国際情勢

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

 評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

全て表示する >

宮崎正弘の国際ニュース・早読み

2008/07/10

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 
    平成20年(2008年)7月11日(金曜日)
通巻第2252号 (7月10日発行)
△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△

 ロシアもおっとり刀でアフリカ資源戦争に参入。乱戦模様に
   中国のアフリカ食い荒らしに対抗するプーチン株式会社
***************************************

 アフリカ諸国歴訪でもプーチンを乗せたリムジンは時速150キロで走るのだろうか。
 それには高速道路を援助しなければ無理だろうが。。。

 ロシアの金属商社ノリリスク・ニッケル社はザンビアの銅山に20億ドルの投資を決めた(モスクワタイムズ、6月19日)。
同社はボツワナで既に大きな投資をしている。
 中国はCHAMBISHI(MITUSIBISHIをもじった?)社が同様に鉱山を取得している。

 ロシアのラスアル社は、名前からしてアルミと分かるが、ナイジェリアと赤道ギニアのボーキサイト鉱山に投資している。

 ロスネフツ社はアルジェリア、ナイジェリア、エジプトの三カ国の原油鉱区に30億ドル。
 ルークオイルはアイボリーコーストの鉱区を取得(金額不明)
 ガスプロムはアルジェリア、カメルーンに。これらロスネフツ、ルークオイル、ガスプロムはプーチン株式会社御三家。

 中国は一昨年のシノ・アフリカ会議に続いて、信用供与枠を20億ドル、低利融資を30億ドルに拡大し、アフリカ全55ヶ国中の46ヶ国に大使館を開いている(日本は24ヶ国)。

 プーチンは、もっと先を読んでいる。
ソマリアへウラン鉱山開発の打診を行ったのはすでに2006年のことで、昨年はカザフを巻き込んで将来の“ウラン・カルテル結成”への布石を打っている。
       ◎
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
   ♪
(読者の声1)荒れる中国から厦門の近況です。
 厦門は台湾と歴史,文化を共有する位置にあり台湾企業の進出により発展を続けています。周囲40キロの厦門島は手狭となり従来の厦門,海ツァン大橋の2本に加え、集美大橋が完成、杏林大橋,翔安海底トンネルが工事中と5本の架橋,トンネルで大陸側とつながる海上都市に変貌します。
 さらに台湾の国民党政権誕生に伴い金門島大橋架橋が現実的となり、深セン−厦門−福州高速鉄道の工事が始まり、厦門駅は大陸側の杏林もしくは集美のようです。
市内を縦貫する都市高速道路はほぼ完成,さらに並行したモノレール状都市交通網はなんと高速バス専用高架道路として来年には完成、市街地・中山路(輪渡)−火車駅−空港−集美(大陸側)が直通高速バスで結ばれます(狭い高架橋の上をバスが疾走? 
怖くて乗る気になれないが・・・)。
台湾からLED(液晶)パネル大手数社の進出があり大陸側に大規模工業団地が建設中です。
  
さて、暑さとともに北京五輪ですね。
当地・中国では新聞,テレビが盛り上げを図っていますが、まわりの中国人は自分の生活以外関心がないようで”不知道!”(知らないよ)の返事が大勢を占めています。
日本でもネット,新聞,テレビは盛り上がっているようですが、実際はいかがでしょうか?
わたしは北京五輪で中国は各種問題噴出の醜態を国際社会にさらすと予想します。
特に日本人選手のメダル獲得には、あらゆる側面から”愛国正義”の妨害がかかり、その汚さは噴飯モノの醜態、日本のメダル獲得は多くを期待しないほうがよいでしょう・・・。
    (TT生、在厦門、中国)


(宮崎正弘のコメント)五輪の状況、はやくも目に見えてきました。日本でも、従来型の保守側のナショナリズムの高揚ではなく、君が代もろくに歌えない若者たちにスポーツ・ナショナリズムがわき上がると、小生は密かに“期待”しています。




(読者の声2)北京の特別突撃隊はテロ対策。それにしても藍剣やら雪狼やら、まるで金庸の武侠小説に出てきそうな名前。公安幹部も武侠小説の読者なんでしょうか?
      (KH生、所沢)


(宮崎正弘のコメント)金庸は、日本でも徳間文庫で売れておりますが、中国大陸でも凄い人気者ですから、きっと公安関係者も広く読んでいるのでしょうねぇ。
三年前に四川省は成都の郊外、パンダの里に近い、熊の肝臓ジュース製造所を見学した折、なんと金庸がCMに出ていました。
             △
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
        ♪
(((((((( 宮崎正弘の講演会 ))))))) 

 「北京五輪直前、最新中国情勢」
  と き  7月17日(木曜日) 午後六時半
  ところ  大手町「産経プラザ」三階大会議室
  費用   お一人 1500円(学生1000円)
  主催   「正論を聞く会」(代表 三輪和雄)
どなたでも予約なく参加できます。
     ◆   
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
     ♪
<<<< 今月の拙論 >>>>

(1)「外国企業排斥に爆発する中華ナショナリズム」(『サピオ』、7月23日号、発売中)
(2)「自滅するか中国特集 少数民族のアポリア」(『ボイス』、8月号、7月10日発売)
(3)「いま注目のロシアでは」(『自由』8月号、10日発売)
(4)「秒読みにはいった中国バブル崩壊」(撃論ムック223『中国が崩壊する日』所載)
(5)「四川省大地震。中国経済の落日」(『WILL』8月号、発売中)
(6)「中国の情報操作の手口全貌」(『別冊宝島1542 ヤバい中国人』所載)
(7)「洞爺湖サミットで福田首相はこう言え」(『諸君!』、8月号、発売中)
(8)「変質する日米同盟」(『北国新聞』コラム「北風抄」、7月15日付け朝刊)
(9)「愛国無罪と愛国有理」(『月刊日本』8月号、22日発売)
(10)「書評 巨竜のかたち」(『改革者』、月末刊行)
       ▽
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆.:*:'☆.:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆:*:'★':*.:☆.:*:☆.:*:★':*.:*:☆.:*:'★'.:*:☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

宮崎正弘の新刊 
『北京五輪後、中国はどうなる』(並木書房、1680円)
 http://www.ch-sakura.jp/publications/book.html?id=910
(↓下記アマゾンからも申し込めます。送料無料)
 http://www.amazon.co.jp/dp/4890632298/

   ♪
宮崎正弘・黄文雄共著
『世界が仰天する中国人の野蛮』(徳間書店、1575円)

(( 宮崎正弘のロングセラーズ ))
『崩壊する中国 逃げ遅れる日本』 五刷!(KKベストセラーズ、1680円)
 (下記の書籍もアマゾンから発注できます)
http://www.bk1.jp/webap/user/SchBibList.do?keyword=%E5%AE%AE%E5%B4%8E%E6%AD%A3%E5%BC%98&genreCd=&initFlag=1&x=46&y=11
『中国は猛毒を撒きちらして自滅する』(徳間書店、1680円)
『世界“新”資源戦争』(阪急コミュニケーションズ刊、1680円)。
『出身地でわかる中国人』増刷!(PHP新書)
『三島由紀夫の現場』(並木書房)
    ◇
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎正弘のホームページ http://miyazaki.xii.jp/
 ◎小誌の購読(無料)登録は下記サイトから。(過去4年分のバックナンバー閲覧も可能)。
 http://www.melma.com/backnumber_45206/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
(C)有限会社・宮崎正弘事務所 2008 ◎転送自由。ただし転載は出典明示。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2001-08-18  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。