国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/07/18


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)7月18日(金曜日)号外
通巻第2263号  
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
本日です

 !!!
 竹島問題で日韓両国に緊張!

 池東旭(韓国有数のジャーナリスト)の「公開講座」
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 韓国がまたまた未曾有の混乱に陥っています。
国民待望のもとに誕生した李明博政権が、突如人気急落し、巷ではストライキばかり。 

北朝鮮からの思想攻勢にたじたじ、大統領弾劾へいたるのか? 国民投票にずれ込み、朴政権が生まれるのか、対日関係はまたも激動するのか?
竹島で「反日」に火を付けて政権の延命を図る李政権の意図は奈辺に?

下記の要領で韓国有数のジャーナリスト、池東旭さんの韓国情勢を聴きます。(主催は「三島研究会」と「国防研究会」です)。
池東旭氏の詳細は下記に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E6%9D%B1%E6%97%AD
            
         記
とき    7月18日(金曜) 午後六時半
ところ   高田馬場「サンルート・ホテル」大会議室
http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access.asp
(JR馬場駅前ロータリー対面、旧「大正セントラルホテル」)
      三階の会議室

講師    池東旭氏
演題    「もたつく李明博保守政権、左翼復活の様相の韓国」
費用    おひとり 2000円(会員は1000円)。
 ●予約無しで、どなたでも御参加いただけます。お気軽に会場へお越しください。
 ●ただし、会のあとの懇親会は定員に達しました。
       △
****************************************
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
 宮崎正弘の新刊予告
   7月31日発売予定! 1680円!

 『トンデモ中国、真実は路地裏にあり』(阪急コミュニケーションズ刊)
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
    
 中国全土をもれなく踏査、ガイドの指さす反対の裏町で何を見たか。宮崎正弘中国見聞記の集大成です。
七月下旬発売予定。    

        目次(予定)
(もくじの見出しが異なる場合があります。現在最終編集中)

プロローグ  本当の中国旅行の醍醐味

第一章いざ華北へ(河北省、北京、天津、山西、河南、山東省)
北京の上手な歩き方(五輪後のスポットは?)
河北省の穴場は秦皇島から保定
天津は日本人好みの穴場がたくさん
山西省は仏教の町、心が安らぐ場所が多い
山東省は軍人と孫子と孔子
     こころの故郷・洛陽から開封へ(農業大国 黄河の中心文明・河南省)

第二章旧満州(東北三省<黒龍江、吉林、遼寧+内蒙古省>はいま)
満鉄幹線の沿線をゆく(大連、瀋陽、長春、ハルピン)
満蒙開拓団の強者どもの夢の跡
激戦地(ソ連国境を歩く)ノモンハン
ロシア国境と朝鮮族自治区
内蒙古カラチン府

第三章華中(上海メガロポリス=上海、江蘇、浙江省、安徽、湖北、江西省)
上海の裏町を往く
江蘇省から浙江省まで(魯迅、蒋介石、鑑真)
胡錦濤の故郷(安徽省から革命発祥の江西省まで)
湖北省・武漢作戦の址はいま?

第四章 華南の地へ(広東、福建、広西チワン自治区、湖南、海南島)
商人の都・広州と華僑の故郷の歩き方
台湾の対岸・福建省と客家土楼
革命烈士を輩出した湖南省を巡回
ベトナム国境・広西チワン自治区
流民と流刑と少数山岳民族の海南島へ
     
第四章シルクロードの旅へ(新彊ウィグル自治区、峡西、甘粛、寧夏省)
延安は革命神話への物見遊山で人混み
敦煌とその周辺、砂漠の文化と蜃気楼
西夏文字の銀川、河西回廊
古都・西安の歩き方(イスラム、胡人文化と砂漠のオアシス)

第五章西南地区は辛い料理と山菜(貴州、雲南、四川省、重慶)
重慶は宇宙都市
貴州省は太陽がでると犬が吠える
雲南省は少数民族の坩堝
激辛・四川料理の食べ方

第六章チベットとその周辺(西蔵、青海省)
ポタラ宮で考えたこと
青蔵鉄道とチベット寺院

第七章香港、マカオ
国際金融都市・香港と人工都市急膨張の深せん
不夜城の博打場 マカオ

 エピローグ 中国旅行は危険がいっぱい
        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は7月19日―23日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円) 重版出来!
(↓下記アマゾンから申し込めます。送料無料)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
 ♪♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

 宮崎正弘のロングセラー
(下記の書籍もアマゾンから発注できます)
http://www.bk1.jp/webap/user/SchBibList.do?keyword=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&genreCd=&initFlag=1&x=46&y=11
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』(KKベストセラーズ、1680円)
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』増刷!(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。