国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/07/14

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)7月14日(月曜日)
通巻第2256号  特大号
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△
 
 新聞休刊日につきニュース独自分析を三本!

(1)生物化学兵器テロにおびえる北京
(2)長春市書記、失脚の背景
 (3)モンゴルの本能的、チンギスハーン的な外交

****************************************

  ♪
生物化学兵器テロにおびえる北京
   特殊部隊は五輪期間中、40ケ所で二十四時間待機
**************************
 
北京公安副部長の孟宏悌が警告した。
「北京五輪中、とくべつに警戒するべき対象は!)五輪の機会を絶好の政治宣伝のチャンスと考えるテロリスト!)東トルキストン独立運動を目指す過激派!)治安対策で忙殺される隙をねらって重大犯罪が引き起こされる可能性の三点である」(博訊新聞網、7月3日)。

インドネシア当局は先日、イスラム原理主義過激派の活動家を予防拘束したが、主力メンバーが北京五輪開催施設を一覧する地図を携帯していたと発表した。

国際刑事機構(インターポール)は、このインドネシア事件にからみ、生物化学兵器を使ったテロの可能性に十分な根拠があると中国政府に警告した。
 
 もとより北京開催が決まった直後から中国はテロリスト対策を幾重にも取り組んできた。9・11型の物理的テロより、北京がもっとも神経を使ってきたのは1995年3月20日に東京の中枢を襲ったサリンガス事件の類似テロ対策だった。
 オウム真理教のサリンガス事件を、軍事的防疫的視点から克明に研究してきたのは、米国、中国、そしてロシアだった。

 中国を旅行して筆者が肌で感じるのは「液体」検査の厳密さ。五月には蜂蜜の瓶まで没収されている日本人観光客がいた。荷物を開けさせられて、である。

 9・11直後に米国は炭疽菌をばらまかれるテロの恐怖と闘った。
 日本政府はサリン攻撃から僅か三時間後に、無色透明の化学物質をサリンを断定し、テレビニュースで公開し、さらに短時日に犯人グループを逮捕した。東京の事例が、ことのほか、中国当局の研究対象となった。

 北京五輪期間中、生物化学兵器スペシャリストが188名、40ヶ所に分散待機する。
 すでに2003年九月「長城2003」と銘打たれた軍事演習を皮切りに、2006年「長城2号」から、この六月の「長城5号」まで六回の生物化学兵器テロリスト対策演習が実施されている。
        △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
長春市書記が失脚の背景
 ピンク市長は江沢民の影響力が希釈されて失脚
***********************

 天網恢々疎にして漏らさず。
 それにしてもやり過ぎだった。
 米風君は吉林省全人代常務委員会副委員長、前長春市党書記。長春市のボスであり、市内の豪華ホテル「クアラランプール・ホテル」に特別室を借りていた。目的は密談と賄賂受け取りの場というより、ズバリ「おんな」である。

 4月28日のことだった。二人の女性を連れ込み、一糸まとわぬ姿で「乱戦」中、規律委員会が踏み込んだ。
取り調べが済むと、その日の裡に長春からの退去処分となった。市民は、米書記を「米老鼠」と渾名していた。

 ところで米老鼠は回族である。
 1942年生まれ、戸籍は山東省兎城。在学中に第一汽車に勤務していた李安生夫人と知り合い、吉林工業大学の機械鋳造工学を卒業、第一汽車では異例の出世を続けて副社長までのぼりつめた。

 夫人の父親が第一汽車時代に江沢民と親しかったのが理由とされる。
 91年に長春市市長に抜擢され、爾後トントン拍子の出世階段。08年まで吉林省全人代常務委員会副委員長の座にあった。
 (ちなみに長春第一汽車はトヨタと合弁している)。

 彼には淫乱癖があった、と長春市の消息筋が語っている。
米書記のつきあった「カノジョ」は百人前後、土木プロジェクトの許認可権を持ち、そのうえで人事権を行使して長春に君臨した。
いわばパワー・ハラスメントの典型。

 強いコネクションは江沢民派を通じて吉林省書記の王雲伸にも繋がる。
王が市長のとき、米は副市長、王が省書記となるや、米は省全人代常務委員会副委員長の座に出世するといった具合だった。

 部下だった田忠は長春市党副書記まで上り詰めていたが、06年に賄賂を多額、多数受け取った容疑で逮捕された。
裁判では45万人民元と8万米ドルの賄賂容疑、13件が立証され、デベロッパーへの不正融資問題が司直の手によって裁かれた。ここでも、かれら汚職マフィアによって、多くの「豆腐ビル」が乱立した。

米老鼠一派の失脚と追放は、米風君前書記自身が少数民族という出自の所為ではない、江沢民コネクションの残滓が、胡錦濤によって狙い撃ちされたということだろう。
        ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
モンゴルはことしも米軍と共同軍事演習を敢行
 ただし、五輪直後の九月に延期したが、オブザーバー多数が参加する
*********************************

 チンギス・カーンの末裔たちは、地政学的にロシアと中国に挟まれた窮地から、どのような外交を展開してきたのか。

 91年独立当時、イラク戦争の開始を「ボシス・オブ・アメリカ」(VOA)で聴いた外務大臣は、ただちに閣議開催を要求し、世界でまっさきに「米国への協力」を表明した。
 パパ・ブッシュは飛び上がらんばかりに喜び、ベーカー国務長官をウランバートルへ派遣した。
 「チンギス・カーンの末裔たちは何を考えているのかな?」。

 実際に湾岸戦争、つづくイラク、アフガニスタン戦争にモンゴルは兵力を堂々と派遣し、米国主導のシオナ・レオネにもPKO部隊を派遣した(全17500名のうち、250名がモンゴル兵)。
 NATO主導のアフガニスタンへも派兵を惜しまなかった。

 旧ソ連の軍事統制時代から離れて独立したとき、ウランバートルはただちに米国と日本と印度に目をやった。
ソ連と中国という巨大な軍事大国の挟み撃ちにあった格好のモンゴルは、チンギス・カーン以来の智慧を発揮したのである。

 一方でロシア、中国主導の「上海シックス」のオブザーバー加盟をなすが、他方では米軍と合同の軍事演習を繰り返す。
2001年から「カーン・クエスト」と命名された演習は年々歳々大規模となり、今年は九月五日から。毎年八月の演習を延期したのは北京五輪中の防衛識別圏に抵触する懼れが考慮しての措置である。

この演習に参加する軍事代表団はバングラデシュ、トンガ、韓国、ブルネイ、スリランカ、インドネシア、カンボジア、ネパール、印度、そしてタイから合計1000名以上がやってくる。
中国とフランスは駐在武官を送る。

 昨年の「カーン・クエスト2007」は、米国、モンゴル軍600名のほかに、韓国、バングラデシュ、トンガ、スリランカ、インドネシア、カンボジアが加わり、ロシア、中国、そして日本が駐在武官を派遣して観戦した。
 演習費用350万ドルのうち、モンゴルが34万ドルを負担、のこりは米軍が軍事費特別会計から捻出したと言う(「ユーラシア・ディリー・モニター」、7月13日付け)。
 
 これにくわえてモンゴルは印度と過去四年間、合同の軍事演習をミャンマーとの国境ジャングルで展開しており、中国の背後をおびやかす印度と軍事的絆を強めることで、中国を牽制する外交力をえる。
 対ロシア牽制の外交妙薬はNATOを通じてのアフガンへの派遣だ。

 すなわち、キルギスのように米軍基地をマナス空港に、ビシュケク郊外カントにロシア軍基地を貸与してバランスをとるスタイルより、モンゴル国内に外国軍の基地貸与は認めず、独立精神旺盛な、バランス外交を展開している。

 その平衡感覚と言い、外交力と言い、日本の政治家と外務官僚と自衛隊員は爪の垢でも煎じて拳々服膺せよ。

      △ ◎ ◎ ◎ △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    ♪
 池東旭(韓国有数のジャーナリスト)の「公開講座」
 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

 韓国がまたまた未曾有の混乱に陥っています。
国民待望のもとに誕生した李明博政権が、突如人気急落し、巷ではストライキばかり。
北朝鮮からの思想攻勢にたじたじ、大統領弾劾へいたるのか? 国民投票にずれ込み、朴政権が生まれるのか、対日関係はまたも激動するのか?
下記の要領で韓国有数のジャーナリスト、池東旭さんの韓国情勢を聴きます。(主催は「三島研究会」と「国防研究会」です)。
池東旭氏の詳細は下記に
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E6%9D%B1%E6%97%AD
            

とき    7月18日(金曜) 午後六時半
ところ   高田馬場「サンルート・ホテル」大会議室
http://www.sunroutehotel.jp/takadanobaba/access.asp
(JR馬場駅前ロータリー対面、旧「大正セントラルホテル」)
講師    池東旭氏
演題    「もたつく李明博保守政権、左翼復活の様相の韓国」
費用    おひとり 2000円(会員は1000円)。
 
●当日は予約無しでもご参加いただけます。お気軽に会場へお越しください。ただし会のあとの懇親会は会場に定員があり、締め切りました。
          △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)NNN系のドキュメント2008を見ていたのですが、サクランボの苗の海外流出の内容で進呈された苗木をうまく利用した商魂逞しいオージーと平気で苗を盗む泥棒民族・支那に対して、日本のお人好し振りと法律意識の無さに愕然としました。
日本は素晴らしい、良い国ですが、最早、隣国の脅威と海外のハイエナ国家に対する防御を意識せずに暮らしては行けないのです。
もっとも農家の人々はむかしながらの素朴さと毒を垂れ流すTVと嘘満載の新聞だけが情報での生活でしょうから、隣国の脅威と海外のハイエナ国家に対する防御を全く意識できないでしょう。
故に労動力や交流云々で支那人を使わされて痛い目に合うまで支那人の実態を知らないのでしょう。
マスゴミの罪は大罪に等しいです。
 そう言えば、先日、会社の飲み会で大連は停電が続いていると自慢げに話す重役が居ましたが、当然、その電源はオリンピックの為に北京へ行っています。
いかにも中共らしい話ですが、こういう非生産的なことが頻繁に、人件費も上昇状態に有るにも関わらず支那から手を引かない企業はどうなっているのか?と思わずに入られません。
     (FD生、新潟)


(宮崎正弘のコメント)引くに引けないのが実態でしょう。
親会社、子会社の関係、合弁契約の中味。もっとも多い例は撤退条件です。おそらく相当の罰金が科せられます。
 韓国企業数百社は遼東、吉林、山東半島から夜逃げしました。
日本企業は誠意をもって対応する企業が多いので、投資した機械設備一式を運び出せないばかりか、最後の最後まで毟られる。
ですから最初から警告したように「進出そのものが誤断」なのです。



  ♪
(読者の声2)「東京台湾の会」からのお知らせです。
台湾の将来を考える講演会を開催します。昨年の立法委員選挙及び本年3月の台湾総統選挙において、野党の国民党が圧勝し、政権交代が行われました。
これからの台湾の政局と社会情勢の変化、さらに日台関係に及ぼす影響など数々の問題を考えるため、台湾問題研究の権威・伊原吉之助先生にお願いいたしました。
 ご関心をお持ちの方々多数のご来会をお待ちしています。
○講演会
演題…台湾の将来予想と日台関係
講師…帝塚山大学名誉教授 伊原吉之助先生
とき…平成20年7月17日(木)
場所…糖業協会2階ホール(東京都千代田区有楽町1-9-3ニッポン放送ビル)
講演…午後1時30分〜3時(質疑応答…午後3時20分〜4時20分)
会費…2千円
         英霊奉賛日台交流会
         電話 03-5368-0145  fax 03-5368-0146  担当 根本


(宮崎正弘のコメント)伊原先生とは選挙中、台湾でお目にかかりました。宜しくお伝えください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(休刊のお知らせ)小誌は7月19日―23日を休刊します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
  ♪
宮崎正弘の新刊 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円)
 http://www.ch-sakura.jp/publications/book.html?id=910
(↓下記アマゾンからも申し込めます。送料無料)
  http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/
    ♪♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

(( 宮崎正弘のロングセラーズ ))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 五刷!(KKベストセラーズ、1680円)
 (下記の書籍もアマゾンから発注できます)
http://www.bk1.jp/webap/user/SchBibList.do?keyword=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&genreCd=&initFlag=1&x=46&y=11
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』増刷!(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。