 平 (評論家)
田代秀敏(大和総研主任研究員)
三橋貴明(中小企業診断士)
宮崎正弘(評論家)
鳴 霞 (月刊「中国」編集長)ほか
司 会: 水島 総(日本文化チャンネル桜 代表)
   ◎ ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'☆.:*:☆.:*:☆.:*:'☆.:*:☆*:'☆.:*:'☆.:*:☆.:*:☆.:*:'☆.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の最新刊
 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ)
   (全332ページ、写真多数、定価1680円)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484082187/
(上記サイトから申し込めます。送料無料)
 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 重版出来!
(↓下記アマゾンから申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
    ♪♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)
   ♪
 宮崎正弘のロングセラー
http://miyazaki.xii.jp/saisinkan/index.html
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。